土曜日の朝だけのお楽しみ!早起きしてスビアコファーマーズマーケットへ行こう!

土曜日の朝だけのお楽しみ!早起きしてスビアコファーマーズマーケットへ行こう!

パースには週末になるといろいろなところでマーケットが開かれています。今回ご紹介するのは、スビアコという街の、地元の人たちの暮らしに根ざしたファーマーズマーケットです。新鮮な野菜や果物から、おしゃれなグルメフード、屋台のおいしいブランチも楽しめます。土曜日の朝しかやっていないマーケットですから、早起きして出かけましょう!


ローカルに愛されるスビアコファーマーズマーケット

スビアコファーマーズマーケットは、スビアコ小学校の敷地で開かれています

スビアコ(Subiaco)は、パースから電車で7分のおしゃれな街です。地元の人には、スビ(Subi)の愛称で親しまれています。

スビアコのファーマーズマーケットは、毎週土曜日の午前中8時から12時まで開催されています。場所は、スビアコ駅からメインストリートのロカビリーロードを歩いて約10分。スビアコ小学校の敷地を借りています

ファーマーズマーケットという名前の通り、地元の農家や、小さなビジネスを営んでいる人たちが集まり、地元で作られたものを提供しているマーケットです。2009年に設立されてから、スビアコに暮らすローカルの人たちで賑わい、大きく発展してきました。

パース近郊には、週末マーケットがいくつかありますが、土曜と日曜に終日オープンしているところがほとんどです。このスビアコファーマーズマーケットは、土曜日の朝のみ、わずか4時間しかオープンしていません。週末だからと朝寝坊をしていたら、マーケットの恩恵を楽しむことができません。ぜひ早起きして行ってみましょう。

食べ物の屋台の前には、たくさんの人が列を作っています

消えたスビアコの2つの有名マーケット

スビアコには、かつて2つの有名なマーケットがありました。ひと昔前のガイドブックには「スビアコパビリオンマーケット」と「スビアコステーションマーケット」が載っているはずです。パビリオンマーケットは、2007年に、ステーションマーケットは2015年に閉鎖となりました。どちらも、スビアコ駅のすぐそばにあり、便利な立地で、スビアコのシンボル的な存在でした。

「ステーションマーケット」には、新鮮な野菜や果物を売る大きな八百屋さん、パン屋さん、花屋さん、ギフトショップ、マッサージなどのほか、さまざまな国の軽食を売る屋台もたくさんありました。安くて新鮮な野菜を1週間分どっさりと買い込むついでに、休日の軽いランチを楽しみに来る人も多く、地元の人から、留学生、観光客まで、たくさんの人たちに愛されていたマーケットでした。

そのステーションマーケットの敷地に、大きなショッピングセンターが建つことになり、多くの人たちに惜しまれながら、スビアコの有名マーケットは姿を消してしまいました。

そんな歴史を振り返ってみると、今回紹介するファーマーズマーケットは、これら2つのマーケットに比べると、スビアコに住む人たちの暮らしに根ざしたローカルマーケットという感じがします。

まずはおいしい朝ごはんを食べて腹ごしらえ

バブル&スクイークの屋台 BUBBLE & BIMBLE

マーケットに着いたら、まずは朝ごはんを食べて腹ごしらえをしましょう。

マーケーットの一角には、フードコートのように食べ物の屋台が集まっているエリアがあります。パン屋さんのクロワッサンやデニッシュのほか、ドイツソーセージ、クレープ、メキシコ料理、モロッコ料理など、温かいできたてのものも食べられます。本格派コーヒーやしぼりたてのオレンジジュースなども楽しめます。

朝のマーケットですが、食事をするスペースでは、ミュージシャンがライブでギターを弾きながら歌を歌っていました。朝からとても活気があります。買い物を先に済ませてから、早めのランチで、ほっと一息するのもいいですね。

休日のブランチにぴったり バブル&スクイーク

この日は、バブル&スクイークを食べてみました。バブル&スクイークというのは、元々は、イギリスの食卓から来たもので、ローストディナーの残り物のリメイク料理です。

マッシュポテトの上に、ほぐしたローストポークと野菜、さらに一番上にはポーチドエッグがのせられ、オランデーズソースがかけられています。上にトッピングされているのはビートルートのフレークです。見た目にも、食欲をそそられます。

半熟のポーチドエッグの黄身をくずして、ほかの材料にからめて食べると、しっとりとしたおいしさが広がります。大きすぎず、小さすぎず、小腹を満たしてくれるちょうどいいサイズでした。肉の代わりにアボガドが入っているベジタリアンのバブル&スクイークもありました。

マーケットは新しいビジネスのチャレンジの場 コンブチャバー

コンブチャバー サーバーとボトルがおしゃれな雰囲気を作っています

ビールのサーバが並ぶ屋台を見つけました、朝からマーケットでビールも売っているのかと思って近づいてみると、小さなカップで試飲している人がたくさんいます。よく見ると、パースでも今流行っているコンブチャでした。大昔に日本でも流行った紅茶キノコです。発酵した飲み物なので、すっぱくて、体にもいいと言われていていますが、日本人にとっては、どうしても怪しげな飲み物という印象しかありません。

不思議な飲み物コンブチャも、販売方法を工夫すると、すっかりオシャレな飲み物になり、健康フリークの人たちに注目されるのも理解できます。コンブチャは、安い材料費で大量に作れるので、ビジネスとしてはいいアイディアだと思います。マーケットでは、こんな風にビジネスチャンスを狙っている若い起業家のような人に出会えるのも、面白いですね。

週末の食卓が楽しくなりそうなグルメフードを買い込もう!

おいしそうなサクサクのクロワッサンとデニッシュ

ベーカリーや、スイーツのお店、カラフルなカップケーキも売っています。週末のティータイムのお供に、あれもこれも買って帰りたくなります。お店のディスプレイを見て回るのも楽しいです。

素朴な定番スイーツもおいしそう

野菜や果物、お花、精肉、卵、チーズなどの農産物も、パース近郊で生産されたこだわりの商品が売られています。オーガニックにこだわる人にも、たくさんのバラエティがありますよ。

野菜も果物も種類が豊富です

行くのが遅くなると、品物が少なくなっていることもありますので、お目当てのものがあったら、早めに行くことを おすすめします。

白い根菜はパースニップ スープやローストに欠かせません

瓶詰めのグルメブードもいろいろなものがあります。試食もできますから、いろいろ試してみるのも楽しいですね。珍しいものを見つけたら、お店の人に質問してみましょう。こだわりの材料や作り方などを気さくに教えてくれますよ。お店の人とのコミュニケーションも、マーケットの魅力です。

瓶詰めのチャツネやトマトソース ちょっとしたプレゼントにいいですね

こちらは、西オーストラリア州で採れるハチミツ屋さんです。花の種類によって、ハチミツの色や味、香りも多様なものがあります。

いろいろな味を試してみたい西オーストラリア産のはちみつ

こちらでは、イラン人のお兄さんが、しきりに試食をすすめてくれました。デーツ(なつめやし)とくるみを使ったスイーツです。ナッツやゴマもたっぷりで、甘さもすっきり、クセになる味でした。

ペルシャスイーツのお店 めずらしいものを試してみるチャンスです

食べ物以外にも楽しいお店がたくさん

このお店では、折り紙で作った折り鶴や風船を糸でつないだクラフトを売っていました。日本人のお店かなと思いましたが、若いオーストラリア人の女の子のお店でした。全部自分で折った折り紙の作品だそうです。素敵なグリーティングカードもありました。

折り紙クラフトのお店 折り紙もすてきなインテリアになります

食べ物以外にも、手作りクラフト、鉢植えの植物やハーブの苗、ペットのおやつのほか、包丁を研いでくれるお店もあります。街中のスーパーやお店では、なかなか見つからないような限定品にも出会えますよ。生活に潤いをあたえてくれるギフトにもピッタリです。

カラフルなお花やハーブの苗も売っています

おいしいものを調達して贅沢な週末を過ごそう!

ファーマーズマーケットのエコバッグ トレードマークの長靴がキュート

スビアコのファーマーズマーケットは、年々お店も増えて、お店の入れ替わりもあり、行くたびに、充実度も高くなっています。土曜日の朝に早起きをしていく価値大ですよ。

マーケットでおいしいものをどっさり調達したら、贅沢な週末が過ごせそうですね。

Subiaco Farmers Market Perth - Organic & Farm Produce - Fruit, Vegetables, Coffee, Eggs, Milk, Flowers, Meat, Seafood

http://subifarmersmarket.com.au

Visit Subi Farmers Market at Subiaco Primary School for fresh organic and farm produce. Every Saturday 8am to 12noon.

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング