匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

ジャカルタの街は歩いてはいけないといわれています。一人で行くなんてとんでもない!北のほうに多くすむ中華系インドネシア人の多い地域にあるパサール(市場)は、車では見て回れないところにあります。ジャカルタ市内を歩いて観光しようというジャカルタグッドガイドのツアーに参加して、徒歩でしか見て回れない中華街のパサールで食べ歩き


ジャカルタの中華街

インドネシアは1945年に独立宣言をするまではオランダの植民地でした。オランダが現在のコタ・バタビアに最初に砦を築き、人口を増やすために中国から人を連れてきました。バタビア地区の塀の外南側に中国人を住まわせたのが中華街の始まりです。

最初は強制的につれてこられた中国人は、その後自らインドネシアにやってきて、どんどん人口が増えていきます。今ではインドネシアの経済を3%の中華系インドネシア人が握っていると言われるほど力を持っています。

中華系インドネシア人が多く住む地域には、イスラム教では禁止されている豚肉料理を出す店や中華料理の店などがあります。

今回は一番最初にできた中華街Glodok(グロドック)は水の音から名前がつけられたそうです。

チャンドラ・ナヤの建物

オランダが中国人の司令官をおいて、中華系社会を管理していましたが、この建物はその中国人司令官の住居だったものです。再開発でマンション建設計画が持ち上がりましたが、建物の前面にノボテルホテル(Novotel Jakarta Gajah Mada Hotel)を建て、廊下でつないで背後にマンションを建てる形で保存されたものです。

中国式建築の中庭

ここだけは中国のようで、中庭もそのまま保存されています。妻や子供が住んだ住居はカフェなどに改装して使用されています。

中華街の入り口にある茶館

汲泉茶館(Pantjoran Tea house)は1635年から現在の場所に建っています。店頭には無料のティーポットが置かれ、創業当時から旅行者ののどを潤してきました。香港などの茶館と同じように朝7時から点心が食べられます。

この茶館から西側に曲がったところが中華街の始まりです。

中華街のパサール

他の国の中華街と比べると、インドネシアでは一時中国語教育が禁止されていたこともあり、中国語の漢字表記の看板は多くありません。

香港や中国でよくみるお年玉袋です。

インドネシアのイスラム教の人用のお年玉袋とは少し違います。赤い色も中華系のめでたい色で、このあたりから中華の雰囲気が強くなってきます

漢方薬局

古い作りですが、お客さんが中で薬の調合をまっています。この辺から匂いもだんだん中国っぽくなってきます。

焼餃子やさん

イスラム教が85%以上のインドネシアでは、餃子といっても普通は鶏肉です。このお店は豚肉の焼き餃子を売る店で、イスラム教徒は豚肉を触ることもタブーですので、豚肉のぎょうざはどこでも食べられるわけではなありません。

中身が緑豆、小豆、チーズ、チョコレートあんの中華風パイです。インドネシア伝統のお菓子ナスタルと同じパイナップルジャム味もあります。普通はなかなかこういった路上のお店では食べないのですが、匂いが香港とよく似ているここでは、気にせずにかってしまいます。

道幅は1.5mぐらいの細い路地のパサールですが豚肉を使った中華料理が食べられる店や、食堂などずらっと並んでいます。かえるやナマコを販売する露店もありました。

寺院

金徳院

パサールの周辺には、仏教・道教の寺院が集まります。中国らしい赤と金色の柱や屋根、線香の匂いはジャカルタを忘れます。こちらは金徳院でジャカルタ最古の寺院で、今は立て直され手いますが、1650年建立です。仏教や道教寺院は特にこの地域から北にしかありません

中国らしい教会

もちろん近くには教会もありますが、壁画やキリスト像はやっぱり中国の雰囲気です。イスラム教徒の多いインドネシアですが、街中には教会もあり日曜日にはミサに参加する人の渋滞になります。このチャイナタウンにある教会は、車で来るのは難しい細い道で、周辺の中華系の住民のための教会になります。

大げさに考えているのではなく、特に外国人と中流以上のインドネシア人はまず歩きません。どこへ行くのもドアtoドアで車移動になります。このように歩いてしか散策できない場所には、まず日本人はいけません。

ジャカルタグッドガイドについて

ジャカルタ市内を歩いて観光しよう。という団体があり、曜日ごとに歩くエリアを変えたり、ナイトウォーキングツアーとして夜の旧市街をあるいたり、普段は歩くことができないジャカルタをガイドと一緒にまわるツアーがあります。

ジャカルタ グッドガイドツアーは、外国人対象にしたツアーでインスタグラムやHPから参加申し込みをします。参加費は下町グルメツアー以外は、基本的にドネーション制。ガイドは英語で行われます。一回のツアーは2時間くらいですので、暑い中歩くのにちょうど良い長さです。

歩きながらゴミ拾いをするイベントや、「ジャカルタを歩ける街にしよう」ということで、歩きにくい道を政府に報告したりするような活動も行っており、ジャカルタ以外にもジョグジャカルタやバンドンなどのほかの町でも単発的に開催しています。

食べ歩きなんて、車移動のジャカルタでは普段は絶対できません。中華街自体の広さはそんなに大きくはないので、このツアーを利用して、ぜひ歩いてしか見れない中華街を体験してみてください。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連する投稿


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング