ミラノ中央駅周辺での有意義な時間の潰し方!プチプラグルメを気軽に楽しもう

ミラノ中央駅周辺での有意義な時間の潰し方!プチプラグルメを気軽に楽しもう

日本からの観光客の間でも、ミラノ中央駅はとても利用率の高い駅ですよね。近年では駅構内のショッピングモールも充実して、賑わいを見せています。ですが飲食に関しては外に出た方が絶対にお得です。せっかくイタリアにいるのに待ち時間を持て余すのはもったいない!一歩外に出れば、駅構内では味わえないクオリティーのグルメが待っています!


ミラノ中央駅

イタリアへ旅行する場合、ミラノは高い確率で経由することになる都市だと思います。日本からの飛行機の多くがミラノ・マルペンサ空港もしくはリナーテ空港に到着するので、とりあえずミラノで一泊してから他の町へ移動するという観光客の方も多いのではないでしょうか。

その場合、空港からミラノ中央駅へバスもしくは電車で移動して、各方面行きの電車に乗り換えることになりますよね。

私は仕事の関係でしばしばイタリアを訪れます。その際に、やはりミラノ中央駅を経由して移動するケースがとても多くなります。ひとりでミラノを経由するので、きちんとしたレストランに入店してしっかりテーブルに着いて食事をする、ということはあまりありません。

時間がないときや気軽に空腹を満たしたい場合に、一人旅でも乗り継ぎの待ち時間などを有効利用して美味しいものを楽しめたら素敵ですよね。この記事ではそんな方へ向けて、ミラノ中央駅から徒歩圏内のおすすめのプチプラ・グルメスポットをご紹介します!

低予算で利用できる割にクオリティーは非常に高いお店ばかりなので、覚えておくととても便利ですよ。

パティスリーRovidaでイタリアならではの美味しいスイーツと味わい深いコーヒーで一息つこう!

上質なスイーツとカプチーノ

私のお気に入りのパティスリー「Rovida(ロヴィーダ)」は、ミラノ中央駅から東へ徒歩6分の位置にあります。住所は‟Via Domenico Scarlatti, 21, 20124 Milano MI, イタリア”です。道筋はとても簡単なので、マップアプリなどで位置を確認して行けばまず迷うことはないはずです。

とても人気の高いパティスリーなので、朝ごはんの時間帯には小さな店内は地元の人々で大変な賑わいを見せます。ですが、甘いものをパクっと食べてコーヒーをグイっと飲んで、わずかな滞在時間で出ていく人が大半なので、待ち時間はたいして長くはなりません。人混みに怯まずに待ってみることをおすすめします。

奥にはイートインスペースもあり、かわいらしいクッションでセンス良く飾られたテーブル席がいくつかあります。店先は混んでいても座る席はとれる場合が多いので、ゆっくり腰を落ち着けてイタリアンなティータイムを楽しむのが私のスタイルです。

通常サイズのスイーツひとつをがっつり味わうのも良いですが、ミニョンと呼ばれるプチ・スイーツをいくつか好きなように組み合わせて、色々な種類を味わうのも楽しいですよ。この日私が特に気に入ったのは、濃厚なピスタチオ・クリームがたっぷり入ったプチ・シューでした!

Rovidaの外観

ミラノ中央駅の真向かいには日本にも上陸済みのSpontiniが!

ミラノ中央駅前のDuca d'Agosta(ドゥーカ・ダゴースタ)広場を突っ切ったところに、Spontini(スポンティーニ)の支店があります。こちらはカジュアルなピッツェリアで、切り売り販売をしています。テイクアウトもできますが、地下にとても大きなイートインスペースがあるのでゆっくり食事をすることもできます。

日本にも数年前に上陸して話題になった、ミラノ発祥の有名店です。東京に二店舗ほど出したときには大変な行列になったということですが、地方在住の方にはまだ馴染みがないのではないでしょうか?ミラノにはスポンティーニの支店がたくさんあるので、気軽にフラッと立ち寄れます。

北イタリアのピッツァは薄皮のタイプのものが多いのですが、スポンティーニのピッツァはふっかふかのぶ厚い生地が特徴です。「これでもかっ!」というほどモッツァレラチーズがふんだんにかかっていて、幸せを感じさせてくれる味わいです。メニューには「モッツァレラ・ダブル」という選択肢もありますが、スタンダードでも十二分な量のチーズが堪能できます。

地下のイートインスペース

穴場的本格派のジェラート店Gelato Giusto

ミラノ中央駅から南へ徒歩12分。Gelato Giusto(ジェラート・ジュスト)もおすすめしたい穴場スポットです。駅前やショッピングストリートからは少し外れた静かな場所にあるため、見落としてしまいがちですが、本格的なイタリアン・ジェラートを味わいたいのならこちらに寄り道してみましょう!

フレーバーの数はあまり多くありませんし、正直なところ、そのとても小さな店構えのみから判断するならば、あまり美味しそうな雰囲気は醸し出していません。ですが、散々色々なジェラート屋で食べ歩いてきた私が自信を持って、このお店のジェラートのクオリティーを保証します!

季節限定のフルーツのフレーバーも出していて、秋口には柿のジェラートなどの変わり種を楽しむことができます。

イートインスペースはなく、店の前にベンチがひとつ出ているだけです。食べ歩きが基本スタイルなので、荷物の多い日などにはちょっと考慮してから足を踏み入れましょう。

ジェラート・ジュストの外観

まとめ

ミラノ中央駅は、駅構内にもたくさんのお店が入っているので、ショッピングを楽しむこともできます。待ち時間を潰すのには不自由しない駅ではありますが、飲食に関して言えば、駅構内でも美味しい食事はできるとは言え、料金の相場はとても高くなります。

電車の待ち時間を有効利用するためにも、是非外へ足を運んで、地元の人に愛されているイタリアン・グルメを味わってみませんか?ワン・ランク上の旅をしている気分になれるかもしれませんよ。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

ミラノの数あるセレクトショップの中でも1番の名声を持つであろうショップ「10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)」。「生活のなかでのあらゆるデザインの美しいもの、質の良いものを」というコンセプトを掲げておりファッション、フード、音楽、アート、デザイングッズなどのハイセンスなものが集まるコンセプトストアです。


ミラノの12月最大イベント【L’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)2017】潜入レポート!

ミラノの12月最大イベント【L’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)2017】潜入レポート!

12月2日から9日までミラノの郊外で行われたL’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)は今年で第22回目の開催。毎年イタリア全土からはもちろん世界から100カ国ほどの店や企業が参加し、インテリアからファッション、食までなんでも揃う大イベント。その楽しみ方や注意点などを現地からレポートいたします!


地元ミラネーゼに紛れて運河沿いで開催されるアンティーク市でスローショッピング

地元ミラネーゼに紛れて運河沿いで開催されるアンティーク市でスローショッピング

イタリア生活の中で私が好きな習慣の一つ、それはアンティーク市。世代を超えて受け継がれる骨董の物色に地元の人たちのコミュニケーションを観察するのも面白い。今回はミラノで行われる骨董市の中でも最大級のマーケット、ナヴィリオ運河沿いの「Mercatone dell’antiquariato(大アンティーク市)」を紹介します。


ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回はイタリア近代美術の個人コレクターが住んでいた家です。


ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

イタリア・ミラノから電車で1時間弱で行ける街ベルガモ(Bergamo)。「ロンバルディア州の貴婦人」とも言われるその美しい街は小さいながらに見所がたくさん。半日の観光で十分に楽しめるのでミラノの滞在中に時間が許せば日帰り旅行にはぴったり街です。それでは私が先日行ったベルガモ日帰り旅行の様子をレポートいたします!


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング