楽天プレミアムカードは海外旅行保険が自動付帯でプライオリティパスも無料招待とメリットがいっぱい!

楽天プレミアムカードは海外旅行保険が自動付帯でプライオリティパスも無料招待とメリットがいっぱい!


楽天から発行されるクレジットカードの中で、上位の位置づけにあるのが「楽天プレミアムカード」です。
クレジットブランドは、VISA、Mastercard、JCBの3つから選ぶことができます。

年会費は10,000円(税別)かかってしまうものの、ポイントの優遇があったり、海外旅行保険が自動付帯であるなど、年会費以上のメリットがあります。
特に、日本円にして45,000円相当(※)のサービスである「プライオリティ・パス」への無料招待は、海外によく行かれる方にとって大変重宝するサービスといえるでしょう。
とはいえ、旅行保険に家族特約がついておらず、家族カードではプライオリティ・パスの招待も受けられないことから、単身向けの方がターゲットであることが伺えます。

今回は、楽天プレミアムカードのメリット・デメリットをご紹介するだけでなく、年会費が安い「楽天ゴールドカード」との比較も行います。
楽天プレミアムカードをお考えの方は、ぜひご一読してもらえたと思います。

※1US$=113円で計算(2017年10月時点)。

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードのメリットは次の4点です。

・プライオリティパスへの無料招待
・海外旅行保険が自動付帯
・楽天市場利用でポイントが5%還元!
・3つのコース優待の中から1つ選べる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

プライオリティ・パスへの無料招待

楽天プレミアムカードの一番のメリットともいえるのが、プライオリティ・パスへの無料招待です。
プライオリティ・パスというのは、世界900か所の空港ラウンジを利用できる会員制のサービスとなります。

このパスには3つの会員ランクがあり、下から順にスタンダード、スタンダード・プラス、最上位のプレステージとなっています。
楽天プレミアムカードでは最上位の「プレステージランク」に招待され、各国のラウンジでドリンクサービスやインターネット接続サービスなどが受けられます。
本来、プレステージは399US$(=45,000円相当※)の年会費がかかりますが、楽天プレミアムカードからであれば費用は一切かかりません。
このカードの年会費が10,000円(税別)であることを考えると、十分お得といえるでしょう。

ただし、このプライオリティ・パスはカード到着後に、楽天カード会員サービスページである「楽天e-NAVI」より申し込みが必要です。
申し込みからパスカードが届くまで2週間ほどの時間を要すため、「急ぎの出張が入った」という場合は間に合わない可能性がありますので注意しましょう。

※1US$=113円で計算(2017年10月時点)。

国内・海外旅行保険が自動付帯


海外旅行だけでなく、国内旅行保険までもが「自動付帯」となります。
交通費もしくはツアー代金をカードで支払った場合のみ、傷害死亡・後遺障害と携行品損害の補償金が増額されます。
上位カードだけあって補償金額は必要十分であり、ショッピング保険もついていることから、普段の旅行程度であればカバーできるといえるでしょう。

サービスの内容 楽天カードプレミアム
傷害死亡・後遺障害 最高 5,000万円
- 自動付帯 4,000万円
- 利用付帯 1,000万円
傷害治療費用(1事故あたり) 自動付帯 300万円
疾病治療費用(1疾病あたり) 自動付帯 300万円
賠償責任(1事故あたり) 自動付帯 3,000万円
救援者費用(1旅行中) 自動付帯 200万円
携行品損害 (1旅行中) 最高 50万円(免責 3,000円)
- 自動付帯 30万円
- 利用付帯 20万円
※ただし、1組あたり10万円まで
ショッピングガード保険(動産総合保険)
※カードで購入した、価格が1万円以上のものが対象
最高300万円(免責 3,000円)
有効期限 出国から最大3か月間

楽天市場利用でポイントが5%還元!

楽天市場で楽天プレミアムカード使って買い物をすると、購入金額の5%がポイントとして還元されます。
通常であれば100円につき1ptですが、このカードを使うことで100円で5pt貯めることができます。

また、楽天プレミアムカードでは3つのコース中から1つ優待を受けることができます(詳しくは次節にて)。
この中にある「楽天市場コース」を選択すると火曜・木曜日に限りポイントが1%増額されます。
加えて、お誕生月に楽天市場を利用すると無条件で+1%となることから、最大還元率は7%にまでなります。
楽天以外の利用でも100円につき1pt貯まりますので、楽天をよく使う方であれば、候補として申し分ない1枚といえるでしょう。

【ポイントの内訳】
・通常利用(楽天に限らず)1%
・楽天カードシリーズで決済 1%
・楽天プレミアムカードボーナス 3%
・楽天市場コースボーナス(火・木のみ)1%
・お誕生月に楽天を利用 1%
=通常で5%、最大で7%のポイント還元

3つのコース優待の中から1つ選べる

楽天プレミアムカードの独自特典として、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の中から1つ優待を選ぶことができます。
それぞれの特典は以下のとおりになります。

コース名 特典内容(いずれも無料で利用可能)
楽天市場コース 火曜と木曜に楽天を利用すると、ポイント+1%
トラベルコース 楽天トラベル決済で+1%
エンタメコース 楽天TV・楽天ブックスの利用で+1%

自分がよく使うサービスにあったコースを選ぶのがベストですが、迷ったら利用頻度が高い「楽天市場コース」をおすすめします。
こちらもプライオリティ・パスと同じく、「楽天e-NAVI」より別途申し込みが必要となりますので、忘れないようにしましょう。

以上4つが、楽天プレミアムカードのメリットです。
続いて、このカードのデメリットを見ていきましょう。

楽天プレミアムカードのデメリット

デメリットとしては、旅行保険とプライオリティパスは本人限定であること、マイルへの交換は決してお得とはいい難いことなどがあります。
このカードのデメリットは次の4点となります。

・海外旅行保険に家族特約なし
・航空便遅延補償、手荷物紛失補償がついていない
・家族カードでは、プライオリティパスの招待を受けられない
・期間限定ポイントはマイルと交換できない

海外旅行保険に家族特約なし

楽天プレミアムカードの旅行保険は、家族特約がついていないため、カード会員本人しか受けることができません。

家族特約というのは、本会員のカードだけで同伴する家族も同様の保険が適応されるサービスです。
補償額はカードの名義人よりも少なくなるものの、保険がついているという安心感があります。

楽天カードプレミアムでは家族特約がついていないため、家族の保険もカバーするには年会費500円(税別)の家族カードを作る必要があります。
ただし、家族カードといってもクレジットカードなので、18歳以上(高校生は除く)でないと作ることができません。
仕事などで一人で行くならまだしも、家族と旅行に行くのに使いたいというのであれば、家族特約がついている別のクレジットカードをおすすめします。

航空便遅延補償・手荷物紛失補償がついていない

ゴールドカードでは付帯することが多い、「航空便遅延補償」や「手荷物紛失補償」などもついていません。
飛行機が遅れたり、荷物がなくなってしまった場合(ロストバゲージ)でも、楽天プレミアムカードでは補償が受けられませんので注意が必要です。

家族カードでは、プライオリティパスの招待を受けられない

旅行保険では家族カードでカバーできるものの、プライオリティパスの招待は本会員だけとなります。
家族で空港ラウンジを利用する場合は、家族1人につき1回あたり3,000円(税別)の利用料金がかかります。
カップルや夫婦で旅行に行くことが多いのであれば、1人1枚の楽天プレミアムカードを持つのも一つの手といえるでしょう。

期間限定ポイントはマイルと交換できない

貯めた楽天ポイントは、2:1のレートでANAマイルに交換することができますが、期間限定ポイントは対象となりません。
さきほど、7%の還元のところで次の5種類のポイントをご紹介しました。

・通常利用(楽天に限らず)1%
・楽天カードシリーズで決済 1%
・楽天プレミアムカードボーナス 3%
・楽天市場コースボーナス(火・木のみ)1%
・お誕生月に楽天を利用 1%

この5項目のうち、後半3つ(5%分!)はすべて「期間限定ポイント」という扱いになります。
期間限定ポイントは、使わないと1~2か月で失効になるだけでなく、ANAマイルなど一部サービスへの交換には使えません。
普段から楽天を使っている方であるならまだしも、そうでない方にとっては決して優良なポイントサービスとは言えません。


「充実した旅行保険がついているのがいい」「マイルを貯めたい」など、クレジットカードを作ろうと思うきっかけはそれぞれです。
この楽天プレミアムカードは、単身者であり、かつ充実した保険とパスの無料招待に価値を見出せなければ、あえて作る価値はないといえます。
純粋に楽天のポイントを重視したいのであれば、年会費が安い「楽天ゴールドカード」でもいいでしょう。

楽天ゴールドカードとの違いって?

廉価版のゴールドカードとして、「楽天ゴールドカード」があります。
プライオリティ・パスの招待や優待コースはないものの、年会費が2,000円(税別)と格安ゴールドカードの一つです。

国内の主要空港でラウンジの利用もでき、利用付帯条件かつ補償額が下がるものの海外旅行保険もついています。
普段であれば、ポイントの還元率も楽天プレミアムカードと同じ5%です。

「ある程度のサービスはほしいけど、なるべく費用は易く済ませたい・・・」という方であれば、楽天ゴールドカードの方がおすすめといえるでしょう。

サービスの内容 楽天プレミアムカード 楽天ゴールドカード
年会費(税別) 10,000円 2,000円
海外旅行保険 「自動付帯」
死亡・後遺症 5,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品 50万円
救援者 200万円
ショッピング 300万円
「利用付帯」
死亡・後遺症 2,000万円(▲3,000万円)
傷害治療 200万円(▲100万円)
疾病治療 200万円(▲100万円)
賠償責任 2,000万円(▲1,000万円)
携行品 20万円(▲30万円)
救援者 200万円
ショッピング ×(▲300万円)
国内旅行保険 自動付帯
最高 5,000万円
×
ポイント還元率 1.0%~5.0%
※条件満たせば最大7.0%
1.0%~5.0%
空港ラウンジ 国内外900か所以上 国内35か所+国外2か所
プライオリティ・パス招待 あり(無料) ×
優待コース 3コースのうち1つ ×

パスの招待と旅行保険に魅力を感じるかがポイント

普段から楽天を利用しているのであれば、楽天プレミアムカードも十分候補となりえます。
しかし、そうでない方にとっては「プライオリティ・パス」と「自動付帯の旅行保険」が魅力であるかが判断の分かれ目となるでしょう。
とはいえ、こうしたサービスを年会費10,000円(税別)で受けられるのはそうないため、他のカードと比較してご自分にあったのを選べるといいでしょう。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


クレジットカード

関連する投稿


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

出張や旅行で海外に行くとき現金はどうようにして持って行くのが良いでしょうか。ほとんどの人は現金とクレジットカードという組み合わせが一般的だとですが、最近では海外専用のプリペイドカードという便利なカードも登場しています。クレジットカードを持っていない人や1枚しかない人はサブカードとして海外旅行の際に使うと非常に便利です。


マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

マルチカレンシーキャッシュパスポートの評判や口コミは!?年会費や手数料、年齢制限などについて詳しく解説します!

海外プリペイドカードで有名なキャッシュパスポートはマルチカレンシーで最大9つの通貨を管理することが可能です。このカードの優れている点は年齢制限がないとこと、家族が入金できること、さらにスペアカードが付くということです。自分自身の旅行や出張用に使うのはもちろん、海外留学を控えた子供たちにもおすすめの便利なカードです。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!



最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング