オランダ各地を一ヵ所で旅した気分になれる♪ミニチュアタウン・マドローダム

オランダ各地を一ヵ所で旅した気分になれる♪ミニチュアタウン・マドローダム

オランダ・デンハーグにあるマドローダムは、子供も大人も楽しめるテーマパーク。オランダ各地に所在する建物や、鉄道・飛行機・船などの乗り物が25分の1で精巧に作られており、建築物好きや乗り物好きの人にとっては一ヵ所でオランダ各地の名所旧跡と雰囲気を見られる最適の場所です。


オランダの建築物に囲まれ、ミニチュアタウンの中を巨人みたいに歩き回れるテーマパーク!

皆さんはマドローダム (Madurodam)という、オランダの建物物のミニチュアを集めたテーマパークがあるのをご存知でしょうか?意外と知られていないけれど、子供から大人まで楽しめるこのミニチュアタウン、敷地面積はそこまで広くなく入り口から見渡せるほどの広さなのですが、そこに詰まった実物大の25分の1の大きさに縮小された建物や、動く乗物は見ごたえ満載です。
オランダに来たけれど各地まで回れない方に、オランダの全域の雰囲気や建築物を感じてもらえるテーマパークになっています。

112mあるオランダで一番高い、ユトレヒトのドームタワーも、手の届く範囲で頂上まで見られます。

今年で65周年!オランダに根付いた、マドローダムの歴史と構成

マドローダムが建設されたのは第二次世界大戦後の1952年。子供の頃オランダ人ならよく親に連れてきてもらった、日本で言えばディズニーランドに匹敵するようなミニチュアタウンです。ちなみにオランダ人なら誰でも一度は行ったことのある他に有名なテーマパークといえば、エフテリング(Efteling)とワリビ・ホーランド(Walibi Holland)があります。こちらは乗り物系のアトラクションが多いようです。

行き方は、アムステルダムから急行電車に乗って50分程度で行けるデンハーグ中央(Den Haag Centraal)駅やデンハーグ・ホーランドスポアー(Den Haag Holland Spoor)駅から、路面電車(トラム)9番で約15分程度。レンガ造りの家や大使館が並ぶ道の間を通って行きます。降車駅「Madurodam(マドローダム)」の乗り降り場の左先には、大きい波型の屋根と「Madurodam」の看板があるので、すぐにわかると思います。

正面から見た入り口です。波型の屋根と白色で書かれた標識が目印。
クリスマスやハロウィンなど、季節のイベント等があるとこちらの玄関も装飾されるそうです。

Madurodam

https://www.madurodam.nl/en

マドローダムMadurodam公式ホームページはこちら(英語のみ)

マドローダムは、「StedenRijk(旧市街)」、「WaterRijk(ウォーターワールド)」、「VindingRijk(イノベーションアイランド)」という、3つのテーマ別エリアに分けられています。オランダの古い街並みの建物を見ることができる、StedenRijk(ステーデンレイク)、「友人であり、敵でもある水」というコンセプトを中心に展開するWaterRijk(ワーターレイク)。そしてVindingRijk(フィンディンレイク)は「世界のインスピレーションの源としてのオランダ」(建築、イノベーション、スポーツ、エンターテインメント、デザイン)を象徴しています。

チケットはやや高めですが、3ユーロ引きで買える方法があります

チケットは大人1人17.5ユーロで、現地でお買い求めできます。デンハーグ近隣のホテルや観光施設に置いてあるパンフレットで2-3ユーロ引きになるクーポンがあるので、行くと決めている人は行く前にクーポンを探してみてください。また、ウェブサイトで予約をしておくとこちらも3ユーロ引きになります。

チケットを購入すると園内専用のカードがもらえます。入口に入った後すぐにある入力機で、そのカードに簡単な個人情報(名前・メールアドレス等)を入力すると、入園に配置してある各機械にそれをかざすと様々な体験アトラクションや各地の説明を聞くことができます。カードは出口で回収され、園内で撮った写真やアトラクションの記録などが後日登録したメールアドレスに送られてくる仕組みになっています。この様なインタラクティブに遊べる仕組みは画期的ですね。

マドローダムに必要な所要時間は、私達は1~2時間位だろうと予測していたのですが、小さなミニチュアに見入ったり、その写真を撮ったり、園内を見渡せるカフェで一息ついたり、各場所に配置してある情報盤で遊んだりしていたら、いつの間にか4時間半も経っていました。人によりますが、大人だけだと平均して2時間、子供も連れてだと半日~1日滞在できる場所でしょう。

チケット売り場を出た様子。
最初は小高いところから入るので、園内全体を見渡せます。
見渡せる程度なので、あ、これだけか~と思っていたら大間違い。
予想以上に見どころがあり時間がかかります。

鉄道・飛行機・船・トラック…臨場感のある動く模型に大人も子供も大はしゃぎ!

動く乗物の模型として代表的なものは、ヨーロッパを代表する空港の一つ・オランダ・スキポール空港の飛行機があります。計8台程度ある飛行機は、25分の一の大きさでもやはり目の前にすると自分より大きく、鳥瞰図的にターミナル間を動く姿を全体から見られることは、実世界でもあまりありません。離陸や着陸時によく聞くエンジン音が流れると、臨場感はタップリ。子供たちも大人も大はしゃぎです。

ちなみにこちらでは本物のエアラインの模型が動いているのですが、日本のエアラインはありませんでした。恐らくスポンサーの関係なのでしょうが、オランダと日本の友好関係を考慮すると少し寂しいですね。オランダの子供も多く来るパークですので。JALやANAに出資してもらって、日本のエアラインを追加してもらうことをお勧めします。(笑)

アムステルダムの市内のエリアでは、運河を遊覧する観光客を乗せたボートがあります。レンガ造りの建物の間をゆっくりと周っています。端に達すると、ちゃんとUターンをするので、子供たちも見入っています。

アムステルダムの市内。遊覧船はこちら側まで到達すると、クルッと回って戻っていきます。

チーズマーケットで有名なアルクマールの市場。海岸にも面しているので船も見られます。

次に訪れた動く模型の広場はキーケンホフ公園のトラック。キーケンホフはオランダの世界遺産にも登録されており、花が満開の4~5月しか公開されない春限定の公園です。チューリップひとつひとつがピンでできているなど、チューリップ畑の細かさにも脱帽します。近くは花市場で囲われており、市場間を行き来するトラックが展示されています。

花市場の中を忙しく走っていくトラック。

また、チケット売り場で渡されたカードをかざすと、伝統的な花市場の競りの様子も体験できます。

鉄道が颯爽と園内を走る姿は大人も子供をも魅了します。グロニンゲン駅など数世紀前に建てられたランドマーク的な駅の模型も多く、歴史が感じられます。鉄道好きの方にもお勧めです。

園内の模型の間を颯爽と走っていく鉄道。

オランダのお菓子や木彫りの靴を作る工場からは、1ユーロを機械に入れると、トラックの上にそのミニ製品を乗せて運んで届けてくれる仕組みもありました。そのミニ製品はお土産として持って帰るのもいいですね。

他にもコインを入れると動き出す屋外遊園地や、バザー、教会の前の伝統的な儀式が動き出すなど、細かいディテールで楽しめることも多いのです。

歩き疲れた時は、園内を見渡せるカフェのテラスで一休み

疲れたときは園内を見渡せるカフェで一休みしましょう。自分の食べたいものをトレーに乗せて取って、最後にお会計という食堂式システムです。オランダで小休憩に食べるアップルケーキ(生クリーム付き)もありました♪

奥に見える波型の屋根の建物が、MadurodamCafe(カフェ)です。

テラスと屋内があるので、天気がいい日はテラスでゆっくりできます。子供たちの歓声が聞こえてきたり、(ミニチュアの)オランダ各地で起こる催し物を俯瞰できます。

ところで、皆さんは日本にも似たようなテーマパークがあるのをご存じでしょうか?日光にある東武ワールドスクエアというパークです。こちらは日本の有名な建物だけでなく、世界中の世界遺産が飾られているので、海外旅行好きの方々にもお勧めですよ!

マドローダムは各建築物が精巧に作られており、一ヵ所でオランダ各地の名所旧跡を見られる最適の場所です。こちらで見学してから実際に行ってみるもよし、行ってみてからミニチュアを見て思い出すもよし。オランダの建築物を存分に満喫できる場所です♪

この記事のライター

カフェ、自転車、ビール、オランダのアート(絵画、建築等)をこよなく愛しています。

関連する投稿


ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

オーストラリアに行ったからにはカンガルーやコアラを触ってみたいと思いますよね!ゴールドコーストからすぐの”パラダイスカントリー”というテーマパークならそんな経験ができちゃいます(^^)/羊やエミュー、ディンゴなど様々な種類の動物が見れる非常にのんびりとした農場で家族でゆったりと週末を過ごすのに最適な観光スポットです。


観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

テーマパークが多数あるゴールドコーストの中でも特に人気のある”ムービーワールド”。周辺の遊園地と比較して、ジェットコースターなどの絶叫系が豊富。2017年には最も長く、高く、早いジェットコースターが新設されました!パーク全体はアメリカンテイストでバッドマンやスーパーマンなどのアメコミキャラクターにも会うことができます!


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング