象の行進が見れる!?アユタヤ・エレファントキャンプで象に乗って散歩してみよう

象の行進が見れる!?アユタヤ・エレファントキャンプで象に乗って散歩してみよう

象と触れ合ったことはありますか?タイと言えば象。タイにお越しの際は、アユタヤのエレファントキャンプに行ってみましょう。タイの人々は、昔から象と深く関わりながら生活してきました。ここでは、タイ人と象の歴史と、エレファントキャンプの体験記についてご紹介します。


タイの人々と象のつながり

バンコクで見かけた象の仏像

タイでは、象の仏像をお寺以外の街中でも目にすることができますし、象を商品パッケージにあしらったものも多くあったりと、タイにいるだけでタイの人々と象の関わりが深いことがわかります。
戦争時、王は象にまたがり、戦いを繰り広げていました。象は王を守り、先頭を切って戦ったと言われています。それ以来、象は勇気と誇りの象徴、とされているのです。また、タイで有名な逸話としてあるのが、「ブッダのお母さんはある日、白い象がお腹に入る夢を見て、ブッダを身ごもったことを知った」というもの。この逸話から、ブッダは白い象の姿をしてこの世に現れ、人々を守っていると信じられているのです。いまでも、象という存在は、タイの人々にとって偉大なものとなっています。

タイの象が絶滅危惧種?理由は?

100年前のタイでは、10万頭もの象が飼育されていたと言われています。それが今や絶滅危惧種となっているのです。現在、タイ全土での象の数は、野生と飼育を合わせても5000頭に満たない状況に陥っています。象は1頭で、1日に100キロ以上の食料と100リットルが必要になり、世話をする上での広さや予算などがまだまだ追いついていません。   
昔は、多くの人々が象を飼育し、共に森林伐採に従事していました。徐々に仕事そのものが減っていき、1989年には伐採が禁止されてしまいました。それ以降、飼育される象は激減してしまったのです。林業の仕事がなくなるにつれ、人間に飼育されてきた象は、観光客を乗せる仕事をするようになります。タイでは、象の保護育成のためにエレファントキャンプを各地に設けるようになったのです。

アユタヤ・エレファントキャンプのレポート

写真撮影を行っている象

エレファントキャンプでは、象と写真撮影をしたり、エサをあげたり、象に乗って街を観光することができます。私は、人生3度目のエレファントキャンプでした。少し歴史を勉強していくことで、気持ち良くチップをあげることもできますし、「たくさん食べてね」という気持ちからエサを大量に購入してしまいます。痩せた象を見るのはとても心が痛みます。

象の行進

象に乗って、近くを一周します。看板には、「象使いにカメラを渡さないように」と注意書きがありましたが、撮影ポイントに来るとしっかり止まってくれます。


日よけの傘も付いていて快適

お互い写真をお願いし合っているところ

撮影の際、象は鼻を上げてしっかりポーズをキメてくれます。お礼にチップをあげると、鼻の先を上手に使い、象が自分で受け取ってくれますよ。お礼の鳴き声もあります!

象にはお礼のチップを準備しよう!

象からの景色

象が歩く度に、大きく左右に揺られますから、手荷物には気をつけたほうが良いです。2人で乗る際は体重差を考慮し、バランスよく乗るように指示が入ります。象に負担がかからないようにするために、途中に2回ほど象使いの方から座り方を指導されました。

出発地に戻ってきました

降りる際にも、チップを象に渡すとスマートでしょう。象使いの方からチップを要求されることもありますが、自分から渡したほうが気分がいいですよね。20バーツか50バーツの小さめのお札を準備しておくと良いでしょう。渡すタイミングは、写真を撮ってもらった時と、降りる時の2回がいいと思います。
先ほどのように、象を飼育するのには、ものすごい食料と水が必要となり、予算も追いつかないほどなのです。「少しでも貢献できればいいな」「エサ代にしてね」そんな気持ちを持つと良いでしょう。お互いにイヤな思いをせずに済みます。

象は写真で見るよりも迫力がありますが、ちっともこわくないですよ。むしろかわいいです。タイの人々と象の歴史を、少しでも理解していただければ幸いです。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ アユタヤ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング