バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

東南アジアは物価が安い。と思っていたら、意外と物価が高いことに驚きます。バッグや洋服、靴などの衣料品は高い値段がつけられています。デパートやスーパー、路面店などで購入するよりも、自宅に業者を呼んだり、市場へ持ち込んだりして、オリジナルの靴やバッグ、洋服、名前入りにメモ帳などを安く作ることができるオーダー天国を紹介します


東南アジアは物価が安い?

インドネシア、ジャカルタに来るまでは、(東南アジア=安い)というイメージでしたが、こちらに来て驚いたのは物価の高さです。

輸入関税が高いこともありますが、プラスティック製品、本、衣料品は日本より高いことが多いです。日本人が普通に買い物にいく、デパートやモール、大型スーパーなどは元の値段が高くつけられ、常に50%OFFなどの割引で売られています。

ジャカルタの人口密度は世界有数でもあり、大都市部は家賃が高いので人件費は安くても家賃の高さが値段に反映しているということもあるかもしれません。
デパートや路面店、モールよりも実店舗を持たない。もしくは田舎にある業者を家に呼んで注文したほうが安く仕上がる場合がほとんどです。

1日~4日でできるオーダーグッズ

旅行や仕事での短時間での滞在の場合でも可能なオーダーグッズです

パサールバッグのカスタマイズ

パサール(市場)でよく売られていてるバッグ

ジャカルタ駐在の奥様、子供がほぼみんな持っているバッグです。荷造り用の紐で編んで作られていて、パサールでだいたいRp25000~40000(日本円で215~350円くらい)で売られています。

バティックでできたリボン

インドネシア伝統のバティックでできたリボンを持ち手に巻いてくれるお店があります。みんなが同じようなパサールバッグをもっているので、好きなリボンを巻いてカスタマイズしています。このバティックは、安いプリント生地もあるのですが、このお店は本物のバティックを使用しています。

これでRp40000(350円くらい)ですので、市場で買うよりは少し高いですが、市場では売られていない白のバッグもおいてあるので、自分用だけでなくお土産にもぴったりで人気があります。リボンを選んで巻いてもらうだけなので、大体10分あれば作れてしまいます。

出来上がりのバッグ

Bintik(ビンティック)
Jl.Aditiwarman No.5 Kebayoran Baru
+6281517001775

ガラスビーズのアクセサリー

リサイクルのガラスビーズ

リサイクルガラスのビーズを使ったアクサリーが作れます。とても素敵な一軒やのお宅で作ります。大小さまざまな色、柄のビーズの中から好みのものを選ぶとオーナーのマダムが、商品の用にセンスよく組み合わせたり、並べ変えたりして驚くほど素敵なアクセサリーに変わります。

ピアス、イヤリング、ネックレス、チョーカー、タッセル付の飾りなど色や長さの好みを伝えると、自分で選んだビーズに組み合わせてくれます。価格はピアスでRp25000(日本円で220円くらい)

鞄につけるタッセルやイヤリングなど

写真にはありませんが、子供用のネックレスも入れて全部でRp250000(日本円で2100円くらい)です。

ビーズとビーズの間の金具のパーツやヒモの長さ、色など全て自分で選ぶのは大変ですが、マダムがいる日にいけば好きなテイストやメインとなるビーズを選ぶと、あっというまに商品化。あとは従業員のおねえさんが作ってくれますので選んで完成までに1時間30分くらいでしょうか。最初に選ぶコツをつかむまでに、テンションあがりすぎて時間がかかる場合も...

Yekti.K  
Jl.Kalibata Tim No.49 pancoran Jakarta Selatan
+62 21797948

4日~1週間でできるオーダー

ジャカルタだけに4日以上旅行で滞在する人は少ないでしょう。ジャカルタに住んでいる家族や友人を訪ねてきているか、出張かではないでしょうか?日にちは少しかかりますが、現地に滞在している間にギリギリ間に合う。もしくは、出来上がり後に託す人がいる人のためのオーダー品です

バティックの服

パサールマエスティックという布地や服飾の市場があります。一昔前は危険でディープなスポットでしたが、市場はモール型に改装され、モールを取り囲むように生地屋さんがあります。

布地を買うときはお店の人に「ワンピースを作りたい」などというと「3m」と必要量を教えてくれます。インドネシア伝統のバティックから、安価なバティック風プリント、普通の服地までたくさんの生地屋があります。好きな生地を選んだら、モールマエスティックの最上階にある縫い子さんのいる階へ。

布地を買って作ったインドネシア民族衣装

小さなテーラーさんの中からこれ!という店を選んで交渉します。一番いいのは自分のもっている服をサンプルで持ち込んで、そのままコピーしてもらうのが上手にできます。ただし、最短でも4日かかり、インドネシア時間でそれも送れて6日になったり1週間以上かかったりします。通常はデポジットで半額ほど払って、出来上がり後に残金を払いますが、旅行者の場合はそれもできないので、在住者の知人に後はお願いするしかないです。

タイやベトナム、韓国のオーダーのように出来上がり後に日本へ発送などはできませんのでご注意。

2週間以上の大物

蛇皮おばさんの皮製品

蛇皮で作ったサンダル

ジャカルタでは、店を回って買い物するよりもバザー会場や自宅に数人集めて業者に来てもらうという買い物の仕方が多いです。「蛇皮おばさん」と呼ばれる皮製品屋さんは、10人以上集めたら、サンプル品を持って家に注文をとりに来てくれます。

蛇、コブラ、ヤギの皮で鞄、サンダル、ゴルフのスコアカード、財布などが作れます。色、ヒールの高さなど好みの組み合わせで注文します。サンダルは1足Rp320000(2980円くらい)でオーダーできます。はきやすいので、バザー会場で見かけたらそのときに注文したりもします。だいたいこの皮製品で2週間です。

オリジナル家具

タイルを買いに行って家具屋さんに持ち込んで作ってもらった棚

バリにある素敵なバリ風の家具とはまたちょっと違うインドネシア、ジャワの家具。既製品の家具は○トリ風のものでもすごく高いのに、家具工房ばかりあつまる通りにある店に頼むと1万円や2万円でデザインもサイズもお好みのものが作れます。日本まで持って帰ることを思うとなかなか手がでませんが、自分で運送の手続きまでできるなら可能ではあります。家具はものによりますが2週間から1ヶ月くらいで完成します。

短期間の滞在にチャレンジできるオーダーから、旅行者が簡単には持ち帰れない家具まで紹介しましたが、このほかにもビート版やビーチサンダル。名前入りのメモ帳などなど、日本では高くて作れないオリジナルデザインのオーダー物や、カスタムメイドまで安価に作れるジャカルタのオーダー。出来上がってみないとわからない。というのも楽しみの一つです。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

東南アジアは物価が安いイメージですが、ジャカルタは以外と物価が高いのに驚きます。車移動が必須、渋滞の中高いものを買いに行く毎日。日本人駐在妻は、あまり足を踏み入れない市場(パサール)。ジャカルタで安く買い物するためには、それなりの覚悟と準備が必要です。ローカル感満載の日常使いでない市場ってどんなところでしょうか?


匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

ジャカルタの街は歩いてはいけないといわれています。一人で行くなんてとんでもない!北のほうに多くすむ中華系インドネシア人の多い地域にあるパサール(市場)は、車では見て回れないところにあります。ジャカルタ市内を歩いて観光しようというジャカルタグッドガイドのツアーに参加して、徒歩でしか見て回れない中華街のパサールで食べ歩き


バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

インドネシアといえばバリ島。バリではマングローブ樹林散策は高額なツアーですが、実はジャカルタにもマングローブ樹林はあります。空港に近い海に面したマングローブ自然保護区。周辺にはレストランもたくさんある、ジャカルタのローカルでも知らない場所です。帰りに空港行く途中に少し早めにでて立ち寄ることもできる便利スポットです。


歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

ジャカルタは渋滞がいまや世界一とも言われており、ローカルの人でも歩いている人は少ないほど、バイクや車で「ちょっとそこまで」の距離でも移動します。交通量と安全性、歩かないという文化からジャカルタに来る日本人は「歩いてはいけない」といわれています。一番の目抜き通りを自由に歩いても良い日、カーフリーデーについて紹介します


インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの観光はバリ島だけではありません。ジャカルタはインドネシアの首都です。インドネシアのガイドブックにはジャカルタの情報は少なめですが、街を見るだけでもイスラム文化を感じられます。仕事で訪れる場合の短い自由時間でも「ここだけは!」押さえてほしい、観光スポットの中からイチオシを紹介します。


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング