実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

オーストラリアでお会計前の商品を食べると注意される?されない?日本とオーストラリアでは日常生活の中にも小さな”常識の違い”がたくさんあります。この記事では旅行ガイドブックも教えてくれない、実際に住んでみて初めてわかった日本との違いを5つご紹介いたします!!これを読めばあなたもオーストラリア通になれるかも(^^)


第2弾は日常生活編!

第1弾では、一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリアと日本の車に関する常識の違いにスポットをあててご紹介いたしました!

今回ご紹介するのは、もっと身近な”日常生活”編!
実際に長い期間住んでみないとなかなか気づけない生活の中の小さくて大きな文化の違いをご紹介いたします!

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

http://travelclip.jp/articles/372

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!

スーパーには子供用の無料フルーツがある!

オーストラリアのスーパーマーケットには無料のフルーツが置かれていることがあります。
これはFREE FRUITS(フリーフルーツ)と呼ばれ、ここに入っているフルーツは子供が自由に食べることができます!たまに大人が食べてることも。。。笑
(余談ですが、オーストラリアでは購入前の商品を店内で子供に食べさせる親も多いです!)

大手スーパーではよく見かけるサービスです!自然豊かで果物が安いオーストラリアだからできることなのかもしれません。お国柄が良く出ています。それにしても太っ腹なサービスですね(^^)

お子様連れの方はご自由に!

電動アームでゴミ回収!

日本のゴミは、ゴミ捨て場に集められ、その後回収車に乗った人が一袋ずつ車に投げ入れていきますがオーストラリアのゴミ回収は電動アームでダイナミックに回収!

オーストラリアの一般家庭はそれぞれが指定されたゴミ箱を持っています。
そのゴミ箱の中にゴミ袋を入れ、回収日には道路沿いに出しておきます。回収車についた電動アームがついており、ゴミ箱を持ち上げそのまま逆さまに!
風の強い日などゴミが散らばることもありますが気にせず走り去っていくダイナミックな回収方法です!

わざわざ人が降りてくる必要がないので、オーストラリアの広い住宅街でもさくさくとゴミを回収できる工夫でしょうか(^^)

スーパーには酒屋が併設されている!

日本のお酒も買えます!

スーパーマーケットには酒類が販売されておらず、その代わりにすぐ隣にリカーショップ(酒屋)が設置されています。お酒とおつまみが買いたい場合は、スーパーとリカーショップ、それぞれのお店でお会計が必要です。

例えば、オーストラリア2大スーパーである”ウールワース”の隣には必ず”BWS"、”コールス”の隣には”リカーランド”という酒屋が併設されています。場所によっては入口にスタッフが立っていて18歳以下が入店しないように目を配っています。日本人は若く見られがちですので酒類を購入する場合は必ずパスポートを持っていきましょう。

スーパーには賞味期限切れの食品が売られている!

”BEST BEFORE"として表示されます。この卵は賞味期限切れでした。。

日本では、期限が切れた食品や腐りかけの食品は絶対に店頭に並べませんが、オーストラリアでは日本人の感覚だと「これ、まだ食べられるのかな?」と思うレベルの食品が売られていることがあります。
大幅に値引きされているため、細かいことは気にしない方は買っていきます。

そもそもオーストラリアの消費・賞味期限は日本に比べ長く設定されているものが多いです。例えば卵の消費期限は一か月以上先に設定されています。現地では卵を生で食べる習慣がないことにも関係していますが、それにしても長いですね!

一方、期限内のお肉を買っても臭いが気になることも。
私はお腹を壊しやすいので期限切れのお肉は絶対に食べません。

オーストラリアでは、期限にこだわらず各家庭で状態を判断して食べているようですので、商品に記載されている消費・賞味期限が過ぎていてもそこまで気にならないのでしょう。

街中やショッピングセンター内を裸足で歩く!

裸足なら海にもすぐ入れる!

賞味期限の件もですが、オーストラリア人は細かいことはあまり気にしません。時には靴を履かずに出歩くことも!?

海沿いの地域はもちろん、都市部や郊外のショッピングセンター、住宅街で犬の散歩をする人までも裸足で出歩いているのをみかけます。友人に理由を聞いてみると、ただ単に「楽だから」とのことでした。そのままバスや電車にも乗ります。仕事に行くときはさすがに靴を履いていますね。

こちらの生活に慣れてからは、私も数分のお出かけなど近場に行くときは裸足のまま出ていくようになりました。日差しが強いオーストラリアなので夏は焼けるように暑いですが、なんだか気持ちいいので不思議です(^^)/

まとめ

如何でしたか?
こうした日常に隠れた小さな文化の違いってとても面白いですよね!
今後もオーストラリアと日本の違いを更新予定です!お楽しみに~!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


オーストラリア

関連する投稿


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング