うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

旅行に来たからには現地のご飯を楽しみたいですが、慣れない食事で胃がもたれてきたり、体調不良で日本食が恋しくなったりすることもありますよね。そんなときは“UDONYASAN(うどん屋さん)”がオススメ!その名の通りうどんを提供しているお店です。安く、美味しいうどんが食べられると現地の日本人から大好評です!


うどん一杯たったの4.8ドルから

こちらがUDONYASAN(うどん屋さん)のメニューです。

種類豊富なうどん・ご飯メニュー!

まず驚くのが、その安さ!!物価の高いオーストラリアにもかかわらず、かけうどん一杯4.8ドル。温かいうどん、冷たいうどん、カレーうどん、カレーライス、牛丼、照り焼きチキンセットなど種類も豊富です。

麺類はプラス2ドルで麺が倍量のラージサイズにすることができます。こしのある讃岐うどんで食べごたえがありますので、てんぷら等のトッピングを考えると女性は通常のレギュラーサイズがお勧めです。

サイドメニューも充実

メインのうどんのほかにてんぷらなどのサイドメニューも充実。この日並んでいたのは、野菜のかき揚げ、からあげ、野菜コロッケ、カニクリームコロッケ、野菜てんぷら数種類、ちくわやイカなど魚介系てんぷら数種類などとどれにしようか迷ってしまうほどの豊富な品揃えでした。

かき揚げは3ドルでそのほかは1.5ドルでした。揚げ物のほかに、キムチ、お漬物、おいなりさんなどもあります。

充実のFree Topping(フリートッピング)がうれしい

これらの薬味がすべて無料で乗せ放題!

このお店の太っ腹なところが、わかめなどのトッピングが無料なところです!
ネギ、わかめ、ショウガ、大根おろし、天かす、かつお節、白ごま、七味が無料でかけ放題!これなら一番安いかけうどんを頼んでもフリートッピングで豪華なうどんを楽しむことができますね!

ちなみにこの店はお茶も無料!!本当になんて太っ腹なんでしょう!ウーロン茶、玄米茶、緑茶、お水の四種類から選べます。ジュースが飲みたい人は1缶2.4ドルで購入できます。日本のクーやカルピスなどが並んでいます。

ちょっと変わった注文方法

手前から奥へトレーをもって移動していきます。

UDONYASAN(うどん屋さん)はセルフサービス方式です。日本では大手うどんチェーンが同じような方式を採用しているのでご存知の方も多いと思いますが、馴染みのない方にとってはちょっと戸惑ってしまうようです。

まずは入店後お盆を持ち、うどんを注文します。注文してから一分ほどですぐにうどんが出てきました。そのままレジの方へまっすぐ進んでいくと途中にてんぷらやお稲荷さんなどが並んでいますので欲しいものを選んでお盆に乗せましょう。レジで会計をしてから、フリートッピングの薬味などをお好みで追加します。お箸やれんげ、お茶などもここにあります。席に着き、食べ終わったら、レジの近くにある返却口に食器を返して帰りましょう。

記事を書くために店内を観察しながら食べていたところ、仕組みがわからず、レジで注文をしようとする人やレジをすっ飛ばして席に座っちゃう人などが見受けられ店員さんも忙しそうでした。。

テイクアウトもできる!!

てんぷらの近くにテイクアウト用の容器が置いてあったので聞いてみると、うどんもお持ち帰り可能とのこと!麺類なのにテイクアウトできるのか、、と個人的には驚きでしたが、調べてみると日本でもうどんのお持ち帰りを行っているお店があるようですね。

このお店でのテイクアウトの方法は、うどん注文時に「テイクアウトで」と伝えるだけ。専用の容器に入れて渡してくれます。レジでお箸、れんげ、手提げかばんなどももらえるそうです。お友達が寝込んでしまったときにはここのうどんを買って帰って、温かい出汁でほっと一息つかせてあげましょう。お持ち帰りの際もフリートッピングを忘れずに!!

まとめ

私は無料のわかめと天かす、かつお節をたっぷりいれたきつねうどんと、カボチャとイカのてんぷらを食べました!おなかいっぱいになりましたがこれでも10ドル以下。本当に日本の味そのままでとってもおいしかったです。

このお店はスタッフも多くが日本人とのことで、私が行ったときは注文からお会計まで日本人のスタッフが接客してくださいました。英語が不安な方にも安心のお店ですね。UDONYASAN(うどん屋さん)はシティ内に二店舗(186 Bourke street/187 Elizabeth street)あります。身体に染み渡る美味しい出汁のうどんが食べたくなったらぜひ行ってみてくださいね!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


メルボルン

関連する投稿


オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

メルボルンはトラムや電車での移動が便利な都市ではありますが、郊外へ行くなら車が便利!レンタカーでの移動を予定している人も多いのでは?「道路は広いし、日本と同じ左側通行だから余裕!!」なんて思っていたら大間違い!メルボルンシティ内にある日本では見慣れない標識や交通ルールをご紹介します。


フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

今回は、メルボルンの観光名所のひとつ"メルボルン水族館(SEA LIFE MELBOURNE AQUARIUM)"を現地から潜入レポート致します!メルボルン水族館の魅力や館内のお子様が楽しめるスポットなどをピックアップしてご紹介!家族連れにイチオシの観光スポットです!


主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

今回は、観光客なら一度は通るメルボルン・セントラル駅の改札から5分以内にある軽食スポットをご紹介いたします。「空港から着いたところで今日くらいはホテルでゆっくりしたい」『1日中歩き回ってもうご飯を食べに行く元気がない』「朝出かける前にちょっとした軽食を買いたい」そんな時に便利なお店です。


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング