【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


ロマンチックなスペインの音楽は愛の告白の歌

スペインの音楽といえばフラメンコですが、スペインにはいろいろな音楽があります。その一つが、ツナと呼ばれる大学の音楽グループによる音楽。もともとは、大学生グループだったのですが、現在では「元」大学生を中心にして演奏しています。

主な音楽の種類はセレナーデと呼ばれるものです。スペイン語では、セレナータ(Serenata)とイタリア語で呼ばれます。バルコニーにいる女性のために歌われる愛の曲です。

伝統的なセレナーデを描いたイラストです。

このイラストはメキシコのものです。セレナーデの習慣は、ラテンアメリカにも伝わり、メキシコ、コロンビア、 ベネズエラ、キューバ、エルサルバドル、グァテマラ、パラグアイ、ペルー、ブラシル、ちり、アルゼンチンにも伝わりましたが、それぞれの国で形を変えてその国独自の音楽になりました。

例えば、メキシコのマリアッチがそのひとつです。

バルコニーの下で行われたコンサート

コンサートが終わってから撮影しました。ここにたくさん人が立っていました。

私の住んでいるアンダルシア、ハエン県カソルラでは毎年ツナのコンサートが開かれます。ツナグループはバルコン・デ・サバレッタ、つまりサバレッタ・バルコニーと呼ばれる見晴台の下で演奏し、聴衆者はバルコニーの上で聞きます。まるで、愛を語られるお姫様のように。

バルコニーの上から見るとこんな感じです。

グループはそれぞれ大学、学部で形成されます。大学ごとにそれぞれの旗が掲げられ、学部ごとにベカ(beca)と呼ばれる肩かけがつけられます。

ただし、最近はツナをしたいという人も減少しているので、所属する学部に関係なく、演奏したい人は全員ウエルカムの傾向があるそうです。

今回、参加した大学はマドリッドのコンプルテンセ、サラマンカ、アリカンテ、セビージャ、グラナダ、サンティアゴ・デ・コンポステーラなど、北から南の各地域からたくさん参加しました。

演奏に使われる楽器

ギター。アフリカ出身の人のようですが、だからと言ってスペイン人じゃないとは限りません。スペインで生まれたらみんなスペイン国籍を持っていますから。留学生かもしれないし、スペイン人かもしれません。

ギターはスペイン語でギターラ(guitarra)。16世紀ごろ、イスラム文化のウードから作られスペインで発達しました。

マンドリン

スペイン語でLa mandolina または、el bandolínと呼ばれます。イタリアで生まれた楽器で、ヴィバルディも好んで作品に使っていました。弦が二重になっていて、モーツァルトのお父さんが好んで使ったビオラ・ダモールのように音がビブラートします。バロック的響きが快い楽器で、マンドリンがこのツナの音楽の主流といってもいいでしょう。

マンドリンはいくつか種類があって、スペインのツナに使われているものはバンドーラ(Bandola)と呼ばれているものが主流です。

ギタロン。大きめのギター。バロック音楽にもよく使われています。

コントラバスやバイオリンも使われます。

旗を持っている人。ほとんど、いつ大学を卒業したんだと言いたくなるような人ばかりの中で旗を持つ人だけハンサム。アリカンテのグループ。

(注)その後、女子学生に問い合わせたところ、マラガ大学のツナはハンサム揃いだそうです。この日は来なかったけど。ぜひ、来年はマラガ大学のツナグループに来て欲しいと思いました。

スペイン人ならほとんどの人が知っている「クラベリート(カーネーション)」という曲を紹介します。「もしも君にカーネーションを持っていかない日があったとしても、君をもう愛してないなんて思わないで」と歌っています。スペイン語の歌詞を載せて起きますので、一緒に歌ってみてください。

Mocita, dame el clavel
Dame el clavel de tu boca
Para eso no hay que tener
Mucha vergüenza ni poca
Yo te daré un cascabel
Te lo prometo, mocita
Si tú me das esa miel
Que llevas en la boquita
Estribillo:
Clavelitos, clavelitos
Clavelitos de mi corazón
Hoy te traigo clavelitos
Colorados igual que un fresón
Si algún día clavelitos
No lograra poderte traer
No te creas que ya no te quiero
Es que no te los pude coger

女子グループも2組参加していました。

基本的にツナが歌うセレナーデはバルコニーにいる女性に愛を囁く歌ですから伝統的に男性が歌うことになっていました。しかし、「男女平等」ということもあり女性グループも現れています。伝統的なセレナーデだけではなく、ポップ・ミュージックも歌い、ツナの分野を広げています。声量のあるソプラノでとても素敵に歌っていました。女子たちは正真正銘の大学生です。

ツナの衣装:夏はどうしてるのだろう?といつも思う

ツナの典型的な衣装

それぞれのグループで若干の違いがありますが、マントにたくさんエスクードを縫い付けて、ベカと呼ばれる色のついた布を肩にかけるのが基本です。服装は多分15世紀くらいから変わってないのでしょう。

ベカというのは与えられるものという意味で、奨学金もベカと呼ばれます。ですから、日本の返却しなくてはいけない奨学金は厳密に言えばベカとは呼ばれません。この布のベカは卒業のときに「与えられます」。学部によって色が違います。法学部が赤、医学部が黄色、薬学部がバイオレット、科学がコバルトブルーなどです。

マンタ(カパ・デ・ツナ、Capa de tuno.)

背中にはたくさんリボンが。

村上春樹の作品「氣志團長殺し」に出てくるモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」にはドン・ジョバンニの侍従レポレットがいつも持ち歩いている巻物にはジョン・ジョバンニが関係を持った女性たちの名前が記述されて、人数がきっちり書かれています。レポレットがそれぞれの国に何人いるか読み上げる歌は最高ですが、それと同じアイディアで、ツナの人たちも口説き落とした女性の数だけリボンをつけています。

なんといってもセレナーデは女性を口説く歌ですからね。

同じ日にあったマリアッチのコンサート

ツナのコンサートのあと、広場に場所を移して、メキシコのマリアッチのコンサートがありました。曲はもっと近代に近いものが多くなりますが、共通の歌もたくさんあります。演奏する楽器は共通のものも多いのですが、マンドリンは使いません。

アコーディオンとトランペットを使うので、雰囲気が随分ツナとは変わってきます。

音楽が流れていても全く影響なしでサッカーをしている男の子たち。

音楽が流れるとすぐに反応して踊り始める女の子たち。

やはり、自然に踊りたくなる音楽、マリアッチ。最初は、パートナーがいる人から、少しずつ相手を探してパートナーのいない人たちも踊り出しました。みんな、ちゃんとステップを知っているのですね。

最後に素敵なマリアッチの曲を紹介します。

歌で愛を語りたい!ツナとマリアッチ

スペインの愛を囁くセレナーデ(セレナータ)とメキシコのマリアッチを紹介しました。こういうイベントはスペインの各地で開催されています。スペインを旅行するときは、ツーリストインフォメーションに行ってイベント情報をゲットしてください。思いもかけず、素敵な音楽を生で聞けるかもしれません。私も初めて本場のフラメンコを無料で聞いたのが旅行中のヘレス・デ・ラ・フロンテーラでした。スペインに来たら、スペイン音楽や踊り(フラメンコ、セビージャ、ホタ、スペインバレエ)、そしてサルスエラなどをぜひ楽しんで欲しいです。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング