ナンシーのオペラ座でオペラ公演を観よう!オペラ座周辺情報と一緒にリポート!

ナンシーのオペラ座でオペラ公演を観よう!オペラ座周辺情報と一緒にリポート!

フランス、ナンシーにはとても美しく歴史的価値のあるオペラ座があります。伝統的な建築方式で煌びやかに装飾された、フランスならではのこのオペラ座で、オペラ公演を観に行って来ました!町自体は落ち着いた雰囲気の小さな観光都市と言ったところ。この記事では周辺の観光スポットやグルメ情報も交えつつ、詳しくその魅力をご紹介します!


ナンシーのオペラ座(Opera National de Lorraine)正面

せっかくヨーロッパに旅行に行くのならば、本場のオペラ公演を観賞してみたいと思いませんか?日本で「オペラ」と言うと、どうしても少し敷居の高い印象を受ける方が大半だと思います。ですがヨーロッパでは、クラシック音楽全体が古くから市民の生活に根付き、身近なものとして親しまれています。

各都市に必ずと言っていいほど劇場やオペラ座が存在し、定期的に公演を行って観客を楽しませていますし、夏にはそこかしこの広場などのオープン・スペースで星空の下、演奏会が催されます。

もちろんフランスも例外ではありません。オペラと言うとイタリアのイメージが強いかもしれませんが、フランスも立派なオペラ大国であり、数々の著名な作曲家や演奏家を輩出しています。

フランスで最も有名なのは恐らくパリにある二つのオペラ座ですが、パリでオペラ公演のチケットを購入しようとすると、日本ほどではないにしても敷居が高くなります。チケットの値段設定が観光客をターゲットにしたもののため、ひとり100ユーロから200ユーロは払うことになるでしょう。しかも人気の高い公演は高額のチケットすらも入手困難で争奪戦になります。

その点ナンシーなどの地方都市では気楽にオペラ観賞を楽しむことができます。王道のパリ・オペラ座にこだわらず、気軽にリーズナブルにオペラ観賞するのには最適な環境です。

オペラのチケットをオンラインで探そう!

カリエール広場

周辺のヨーロッパ諸国の各劇場同様、ナンシーのオペラ座のチケットもオンラインで購入することができます。旅行の日程が決まったら、ホームページをチェックしてどんな公演があるのか確認し、旅立つ前に日本でチケットを探してみましょう。

ナンシーのオペラ座ホームページ
http://www.opera-national-lorraine.fr/

パリのオペラ座と違い、価格設定はとてもリーズナブルです。日本でオペラを観ようと思ったら、安くても末席1万円は下りませんが、本場ヨーロッパで1万円も出す観客はそうそういません。希望する日程の演目からオンラインのチケット・オフィスへ移動し、会場のマップで空いている席の位置を確認しましょう。

ちなみに、ヨーロッパの伝統的建築様式の劇場でオペラなどのマイクなしの生演奏を聴く場合、1階席よりも2階、3階席の方がおすすめです。音響効果が上階に行くほど良くなり、歌手の声とオーケストラのボリュームのバランスが最適になっていきます。

そして、こちらは言い伝え的なものなので真偽のほどは定かではありませんが、「クラシック音楽は舞台向かって左側の席で聴け」と、ヨーロッパでは言われています。より良い音で音楽を楽しむことができるとされています。

それらの点も頭に入れて席を選びましょう。上階に行くほど安くなるのもうれしいポイントです。ちなみに今回私は3階の席を18ユーロで購入しました。

オペラ公演を観る前に腹ごしらえ!本場のガレットを食べに行こう!

巨大ガレット

オペラ座のあるスタニスラ広場(Place Stanislas)から伸びるスタニスラ通り(rue Stanislas)にあるカジュアルな軽食屋さんシャルルズ(Charle's)の特大ガレットは、オペラ観賞前の中途半端な時間にでもありつけるおすすめの一品です。

せっかくフランスにいるのだからフランスならではのものを食べたい、だけどオペラ観賞の前ではゆっくりレストランに入っている時間はない…という悩ましいシチュエーションに答えをくれるお店です。

もちろんガレットは大きさだけではなく、味も上々で大満足のクオリティーです。薄く丁寧に焼かれた生地に、これでもかというくらいのボリュームで具材が詰め込まれています。ランチタイムが過ぎた後は一旦お店を閉めてしまう飲食店が多い中、シャルルズは夜まで続けて営業しています。

住所:11, rue Stanislas, 54000, Nancy

お腹が満たされたら周辺を散策しよう!美しい建物いっぱいのナンシー中心部

アルク・エレ

ナンシーの旧市街は、オペラ座のあるスタニスラ広場を中心に広がっているので、オペラ座から徒歩数分で辿り着けてしまう位置に数々の見どころがあります。もちろんスタニスラ広場自体も、とても美しい有名な観光スポットなので、写真撮影を忘れずにしておきましょう。

上の写真は、スタニスラ広場から見えるエレの門(Arc Héré)で、ここを通り抜けると美しい並木道と黄金の装飾が印象的なカリエール広場に抜けます。カリエール広場を真っすぐ進み、広場が終わるところで左に折れると下の写真のバジリカがあります。ほんの数分の徒歩移動で、とても貴重な文化遺産のオンパレードを見て回ることができます。

ナンシーのバジリカ

ヨーロッパでは簡単にスターに会える!出待ち体験

ナンシーでのオペラ観賞はとても素敵な体験になりました。指揮者の技量と歌手たちのパフォーマンスに心を打たれました。オンラインで購入した格安のチケットでも、いざ席についてみるとしっかりと舞台全体を見渡すことができましたし、音響もとてもいい劇場だったので、心行くまで素晴らしい音楽を満喫することができました。

演出も比較的伝統に乗っ取ったクラシック系のものだったので、現代的演出でしばしば起こるような、オペラのストーリーと目に見える舞台上のシーンに違和感を覚えるようなことはありませんでした。

オペラ界のスター歌手たちに至近距離で会うのは、実はヨーロッパではとっても簡単です。この日も公演終わりにゆっくり会場を出て、素晴らしい演奏の後の高揚感が冷め切らないままに、正面入り口向かって右サイドにある関係者入口で出待ちをしました。

各公演の初日には、どの劇場でも出演者たちや関係者一同が初日の成功を祝うパーティーが劇場内部で催されるため、出待ちはほとんど不可能になります。しかし、初日以降の公演日には、終演後の出演者たちが関係者入口からどんどん出てきて家路に着きます。そこを狙えばサインを貰ったり、公演の感想を言ったり、一緒に記念撮影をすることも可能です。

この日も10人ほどの出待ち客がいました。待ち時間は20分足らずといったところだったでしょうか。私のお目当ての歌手も、快くツーショットでの記念撮影を承諾してくれました。

ナンシー名物のメルヴェーユを買ってみました

メルヴェーユ各種

ナンシーにある老舗パティスリーのオ・メルヴェーユ・ド・フレ(Aux Merveilleux de Fred)というお店の看板商品、メルヴェーユを散々勧められたのでウキウキしながら購入してみました。

メルヴェーユとは、メレンゲベースのスイーツです。まず見た目がかわいらしくて女心をくすぐられます。フレーバーがとても豊富で、どれを買おうか迷って迷ってなかなか決められませんでした。結果、フランボワーズやキャラメルなどの4種類を選んで買って帰りました。

食べてみた感想は、正直なところ「どうしてこれを地元の人たちにあんなにも勧められたのかなぁ…」といった印象でした。

もちろん不味くはありませんし、2日間かけて4つ全部完食しました。が、マカロンやカヌレ、クイーニーアマンなどの超有名フランス菓子のレベルを期待していた私は、若干の落胆を覚えました。

人それぞれ好みが違うのは当たり前なので、私にだけ響かなかっただけかもしれませんが、購入される際にはまずひとつ味見として買ってみてから、大量買いするかどうかを決めた方が良いのではないかと思います。

まとめ

私がナンシーを訪れた初日は、あいにく天気が優れなかったために写真も暗くなってしまったのが残念です。それでも、フランスらしさを誇らしげにまとった、とても美しい町でした。劇場の音楽的なレベルもとても高く、大満足の小旅行となりました。ナンシーに足を運ばれる際には是非、オペラ公演もチェックしてみていただきたいと思います。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


フランス ナンシー

関連する投稿


また訪れたい世界遺産の街、フランス・リヨン だまし絵、旧市街、トラブールなどここにしかない見どころが沢山!

また訪れたい世界遺産の街、フランス・リヨン だまし絵、旧市街、トラブールなどここにしかない見どころが沢山!

皆さんはフランスの第二の都市、リヨンをご存知でしょうか?パリのイメージが強いフランスですが、パリから2時間で行けて、中世の雰囲気漂う、落ち着いたこの世界遺産都市リヨンは、絶対に訪れる価値があります。有名な旧市街やフルヴィエールの丘、トラブールやだまし絵など、見所も沢山ありますよ!


コートダジュールに行くなら穴場のマントンに拠点を置いて賢く旅を楽しもう!

コートダジュールに行くなら穴場のマントンに拠点を置いて賢く旅を楽しもう!

マントンは、コートダジュールの東端のイタリアとの国境付近に位置する小さな町です。モナコやニースからも近くアクセスも良いので、旅の拠点にするには最高の町です。大都会の喧騒から離れ、コートダジュールの美しい海と美味しい食事をゆったりとした雰囲気の中で楽しむことができる町マントンでの滞在を、この記事で詳しくレポートします!


フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

大陸に住んでいると国境というものがあります。国境を超えただけで言葉が変わり、習慣も食べ物も変わってしまいます。人間が決めたただの「線」なのに、全く別の世界に入り込んでしまいます。国境を歩いて通ってみましょう。スペインからフランスへ入って行くと何がどう変わるのか体験してみましょう。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング