間近でペリカンを見れる!触れる!The entrance(ジ・エントランス)のペリカンショー

間近でペリカンを見れる!触れる!The entrance(ジ・エントランス)のペリカンショー

名前はよくきく”ペリカン”ですが、実は日本に野生で生息している動物ではありません。意外と生で見たことのない人も多いのでは?オーストラリアのCentral Coast(セントラル コースト)には野生のペリカンがたくさん生息しており、エサやりショーを通して、直接触れ合うこともできるのです!!


ペリカンのエサやりショーとは?

ペリカンの像まであります!

シドニーから一時間半ほど北上したところに位置するセントラルコーストにあるThe entrance(ジ エントランス)と呼ばれる湾では、毎日ペリカンのエサやりショーが行われています。

ショーの始まりは地元の魚屋さん。店員が売れ残りや切れ端の魚を与え始めたのをきっかけに、ペリカンの数はどんどん増えていき、1996年には”ペリカンプラザ”と呼ばれるエサやり場が建設されるまでになりました。

ペリカンのエサやりは様々なメディアにも取り上げられ、たくさんの観光客が訪れるようになりました。現在では、ボランティアや近隣ホテルやレストラン等のスポンサーなどの助けにより、365日毎日新鮮なお魚をペリカンに与えることができています。

距離0センチ。野生のペリカンを触れる!

すごい数のペリカンが集まってきます

エサやりは15時半開始です。(2017年10月現在)

10分程前からボランティアの方がアナウンスを始め、グッズ販売や募金のお願いに周ってこられます。ペリカンのために毎日たくさんのお魚を用意するには、資金が必要です。数ドルでもよいので募金に協力しましょう!!

アナウンスが始まる頃にはペリカンも準備万端!ペリカンプラザの周辺には数えきれないほどのペリカンが集まります。

ボランティアの方から魚のにおいがするのか、エサをくれる人を覚えているのか、募金箱をもって歩き回る男性の後ろをペリカンもついて回ります。サービス精神旺盛なボランティアの男性は、観客の間を縫うように歩いていくので、ペリカンの翼や嘴が観客に!!
観客は驚いて声をあげますが、ペリカンは気にする素振りもなく、必死にエサを追いかけていました。

ボランティアスタッフとペリカンのかけあいが面白い!

ボランティアスタッフたちは、ペリカンの扱いがとっても上手!ペリカンも心を開いているように見えます!

なかなかエサがもらえないペリカンが待ちきれずにボランティアの女性のお尻をパクリ!女性は素早くペリカンの嘴をつかんで叱っている素振りをして会場を沸かせていました(^^)
魚を投げるふりをしてペリカンを惑わせたり、ものすごーく遠くになげてペリカンを一斉移動させたりとスタッフの方々はペリカンの魅せ方がとっても上手です!

ペリカンの保護活動も行っています!

湾に集まってくるペリカンの中に”ONE WING"(片翼)と呼ばれる翼が片方しかないペリカンがいました。ボランティアスタッフは特に気にかけてエサをあげているようでした。

このエサやりショーでは、怪我をしたペリカンの保護活動も行われています。
残念ながら怪我の原因は、人間が残したゴミなどが多いようです。このペリカンは足の付け根に釣り針のようなものが刺さっています。

エサで気をひいている間にボランティアの方が素早く捕まえ、釣り針を取り除き、傷口に薬を塗ります。その後個体を識別できるように羽をピンクに色付けてから放すそうです。このペリカンの他にも羽がピンク色になっているペリカンが何匹かいました。

ピンク色は自然に薄くなっていきます

他にももう一匹、釣り糸が羽に巻き付いているペリカンがいたのですが、警戒心が強くなかなか岸に上がってきません。
ボランティアの方曰く、たくさんの観客が(ボランティアスタッフに教えようと)釣り糸の巻き付いたペリカンを指さしてしまうので、ペリカンが察知し警戒して近づいてこなくなってしまったそうです。ペリカンは意外と頭の良い鳥なようです。

その後なんとか保護しようと何度も挑戦されていましたが水際から上がってくることなくこの日は捕まえることができませんでした。
ボランティアの男性は、釣り針のついたペリカンを捕まえるときに手を引っかかれ、流血していました。皆さんの保護活動への熱意に頭が下がる思いです。

まとめ

楽しいだけでなく、募金で動物保護にも協力できるジ・エントランスのペリカン餌やりショー!
シドニーから日帰り旅もできますので是非行ってみてください。

近くにはフィッシュ&チップスのお店やカフェ、お子様が遊べるプレイグラウンドもあります☆
少し早めに行って辺りを散策されるのをオススメします!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

オーストラリアに行ったからにはカンガルーやコアラを触ってみたいと思いますよね!ゴールドコーストからすぐの”パラダイスカントリー”というテーマパークならそんな経験ができちゃいます(^^)/羊やエミュー、ディンゴなど様々な種類の動物が見れる非常にのんびりとした農場で家族でゆったりと週末を過ごすのに最適な観光スポットです。


観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

テーマパークが多数あるゴールドコーストの中でも特に人気のある”ムービーワールド”。周辺の遊園地と比較して、ジェットコースターなどの絶叫系が豊富。2017年には最も長く、高く、早いジェットコースターが新設されました!パーク全体はアメリカンテイストでバッドマンやスーパーマンなどのアメコミキャラクターにも会うことができます!


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

オーストラリアでお会計前の商品を食べると注意される?されない?日本とオーストラリアでは日常生活の中にも小さな”常識の違い”がたくさんあります。この記事では旅行ガイドブックも教えてくれない、実際に住んでみて初めてわかった日本との違いを5つご紹介いたします!!これを読めばあなたもオーストラリア通になれるかも(^^)


【オーストラリアの小学校教育】新学期のゆとりレベルが想像の域を超えていた

【オーストラリアの小学校教育】新学期のゆとりレベルが想像の域を超えていた

長い夏期休暇を終えて、豪州の子供たちが新学期を迎えてから1ヶ月が経ちました。始業式もなく、最初の数日は前年のクラスのまま、新しいクラスになっても名簿すらないという、オージー式ののんびりした教育スタイルにまだまだ腰を抜かすこともしばしば。こちらの小学校の新学期を迎える際の留意点をまとめましたので、ご一読くださいませ。


最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング