オランダの隠れビーチ、Kijkduin(カイクデュイン)で最長の日照時間を体感しよう!

オランダの隠れビーチ、Kijkduin(カイクデュイン)で最長の日照時間を体感しよう!

オランダの夏の日照時間は6月に最長で19時間、夜は10時半まで暗くなりません。自然と外に出ている時間が長くなり、気づいたらもう夜11時過ぎ!なんてことも多くあります。今回は夏の記事ということで、オランダ現地ライターの筆者がお勧めする地元の人に愛されるオランダの隠れビーチをご紹介します。


皆さんはオランダと言われたら何を思い浮かべますか?チューリップ?自転車?風車?どれも正解ですが、今回は夏の記事ということで、夏らしく現地ライターの私がお勧めするオランダのビーチをご紹介したいと思います。

オランダは南欧のスペインやポルトガル、イタリア等に比べビーチはあまり有名では無いですが、地図をご覧になると分かるようにオランダの西半分は海に面しています。国際港として栄えてきたロッテルダムは産業港として有名ですよね。その近くで綺麗な砂浜があり、商業化もしておらずゆったりとしたビーチがあります。カイクデュイン(Kijkduin)と言う名のビーチは、オランダ人が子供達や犬を連れて自転車で通う、地元のビーチです。

Kijkduin(カイクデュインの公式ウェブサイト)

https://denhaag.com/en/kijkduin

The independent guide to beach resort Kijkduin: on denhaag.com you will find the most comprehensive information on attractions, hotels, beach bars, concerts and sports in The Hague's seaside resort.

自転車で通える、地元から愛されるビーチ

カイクデュインへの交通機関はDen haag(デンハーグ)という都市の中心からバスで30分程度です。(ちなみにデンハーグはアムステルダムから電車で約50分の都市、国際司法裁判所等がある行政の期間が多い年です。)天気が良ければ市内からレンタサイクルでも向かえる距離です(ゆっくり走って大体1時間くらい)。

カイクデュインは近くのScheveningen(シェーベニンゲン)という名のもう少し商業化されていて観覧車やショッピングモールがあるビーチと比べ、もっと地元化された庶民的なビーチです。白い砂浜に加え、カモメ、スズメなどの自然の動物や、天気がいい日は馬で砂浜を歩く人達も見かけられます。

ウインドサーフィンを楽しむ若者、子供たちと砂浜でお城を築く家族、海岸で寝そべって日焼けを満喫するカップルや友達同士、飼い犬を放してビーチで戯れる人々、海岸沿いの荒野を歩くカップル、バーでワインやビールを楽しむ友達同士… 楽しみ方は人それぞれで、オランダの短い夏を堪能しようとしています。

オランダの夏は日の入り後22時半まで明るい

オランダの夏の日照時間は最長の6月中旬の時期は17時間、朝は5時から陽が出て、夜は22時過ぎまで暗くなりません。ですので自然と外に出ている時間が長くなり、気づいたらもう23時過ぎていた!帰らなきゃ!なんてことも多くあります。

ただし天候は変わりやすく雨も多いので、晴れると思ったら雨が降ってきた、なんてこともしょっちゅうありますので、お気をつけて。傘の携帯は欠かせません。(オランダ人は傘もささず歩いたり自転車に乗ってることも多いですけどね…)。

気温の差は日中と夜、日によっても大きく変わり、最高気温で30度の日もあったり、16度の日もあります。それによって最低気温も22度から10度に大きく下がってしまう日もありますので、上着の常備もお勧めします。

ビーチハウスで海の音を聞きながらビールやディナーを楽しめます

筆者は6月上旬に行って、ビーチハウスの外に座ってビールを楽しみました。お店はBeachclub Titus(ビーチクラブ・ティテゥス)という名前で、通常の肉料理だけではなくシーフードを使った料理も豊富に扱っています。残念ながらその日の天気は曇りで風も強かったので気温は16℃程度、17時くらいに着いたのですが、家族等は帰った後で人は少なかったです。

お店の人に伺ったところ、天気のいい日は平日でも満席で大盛況、お店は海岸沿いにもかかわらず平日は11時半まで、休日は深夜2時までやっているそうです!(オランダでこの営業時間はかなり立派!飲み屋やバーでも深夜前にしまってしまうところは沢山ありますから…)

馬に乗って砂浜を歩いている人達(中央右)が見かけられました。優雅ですね~。

ビーチは綺麗に整っており、ミッフィーの作者であるディック・ブルーナさんの看板が目印となっています。子ども達が万一迷った時も、「お魚の看板に集合」と言って見つけやすい工夫がされていますね。

ビールを楽しんだ後は、海岸沿いと、その付近の荒野を散歩しました。ここにはオランダとは思えないような乾燥した植物が育っており、街とは違った雰囲気が楽しめます。

ようやく太陽が差してきましたね。時間は21時半です。夜の21時半とは思えない明るさと陽の強さです。この日も10時半過ぎに暗くなってきて、真っ暗になるのは11時過ぎでした。

オランダの隠れビーチ・カイクデュインは、夏にオランダを訪れた方々でゆっくり過ごしたい方、地元の生活がみてみたい方には最適です。のんびり波の音を聞きながらのオランダビールは最高ですよ!日頃の雑踏を忘れてゆっくり楽しめることをお約束します。

この記事のライター

カフェ、自転車、ビール、オランダのアート(絵画、建築等)をこよなく愛しています。

関連するキーワード


オランダ

関連する投稿


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダといえば一番に、平らな平和な風景と共に風車と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロッテルダムから水上バスで30分、バスで1時間ほどの場所あるキンデルダイクは、オランダの中で最も数多い19基の風車が並んで建っている地域です。ずらーっと風車が並ぶ風景は、まさにオランダ!というイメージ通りの風景です。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング