リクルートカードのポイント還元率や年会費、海外旅行保険について詳しく解説!リクルートカードプラスとの比較も!

リクルートカードのポイント還元率や年会費、海外旅行保険について詳しく解説!リクルートカードプラスとの比較も!


「じゃらん.net」や「HOT PEPPER」などを運営するリクルートから発行されているクレジットカードが、リクルートカードです。
年会費無料でポイント付与率が1.2%以上と、他のクレジットカードとも比較しても還元率に定評のある1枚です。
新卒や転職サービスが本業であることから、学生でも作りやすいクレジットカードともいえます。
今回は、リクルートカードの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

なお、還元率が2.0%となる「リクルートカードプラス」というものがありましたが、2016年3月15日を以って新規受付を終了しています。

リクルートカードの概要

リクルートカードは、年会費無料で使えるクレジットカードです。
クレジットブランドはJCB、VISA、Mastercardの3つから選べ、JCBは株式会社ジェーシービーが、VISAとMastercardは三菱UFJユニコスが発行しています。
家族カードやETCカードも年会費無料で使うことができますが、VISAとMastercardブランドのみ、ETCカードの発行時に1,000円(税別)かかります。

ブランドによってリクルートカードでの恩恵は基本的に変わりません。
しかし、電子マネーへのチャージポイントを獲得できる種類だけが、ブランドによって異なってきます。
JCBは「nanaco(ナナコ)」と「モバイルSuica」の2つだけですが、VISA・Mastercardはさきほどの2つに加えて「楽天Edy」「SMART ICOCA」も対象となります。
また、VISA・Mastercardであれば、ApplePayの利用もOKです。

ブランドにこだわりがないのであれば、チャージポイントの対象が広いVISAブランド、もしくはMastercardブランドをおすすめします。

入会キャンペーンで最大6,000円分のポイントをキャッシュバック!

入会キャンペーンでは、次の3つの条件を満たすと合計で6,000円分のリクルートポイントがもらえます。

・条件1:リクルートカード新規入会で1,000pt(1,000円)
・条件2:発行翌日から60日以内にリクルートカードを利用することで2,000pt(2,000円)
・条件3:携帯決済(docomo・au・SoftBank・Y!mobileのみ)の利用で3,000pt(3,000円)

他の入会キャンペーンを見ていると、友達紹介やリボ払いの利用登録など、キャッシュバックをもらうための条件がやや厳しいことが多いです。
個人的な意見ですが、キャンペーンをもらうためにリボ払いを勧めてくるのはどうなのだろう?と思うこともあります。
リクルートカードではそうした複雑な条件はなく、カード発行して利用することで3,000円分のポイント、携帯電話をクレジットカードで払うことで+3,000円です。
条件がわかりやすく、非常に良心的といえるでしょう。

入会キャンペーンのポイントは「期間限定ポイント」!Pontaポイントには換えられません

1点だけ注意しておきたいのは、この入会キャンペーンで得られるポイントは「期間限定ポイント」ということです。
期間限定ポイントの特徴として次の2点があります。

・Pontaポイントには換えることができない
・有効期限が1か月半ほど(加算日の翌月末まで)

Pontaには換えられませんが、じゃらんやHOT PEPPERなどのサービスでは利用できます。
有効期限が短いので、ポイントが加算されたらすぐに使ってしまいましょう。

【余談】リクルートポイントには3つの種類がある

リクルートポイントは通常ポイントに加え、期間限定ポイント、サイト限定ポイントがあります。
サイト限定ポイントというのは、特定のサイトのみ(例:じゃらん.netだけ)でしか使えないポイントのことをいいます。
この3つのポイントは、「1. 有効期限が早い順に消費」「2. (有効期限が同じならば)サイト限定→期間限定→通常ポイントの順で消費」となります。

例えば、通常ポイント500pt(あと1か月)、期間限定ポイント300pt(2か月)、サイト限定ポイント300pt(2か月)を持っていたとします。
ここで、じゃらん.netを使って1,000ptを使いたい場合、次のようにポイントが消費されます。

1. 有効期限が最も早い通常ポイントを500pt消費(合計500pt)
2. サイト限定ポイントを300pt消費(合計800pt)
3. 期間限定ポイントを200pt消費(合計1,000pt)

適切なポイントから自動的に使ってくれるので安心です。

リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードのメリットとデメリットはこちらです。

【メリット】
・ポイントが常に1.2%還元
・指定された電子マネーなら、チャージでポイント取得
・年会費無料なのにショッピング保険がつく

【デメリット】
・旅行保険は利用付帯、補償金額もやや心許ない
・ゴールドカードではないのでラウンジ利用などのサービスはない

メリット

リクルートカードはポイント1.2%と、クレジットカードのなかでは還元率が高い部類です。
公共料金の支払いや他のサイトでのショッピングでも1.2%貯まりますが、リクルート系列であれば還元率が4%を超えることもあります。

貯めたポイントは1pt=1ポンタポイントとして使えるだけでなく、リクルート系列のサイトでも使えます(※Pontaに換えられるのは通常ポイントのみ)。
また、nanacoやモバイルSuicaなどの電子マネーにチャージしてもポイントが付与されるため、利用している方は要チェックです。

旅行保険全体として見ればやや心許ないものの、ショッピング保険がついているため海外の買い物でも安心して使えます。

デメリット

一方、その旅行保険は海外・国内問わず利用付帯となります。
利用付帯ということは、「航空券やフェリー代などの交通費」もしくは「ツアー代金」をクレジットカードで支払う必要があります。
保険を有効にするためにも、旅行代金をカードで支払っておくことを忘れないようにしたいところです。

年会費無料であることから、補償金額についてはやや少なめです。
特に、傷病・疾病治療費用は100万円までしかでませんので、いざというときのために民間の保険をかけておくのがいいでしょう。

また、このリクルートカードはゴールドカードではないため、ラウンジ利用や手荷物配送などのサービスを受けることができません。
学生や若手社会人など、年会費を抑えつつ高還元率のクレジットカードがほしいと思っている方におすすめの1枚といえます。

リクルートカードプラスとの違いって?(※2016年3月で新規受付を終了しています)

以前、リクルートカードにはもう1種類あり、「リクルートカードプラス」というのがありました。
現在では新規発行を終了しておりますが、現在所有している方向けに、リクルートカードの違いをお伝えしておきます。

リクルートカードプラスは年会費が2,000円(税別)かかる分、ポイント還元率が2.0%以上となり、旅行保険も自動付帯に切り替わります。
ただし、デメリットでご紹介した傷病・疾病費用は100万円と変わらずなので、自動付帯といってもこれ1枚に頼るのはやや危険といえます。

サービスの内容 リクルートカード リクルートカードプラス(新規終了)
年会費(税別) 無料 2,000円
ポイント還元率 1.2% 2.0%
電子マネーへのチャージポイント 指定された2、または4種類なら可 不可(※以前は可能だったが不可となった)
旅行保険 利用付帯
最高 2,000万円
自動付帯
最高 3,000万円

ポイントの還元率と年会費無料で使いやすい1枚なのがリクルートカード

年会費や還元率、旅行保険など、他のカードの中から群を抜いて突出しているサービスはありませんが、バランスが整っていて使いやすい1枚です。
コスパを重視したい方や、はじめてのクレジットカードで迷っている方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


クレジットカード

関連する投稿


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

出張や旅行で海外に行くとき現金はどうようにして持って行くのが良いでしょうか。ほとんどの人は現金とクレジットカードという組み合わせが一般的だとですが、最近では海外専用のプリペイドカードという便利なカードも登場しています。クレジットカードを持っていない人や1枚しかない人はサブカードとして海外旅行の際に使うと非常に便利です。


マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

海外プリペイドカードで有名なキャッシュパスポートはマルチカレンシーで最大9つの通貨を管理することが可能です。このカードの優れている点は年齢制限がないとこと、家族が入金できること、さらにスペアカードが付くということです。自分自身の旅行や出張用に使うのはもちろん、海外留学を控えた子供たちにもおすすめの便利なカードです。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!



最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング