アメックスグリーンの年会費や利用可能な空港ラウンジ、海外旅行保険について詳しく解説します!

アメックスグリーンの年会費や利用可能な空港ラウンジ、海外旅行保険について詳しく解説します!


中央に古代ローマ兵が描かれた、緑色の券面が特徴的な「アメリカン・エキスプレス・カード」。
その色から通称「グリーンカード」「アメックスグリーン」なんて呼ばれたりもします。
アメックスが発行するプロパーカードの中では、もっとも基本的なグレードのカードではありますが、サービス内容は他社のゴールドカードに相当します。
どんなサービスが受けられ、どんな人におすすめなのか、この記事でご紹介いたします。

【結論】アメリカンエキスプレスカードのメリットとおすすめな人

アメリカン・エキスプレス・カードは、海外でも安心・快適に過ごしたい旅人、ビジネスマンにおすすめの1枚です。
このカードをおすすめする理由として、

・一般クラスながら、サービス内容はゴールドクラス
・どこに行っても通用する信頼性
・ラウンジが使えるだけでなく、手荷物配送無料や送迎などのサービスを受けられる
・利用付帯の海外旅行保険は最高5,000万円!家族特約もついている
・マイルへの交換レートがいい

の5点です。
以下では、このカードについてより詳しく解説していきます。

【年会費は12,000円(税別)】アメリカン・エキスプレス・カードの概要

アメリカン・エキスプレス・カードは、100年の歴史をもつアメリカン・エキスプレスから発行されるプロパーカードです。
一般カードにも関わらず、年会費は12,000円(税別)です。
家族カードは1枚につき6,000円(税別)の年会費が発生します。
もちろん、クレジットブランドは世界シェアNo.3のAmerican Expressです。

年会費が他のカードよりも高い分、それ相応のサービスとどこの国に行っても通用するクレジットカードを手に入れることができます。

カードの信頼性は折り紙つき

アメックスといえば、世界各国で通じるブランド力が魅力の一つです。
国内でいえば「三井住友VISAカードゴールド(年会費10,000円+税)」に相当します。
その分、原則として20歳以上の社会人で一定の収入を得ていることなどが、カード発行の条件となります。
公式ページには「学生は不可」とは書かれていないのものの、基本は作れないと思っていたほうがいいでしょう。

所得の少ない学生さんならば、セゾンブルー・アメックスなどがおすすめ

とはいえ、学生だからとアメックスブランドを諦める必要はありません。
「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」などは年会費が3,000円と安く、学生でも発行することが可能です。

ラウンジが使えるだけでなく、手荷物配送無料や送迎サービス優遇も

アメリカン・エキスプレス・カードを持っているだけで、国際線利用時に次の4つのサービスを受けることができます。

・国内28か所、海外2か所の空港ラウンジが、同伴者1名とともに利用できる
・プライオリティ・パスの年会費(99US$)が無料!同伴者もOK
・国際線の往路、復路ともに手荷物1つまでを無料配送
・空港から指定箇所までを優待金額で送迎してくれる、エアポート送迎サービスつき

国内28か所、海外2か所の空港ラウンジが、同伴者1名とともに利用できる

カードを当日の搭乗券を見せるだけで、30か所ものラウンジが自分を含め2名まで無料利用できます。
「ラウンジ利用可能」となっているゴールドカードは多いですが、その大半が会員本人しか利用できません(=同伴者は有料となってしまう)。
アメリカン・エキスプレス・カードであれば同伴者も無料でラウンジが使えるので、夫婦やカップルで旅行に出かけても一緒に利用できちゃいます。

プライオリティ・パスの年会費(99US$)が無料!

指定の30か所以外にも、世界1,000か所以上あるプライオリティ・パスのラウンジが一定の価格で利用できます。
本来であればプライオリティ・パスの年会費として99USD(≒11,500円相当※)を払う必要がありますが、アメックスグリーンを持っていると年会費がかかりません。
1回の利用ごとに1人あたり27USD(≒3,100円)で使えるため、世界のどこにいっても快適な旅を楽しめることでしょう。

※ 1USD=115円で計算。2017年11月現在。

国際線の往路、復路ともに手荷物1つまでを無料配送

国際線の利用であれば、自宅から空港(往路・出国時)、空港から自宅(復路・帰国時)へスーツケース1つまでを、無料で配送してくれます。
ただし、このサービスはカード会員のみしか受けることができません。
空いた手で彼女や奥さんの荷物を持ってあげることが、紳士な男性というものです。

空港から指定エリアまで送迎してくれるエアポート送迎サービスつき(有料)

専用タクシーにて、空港からご自宅などまで送迎してくれるサービスもついています。
例として、羽田空港からであれば、東京都・神奈川・千葉のほぼ全域に加えて埼玉県の一部地域まで送迎可能です。
料金は距離によって異なりますが、近いところで2,000円、最遠方でも21,000円です。
消費税や高速道路代、その他手数料などをすべて含んだ金額となります。

ただし、利用の注意点として、次のことが挙げられます。

・H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクにて、航空券またはツアーを購入する
・3日前までの予約が必要
・年間2回まで(片道で1回とする)
・降車場所はカード会員が指定する1か所のみ

海外旅行保険は利用付帯であることに注意!傷害・治療費用が少ないのが気がかり

海外に強いカードではありますが、アメリカン・エキスプレス・カードの旅行保険は「利用付帯」となっていますので注意しましょう。
なお、この旅行保険は家族特約がついているため、配偶者やお子様、自身の両親にも適応されます。

また、全体的な補償金額は高めであるものの、利用頻度が高い傷害・疾病治療費用が100万円までなのが気がかりな点といえます。
日本では数万円で済む治療費が、海外では数十万から100万円を超えるケースも珍しくありません。
心配であれば、他の民間保険でカバーしておくと安心して旅行に行くことができます。

海外旅行保険
被保険者(保険が適応される人) ・カード会員本人
・配偶者
・6親等以内の血族
・3親等以内の姻族
傷害死亡・後遺障害 本人:最高 5,000万円
家族:最高 1,000万円
傷害治療費用(1事故あたり) 100万円
疾病治療費用(1疾病あたり) 100万円
賠償責任(1事故あたり) 3,000万円
救援者費用(1旅行中) 200万円
携行品損害 (1旅行中) 最高 30万円(免責 3,000円)
※ただし、1組あたり10万円まで
ショッピング・プロテクション保険 500万円(免責 3,000円)
リターン・プロテクション保険 15万円
※1商品につき3万円まで
補償期間 最長で90日間

リターン・プロテクション保険とは?

リターン・プロテクション保険というのは、購入した物品を返品しようとしたときに、購入元で返品を受け付けられなかった場合の補償サービスです。
他のカードにはあまり見かけない保険ですが、海外でモノを買うときなどは、これがあるといざというときでも安心です。
ただし、返品は未使用かつ未損傷のものに限り、1商品につき3万円が限度となります。

【100円で1pt】ANAマイルに交換するのであればレート高し!

アメリカン・エキスプレス・カードを利用すると、100円につきメンバーシップ・リワードが1pt貯まります。
サービス重視のため、ポイントの還元率は良いとはいえないものの、マイル交換であれば高いレートで交換することができます。

通常であれば、2:1レートとなり他社カードと差別化ができませんが、年間3,000円(税別)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することで、ANAマイルなら1:1、それ以外のマイルでも5:4のレートでで交換することができちゃうんです。

なお、マイルを重要視するのであれば「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(年会費31,000円+税)」がおすすめです。
こちらのカードだと、最大で1:2という高レートでANAマイレージを獲得することができます。


【ポイントとマイルの交換】
・通常
2,000pt=1,000マイル
・メンバーシップ・リワード・プラスに登録
1,000pt=1,000マイル(ANAマイレージ※)
1,250pt=1,000マイル(それ以外の14社)

※ 別途、メンバーシップ・リワードANAコースへの参加が必要となります(年間5,000円+税)。

【2017年11月末まで】Amazonキャンペーンでお得にカードを発行しよう!

アメリカン・エキスプレス・カードを申し込むのであれば、Amazonキャンペーンが最もお得です。
2017年末までの限定となりますが、

・初年度年会費無料!
・3か月以内に15万円以上の利用で、Amazonギフト券10,000円分を進呈!
・3か月以内に30万円以上の利用で、さらにメンバーシップ・リワードを15,000ptプレゼント!
・次年度のカード更新時に、Amazonギフト券5,000円分を進呈!

と最大で4万円以上もの恩恵が受けられます。
11月末までのキャンペーンなので、迷っている方は早めのお申し込みを。

▽ キャンペーンサイト
https://www.americanexpress.com/japan/apps/dct/ap_cam/amaz01_grn/index.shtml

豪華なサービスとブランド力で、ラクジュアリーな旅にしたい方にはピッタリ

アメリカン・エキスプレス・カードは、ラクジュアリーな旅をしたいあなたに、多種多様なサービスと安心のブランド力をもたらします。
まずは、基本的なグリーンカードで、アメックスのサービスを体験してみませんか。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


クレジットカード

関連する投稿


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

出張や旅行で海外に行くとき現金はどうようにして持って行くのが良いでしょうか。ほとんどの人は現金とクレジットカードという組み合わせが一般的だとですが、最近では海外専用のプリペイドカードという便利なカードも登場しています。クレジットカードを持っていない人や1枚しかない人はサブカードとして海外旅行の際に使うと非常に便利です。


マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

海外プリペイドカードで有名なキャッシュパスポートはマルチカレンシーで最大9つの通貨を管理することが可能です。このカードの優れている点は年齢制限がないとこと、家族が入金できること、さらにスペアカードが付くということです。自分自身の旅行や出張用に使うのはもちろん、海外留学を控えた子供たちにもおすすめの便利なカードです。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!



最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング