琵琶湖の12倍の面積を誇る!世界で一番標高の高い場所にある巨大な湖、チチカカ湖

琵琶湖の12倍の面積を誇る!世界で一番標高の高い場所にある巨大な湖、チチカカ湖

南米大陸の真ん中の国、ボリビア。多様な文化と気候に包まれたこの国にはたくさんの見どころがあります。その中でも天空の鏡とも呼ばれ日本でも人気急上昇中の観光スポットウユニ塩湖があります。ウユニ以外にもボリビアにはぜひ見ておきたい場所があり、そのうちの一つが世界で一番標高の高い場所にある巨大湖、チチカカ湖です。


世界一標高の高い首都から世界一標高の高い湖へ

ボリビアはアンデス山脈に囲まれているために、山岳地帯の中に街があります。首都ラパスは世界で一番標高の高い場所にある首都として世界中で知られています。山岳地帯のすり鉢状の土地の中に所狭しと住居が密集している光景が印象的。

その世界一標高の高い首都ラパスから、世界一標高の高い場所にある湖、チチカカ湖へ向かうことができます。市内のチチカカ湖行きのミニバスで所要時間3時間で到着できます。

世界一標高の高い場所にある首都ラパス

ボリビアはアンデス山脈に囲まれているために、山岳地帯の中に街があります。首都ラパスは世界で一番標高の高い場所にある首都として世界中で知られています。山岳地帯のすり鉢状の土地の中に所狭しと住居が密集している光景が印象的。

ラパスは標高3800mの場所にあり、富士山の頂上と同じ高さにあります。なので、到着してすぐは高山病や肉体疲労に悩まされます。到着してすぐはゆっくりと休養して旅に備えることがおすすめ。
また、スリも多いので街歩きには注意が必要です。貴重品などは肌身離さず持ち歩いてください。

その世界一標高の高い首都ラパスから、世界一標高の高い場所にある湖、チチカカ湖へ向かうことができます。市内のチチカカ湖行きのミニバスで所要時間3時間で到着できます。

荒野が続きます

高山地帯の荒野のような風景を延々とミニバスに乗って移動します。ところどころに家があるのが不思議に思います。本当にどうやってここで暮らしているんだろうと。アンデス地帯の荒野を走っていると地球の雄大さを改めて実感します。

はじめのうちはこの広大な景色に感動しますが、これが3時間も続くとさすがに飽きてきます。しかし、それだけ広大な高所の土地がボリビアにはあるんだなぁと国土の広さを実感。日本の3倍とも呼ばれる広大な国土、まだまだ土地が余っていることも分かります。

徐々に湖が

そして、3時間の旅の終わりごろに、徐々に景色が変わってきます。荒野の草原の色の中に青い色が混じってきます。そして湖が見えてきますが、これが世界で一番標高の高い場所にある湖、チチカカ湖です。

琵琶湖の12倍!スケールの大きさに圧巻

スケールの大きさに圧倒

このチチカカ湖の面積は琵琶湖の12倍とも言われていて、圧倒的な迫力の湖の景色を楽しむことができます。湖というより、どう見ても海にしか見えません。この青々とした景色に呆気にとられてしまいます。

突然姿を現した巨大な湖に本当に圧倒されます。標高3900mの場所にある湖の姿は本当に迫力があります。富士山の頂上と同じ高さの場所に巨大湖があることを考えると、地球の偉大さや神秘を感じずにはいられません。

桟橋から

桟橋から向こう岸へ渡るのにちょっとしたクルージングを楽しむこともできます。3900mの高所でクルージングが楽しめるのは何とも不思議な気分です。ただ、このチチカカ湖は観光スポットというより、どちらかというと流通の拠点のような印象があります。

なので、あまり観光地化されていないのが少し残念です。もし、日本にこんな巨大な湖と世界で一番標高の高い湖というネタがあるなら、一大観光都市になっているような気がします。ボリビア人にとってこの湖は観光というより流通、生活の拠点という概念があり、少し文化の違いを感じました。

クルージング

そして桟橋から向こう岸までクルージング。まさにアンデスの高山地帯に囲まれたこの湖の空気を存分に味わうことができます。この青の色の質感や周りの景色と合わせてみてもどう見ても海にしか見えない巨大な湖、風によって波が起こっているのですが、やはり海にしか見えません。

世界で一番標高の高い湖をこうしてクルージングできるのもボリビアならではの魅力です。

雲が、、、あんなに近く

その標高の高さをうかがえる、山に寄り添う雲の姿はまるで天空の湖にいるような気分にさえさえてくれます。この圧倒的なスケールの湖の景色はまさにボリビアの山岳地帯ならではの絶景と言えます。雲と空がこんなに近く見えるのは標高3900mの場所だから見ることのできる絶景です。

空と雲と湖の濃い青色が映し出すコントラストは、3時間かけて来て良かったと思える絶景です。

何のモニュメントでしょう?

このチチカカ湖は40%がボリビア、60%がペルーにあり、国境をまたいで存在しています。なので、ボリビアとペルーの流通の拠点ともなります。また、川の幸がたくさん獲れることでも知られており、海のない内陸国のボリビアにとって貴重な魚の宝庫なのです。

ボリビアでは貴重な魚料理

チチカカ湖沿いの町にはレストランがあり、ここでは魚を食べることができます。トゥルーチャと呼ばれる魚のフライは本当に絶品です。日本でいう鮭の川バージョンなのでマスにあたるのでしょうか?いずれにせよ魚の少ないボリビアで魚を食べれる嬉しい機会です。

ボリビアは内陸国で魚が少ないです。あっても川魚が主流です。しかしこのトゥルーチャは鮭と味がほぼ同じなので、日本人の私たちにとって本当に懐かしい味を思い出させてくれます。ボリビアの鶏肉と牛肉メインの料理に疲れたときに癒しを与えてくれる貴重な魚です。

ヨーロッパの街並みを思い出すかわいい町並み

このチチカカ湖沿いの町も少し散策することができます。ヨーロッパ調のかわいい町並みが残り、独特の空気を体感することができます。

ペルーとの国境沿いにある美しい町コパカバーナ

ペルーとボリビアの国境の町、コパカバーナ

このチチカカ湖の入り口からさらに2時間ほど奥に入っていった場所に、ちょうどペルーとの国境沿いにあたる街、コパカバーナという観光スポットがあります。美しい形の入り江にそって造られたおしゃれな街はボリビアの観光スポットとしても有名です。

また、ペルーからボリビアに入国する際に通過する場所として、ボリビアの玄関口としても知られていて多くのバックパッカーや旅行者が訪れる場所です。近くにはインカ帝国以前の歴史を持つと言われる太陽の島という観光スポットもあります。

なので、もしペルーからボリビアに入国される際はここでゆっくり時間を過ごしてください。また、ボリビア側からこの町に入る際は、首都ラパスに戻るのに時間が必要なので、ここで1泊することをおすすめします。この町もボリビアが誇るチチカカ湖沿いの観光スポットなのです。

いかがでしたか?標高3900mの場所にある世界で一番標高の高い湖チチカカ湖。いわゆる観光スポットではなく、人々の生活や流通の拠点として活躍しているこの場所はペルー、ボリビアにとって貴重な湖です。

もちろん、クルージングで楽しむことができますし、何よりその圧倒的な迫力ある湖の姿をぜひ見ていただきたいと思います。ボリビア側からですと少し足を延ばせば、コパカバーナの町の独特の文化も楽しむことができます。

ぜひ、ボリビアを訪れる際はこの圧倒的な迫力の湖、チチカカ湖を見ていただきたいです。地球の偉大な姿を体感することができるでしょう。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア チチカカ湖

関連する投稿


高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

ブエナ・ビスタとはスペイン語で良い眺めという意味があります。その言葉を町の名前にあてはめたボリビアの町があります。このブエナ・ビスタは少し高地になっていて隣接する密林地帯の絶景を眺めることができます。まさにブエナ・ビスタという名前にピッタリ。しかもこの町はボリビアの有名なコーヒーの産地です。そんなブエナ・ビスタをご紹介


南米ボリビアに存在するJAPAN!サンファン日本人移住地区ではまるで日本にいるような気分になります

南米ボリビアに存在するJAPAN!サンファン日本人移住地区ではまるで日本にいるような気分になります

日本から見れば地球の裏側に位置する地球上で最も遠い場所南米ボリビア。実はこのボリビアに日本人になじみの深い場所、そして日本の文化が色濃く流れる町があります。その町の名はサンファン日本人移住地。60年以上前に日本からこの地へ移り住んだ日本人がつくった町です。半世紀以上の時を経てそこにあり続けるJAPANの様子をご紹介!


ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

南米大陸の真ん中に位置する、日本から見れば地球の裏側に当たる国ボリビア。まだまだ発展途上のボリビアは道の整備がまだまだ進んでおらず、長距離バスで移動する際には大きな苦労が伴います。大きな都市から都市への交通の便も決して良いとは言えず、道も悪く長距離移動は大変。そんなボリビアの長距離バスをうまく乗りこなす秘訣をご紹介!


壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

ブラジルとパラグアイ、ボリビアと3カ国をまたいでいるパンタナルと呼ばれる大湿原。熱帯の動植物の宝庫とも呼ばれ世界遺産にも認定されています。そして南米大陸にあるこの大湿原は世界最大の湿原としても知られます。そんなパンタナルをボリビアとブラジルの国境沿いのそれぞれの町から眺めることができます。その壮大さに圧倒されます。


日本人であるなら絶対に訪れたい!地球の裏側、南米ボリビアにあるもうひとつのオキナワ

日本人であるなら絶対に訪れたい!地球の裏側、南米ボリビアにあるもうひとつのオキナワ

日本から見て一番遠い場所に当たる南米大陸の真ん中に位置する国ボリビア。ウユニ塩湖や首都ラパスを訪れる旅行者も近年増えていますが、実はこの国には日本人の私たちにとって深くかかわりのある場所があります。その町の名はオキナワ。地球上にあるもう一つのオキナワです。沖縄出身者が作ったこの町は日本人として訪れておきたい場所です。


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング