間近でペリカンを見れる!触れる!The entrance(ジ・エントランス)のペリカンショー

間近でペリカンを見れる!触れる!The entrance(ジ・エントランス)のペリカンショー

名前はよくきく”ペリカン”ですが、実は日本に野生で生息している動物ではありません。意外と生で見たことのない人も多いのでは?オーストラリアのCentral Coast(セントラル コースト)には野生のペリカンがたくさん生息しており、エサやりショーを通して、直接触れ合うこともできるのです!!


ペリカンのエサやりショーとは?

ペリカンの像まであります!

シドニーから一時間半ほど北上したところに位置するセントラルコーストにあるThe entrance(ジ エントランス)と呼ばれる湾では、毎日ペリカンのエサやりショーが行われています。

ショーの始まりは地元の魚屋さん。店員が売れ残りや切れ端の魚を与え始めたのをきっかけに、ペリカンの数はどんどん増えていき、1996年には”ペリカンプラザ”と呼ばれるエサやり場が建設されるまでになりました。

ペリカンのエサやりは様々なメディアにも取り上げられ、たくさんの観光客が訪れるようになりました。現在では、ボランティアや近隣ホテルやレストラン等のスポンサーなどの助けにより、365日毎日新鮮なお魚をペリカンに与えることができています。

距離0センチ。野生のペリカンを触れる!

すごい数のペリカンが集まってきます

エサやりは15時半開始です。(2017年10月現在)

10分程前からボランティアの方がアナウンスを始め、グッズ販売や募金のお願いに周ってこられます。ペリカンのために毎日たくさんのお魚を用意するには、資金が必要です。数ドルでもよいので募金に協力しましょう!!

アナウンスが始まる頃にはペリカンも準備万端!ペリカンプラザの周辺には数えきれないほどのペリカンが集まります。

ボランティアの方から魚のにおいがするのか、エサをくれる人を覚えているのか、募金箱をもって歩き回る男性の後ろをペリカンもついて回ります。サービス精神旺盛なボランティアの男性は、観客の間を縫うように歩いていくので、ペリカンの翼や嘴が観客に!!
観客は驚いて声をあげますが、ペリカンは気にする素振りもなく、必死にエサを追いかけていました。

ボランティアスタッフとペリカンのかけあいが面白い!

ボランティアスタッフたちは、ペリカンの扱いがとっても上手!ペリカンも心を開いているように見えます!

なかなかエサがもらえないペリカンが待ちきれずにボランティアの女性のお尻をパクリ!女性は素早くペリカンの嘴をつかんで叱っている素振りをして会場を沸かせていました(^^)
魚を投げるふりをしてペリカンを惑わせたり、ものすごーく遠くになげてペリカンを一斉移動させたりとスタッフの方々はペリカンの魅せ方がとっても上手です!

ペリカンの保護活動も行っています!

湾に集まってくるペリカンの中に”ONE WING"(片翼)と呼ばれる翼が片方しかないペリカンがいました。ボランティアスタッフは特に気にかけてエサをあげているようでした。

このエサやりショーでは、怪我をしたペリカンの保護活動も行われています。
残念ながら怪我の原因は、人間が残したゴミなどが多いようです。このペリカンは足の付け根に釣り針のようなものが刺さっています。

エサで気をひいている間にボランティアの方が素早く捕まえ、釣り針を取り除き、傷口に薬を塗ります。その後個体を識別できるように羽をピンクに色付けてから放すそうです。このペリカンの他にも羽がピンク色になっているペリカンが何匹かいました。

ピンク色は自然に薄くなっていきます

他にももう一匹、釣り糸が羽に巻き付いているペリカンがいたのですが、警戒心が強くなかなか岸に上がってきません。
ボランティアの方曰く、たくさんの観客が(ボランティアスタッフに教えようと)釣り糸の巻き付いたペリカンを指さしてしまうので、ペリカンが察知し警戒して近づいてこなくなってしまったそうです。ペリカンは意外と頭の良い鳥なようです。

その後なんとか保護しようと何度も挑戦されていましたが水際から上がってくることなくこの日は捕まえることができませんでした。
ボランティアの男性は、釣り針のついたペリカンを捕まえるときに手を引っかかれ、流血していました。皆さんの保護活動への熱意に頭が下がる思いです。

まとめ

楽しいだけでなく、募金で動物保護にも協力できるジ・エントランスのペリカン餌やりショー!
シドニーから日帰り旅もできますので是非行ってみてください。

近くにはフィッシュ&チップスのお店やカフェ、お子様が遊べるプレイグラウンドもあります☆
少し早めに行って辺りを散策されるのをオススメします!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング