1度は食べてほしいおすすめタイ料理集!私がタイに移住して虜になったタイ料理をご紹介

1度は食べてほしいおすすめタイ料理集!私がタイに移住して虜になったタイ料理をご紹介

タイ料理にどのようなイメージをお持ちでしょうか?食べたことのない人からすると「辛い」「タイといえばパクチー」このようなイメージが一般的ですよね。タイ料理を食べたことのある方は「クセになるおいしさ!」と言います。私もタイに移住してすっかりタイ料理の虜になってしまいました。そこで、特におすすめのタイ料理をご紹介します。


クルワンプルーン?タイ料理に欠かせない調味料

クルワンプルーンとは、タイ語で「調味料」のこと。基本となる4つが、魚醤(ナンプラー)・砂糖・お酢・唐辛子。この4つは、タイの屋台やフードコートのテーブルの上に欠かさず置いてあります。タイ人は、この調味料を使って、料理を自分好みの味に変えてしまうのです。ラーメンに大量の砂糖と唐辛子を入れる光景だってごく当たり前。フルーツを食べる時でさえ、砂糖と粉唐辛子を混ぜたものをつけます。南国タイでは甘さと辛さが欠かせません。最近タイでは、糖尿病が増えてきているのだそう。糖尿病のリスクがあると知りながらも、砂糖たっぷり生活がやめられないタイ人がほとんどでしょう。

先ほどの4つの調味料に加え、ロッディーポークという豚風味のうまみ調味料・味の素・ライムもタイ料理には欠かせない調味料です。これらは毎日のように料理に使います。驚いたことに、タイ料理では「味の素」が欠かせません。スーパーでは1㎏の味の素も売られているほど。日本人よりも使われているように思います。

辛味と酸味が後を引く!春雨サラダのヤムウンセン

ひき肉メインのヤムウンセン

ライムの香りが鼻を抜け、味もあっさり系なので暑いタイでは定番料理の1つです。ナンプラーとライムが味を引き立ててくれます。私がタイに来て、1番最初にはまったタイ料理で、1ヶ月間毎日のように食べていました。私は辛すぎず甘くないヤムウンセンが好きなので、「マイ ペッ」「マイ ナムターン」と注文します。「マイ」は否定の意味で、「ペッ」が辛い「ナムターン」は砂糖という意味です。辛いものや甘いものが多いタイでは、この言葉を覚えておくと便利ですよ。具材はシーフードだったりひき肉メインだったりします。ヤムウンセンの「ヤム」は和える、「ウンセン」は春雨を意味しますが、言葉の通りですよね。

エビ・イカ・玉ねぎ・トマトが入ったヤムウンセンが王道のように思います。

甘辛醤油で日本人がすきな味!豚足煮込みご飯カオカームー

カオカームー

辛いのが苦手な人でも大丈夫!カオカームーは、唐辛子を使いませんので、辛くありません。甘辛醤油の味で、どこか日本っぽく懐かしい感じがします。日本のお米と間違いなく合う味。むしろ、日本のお米と食べたいくらい。大きな鍋で、汁を継ぎ足しながら煮込まれ続けていますから、うまみが凝縮されているのです。豚肉もトロトロで最高においしいです。100円前後で食べられるのも魅力的です。タイの屋台飯はとにかく安いですから、あれこれ挑戦してみるのも楽しいですよ。

タイで話題!人気沸騰中の酸っぱ辛い豚骨スープ

豚骨スープ

豚のうまみを引き出すために、味付けはとてもシンプルです。酸っぱさと辛さを足した程度ですが、やみつきになるおいしさです。テーブルにある調味料を加え(先ほどのクルワンプルーン)、好みの味にするのが一般的のようですが、私はこのままで十分でした。屋台には、毎日のように行列ができており、お土産としてテイクアウトをする人も。タイでは汁物でも問題なくテイクアウトすることができますよ。袋に入れて持ち帰るのがタイ流です。ちなみに、この豚骨スープをマネしたお店が続々出てきています。真似て作っただけの店もありますから注意です。おいしい豚骨スープを食べるには、お客さんの多い店を選ぶのが間違いないでしょう。

別のお店の豚骨スープ

とってもまろやか!カニと卵のプーパッポンカリー

プーパッポンカリー

タイといえばグリーンカレーですが、プーパッポンカリーを1度は食べてみてほしいと思います。トロトロでふわっふわのまろやかなカレーです。おいしいプーパッポンカリーに出会うには、リゾート地などの海沿いのレストランがおすすめです。観光客などで賑わう人気店は、大きな水槽がお客様を誘います。活きのいい魚や甲殻類を自分で選び、調理してもらえるのです。新鮮さが嬉しいですよね。ロケーションとおいしいプーパッポンカレーをぜひ堪能してほしいです。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング