実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


車体代金が高い!走行距離20万キロ越えでもまだまだ現役!!

面積が日本の約20倍あるオーストラリアでは、最寄り駅までバスで一時間半かかったり、そもそもバスが走っていない地域がたくさんあります。そのため大都市を除いてオーストラリアは完全に車社会です!車は必ず必要になってくるのですが、日本に比べて値段がむちゃくちゃ高い!!

私が購入した車は、、

購入した車がこちら!

私がオーストラリアで購入した車は、マツダのアテンザ(2006年製)で日本でも販売されている車種です。日本の中古車販売サイトで同じ車を検索したところ、走行距離3~8キロ程度が30~55万程度で売りに出されていました。

一方、私の車は走行距離が22万キロと何倍も多いのでこの価格より安くなると思いきや、購入価格は5000ドル(約40万円)でした!!22万キロ走っていて!!
しかも塗装が剥げていて、もしこれを直したいなら6000ドル(約52万円)になると言われ、断りました(^^;)笑

全くの同条件で比較したかったのですが、2006年製で20万キロ越えのアテンザが見つけられませんでした。日本だと10年落ち+長距離走行で市場に出回らないような車なのでしょう。。。

車体価格が高いオーストラリアでは、古い車や30万キロ越えの車なども修理しながら乗り続けられています!

高速道路の支払いは自己申告制!?

オーストラリアの高速道路には、料金所がありません。
有料高速道路を使用した場合はインターネットなどから自己申告し、料金を払います。
支払いをバックレる人はいないのかと心配になってしまいますが、道路上にカメラが設置されているので大丈夫!三日以内に支払わない場合には罰金が科せられます。

料金所は渋滞の一因になっていますので、車社会であるオーストラリアで渋滞を減らすための工夫なのでしょうか(^^)オーストラリアには無料の高速道路もあり、道続きになっているところも多いので間違わないように注意しましょう!

駅前には無料の駐車場が整備されている!!

無料の駅前駐車場!日本にも整備されてほしい!!

日本では駅周辺の駐車場は数が少なく、あったとしても有料で他の地域にくらべて価格設定が高くなる傾向がありますね。。。

オーストラリアの駅には(主要駅周辺を除いて)基本的に無料の駐車場が併設されています。ちなみに設置しているのは鉄道会社です。郊外に住むオージーの多くは最寄り駅まで車で行き、無料の駐車場に車を停めて電車で出勤します。

残念ながら主要駅にはありませんが、2,3駅離れると無料駐車場が設置されています。シティ内で一日数十ドルの駐車料金を払うよりも、数駅離れた駅前に駐車し、そこから電車でシティに向かう方が安上がりな場合もありますよ(^^)!

駐車は”前向き駐車”が主流!

前向き駐車が主流!

日本では駐車場に車を止める場合、多くの人が後ろ向きに駐車しています。車会社もバックモニターを搭載した車を発売したりしていることからも日本では全国的に”後ろ向き駐車”が主流なことがわかります。

一方、オーストラリアでは9割の人が前向きに駐車しています。ショッピングセンターなどの駐車場も前向き駐車を前提に作られているところをみかけます。
日本に比べ駐車スペース、通路スペースが広いので前向きに侵入しても十分なスペースがあるからです。また前向きに駐車するとトランクに荷物を入れやすいため、まとめ買いが主流のオーストラリアでは理にかなった停め方だといえますね!

夜道の運転がとにかく危険!!

街灯がほとんどない

街灯がない道路。周辺は野原で動物が飛び出してくる危険性も!

広いオーストラリアを走る道路の中で、街灯が完備されているのは大都市のほんの一部の地域のみ。
その他の大部分は街灯がありません。知らない土地を真っ暗闇の中走行するのは不安ですよね。

さらに悪いことに、こちらでは暗闇で対向車が来た時にライトを切り替える習慣はありません。真っ暗闇のなかハイビームの対向車が何台も続けてきたときには、前方が全く見えずパニックでした。。。

今はようやく慣れてきて、対向車が来たときは「自分のライトの照射範囲内に視線を落とし、反射している白線内を走る」ことに集中してやり過ごしています。急な加速や減速は事故の元になりますので落ち着いて対応しましょう!

動物が飛び出してくる!

自然豊かなオーストラリアでは、大都市から30分も走るとカンガルーの飛び出し注意の看板を目にすることができます。

残念なことにこちらではカンガルーやワラビーと車の事故が多発しています。彼らは光に集まる習性があり、車のライトを目がけて絶妙なタイミングで飛び出してきてしまうのです。もちろんこちらにむかって走ってくる動物を避けることは難しく、ほとんどの場合そのまま衝突してしまします。

カンガルーなどの大きな動物と衝突するとその動物はもちろん、車にも大きなダメージを与えてしまいます。この1年で私の友人2人がカンガルーと衝突し、二人とも車を廃車にしています。

よほどの事情がないかぎり、夜間の運転はオススメできません!

ガソリンはセルフのみ、支払いは併設されたコンビニで!

日本でもセルフサービスのガソリンスタンドや、ガソリンスタンドとコンビニが同じ敷地にある光景をよく見かけますね。
オーストラリアのガソリンスタンドにもコンビニが併設されていますが、なんとガソリンの支払いまでコンビニで出来てしまうのです!

それぞれの給油所に番号がつけられていますので、給油後は併設されたコンビニに入り番号を伝えて支払いをします。わざわざ店内にはいるのが少し面倒ではありますが、コーヒーやお菓子を買って一緒に支払ったりできるので便利な一面もあります!

後払いなので、ガソリンをたっぷり入れた後「お財布を忘れた!!」なんてことになったらと心配になります。笑

洗車場には必ず犬を洗うスペースがある!

オーストラリアの洗車場には、必ずといっていいほど犬を洗うスペースがついています。
隅のほうに小さく設置しているところもあれば、”CAR & DOG WASH"と大きな看板を掲げているところもあります。

オーストラリアでも犬はペットとして大人気。休日にはビーチにも犬を連れた人がたくさん集まります!
日本に比べお庭や公園が広いなど犬、特に大型犬を飼いやすい環境が整っているように思います。
大きな犬を家で洗うのは一苦労、また水不足が深刻な地域では家でたくさんのお水を使えない、、という背景がDOG WASHが普及した理由なのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?日本と同じ左ハンドル左側通行で運転しやすいオーストラリアといえども、実際に運転してみると細かな違いがたくさんあることに気づきます!
車以外にも、「オーストラリアと日本の違い」シリーズをアップする予定ですので是非チェックしてみてください(^^)/

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


オーストラリア

関連する投稿


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング