ザルツブルグをスピード観光!一泊でも充分に楽しむためのポイントをご紹介!

ザルツブルグをスピード観光!一泊でも充分に楽しむためのポイントをご紹介!

オーストリアの中でも特にロマンティックな雰囲気が魅力のザルツブルクは、世界中の観光客から高い人気を誇っています。見どころはたくさんありますが、小さな町なので短期の滞在でも充分に楽しめます。仕事関係でこの町を訪れる機会のある私が、短い時間でも要点だけを抑えて楽しめてしまう、ザルツブルク観光のおすすめをご紹介します!


ザルツブルクはオーストリアの中でも人気の高い観光都市として有名ですが、実は町の規模はとても小さく、主要な観光スポットはほとんど徒歩で回れてしまいます。そのため、たった一泊の超短期滞在でも意外と要所を抑えて充分な観光が楽しめてしまいます。

私のイタリア人の友人曰く「ザルツブルクに行くのなら恋人と行け」というほど、ロマンティックな雰囲気に溢れた町なんです。

残念ながら私は仕事関連で訪れたため一人旅となってしまいましたが、小さな面積にギュッと魅力が凝縮されたザルツブルクを、スピーディに効率良く回るためのポイントをご紹介します!

駅からの道すがら立ち寄りたいミラベル庭園!

夏のミラベル庭園

ザルツブルクの鉄道駅から中心街までは歩くことも可能です。20分ほどかかってしまうのでバスを利用することももちろんできますが、私は毎回歩いて中心街を目指します。その際に通りかかるのが、このミラベル庭園。中心街の入り口付近に位置しているので、どのホテルに泊まるにしても通り道沿いになります。

写真は真夏に撮影したものですが、この時は暖色系の花が咲き誇っていました。定期的に旬な草花に入れ替えられるため、訪れる時期によって全然花壇の色味が違うこともあります。これだけの規模と美しさの庭園が、入場無料で楽しめるというのはすごいことではないでしょうか?

手入れは本当に隅々にまで行き届いています。両サイドにはたくさんのベンチも備え付けてあるので、座ってゆっくり風景を楽しんだり、軽食を食べることも可能です。観光客で賑わってはいますが、超ハイシーズンでも邪魔に感じられるほどの人だかりにはならないところも、うれしいポイントです。

私は時間がないためミラベル宮殿には入りませんでしたが、もう少しゆっくりする余裕のある場合は、宮殿内も一度訪れてみたいスポットです。

二つのパノラマを楽しみにホーエンザルツブルク城を目指そう!

ホーエンザルツブルク城から見た町の眺め

ザルツブルクの中心部に到着すれば嫌でも目に留まるのが、高台にそびえ立つホーエンザルツブルク城です。町を見下ろすように威厳たっぷりの風格を放つこのお城へは、ケーブルカーで簡単にたどり着くことができます。徒歩で登ることもできるのですが、かなりの急勾配なので体力に自信のある人、また時間に余裕のある人にしかおすすめできません。

現在のホーエンザルツブルク城は、ガイドブックなどでは「歴史博物館」とも紹介されることがあるようですが、はっきり言って博物館としては展示品も展示スペースも少なすぎます。展望台のある古城だと思って足を運びましょう。そのため、見学にあまり長い時間は必要ありません。

ホーエンザルツブルク城の表側からは、上の写真のようにザルツブルクの町を一望することができます。上から見ても実にかわいらしい街並みですよね。

一方、小さく開かれた門をくぐって裏側の展望スペースに回ると、美しい山脈のパノラマが広がります。私はこれを見た時に、「こんなに高い場所にいたのか!」とハッとしました。絶好のシャッターポイントなのですが、パノラマのスケールが大きすぎて上手く写真に納まりません。カメラ等のパノラマモードを使って幅広く撮影してみましょう。

ホーエンザルツブルク城裏手の展望台から

恋人と行くなら立ち寄っておきたいマカルトシュテック

「マカートシュテク」と日本語表記されることも多いようですが、言語のスペルは「Makartsteg」なので、オーストリア的ドイツ語の発音をカタカナに起こすと「マカルトシュテック」になります。

これはザルツブルクの町を二分するように流れるザルツァッハ川に架かる多くの橋のうちのひとつなのですが、恋人たちのメッカとして若者たちから絶大な支持を集めています。歩行者専用のこの橋は、とある映画の舞台になった歴史があります。その映画の中で恋人たちが永遠の愛を誓って赤い南京錠を橋の欄干につけたことから、それを真似するカップルが後を絶たず、今ではおびただしい数の南京錠が残されています。

他にも前後にたくさん橋はあるのに、観光客はみんなこの橋を渡りたがるため、いつもとても混雑しています。もちろん便のいい場所に架かっていることと、歩行者専用の橋であることも混雑の理由のひとつなので、私も何度となくこの橋を利用しました。ですが、その度に渋谷のスクランブル交差点レベルのストレスを感じてしまいます。

マカルトシュテック

やっぱりはずせない大聖堂

ザルツブルクの大聖堂内部

キリスト教が主要な宗教である国に旅行に行く場合には、必ずと言っていいほど観光スポットの目玉となる大聖堂ですが、やはりザルツブルクでも欠かせないポイントです。カトリック教会のおひざ元であるイタリア各地のものと比べると規模は小さいのですが、とても洗練された装飾が非常に良い状態で保存された美しい教会です。

町の中心部にあるので、散策がてら中にも入ってみましょう。宗教に全く興味のない私でも、芸術作品としてのこの建造物のクオリティーに圧倒されます。

大聖堂の周りは、美しい観光スポットの宝庫です。豪華絢爛なレジデンツやレジデンツ広場、カトリック教会などの見どころが集中しています。ザルツブルクが世界に誇る大作曲家モーツァルトの銅像のある小さな広場も近いので、記念撮影スポットとしておすすめです。

 モーツァルトの銅像

巨大ブレッツェルをオープンエアーで頬張ろう!

ザルツブルクは一大観光都市なので、年間通して町中には様々な観光客向けの屋台が出店しています。上に挙げた大聖堂付近に特にたくさんの屋台を見かけることが多く、食べ歩きに最適なお店もあります。

しっかりと存在感を放っているのが、巨大なブレッツェルを売っている屋台です。顔の大きさよりもはるかに大きい特大サイズのブレッツェルが、多種多様なフレーバーでアレンジされています。砂糖をまぶしたもの、チェリージャムを練りこんだもの、王道のプレーンやチーズがかかっているものなど、ランチにもおやつにもできるバリエーションです。

私はドイツの典型的なブレッツェルはあまり好きではありません。ドイツの固いパンで作られているものにはまったく興味がなかったのですが、ザルツブルクで売られているこの巨大ブレッツェルは見るからに柔らかいパン生地で作られており、とても美味しそうだったので、ひとつ購入してみました。結果、存分にお気に入りになりました。デニュッシュっぽいフワフワのパン生地とチェリージャムが絶妙にマッチしていて、とても美味しかったです。次回も別のフレーバーでリピートしたいと思います。観光地価格にも関わらず2.5ユーロというお手軽さも魅力です。

ザルツブルクには庭園や広場が狭い範囲にたくさんあるので、食べる場所を探すのにも苦労しません。至る所にベンチがあるので、素敵な景色を眺めながら軽食を楽しむことができます。

まとめ

大聖堂前の広場

ザルツブルクでは毎年、世界的に有名な音楽の祭典ザルツブルク・フェスティバルも開催されます。旅行の時期がうまくかみ合えば、オペラ観賞もおすすめです。世界最高峰の演奏を聴くことができますよ。

モーツァルトが生前暮らしていた家も博物館となって一般公開されているので、ザルツブルクはクラシック音楽が好きな人にはたまらない町です。

治安も良く、穏やかな雰囲気が魅力のこの小都市に、是非一度は足を運んでみてくださいね。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


オーストリア ザルツブルク

関連する投稿


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


音楽の都だけじゃない!重厚な歴史と中世の名残を残す一度行くと忘れられない観光都市ウィーン!

音楽の都だけじゃない!重厚な歴史と中世の名残を残す一度行くと忘れられない観光都市ウィーン!

音楽の都という事で多くの世界的な作曲家が活躍したことでも知られるオーストリアのウィーン。モーツァルトやベートーヴェン、バッハなどをイメージされるかも多いと思います。しかし、このウィーンは音楽好きだけが行く街ではなく、深い町の歴史を堪能でき、クラシックに詳しくなくても観光を楽しめる場所でもあります。早速見てみましょう。


世界で一番美しい湖岸の町!世界遺産にも認められた一度は行ってみたいハルシュタット

世界で一番美しい湖岸の町!世界遺産にも認められた一度は行ってみたいハルシュタット

アルプス山脈に面する東ヨーロッパに位置する国、オーストリア。美しい山々が魅力で多くの日本人観光客も訪れる国です。そのオーストリアの田舎に世界で一番美しい湖岸の町として知られる場所があります。ハルシュタット湖にそって造られた町、その名もハルシュタットは世界遺産にも認定された美しい町です。その町の綺麗な景色をご紹介します。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング