パッキングをする前に要チェック!オーストラリア旅行で荷物を減らしたいなら、”コレ”は置いていこう!

パッキングをする前に要チェック!オーストラリア旅行で荷物を減らしたいなら、”コレ”は置いていこう!

海外旅行に行くときは、あれもこれも「もしかしたら必要になるのでは?」、「現地では調達できないのでは?」となんでもトランクに詰め込んでしまいがち。ただ、大きな荷物は旅行の足枷に。。実際にオーストラリアに住んでいる私が、現地の物価や品揃えに鑑みて、”置いていくべきもの(現地で購入した方が良いもの)”をご紹介いたします!


現地で安く手に入る ”シャンプー・コンディショナー&ボディソープ”

小さめサイズなのも嬉しい!

持っていく必要のないものベスト1がシャンプー・コンディショナー&ボディソープだと思います!
2,3日の旅行の場合は良いのですが一週間以上ともなると、トラベル用の小袋を用意してもそれなりの重さになってしまいます。現地で安く購入できますので思い切って置いていきましょう!

シャンプー・コンディショナーは各2ドル程度から販売されています。ダヴやパンテーンなどの日本でも売られているブランドは少し値段が上がりますがそれでも5ドル以下です。洗い上がりが気になる方は洗い流さないトリートメントのみ日本から持ってくると良いでしょう。
ボディソープは身体用の石鹸が1ドルから売られています。

一番安いものを買えば全部で3ドル(約250円)程度で抑えられます。

意外に重たい! ”コンタクトレンズの保存液”

日本でも見慣れたブランド!

コンタクトレンズやカラーレンズを使用する人は、コンタクトレンズの保存液をもっていかなければなりません。長期旅行になると保存液だけで1kgを超えることも、、、
そもそも液体類は、飛行機の機内持ち込みにひっかかったり、持ち運びが重かったりと海外旅行向きではありません。オーストラリアでは日本でも売られている「renu」や「コンプリート」の保存液が販売されているのです!!重さを気にしながら持っていくよりも現地で購入した方がお手軽です!

今回行ったドラッグストアでは一番安いもので、120ml7.5ドル(約650円)でした。大容量になればなるほど安くなりますので長期滞在の方にお勧めです!

とにかくかさばる! ”子供用のおむつ”

ディズニーキャラクターがカワイイ!水遊び用もあります(^^)

子供用のおむつは重さこそ大したものではないですが、ふわふわしたおむつはとにかく場所を取ってしまいます!!肌荒れの少ないお子様の場合、現地調達を考えてみてはいかがでしょうか?

こちらに住むママさんの間で、日本のおむつに一番近い品質と言われているのが、”HUGGIES(ハギーズ)"です。見慣れたディズニーのパッケージはなんだか安心感を与えてくれますが、なかなかのお値段がしますね(^^;)
比較的安いおむつで評判が良いのがALDIというスーパーマーケットで売られている”Mamia(マミア)”です。こちらは10kg~15kg向け50パック入りで11ドル(約900円)です。

こちらもかさばる!! ”生理用品”

ウールワースのプライベートブランド品

おむつと同じく、生理用品もかさばってスーツケースの一角を占めてしまいます。

個人的には、自分で使うものであれば海外製の生理用品で多少肌荒れをしてしまっても『旅行中のことだし』と我慢できる範囲内。ちなみに私は一年以上オーストラリアの製品を使い続けていますが生理用品が原因で肌荒れを起こしたことは一度もありません!

スーパーマーケットのプライベートブランドのものだと12,3個入りで2ドル(約170円)。羽付き、羽なしも選べます(^^)/羽付きは”WITH WINGS"と言います。安いだけあって少し分厚いのが残念。

こだわりがある方は日本のものに近い、u by kotexというブランドがオススメ!プライベートブランド品よりは少し値が張りますが日本の生理用品とほぼ同じ使用感です。黒いパッケージが目印☆
または量の多い二日目、三日目の分だけ日本から使い慣れたものを持っていき、そのほかは現地調達など使い分けると症状が重い方も安心して荷物を減らせますよ!

結局使わないものNo.1 ”日本風の小物”

オーストラリアのDAISOにて

日本グッズは外国人受けが良いので、「旅先で知り合った人にちょっとプレゼントできるように持っていこう!」といった記事をインターネットで目にしますが、私はほとんど使う機会がありませんでした。

稀にお世話になった方にプレゼントしたい!と思うことがあっても、折り紙を持って行ったのに相手はサラリーマンの男性だったり、魚介系のお菓子を持っていったら相手がベジタリアンだったり、、とあらかじめ買っていったものとニーズが合わず渡せなかったり(^^;)

もしお世話になった方に何かをプレゼントしたくなったら、現地で購入しましょう!笑
実は”日本風の小物”が現地でも購入できるのです。

一番手軽に購入できるのは100円均一ショップ!大きな町には大抵ありますので旅行前に下調べしておくと良いでしょう。アジアンショップがあればお菓子などの食べ物も手に入りますよ(^^)

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


オーストラリア パッキング

関連する投稿


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング