カンチャナブリーってどんなところ?戦場にかける橋とエラワンの滝の2大スポットに行ってみた

カンチャナブリーってどんなところ?戦場にかける橋とエラワンの滝の2大スポットに行ってみた

カンチャナブリーには、自然を活かした観光名所や、歴史的建造物などがあり、タイ人にも外国人にも人気のエリアです。私も前々から気になっていた場所なので、1泊2日で行ってみることにしました。今回は「戦場にかける橋」と「エラワンの滝」の2大スポットをレポートします。


カンチャナブリーとは?

マップの左上が「戦場にかける橋」、右下が「エラワンの滝」

カンチャナブリーとは、バンコクから車で3時間ほどのところにある、タイで3番目に大きな県。西側はミャンマーとの国境が広がります。手つかずの大自然が残るカンチャナブリーには、観光地として国立公園が数多くあり、世界中からの訪問者で賑わいます。カンチャナブリーにあるトゥンヤイ・ナレースワン野生生物保護区は、ユネスコの世界遺産に登録されており、象やトラをはじめ東南アジアの3分の1以上の哺乳類が生息しているそう。その中の28種類は国際的な絶滅危惧種であり、とても貴重なエリアとなっているのです。

また、「カンチャナ」が金、「ブリー」は町という意味があり、タイでは「黄金の街」とも呼ばれます。名前の通り、昔から宝石の採掘も行われている土地なのです。

カンチャナブリーのおすすめポイントpart1戦場にかける橋

クウェール川鉄橋

カンチャナブリーを代表する観光地の1つが、「クウェール川鉄橋」です。ここは、世界的な映画「戦場かける橋」で有名になった場所で、そのまま戦場にかける橋とも呼ばれます。
橋と言っても、列車が通行する線路としても機能しているので、訪れた際は列車に乗ってみると良いでしょう。

ゆっくり列車がきます

この線路の上は、列車が通る時以外自由歩くことができますよ。列車が来ない間はシャッターチャンスなので、みなさん写真を撮るのに必死のようでした。線路で記念撮影なんて、日本では考えられませんよね。言葉が分からなくとも、係員が大声を出すので「そろそろ列車が来るんだな」と察することができます。列車が来る頃になると、ぞろぞろ人が撤収していき乗り場に列を作ります。

列車の到着

列車からの景色

ガタンゴトンと音を立てながら出発した列車は、思いの外スピードが出ました。
この鉄道は昔、日本軍によって建設と運行がされていたそう。第二次世界大戦中には、タイとビルマ(ミャンマー)を結んでいましたが、現在はミャンマー国境付近の停車場で途切れています。戦時中に攻撃を受けては破壊され、使用不可能になってしまいましたが、その後日本の手で修復され現在の姿があります。

カンチャナブリーのおすすめポイントpart2エラワンの滝

エラワンの滝

先ほどの戦場をかける橋から車で30分程のところにある、エラワン国立公園の滝。水が透き通り、泳ぐ魚も見えるほど綺麗でした。エラワンの滝には、7つの滝が点在しており、すべてのチェックポイントをクリアするためには体力が必要です。1から3番目の滝までは比較的道が整備されていて、道も穏やかな分小さい子ども連れも多くいました。

3つめの滝に向かう前に、荷物を預かるところがあり、食べ物を持っている場合はここに預けます。ポイ捨てを防ぐためですね。こうまでしないと綺麗な状態を保てないのかと思うでしょうが、普段ゴミだらけのタイの道を見ている私は、すんなり納得できました。食べ物を持ち込むことも可能ですが、持ち込みにはデポジットを払う必要があります。

食べ物を狙う猿

こんなところにも現れました。タイは猿が多いなとつくづく思いますが、自然豊かだという証でしょう。食べ物を求め、人がいる場所に猿も集まってくるのですね。

4つめの滝からは、本格的なトレッキングになってきて、休憩を挟まなければならないほど。ビーサンで来てしまった私は、滑るは痛いはで大変な思いをしました。。自業自得ですね。エラワンの滝に行く際は、シューズが必須だと勉強になりました。
しかし、気がつけばその辛さを忘れるほど楽しんでいました!天然のドクターフィッシュに、天然のウォータースライダー、天然プールなど。すっかりエラワンの滝にハマってしまった私。今度はトレッキングシューズを持参して挑みたいと思います!

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング