【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

日本で育った私とイランで育った彼は、異なる食文化を持っていて、食事を一緒にしていると様々な発見があります。今回は、その中でも私が常にすこし不満に思っていること、とおそらく彼が不満に思っている食に対する考え方や嗜好の違いについてシェアさせていただきます!!


私と彼の育った食文化の違い

日本に住んでいて、日本人と付き合っていても食事に関して困ったことってほとんどありませんでした。しかし、カナダ人の彼と食事をするときに、ああ、お互いが違う食文化で育ってきたんだなあとひしひしと感じました。おいしい、と思うものが一緒ってすごく大切なことだなあと私は思います。実際に、カナダ人の彼と食事を一緒にするときに、私が感じること、思うこと、困ることを紹介していきたいと思います。

彼の食に対するこだわりが強すぎる

まず、第一に私の彼に限らず、カナダの人たちは食事に対してこだわりが強いと私は感じます。宗教によって食べれるもの、食べれないものがあったり、自分の好みの味付けでなかったり、塩分に敏感だったり、ということは私の彼だけでなく、ほとんどのカナディアンがそんな感じです。むしろ彼らの中には、日本人やアジアの人たちは何でもかんでも食べるし、塩分や油分を摂り過ぎていると考えている人もいます。

私の彼はもともとイラン出身なので生まれたときはムスリムでしたが、早い段階で宗教を信じることをやめたようです。ムスリムが食べることのできない豚肉を彼は食べることができますが、気持ちの面で今でもまだ割り切れていないようで食べることができません。(なので中華料理は全く食べません。)また、日本のお米はベタベタしてあまり好まないし、加工品が大嫌い(新鮮さが命と考えている)で、さらに塩分に過剰に気を使っているので彼の食事はとても薄味です。例えば、たまにラーメンを作ってくれるときも2人前なのにスープを1人前だけしか使わないので味がほとんどしないです。

野菜と肉の炒め物、とライス、ヨーグルト

これらのこだわりを発揮しているので食べるものはとてもシンプルなものに限られ、またバリエーションも増えません。ライスとお肉、オムレツ、パンとチーズとフルーツ、ライスと豆、みたいな食事です。確かにシンプルでも美味しいですが、日本のたくさんの食のパリエーションの中で育った私にとってはそのバリエーションが少し物足りないときもあります。

私は、加工品(ソーセージや冷凍食品など)だって便利でおいしいと思うし、どんなお肉だって食べれるし、中華が大好きだし、とにかくなんでも食べれます。日本人でも好き嫌いが多い人もいると思いますが、カナダの人たちの度合いには到底及ばないと私は思います。カナディアンのこだわりの強さは、サンドイッチ屋さんのSUBWAYやStarBucksなど至る所でのカスタマイズの多さを聞いているとひしひしと感じます。

ターメリックチキンとポテトとライス、ヨーグルト

毎日の大変な買い物

私の彼に関して言えば、新鮮さに対して特にこだわりがあったので、冷凍食品や加工食品はもちろん、買い物に行ってその日の分しか買い物をしません。次の日に食べるものは次の日に買った方がフレッシュというロジックで、一度に大量のものを買い物するのを嫌います。私はというと、極度の面倒臭がり屋で、料理も全然しないですし、楽で時間もかからないなら冷凍食品でも美味しく食べれるというタイプの人間で、彼とは正反対でした。

彼が買い物をするのに付き合うとこんな感じです。お肉はこのお店で買って、パンはあのお店でフレッシュが買えるからと移動し、さらにおつまみのために塩分が比較的すくないピスタチオが買えるあそこのお店に行く。確かに、それぞれのお店で自分が一番美味しいと思うものを購入することはいいことですが、私はよく、もうこの店で全部買おうよ、いう気持ちになり、そう提案するのですが、なぜ面倒臭がるの?美味しいものが食べれるんだよ?みたいな感じでなかなか理解してもらえません。

1枚目の写真と同じ、野菜と肉炒め、とトルコ食品のお店で買ったピタ

ときどき、新しい発見もある

いろいろと困ることをたくさん書いてきましたが、それでも、異なる食文化で育った人と食事をしていると新しい発見が多くあります。彼ガーリックヨーグルトをライスにかけて食べていて、「え?ヨーグルトとライス?まずそう。」と初めは思ったけれど一度食べてみるととてもいいコンビネーションで大好きになりました。また、ナツメヤシとくるみのオムレツを作ってくれたときには「甘いオムレツなんておいしいの?」と思いましたが食べてみるととても美味しくくせになりました。

茶色のものがナツメヤシです。ココナッツオイルを使って作る甘いオムレツです。

また逆に私がインスタントラーメンの作り方を教えてあげたり(彼が嫌いそうな加工食品、塩分、油分たっぷりの)、野菜をもっと食べるようにすすめたり(彼の文化ではあまり野菜を食べない)すると、それはそれで彼も良さに気づいて途中からは彼が自分からラーメンを作ろうと言ってくることもありました。

サッポロ一番のインスタントラーメン、野菜をたっぷりトッピングしました。

まとめ

異なる食文化で育った彼との食事については、困ることや、え?と思うことも多いですが、新しい発見があって楽しいときもあります。私以外にも、国際恋愛や国際結婚をしている友達が食事で困ったことがあるという人も少なくありません。もちろん全員に当てはまるわけではありませんが、自分と異なる食文化で育った人と付き合う場合はこういうこともあるんだと知っていただけたらいいなと思います。

この記事のライター

ベトナムで生活し始めました。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング