うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

旅行に来たからには現地のご飯を楽しみたいですが、慣れない食事で胃がもたれてきたり、体調不良で日本食が恋しくなったりすることもありますよね。そんなときは“UDONYASAN(うどん屋さん)”がオススメ!その名の通りうどんを提供しているお店です。安く、美味しいうどんが食べられると現地の日本人から大好評です!


うどん一杯たったの4.8ドルから

こちらがUDONYASAN(うどん屋さん)のメニューです。

種類豊富なうどん・ご飯メニュー!

まず驚くのが、その安さ!!物価の高いオーストラリアにもかかわらず、かけうどん一杯4.8ドル。温かいうどん、冷たいうどん、カレーうどん、カレーライス、牛丼、照り焼きチキンセットなど種類も豊富です。

麺類はプラス2ドルで麺が倍量のラージサイズにすることができます。こしのある讃岐うどんで食べごたえがありますので、てんぷら等のトッピングを考えると女性は通常のレギュラーサイズがお勧めです。

サイドメニューも充実

メインのうどんのほかにてんぷらなどのサイドメニューも充実。この日並んでいたのは、野菜のかき揚げ、からあげ、野菜コロッケ、カニクリームコロッケ、野菜てんぷら数種類、ちくわやイカなど魚介系てんぷら数種類などとどれにしようか迷ってしまうほどの豊富な品揃えでした。

かき揚げは3ドルでそのほかは1.5ドルでした。揚げ物のほかに、キムチ、お漬物、おいなりさんなどもあります。

充実のFree Topping(フリートッピング)がうれしい

これらの薬味がすべて無料で乗せ放題!

このお店の太っ腹なところが、わかめなどのトッピングが無料なところです!
ネギ、わかめ、ショウガ、大根おろし、天かす、かつお節、白ごま、七味が無料でかけ放題!これなら一番安いかけうどんを頼んでもフリートッピングで豪華なうどんを楽しむことができますね!

ちなみにこの店はお茶も無料!!本当になんて太っ腹なんでしょう!ウーロン茶、玄米茶、緑茶、お水の四種類から選べます。ジュースが飲みたい人は1缶2.4ドルで購入できます。日本のクーやカルピスなどが並んでいます。

ちょっと変わった注文方法

手前から奥へトレーをもって移動していきます。

UDONYASAN(うどん屋さん)はセルフサービス方式です。日本では大手うどんチェーンが同じような方式を採用しているのでご存知の方も多いと思いますが、馴染みのない方にとってはちょっと戸惑ってしまうようです。

まずは入店後お盆を持ち、うどんを注文します。注文してから一分ほどですぐにうどんが出てきました。そのままレジの方へまっすぐ進んでいくと途中にてんぷらやお稲荷さんなどが並んでいますので欲しいものを選んでお盆に乗せましょう。レジで会計をしてから、フリートッピングの薬味などをお好みで追加します。お箸やれんげ、お茶などもここにあります。席に着き、食べ終わったら、レジの近くにある返却口に食器を返して帰りましょう。

記事を書くために店内を観察しながら食べていたところ、仕組みがわからず、レジで注文をしようとする人やレジをすっ飛ばして席に座っちゃう人などが見受けられ店員さんも忙しそうでした。。

テイクアウトもできる!!

てんぷらの近くにテイクアウト用の容器が置いてあったので聞いてみると、うどんもお持ち帰り可能とのこと!麺類なのにテイクアウトできるのか、、と個人的には驚きでしたが、調べてみると日本でもうどんのお持ち帰りを行っているお店があるようですね。

このお店でのテイクアウトの方法は、うどん注文時に「テイクアウトで」と伝えるだけ。専用の容器に入れて渡してくれます。レジでお箸、れんげ、手提げかばんなどももらえるそうです。お友達が寝込んでしまったときにはここのうどんを買って帰って、温かい出汁でほっと一息つかせてあげましょう。お持ち帰りの際もフリートッピングを忘れずに!!

まとめ

私は無料のわかめと天かす、かつお節をたっぷりいれたきつねうどんと、カボチャとイカのてんぷらを食べました!おなかいっぱいになりましたがこれでも10ドル以下。本当に日本の味そのままでとってもおいしかったです。

このお店はスタッフも多くが日本人とのことで、私が行ったときは注文からお会計まで日本人のスタッフが接客してくださいました。英語が不安な方にも安心のお店ですね。UDONYASAN(うどん屋さん)はシティ内に二店舗(186 Bourke street/187 Elizabeth street)あります。身体に染み渡る美味しい出汁のうどんが食べたくなったらぜひ行ってみてくださいね!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


メルボルン

関連する投稿


オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

メルボルンはトラムや電車での移動が便利な都市ではありますが、郊外へ行くなら車が便利!レンタカーでの移動を予定している人も多いのでは?「道路は広いし、日本と同じ左側通行だから余裕!!」なんて思っていたら大間違い!メルボルンシティ内にある日本では見慣れない標識や交通ルールをご紹介します。


フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

今回は、メルボルンの観光名所のひとつ"メルボルン水族館(SEA LIFE MELBOURNE AQUARIUM)"を現地から潜入レポート致します!メルボルン水族館の魅力や館内のお子様が楽しめるスポットなどをピックアップしてご紹介!家族連れにイチオシの観光スポットです!


主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

今回は、観光客なら一度は通るメルボルン・セントラル駅の改札から5分以内にある軽食スポットをご紹介いたします。「空港から着いたところで今日くらいはホテルでゆっくりしたい」『1日中歩き回ってもうご飯を食べに行く元気がない』「朝出かける前にちょっとした軽食を買いたい」そんな時に便利なお店です。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング