【カナダトロント】結局、語学学校行くと英語話せるようになるの?トロントの語学学校で3ヶ月英語を勉強した体験談

【カナダトロント】結局、語学学校行くと英語話せるようになるの?トロントの語学学校で3ヶ月英語を勉強した体験談

2015年の6月に初めてトロントを訪れ、それから3ヶ月ダウンタウンにあるHansaLanguageSchool(ハンザランゲージスクール)に通い、英語を勉強しました。実際にかかった金額や、授業レベル・内容、どのような雰囲気なのかを紹介します。


トロントの語学学校に入学した経緯

2015年の6月に半年くらい海外に行こうと日本を飛び出し、ニューヨークの友達の家を経由して、トロントにたどり着きました。もともとトロントに来る予定はなかったので、滞在する家も決まっていませんでしたが、ニューヨークの友達の家にいる間にe-maple(イーメープル)というトロント留学情報サイトの掲示板で滞在先をなんとか探し出しました。

トロントに到着し、さてこれから何をしようかと考え始めた時、私の選択肢は2つありました。一つ目はトロントで語学学校に通う、二つ目は他の国々を転々と旅行する、というものでした。旅行も捨て難かったですが、ニューヨークで自分の英語力の無さに悔しい思いをしたので、私はトロントで語学学校に通うことに決めました。

トロントの市役所前

HansaLanguageSchool(ハンザランゲージスクール)を選んだ理由

私が通うのを決めた語学学校はHansaLanguageSchool(ハンザランゲージスクール)です。トロントのダウンタウン、エグリントン駅のすぐ近くにある比較的有名で、歴史のある語学学校です。

語学学校に通おうと決めてから、ダウンタウンを歩いたり、図書館の人に聞いたりして情報を収集しました。そしていくつか語学学校に直接行って、授業の様子や授業料等を聞いて回り、最終的にハンザに決めました。(直接学校に行って、そこでクレジットカードやデビットカード、現金で支払いをすることができます。)

私がハンザに決めた理由は2つあります。

Hansa Language Centre Toronto, English Language School in Canada

https://hansacanada.com/ja/home/

Canada's language school for English courses, TOEFL and IELTS preparation, TESL (teacher training), as well as French Spanish, German, Portuguese, Italian, Japanese, Korean, Mandarin Chinese, Arabic, and Russian language programs

とにかく他の語学学校に比べて授業料が安い!!

ハンザに決めた1つ目の理由として、授業料が他の語学学校に比べて安かったことがあります。私は週5日、1日3クラスで3ヶ月通いました。合計で2200カナダドル(日本円で約20万円)程度でした。計算すると1ヶ月の費用は入学料やテキスト料を引いて5万円ほどでした。

日本語のWebサイト等で調べてみていただくとわかりますが、この1ヶ月5万円というのはとても安いです。1日3クラスのコースで1ヶ月10万円するところも少なくなく、フルタイムで通うと1ヶ月の語学学校費用が軽く13万を超えます。

ハンザの授業料はトロントの中でも1、2を争うほど低価格で、費用にあまり余裕のなかった私はハンザを選びました。

日本人の学生が少ないハンザ

私がハンザに決めた2つ目の理由として、ハンザには日本人の学生が少ないことが挙げられます。トロントには毎年多くの日本人留学生が訪れ、日本人がクラスの半数以上を占めるという語学学校があるのも事実です。

私は自分にとても甘いので、日本人がいると英語を勉強しに来たのに、すぐ日本語に逃げてしまいそうだと思い、日本人の少ない語学学校を探していました。

ハンザは中南米(メキシコ、ブラジル、カリブ海の島々、コロンビア)やヨーロッパからの留学生が多く日本人は1クラスに1人か2人程度でした。日本人が少ない理由は、私の予想ですが日本の留学エージェント等とあまり提携しておらず、日本人が来ないということだと思います。

ダウンタウンの中心にある語学学校は日本の留学エージェントと提携している語学学校が多く、日本人がとてもたくさんいます。そう行った理由で、私はハンザを選びました。

多国籍でワイワイ楽しいスピーキングのクラスでした。

ハンザの学校内・授業中の雰囲気

ハンザは2つの建物があり、レベルによって建物が違います。入学の際にパソコンで簡単な英語のテストがあるので、それでレベルが決められます。もちろん、決められたレベルが簡単すぎたり難しすぎた場合はすぐに変更が可能です。

学校は3階建で、自販機や軽食を取れるスペース、自習ができるスペース、パソコンを使って学習できるスペースがあります。他の語学学校に比べて比較的大きな建物だったので勉強する場所には困りませんでした。

授業はこんな感じの部屋で、ライティングのクラスは5人でした。

クラスは、科目によっても違いますが1クラス5名から15名程度で、人気のある先生のクラスは人数が多いです。授業の雰囲気も先生や科目によって様々で、例えばスピーキングのクラスはみんなでワイワイ楽しく話す、という感じで友達もたくさんできますが、ライティングやトーフル向けのクラスだと他の人と話すことはほとんどないので、静かで友達も作りにくいといった雰囲気でした。

結局、語学学校通うと英語話せるようになるの?

3ヶ月、ハンザに通って英語を勉強して結局英語は上達したのか、と聞かれたら、私は間違いなく上達したと断言します。英語で話すことに緊張もしなくなりましたし、自分の言いたいことを主張できるようになりました。自分の言いたいことをいったり相手の言いたいことがわかったり、英語でコミュニケーションを取ることがどんどん楽しくなりました。

授業でももちろん、スピーキングやリスニングの勉強をしたのですが、私が英語を話したり聞き取ったりできるようになったのは、ランチタイムや授業後に行くパブやバーでの友達や先生との会話をしていたことが大きかったと思います。

授業ではトピックが決まっていたりアカデミックな内容が多いですが、フリートークになると自分のパーソナルなことや相手の趣味を聞いたりできるので、より話しやすく、興味を持って聞くこともできました。

授業後のチャットしている時の写真です。

語学学校に通っても書いたり読んだりしているだけでは日本で勉強するのと同じで話したり聞いたりできるようにはならないと私は思います。語学学校で友達や先生と仲良くなり、なるべく英語を話したり聞いたりする時間を長くするということが英語の上達にはとても大切だと私は思います。

授業後にクラスメートの誕生日を祝いにみんなでパブに行きました。

まとめ

今回はカナダトロントの私が通っていたハンザという語学学校の雰囲気や、自分の体験を紹介させていただきました。人によっても感じ方は違いますし、語学学校によっても雰囲気が違います。また実際に語学学校に行っても、全然英語が上達しなかったという人に会ったこともあります。

結局のところ、自分がどれだけ英語を話したいと思うかということが英語の上達には1番大切なことなのかなと私は思います。語学学校で会った友達や先生のことをもっと知りたい、自分のことをもっと知って貰いたいというモチベーションが私の英語を上達させたのかなとも思います。

この記事が、海外の語学学校にこれから通おうと考えている方の少しでもお役に立てたら嬉しいです。

この記事のライター

ベトナムで生活し始めました。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング