半日あったらデルフトへ行こう!青空マーケットが広がるデルフトでのんびり街歩き♪

半日あったらデルフトへ行こう!青空マーケットが広がるデルフトでのんびり街歩き♪

デルフトは半日で歩き回れる大きさのこじんまりとした可愛い街です。青空マーケットや骨董品市も週2日で開催されており、手作りのジャムや子供服・アンティークのお皿など、ここでしか手に入らないヨーロッパらしい御土産が買えます。運河沿いを歩いてみると、オオバンなどの鳥の巣も間近で見られ、のんびりとした街歩きが楽しめます。


デルフト(Delft)の街全体は運河で囲まれており、半日で歩くには最適の街。デルフトブルーの名で有名な陶器(ロイヤル・デルフト等)のお店も多くあります。17世紀に活躍した画家のフェルメールが生まれた場所としても有名で街の中心近くにフェルメールセンターもあります。

今回はデルフトの街の中心・マルクトからの景観をお伝えしたいと思います。

デルフトは南ホラント州に位置しており、デンハーグと隣接しています。デルフト中央駅までは、ロッテルダムから電車で15分、アムステルダムからは電車で1時間弱程度。

デルフト中央駅から中心のマルクトへは、徒歩10分弱の場所にあり、デンハーグからはトラム(路面電車)でも20分弱で行けます。この近さから、ロッテルダム・デンハーグからの観光客も多く、また、デルフトに宿泊してこれらの都市へ観光に行く人も多いそうです。

Homepage

https://www.delft.com/

デルフトの公式ホームページはこちらになります。(英語・オランダ語のみ)

運河沿いの青空マーケット・骨董品市は一点物のお土産に最適!

「マルクト」とはマーケットの意味で、その名の通り、週末は青空マーケットや露店で賑わいます。私たちは週末の土曜日に行ったので、マルクトにたどり着く手前の運河の周りで骨董品市に出会いました。こちらは4月から10月までの間、木曜日と土曜日に開催されているそうです。

ヨーロッパのお土産で一品物を探していらっしゃるのであれば、青空マーケットをお勧めします。古い絵画やアンティークのお皿、動物のはく製まで、珍しいものがたくさん並んでいます。また、おじさんやおばさんが中心の売り子さんも気さくなので、地元の人との交流もできます。皆さん商売っ気があるというよりは単にお話し好きなので、聞いてもいない商品の説明もしてもらえます(笑)。

週末の土曜日。お天気は曇りですが、運河沿いの青空マーケット・骨董品市は人々で大賑わい。

マルクトまでの途中、流れの無いデルフトの運河は、まるで緑の絨毯の様

また、デルフトの運河の周りを歩いていて気づいたのは、他の都市のように運河に流れが無く、流れが停滞してる点です。アムステルダムやオランダの多くの都市で必ずと言っていいほど見かける運河ボートツアーも、デルフト中心地では全く見かけません。

そのため、運河の流れが停滞していて藻が前面に運河を覆い、緑の絨毯が運河に敷かれている様です。オランダ国内でよく見かける、オオバンというクイナの一種の体が黒く頭だけ白い鳥が、運河の中央に固まっている藻の上に、巣を作っていました。

運河の藻の上に浮かぶ、オオバンの巣。

私達が訪れた8月下旬は、ちょうど子育ての季節らしく、親鳥がひな鳥のために水面や水面下からエサを探してひな鳥たちに運ぶ姿が見られました。

ひな鳥の為に一生懸命親鳥が水面上・水面下のエサを探しております。立ち止まって数分過ごすにも、癒される光景ですね。

デルフトの街の中心・マルクトからの景観

マルクトに面している建物で主要なのは2つ、市庁舎(Stadhuis)と新教会(Nieuwe kerk)です。両方が向かい合うようにマルクトに面しています。市役所は重厚な趣で存在感を表しており、週末は結婚式のカップルとそれを祝福する人々で賑わいます。

週末の地元の結婚式の様子が見られます。招待客はシャボン玉で祝福しています♪

マルクトの中心はレストランやベーカリー、アイスクリーム屋さんで囲われており、マーケットでお買い物をする人々を眺めながら、ゆっくりお茶や食事が楽しめます。私はオランダでよくあるビターバレン(Bitterballen)と、ビールを注文しました。

オランダの人気No. 1軽食・ビターバレン

今回ビールと一緒に注文したビターバレンと呼ばれるおつまみは、オランダ国民が大好きな軽食です。直径3センチくらいの大きさで、通常は豚肉や牛肉のミンチやぶつ切りにした牛肉や子牛の肉に、ブイヨン・バター・濃縮した小麦粉および塩をじっくり煮込んで混ぜた物を一度固めた後、パン粉の中に叩きつけ、卵を混ぜて揚げています。レシピによっては細かく刻んだ野菜を加えることも。レストランやカフェ・居酒屋・食堂・イベントの軽食などにもよく出てきて、大人も子供も大好きなスナックなのです。

通常はマスタードソースと一緒に食べます。どんな肉が含まれているかあまり特定がつきにくい味なので、以前食べた時、「馬肉の可能性もあるかも?」とオランダ人の友達が言っていました。日本人は馬肉も平気ですが、友人の南アメリカ人は、「馬肉は無理!」と言って残していました(^^;)

馬肉が混ざっているかどうかはさておき、このビターバレン、小腹がすいたときの軽食や、ビールのおつまみにもぴったりですので、オランダにいらっしゃったときは是非食べてみてください。お勧めです。

オランダの国旗付き、ビターバレン(お皿の右側)とビールで乾杯。

マルクトにも運河沿いと同じく青空マーケットが広がっており、こちらは骨董品は無く、新品の手作りのものが中心です。手作りのアクセサリー、地元のアーティスト達が描いた絵画やポストカード、アジアから輸入した雑貨、地元のお店が出すスイーツやジャム等が買えます。ファミリー向けが多いのか、手作りのおもちゃや子供服も買えます。ここでしか買えないお土産も買えそうです。

市庁舎を背景に、ヨーロッパらしい商品に出会えるかも。

また、デルフトはオランダ国内でトップ一二を争う工科大学があり、学生の街としても知られています。マルクトのカフェに座っていると、気づいたら周りは学生だらけだったなんてことも。マルクトに座っていると、すぐそばにある新教会からのカリヨンの鐘の音が30分毎に聞こえます。

オランダ第二の高さを誇る新教会の展望台で、ヨーロッパらしい景色を満喫

ビターバレンでお腹も満たされたところで、マルクトに面している新教会には登る事が可能です。オランダ国内で2番目の高さを誇る高さで(一番はユトレヒトにある大聖堂の塔)、108.75mの高さがあるそうです。

これに登ります!

階段入り口の様子。2人がすれ違って通るときは、1人は壁際で待機しないと通れない幅です。

途中何か所かで休憩をはさみながら、379段の階段を登りきると、展望できる箇所にたどり着きます。頂上からは天気が良い日は遠くロッテルダムやデンハーグまで展望できます。赤い屋根が主に見渡せ、いかにもヨーロッパらしい風景です。マルクトに面した側は、マーケットのテントと反対側にある市庁舎が見下ろせます。

運河を挟んで赤い屋根の家々が連なる光景。

右には旧教会も見渡せます。

ただし上の展望台は特に風が強いので、お子様を連れていく場合は特に注意してくださいね。体感温度もぐんと下がるので、ジャケットを持って行くことをお勧めします。螺旋階段はくねくねとして狭く、上り下り一緒の両通行ですので、他の観光客と譲り合いながら登りました。

週末にオランダにお越しで、青空マーケットに興味があれば、デルフトのマルクトを体験してみてください。半日で回れる可愛いサイズの都市ですし、地元の学生や結婚式に出会えてますし、新教会からの景色はヨーロッパらしい景色が見られること、間違いなしですよ♪

この記事のライター

カフェ、自転車、ビール、オランダのアート(絵画、建築等)をこよなく愛しています。

関連する投稿


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング