パースに春が来た!ワイルドフラワーが咲き誇るキングスパークフェステバルへ出かけよう!

パースに春が来た!ワイルドフラワーが咲き誇るキングスパークフェステバルへ出かけよう!

南半球のオーストラリアでは、日本とは季節が逆なので、9月が春の始まりです。パースの街の中心地にあるキングスパークでは、この時期「キングスパークフェステバル」が開催され、西オーストラリア固有のワイルドフラワーが満開になります。この時期にしか見られないオーストラリアの大地に力強く咲く花たちの特別な魅力を楽しみましょう。


街中にある公園としては、世界で最も大きい公園 キングスパーク

パースには、キングスパークという大きな公園があります。世界的に有名なニューヨークのセントラルパークよりもさらに大きく、街中にある公園としては、世界で最も大きい公園とされています。

広さは約400ヘクタール、東京ドーム85個分の大きさです。小高い丘の上にあるので、見晴らしも良く、ここから見えるパースの市街地やスワンリバーの風景は、パースの代表的な景色としてポストカードにも使われています。市街地からも気軽に足を伸ばせる憩いの場として、パース市民にも、観光客にも親しまれている美しい公園です。

パース市民の憩いの場 キングスパーク

キングスパークの敷地の3分の2以上は、ありのままの自然が残された「ブッシュランド」と言われる土地です。全部を見て回るには車が必要ですが、森林浴をしながら、サイクリングやウォーキングができるコースも整備されています。

キングスパークの残りの3分の1は「パークランド」呼ばれるエリアです。ボタニックガーデン(植物園)、戦争慰霊塔、展望台、噴水広場、ツリートップウオーク、カフェ、ギフトショップなどがあり、観光客がまず第一に訪れる場所になっています。パークランドの奥には、パーベキュー施設や子供用のプレイグラウンドもあり、こちらは、パースの地元の人々で賑わっています。

いつ行っても、緑の美しい芝生、多様な植物、公園内の設備など、すべてが、よく手入れされていて、とても気持ちよく過ごせる公園です。

キングスパークの一番の見所はボタニックガーデン(植物園)

ボタニックガーデン 入り口

キングスパークの一番の見所は、西オーストラリア州特有の植物を展示しているボタニックガーデンです。

オーストラリア全土には、約25000種の植物が存在していますが、そのうちの半分以上が西オーストラリアに自生しています。さらに、その7割が西オーストラリアでしか見られない珍しい固有種です。

このボタニックガーデンでは、北半球の日本、そしてオーストラリアの東海岸のシドニーやメルボルンでも見ることができない珍しい植物に親しむことができます。

家族連れ、お年寄り、たくさんの人が美しいお花を楽しんでいます

樹齢750年のバオバブの木

キングスパークのシンボルツリーとも言える大きなバオバブの木です。サツマイモが地面に刺さったような姿は、とてもユーモラスで、存在感があります。

アフリカやマダガスカルに生息するバオバブの木は、オーストラリアにも原生種があります。キングスパークのバオバブの木は、重さが約36トンで、西オーストラリア州の最も北にあるキンバリーから3200km離れたパースまで運ばれてきた大木です。樹齢は推定750年だそうです。

本来は、西オーストラリアの北方の熱帯雨林で育つ木なので、パースの乾いた夏、雨の多い冬には適さない植物なのだそうです。雨の多い冬は、根元をビニールシートで覆い、大量の雨が流れ込まないようになっています。夏には、土に埋められたパイプから、水を補給できるようになっているそうです。

パースの春の訪れを告げるキングスパークフェスティバル

キングスパーク スビアコ側入口

南半球のオーストラリアは、日本とは季節が逆なので、暦の上では9月が春の始まりです。毎年9月になると、パースでは「キングスパークフェスティバル」が開催されます。1か月間さまざまなイベントが開かれて、多くの人で賑わいます。

パースは、1年を通して暑いイメージがありますが、実際には、6月から8月までの冬の間は、日中の気温も15度前後と低くなります。また、冬は雨季なので、天気の悪い日も多くなります。

ですから、パースで暮らす人々は、9月の春の訪れを心待ちにしています。そして、大人から子供まで、一斉に色とりどりのワイルドフラワーが咲き誇るこの時期に、キングスパークのボタニックガーデンに足を運びたくなってしまうのです。

色鮮やかに咲き誇るワイルドフラワー

西オーストラリア州固有のワイルドフラワーを楽しもう!

西オーストラリアのワイルドフラワーは、決して派手な花ではありません。1つ1つを見ると、小ぶりで地味な花が多いですが、これらの花が一面に咲いた風景を見ると、自然の美しさに魅了されます。

エバーラスティング

エバーラスティングは、花はカサカサとしたドライフラワーのような感触で、名前の通りに、永遠に咲き続けるというイメージがあります。ピンクの濃いもの、薄いもののほか、白や黄色の品種もあります。オーストラリアの広い大地に咲いている花畑は圧巻です。

エバーラスティング 花畑

ゴールデンワトル(ミモザ)

まん丸の可憐な黄色い花を咲かせる黄色いワトルは、日本でもミモザという名前で、春の花として定番ですね。ゴールデンワトルは、オーストラリアの国花にもなっています。

パイメリア(ホワイトバンジン/ライスフラワー)

パイメリアは、ピメリア、バンジーン、ライスフラワーなど別名もいろいろあります。小さな花が集まり、こんもりと丸くなっていて、大きな花のように見えます。白色のほか、ピンクのものもあります。

パイメリア すこしピンクがかっています

レッドアンドグリーンカンガルーポー 

カンガルーポーは、カンガルーの前足(paw)に似ていることからこの名前が付けられました。有名なのは、赤と緑のコントラストが鮮やかなレッドアンドグリーンカンガルポーです。茎がすっと伸びて、先端についているく花の形がユニークですね。黄色や黒色の花をつけるものもあります。西オーストラリア州の花に定められています。

レッドアンドグリーンカンガルーポー

エレモフィア・ニベア(エミューブッシュ)

エレモフィア・ニベアは、エミューブッシュというオーストラリアらしい別名もあります。葉はシルバーリーフなので、全体に柔らかい印象があります。紫のベル型の花をつけます。

バンクシアの一種

大きな円柱型の花をつけるバンクシアもオーストラリアを代表する植物で、たくさんの種類、様々な色のものがあります。乾燥した大地で、大きな花を咲かせるバンクシアの姿には、たくましさを感じます。花が終わった後の実もおもしろい形状をしています。また、大きな花には、たくさんのミツバチがやってくるので、バンクシアの蜂蜜も有名です。

結婚式の写真を撮るカップル

キングスパークでは、結婚式もよく行われています。この日は、結婚式の写真の前撮りをしているカップルに出会いました。美しい緑の芝生は、純白のウエディングドレスがよく映えます。また、この時期は、カラフルなお花をバックに、素敵な記念の写真が撮れそうですね。

小さな子どももお花に見とれています

パースが誇る美しいキングスパークは、いつ来ても、さわやかな緑と美しい風景に癒されますが、9月のキングスパークフェスティバルでは、珍しいワイルドフラワーも親しむことができ、さらに特別な雰囲気を味わえます。

今回は、ほんの数種類の花しか紹介することができませんでしたが、実際には、いくら見ても飽きることがなく、きりがないほどのたくさんの植物があります。

また、パースの郊外に車を走らせると、大地に力強く咲いている本当のワイルドフラワーも楽しめます。この時期には、ワイルドフラワーを巡るツアーもありますので、そちらもおすすめです。パースの春を思い切り満喫してほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

シドニーの公立小学校1年目、子ども達は学校併設の幼稚園(キンディー)で学校生活のリズムに慣れていきます。入学式なし、給食なし、黒板なし、机なし!?ゆる〜いライフスタイルがご自慢の豪州、学校生活も例外ではありません。日本の小学校の常識を覆す、びっくり連続のオージー式小学校生活・キンディー編を詳しくご紹介します。


公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

2016年にリニューアルオープンしたパースの図書館は、誰もが目を引くユニークな外観です。内部も、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々が本に親しみ、勉強に集中できるスペースが充実しています。パースの住民に限らず、誰でも、無料でパソコンやWi-Fiが利用できるので、短期滞在の旅行者も、ぜひ足を運んで欲しいスポットです


ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベンでは毎年9月の1か月間、”ブリスベンフェスティバル”という芸術の祭典が開催されています!期間中には有名なサーカス団や劇団がブリスベンに集結★でもチケット代は50ドルなど少し高額で手が出せない、、(´・ω・`)無料でも楽しみたい!という方のために2017年の無料イベントをご紹介!来年以降の方にも参考になるはず!


ブリスベンシティ周辺で観光するならココ!ローマストリートパークランド!

ブリスベンシティ周辺で観光するならココ!ローマストリートパークランド!

ブリスベンで観光するならインスタ映えする美しい景色が楽しめるRoma street Parkland(ローマストリートパークランド)は如何でしょうか? ブリスベンシティの中心駅であるセントラル駅から徒歩圏内でアクセスもバッチリです!きれいに咲く花や珍しい生き物など自然と触れ合える癒しの公園です。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング