ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

「死者の日」をご存知でしょうか。11月1日に行われるメキシコで有名な祝祭です。ハロウィンの翌日なので混同しがちですが、実はとっても伝統的なお祝いなのです。カラフルに色付けされたガイコツは、祭壇に飾るこの日に欠かせないもの。10月中旬からメキシコ中で祭壇やデコレーションが見られます。その祭壇についてご紹介します!


「死者の日」って何?

死者の日は、スペイン語でDía de Muertos (ディア デ ムエルトス)と言います。
家族や友人で集まり故人を思う、日本でいうお盆のような大切な行事です。「死者の日」という名から何だか怖いイメージですが、これは「祝祭」。楽しくお祝いするものです。

祝祭は11月1日と2日に行われますが、前日にはハロウィンもあります。10月中旬から祝祭モードで、お店のいたるところで飾り付けされています。仮装をしてパーティをするなど、ハロウィンと重なる部分が多いので、ひとまとめに考えてしまいますが、メキシコ人にとっては死者の日の方が伝統的で大切です。

ガイコツのフェイスペイント

死者の日の祭壇って何?

死者の日を祝う祭壇「Ofrenda(オフレンダ)」は家の玄関先または庭、お店の前、学校、各イベント会場など様々な場所に飾られます。オフレンダは奉納・贈り物という意味です。

祭壇の飾り方は様々ですが、主な飾りは、故人の写真、十字架、キャンドル、故人が好きだった食べ物、死者の日の代表的なお花マリーゴールド、ガイコツなどの砂糖菓子、カラフルな切り絵などです。

近所の共同施設前の祭壇 飾ってある写真はガイコツ女性!

“故人を思う日”に変わりはないですが、宗教の信仰度合い・地域によっても違うようです。私のまわりでは、上の写真のように故人を特定しないで祭壇を作り、死者の日をお祝いする方が多いように感じます。

私が通っているスペイン語クラスでも、メキシコ人講師に教わり祭壇作りにチャレンジしました!

祭壇のお飾りを買いに行こう!

祭壇に飾るものを自分でも買いたいと思い、夫と共にセントロ(レオン市中心部)へ行ってきました。セントロでは10月から死者の日のためのお店が並び盛り上がっています。

レオン市のセントロ

大きなテントの中にはお店がいっぱい!

お店を華やかにするPapelpicado(パペルピカド)

Papelpicado(パペルピカド)とは、メキシコで伝統的な切り絵飾りです。カラフルな紙にガイコツや花模様に切り細工してあります。この時期はレストランやコンビニ店内にもパペルピカドが飾られ、とても華やか!

メキシコアイテムと言えばガイコツ!

ガイコツはメキシコでは怖いものではありません。カラフルに色付けされ、祭壇には欠かせないものです。ガイコツやミニフルーツは砂糖菓子でとってもキュート!ひとつ10ペソ(約60円)前後です。

ベビーモチーフやおもちゃも特徴的な飾りのようです

私が購入したもの

セントロで活気にあふれたお店を歩きながら、日本のお盆やお正月前のお店の雰囲気を思い出しました。文化は違えど、故人を思う・祝祭を大切にする気持ちは同じ。パワーを感じました!

祭壇作りに挑戦!

私が通っているスペイン語クラスで生徒と共に祭壇作りに挑戦。
外の屋根付き通路に大きく飾り、さみしかった壁が華やかに!

壁にペタペタ飾り付け

段ボール祭壇!

段ボールで祭壇を作り、そこにカラーペーパーで見栄えよく。その上に、持ち寄ったガイコツやお供え物を置きました。
カラー写真の女性はフリーダ・カーロ。メキシコを代表する画家です。

感覚は人それぞれですが、自分の先祖の写真を貼ることは正直気が引けました。遊び感覚でも宗教的に真面目なお祝いでも、どちらにせよ私や私の先祖の文化では無いし…という自分の古風な考えが。異文化を感じました!
ということで、好きなメキシコの画家フリーダ・カーロにしました。

完成!

日本のお盆のような静かさが自分にしっくりきますが、このようにお祝いするのもまた良いですね!手作り感満載な祭壇。カラフルで可愛いです!

最後に 身近に取り入れてみよう

個人で祭壇をつくるのは大変ですが、アイテムを少しだけ取り入れて死者の日をお祝いするのも楽しいです。私はパペルピカドを家に貼ってみました。

パワフルでカラフルな国メキシコ。死者の日は、メキシコらしい明るいお祝いですね!

この記事のライター

Hola!ご覧になってくださりありがとうございます。国際結婚メキシコ在住です。異文化に涙、でも面白いメヒコ。魅力をお届けします!

関連するキーワード


メキシコ

関連する投稿


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


メキシコ・レオン 天気の良い日は外でお茶しませんか?フードトラックパークを紹介

メキシコ・レオン 天気の良い日は外でお茶しませんか?フードトラックパークを紹介

メキシコのレオンにはフードトラックが並び、ゆっくりくつろげる広場があります。夜はライトアップされてとても素敵な雰囲気。まったり恋人同士で飲む人、犬と一緒にくつろぐ人、家族で賑やかに食事をする人、過ごし方はそれぞれ。暑くなった今日この頃、夜風にあたりながら過ごす時間は最高です。実際に行ってみた感想を紹介します!


メキシコ人に教えてもらった【使えるスペイン語】メルカドで買い物しよう!編

メキシコ人に教えてもらった【使えるスペイン語】メルカドで買い物しよう!編

大手スーパーでの買い物は快適で安心して行くことができますが、ローカルなメルカド(市場)もおすすめです。週末は多くのメキシコ人であふれ、活気に満ちています。ローカルな場所では英語がほぼ通じないのが日本人にとってはツライところ。そこで、今回はメキシコ人の夫から教わったメルカドで使える簡単で便利なスペイン語を紹介いたします!


期間限定!年に一度の大祭り!メキシコ「フェリア デ レオン」に行ってみた

期間限定!年に一度の大祭り!メキシコ「フェリア デ レオン」に行ってみた

メキシコ・レオン市では毎年、1カ月間限定で大祭りが開催されます。規模が大きく、見た目は遊園地!屋台はもちろんのこと、アトラクションあり、ゲームセンターあり、レストランあり、内容は盛り沢山です。それなのに、入場料はとっても安く入りやすい。期間中何度でも行きたくなるのがこの祭りの素敵なところ。今年の様子を紹介します!


メキシコの伝統パン「ロスカ・デ・レジェス」!クリスマス期間の終わりはこれ!

メキシコの伝統パン「ロスカ・デ・レジェス」!クリスマス期間の終わりはこれ!

クリスマス・お正月が終われば、日本ではすっか日常に戻りますが、カトリック教徒が多いメキシコではクリスマス期間が長く、1月まで続きます!そのクリスマス期間の終わりが「三賢者の日」。Rosca de Reyes (ロスカ・デ・レジェス) というリング型のパンを食べます。そのロスカ・デ・レジェスが面白いのでご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング