1度は食べてほしいおすすめタイ料理集!私がタイに移住して虜になったタイ料理をご紹介

1度は食べてほしいおすすめタイ料理集!私がタイに移住して虜になったタイ料理をご紹介

タイ料理にどのようなイメージをお持ちでしょうか?食べたことのない人からすると「辛い」「タイといえばパクチー」このようなイメージが一般的ですよね。タイ料理を食べたことのある方は「クセになるおいしさ!」と言います。私もタイに移住してすっかりタイ料理の虜になってしまいました。そこで、特におすすめのタイ料理をご紹介します。


クルワンプルーン?タイ料理に欠かせない調味料

クルワンプルーンとは、タイ語で「調味料」のこと。基本となる4つが、魚醤(ナンプラー)・砂糖・お酢・唐辛子。この4つは、タイの屋台やフードコートのテーブルの上に欠かさず置いてあります。タイ人は、この調味料を使って、料理を自分好みの味に変えてしまうのです。ラーメンに大量の砂糖と唐辛子を入れる光景だってごく当たり前。フルーツを食べる時でさえ、砂糖と粉唐辛子を混ぜたものをつけます。南国タイでは甘さと辛さが欠かせません。最近タイでは、糖尿病が増えてきているのだそう。糖尿病のリスクがあると知りながらも、砂糖たっぷり生活がやめられないタイ人がほとんどでしょう。

先ほどの4つの調味料に加え、ロッディーポークという豚風味のうまみ調味料・味の素・ライムもタイ料理には欠かせない調味料です。これらは毎日のように料理に使います。驚いたことに、タイ料理では「味の素」が欠かせません。スーパーでは1㎏の味の素も売られているほど。日本人よりも使われているように思います。

辛味と酸味が後を引く!春雨サラダのヤムウンセン

ひき肉メインのヤムウンセン

ライムの香りが鼻を抜け、味もあっさり系なので暑いタイでは定番料理の1つです。ナンプラーとライムが味を引き立ててくれます。私がタイに来て、1番最初にはまったタイ料理で、1ヶ月間毎日のように食べていました。私は辛すぎず甘くないヤムウンセンが好きなので、「マイ ペッ」「マイ ナムターン」と注文します。「マイ」は否定の意味で、「ペッ」が辛い「ナムターン」は砂糖という意味です。辛いものや甘いものが多いタイでは、この言葉を覚えておくと便利ですよ。具材はシーフードだったりひき肉メインだったりします。ヤムウンセンの「ヤム」は和える、「ウンセン」は春雨を意味しますが、言葉の通りですよね。

エビ・イカ・玉ねぎ・トマトが入ったヤムウンセンが王道のように思います。

甘辛醤油で日本人がすきな味!豚足煮込みご飯カオカームー

カオカームー

辛いのが苦手な人でも大丈夫!カオカームーは、唐辛子を使いませんので、辛くありません。甘辛醤油の味で、どこか日本っぽく懐かしい感じがします。日本のお米と間違いなく合う味。むしろ、日本のお米と食べたいくらい。大きな鍋で、汁を継ぎ足しながら煮込まれ続けていますから、うまみが凝縮されているのです。豚肉もトロトロで最高においしいです。100円前後で食べられるのも魅力的です。タイの屋台飯はとにかく安いですから、あれこれ挑戦してみるのも楽しいですよ。

タイで話題!人気沸騰中の酸っぱ辛い豚骨スープ

豚骨スープ

豚のうまみを引き出すために、味付けはとてもシンプルです。酸っぱさと辛さを足した程度ですが、やみつきになるおいしさです。テーブルにある調味料を加え(先ほどのクルワンプルーン)、好みの味にするのが一般的のようですが、私はこのままで十分でした。屋台には、毎日のように行列ができており、お土産としてテイクアウトをする人も。タイでは汁物でも問題なくテイクアウトすることができますよ。袋に入れて持ち帰るのがタイ流です。ちなみに、この豚骨スープをマネしたお店が続々出てきています。真似て作っただけの店もありますから注意です。おいしい豚骨スープを食べるには、お客さんの多い店を選ぶのが間違いないでしょう。

別のお店の豚骨スープ

とってもまろやか!カニと卵のプーパッポンカリー

プーパッポンカリー

タイといえばグリーンカレーですが、プーパッポンカリーを1度は食べてみてほしいと思います。トロトロでふわっふわのまろやかなカレーです。おいしいプーパッポンカリーに出会うには、リゾート地などの海沿いのレストランがおすすめです。観光客などで賑わう人気店は、大きな水槽がお客様を誘います。活きのいい魚や甲殻類を自分で選び、調理してもらえるのです。新鮮さが嬉しいですよね。ロケーションとおいしいプーパッポンカレーをぜひ堪能してほしいです。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

鮮やかなピンク色をした果物「ピタヤ」。果皮が竜のウロコのように見えるためドラゴンフルーツとも呼ばれていて、「ドラゴンフルーツ」と呼ばれるほうが一般的になっていますよね。日本ではあまり見かけませんが、タイでは手軽に入るフルーツなのです。食べやすく美容効果の高いドラゴンフルーツの選び方や食べ方などについてご紹介します。


バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

タイと言えば南国のイメージが強くビーチリゾートを連想しがちですが、実は山の方にも緑豊かなリゾート地は多いものです。タイのあらゆるところで年々開拓が進み、隠れ家的な穴場のスポットもたくさん。先日、ペッチャブーン県の高原地帯(カオコー)にある「The Bluesky Resort」に行ってきたのでレポートしたいと思います。


トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

日本と同様にタイでも「鯖缶」は親しみのある食品です。そのまま食べたり、料理に使ったりと重宝されているもの。日本と違うところはトマト風味なところ。タイでは赤いトマトソースのものが一般的。もともと鯖はトマトと相性が良いのでそのままでもおいしいのですが、タイの鯖缶を使った簡単レシピをタイ人から教えてもらったのでご紹介します。


タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

日本ではあまり知られていませんが、タイでは有名な「チキンエキス」。これがかなり優秀で、私はエナジードリンクとして常備しています。だるさを感じるときにこれを飲むと、数時間でシャキッとする気がします。鳥一匹を丸々煮込んだエキスなので、美容にもいいそうです。そんなとっても優秀な「チキンエキス」について詳しくみていきましょう。


プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

バンコク郊外にあるショッピングモールのプロムナードとファッションアイランドは、子どもから大人まで楽しめる場所です。この2つは連結しているため、趣の違うショッピングモールを同時に楽しめます。日本食レストランも多くあり、日本人もちらほら見かけます。プロムナードにておいしいサーモンを食べられるお店を発見したのでご紹介します。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング