亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

11月1,2日はグアテマラ聖人の日です。聖人というのは亡くなった善良な人という意味。この日は亡くなった善良な人が家族や友人に会いに天から降りてくる特別な日です。そして人々は、亡くなった愛する人、家族に合う為にお墓参りをします。今回はマヤ族の人と、お盆とハロウィンをごちゃまぜにしたお祭りについてです。


特別な日、11月1日と2日

亡くなった愛する人に一年で二日だけ会えるとしたら、あなたは何をしますか?何を話しますか?相談したり、報告したり、尽きない話ができます。そんな夢のような日がマヤ族にはあります。11月1日、2日です。

墓地は清掃され、飾りつけられ、お祭りモードが漂います。普段の薄気味悪さはありません。

メキシコやグアテマラでは、11月1日と2日はこの世とあの世の境が結合する特別な日と信じられています。あの世の魂が現世に二日だけ戻ることを許される特別な日です。まるで日本のお盆のように、家族が集まり、お墓参りをし、故人をしのんですごします。もちろん休日なので、学校も仕事もありません。

町中で手作りの飾り物が売られます。

お墓を綺麗に掃除し、飾り付けて故人をお迎え

マヤ族の方は手が器用なので、とても綺麗な飾りを市場で作りながら売っています。

まず、11月1日当日、早朝からお墓参りをし、お墓のお掃除、飾りつけをします。マヤ族伝統のお墓は土葬ですが、最近は家族ごとにカプセルホテルのようなコンクリートの小部屋にご遺体を安置する方法が主流となっています。ご遺体は日本のように焼いたりはしません。遺体を焼くことは地獄の火と関連づけられて不吉な習慣、侮辱行為と考えられているからです。

マヤ族伝統の墓。土葬です。聖人の日のために白い砂が撒かれ、綺麗に飾られています。

ご遺体を入れたカプセルホテルのようなお墓は、コンクリートで蓋をされて閉められます。そして蓋の所には個人の名前、生年月日、死亡日時、故人へのメッセージなどが書かれます。

モダンなお墓。下三段はお墓としてご遺体が入れられていますが、上、一部屋はまだ空室です。故人の入っている所のみ飾られます。

町中の市場は花や飾りつけであふれます。各自、思い思いの花や飾りつけでお墓をかざり、個人をしのびます。もちろん、家族全員がお墓に行くのがとても大切なことで、故人が愛していたペットなども一緒に連れていかれます。そして、最後にお供えの食事やお酒なども置いておきます。

市場は花だらけですごく綺麗です。飾る花に規定はなく、バラやランなども売っています。

この後、いったん自宅に戻り食事をとります。遠方からも家族があつまり、賑わいを見せます。

マヤ族伝統の飾りです。中を取り出して花輪にします。

凧を空高く揚げて故人を連れてこよう

死者を迎える凧。お金の無い子たちは手作りします。糸と、ゴミ袋と棒があれば、手先の器用なマヤ族の子供は天まで揚がる凧を作れてしまうんです。

そして子供たちは凧を揚げます。乾季に入り、晴天の空に風にのり高く揚がる凧。死者まで届け、故人よ戻っておいでと、気持ちを込めて揚げます。

夕暮れに死者を迎える凧が空をうめます。

墓地で夜中だけの故人とのスピリチュアルな体験

その後、夕方暗くなる前にウリを切り抜き、ハロウィンのようなランプを作ります。その中にろうそくを入れ、ハロウィンのお化けのお面をかぶり再びお墓へ行きます。

お供えの食事はなくなっており、故人が食べてくれたと喜ぶマヤ族の方もいます。たいがいは犬や酔っ払い、物乞いの人が食べているのですが。。。

そして、マヤ族の伝統儀式、ろうそくや香をたき、爆竹を鳴らします。もちろん、神聖な儀式ですので、写真はご法度です。この特別な日に、お墓に行った人だけのスピリチュアルな体験があなたを待ち受けています。

夜はここにロウソクの光だけで、たくさんの人が故人と時間を過ごします。

11月1日の夜から2日の日の出までは、故人とお墓にて会話ができると信じられていて、たくさんの人々が夜どうし、お墓でのんびりと過ごしています。食事をしたり、故人と話したり、ろうそくの光がとても神秘的な光景です。

11月2日の日の出とともに人々は家路につきます。そして、故人の魂も家族と一緒に家路につきます。そして11月2日の昼にもう一度食事をお墓で故人と共にして、聖人の日は終わり、故人の魂は天へと昇っていくのです。2日の日没でこの世とあの世の結合は解かれ、また別々の日々に戻っていきます。

死者が天に戻り、静けさを取り戻した墓地。綺麗な花々だけがのこされていました。

マヤ族の文化と、ハロウィン、日本のお盆のような見事な文化の融合が見られる聖人の日、スピリチュアルな体験をしに、グアテマラでお墓参りをするのも、面白いかもしれません。

この記事のライター

一度きりの人生を思いっきり生きる、をモットーにマヤ族の村で楽しく生きています。人生変える旅に貢献できる情報発信していきます。

関連するキーワード


グアテマラ

関連する投稿


グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都に韓国人街があります。 32 avenida zona 7 です。韓国人は中国人よりも早くにグアテマラにはいり、この韓国人街を築き上げました。学校から、お店、歯医者さんに、美容院など、一歩はいれば、そこは、韓国です。もちろん、スペイン語も、片言の日本語も通じます。とっても面白い場所です。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

メキシコ南部から中米(グアテマラ、ベリーズなど)に栄えたオルメカ族やマヤ族は、チョコレートの原料であるカカオを初めて栽培したと言われています。アンティグアのチョコミュージアムで、カカオからチョコレートができるまでの工程を一つひとつ体験でき、マヤ族が飲んでいたチョコレートドリンクも試飲できるツアーに参加してきました。


【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】では、メキシコとはまた一味違った「グアテマラの食」情報をお届けしていきます。第1回目は、ケツァルテナンゴ(シェラ)にあるオーガニック食材店 “Satya”。「グアテマラならではの食ベ物」というコンセプトからは少しずれますが、個人的にすごくお勧めできるお店なので、第1回にもってきました。


チョコレートとえば、マヤ族! チョコレート製作所で無料工場見学してみよう!

チョコレートとえば、マヤ族! チョコレート製作所で無料工場見学してみよう!

チョコレートとえば、グアテマラのマヤ族! マヤ族のホットチョコレートを飲みに、ドンニャ ビクトリア チョコレート製作所を訪ねました。マヤ族伝統、マヤ族の力の源。ホワイトハウスにも献上されたチョコレート!!大統領気分でホットチョコレートを飲んでエナジー補給 もちろんお土産にも喜ばれます。工場見学は無料です。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング