【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

食のダイバーシティーとも言えるトロントにはインド料理のお店もたくさん。その中で一番だと自信をもっておすすめできるレストランにはお得なランチビュッフェがあります。レストランの名前はAroma(アロマ)。インド人も絶賛するという、コスパ最高、味も最高、サービスも最高のレストランについてご紹介します。


「トロントはカナダ最大の都市」と聞いてトロントにやってくるとちょっと拍子抜けしてしまうぐらい田舎っぽいトロント。デパートも限られていますし、ファッションもあか抜けないし、エンターテイメントもそこそこだし…。しかも冬は体感気温マイナス20℃も珍しくないほど極寒だし長い!

と、文句をタラタラ言いつつも私がトロントに住み続けているのは「食」の充実度が大きいです。移民国家のカナダにおいてトロントの多文化度は特に高く、例えばバスに乗っても右のカップルはポルトガル語で話しているかと思うと、左の老夫婦はロシア語で話し、私と友人は日本語で話している感じです。

そして、そんな世界各国からの移民がトロントにオープンするレストランはまさに本場の味!

今日は韓国料理、明日はイタリア料理、明後日はニカラグア料理というようにホンモノを食べることができるんです。

今回ぜひご紹介したいのがインド料理のレストラン。しかもお得なランチビュッフェを実施しているので、数多くのカレーをコスパ良く楽しむことができます。私の友人のインド人も絶賛していたレストラン、トロントに来たらぜひ試してみてください。

インドビュッフェならここが200%おすすめ!

そのインド料理のレストランの名前はAroma(アロマ)、場所は観光で来ても行きやすいダウンタウンにあります。地下鉄の駅でいうとSt.Andrew(セント・アンドリュー)駅から歩いて5分ぐらい、劇場が多く集まるエンターテイメントエリアの中心にアロマはあります。

TIFFの外観

セント・アンドリュー駅を出て西に歩いていく時に目指すのは、毎年トロント国際映画祭が開催されるTIFF(ティフ)。2017年も世界中から多くの俳優陣が集合し、アンジョリーナ・ジョリーやジェイク・ギレンホール、ジム・キャリーなどがレッドカーペットを歩きました。

交差点の先にアロマの看板が見えますか?

そして、そのTIFFとKing(キング)通りを挟んで反対側にあるカフェ、Second Cup(セカンドカップ)の2階にあるのがアロマです。上の写真の中央上に看板が出ているのが分かるでしょうか?

アロマの基本情報をまとめておきます。

住所:287 King Steet West Toronto, Ontario M5V 1J5
電話番号:(416) 971-7242
営業時間:月曜日 午前11時30分~午後3時、午後5時~午後10時30分
火曜日 午前11時30分~午後3時、午後5時~午後10時30分
水曜日 午前11時30分~午後3時、午後5時~午後10時30分
木曜日 午前11時30分~午後3時、午後5時~午後10時30分
金曜日 午前11時30分~午後3時、午後5時~午後11時
土曜日 正午~午後11時
日曜日 正午~午後10時30分

お得なランチビュッフェが行われるのは開店から午後3時までです。

メニュー豊富&味も最高!

今日のメニュー①

インドの五つ星レストランで修業を積んだシェフが作るインド料理は正統派の美味しさ。見た目は特に気をてらったところがありませんが、その味はどのメニューを食べても「これこれ!」と納得のいく素晴らしさです。

ランチビュッフェだと、残念なレストランではメニューが数種類しかないところもありますが、アロマのランチビュッフェはけちけちせずに大判振る舞いです。種類は日によって異なりますが、カレーは常に8か9種類は揃っているので一通り食べるだけでも結構お腹がいっぱいになるのでペース配分は慎重にどうぞ!

アロマのカレーでいつも食べるのはGoat Masala(ゴートマサラ)です。ゴートですからヤギ肉のカレーということになります。ゴートと聞いただけでその独特の臭みを心配する人も多いですし、実際に他のレストランでゴートカレーを食べて「失敗したなぁ」と思うこともしばしば。

でも、アロマのゴートはその独特のクセをうまく調理しているので、食べれば食べるほどハマる味に仕上がっています。私の両親がトロントに遊びに来たときに、ゴートは普段食べない、というか食べられないと言っていた母親がパクパク食べたぐらいです!

今日のメニュー②

そしてインド料理と言えば定番のButter Chicken(バターチキン)もおすすめです。バターチキンは定番中のド定番料理ですので、インド料理初心者が注文するイメージがあり、インド料理に少し詳しくなってくると注文しなくなってくるものですが、アロマに来ると私はいつもバターチキンを頼んでしまいます。

その味について文章にするのはなかなか難しいのですが、辛味とクリーミー加減が絶妙なんです。こんなにバランスのいいバターチキンは他では決して味わえません。

今回訪れた時は残念ながらランチビュッフェにはありませんでしたが、もう1つのお気に入りメニューがTawa Panner Masala(タワ パニャー マサラ)で、カッテージチーズの使われたベジタリアンメニューです。

1回目はこんな感じです。さらに2回おかわりしました。

そしてこれらのカレーの他にあるのが、これまた定番のTandoori Chicke(タンドリーチキン)です。とっても柔らかくジューシーに仕上がっているので、ナイフの必要はありません。

ナンももちろん店内で焼いているのでとってもフレッシュ。残念ながら写真に撮り忘れてしまいましたが、ナンを捏ねて伸ばしたり焼いたりしているところはガラス張りになっているので、その見事な手さばきも一見の価値ありです。

ちなみに、ビュッフェ以外でアロマに来る時には、普通のナンではなくてGarlic Naan(ガーリック ナン)を頼むのが絶対におすすめ。ニンニクの風味がけっこうガッツリついていますが、思わずナンだけ食べてしまいそうになるぐらい美味しいです。デートだからニンニクは…?そんなことは関係ありません!

野菜やライスプリンのコーナー

お店に入るとカレーに目が釘付けになる私はついつい飛ばしてしまうことも多いですが、サラダ系の野菜も一通り揃っていますし、デザート言えばのライスプリンもあります。

口直しにぴったり!アイスクリーム

そしてアイスも数種類揃っています。もうお腹がいっぱいで食べられないと思っても、アイスを食べてリフレッシュするとまた食べられるから不思議ですね。もちろん締めにデザートとしてもどうぞ。

ダウンタウンの一等地にあるのにコスパ最高!

ここまでのその味を絶賛してきましたが、味だけでなくその値段もとってもお得なんです。平日のランチはなんと12.95ドル(約1200円)、週末でも1ドル高くなるだけの13.95ドル(約1300円)で食べることができます。

これがどのぐらいお得な設定かというと、ビュッフェではない料金設定は、例えばバターチキンなら14.95ドル、ゴートマサラも同じく14.95ドルになります。といっても、キング通り沿いのTIFFの前という立地を考慮するとかなりリーズナブルな域に入りますが、そんなカレーが1200円ほどで食べ放題になるわけですから人気が出るのも納得というわけですね。

落ち着いたセンスの良い内装に気持ちのいいサービス

私が日本からのゲストをアロマに連れて行きたくなる理由の一つがそのサービスです。日本のレストランのサービスに慣れている人からするといたって普通のレベルのサービスかもしれませんが、カナダのはっきり言ってサービスとも呼べないようなサービスに慣れていると、アロマのサービスにも感動をするというわけです。

お店に入るとすぐに誰かが席へと案内してくれる、お皿が汚れたらすぐに取り換えてくれる、水が減っていたらすぐに注ぎ足してくれるなど、なんでも「すぐに」やってくれるのでストレスなく食事をすることができます。

レストランの内装

上の写真にあるように内装もシックにまとめられており、どこか高級感さえ漂ってきます。どころどころに飾っているインドっぽい彫り物や絵も雰囲気を盛り上げてくれますよ。ちなみに、上の写真を撮ったのは平日の午後2時30分ごろです。ランチのピークを過ぎた時間なのにこの賑わい!

1つだけ残念な点を挙げるとすると、お店は2階にあるのですがエレベーターやスロープがなく、階段であがるしかないという点です。またトイレは3階にあり、これも階段で行くしかありません。

家族と行く時には小さい子供がいますのでベビーカーがあるのですが、畳んで担ぎ上げるしかないのが現状です。といっても、その後に待っている美味しいビュッフェのことを考えると、お腹を空かせるための運動~♪とポジティブに考えられてしまいますから勝手なものです。

インド人のお客さんも多いのがホンモノの証拠

ここまで日本人の私が熱く語ってきましたが、インドには旅行でしか行ったことのない日本人が語ったところで信用度はそこまで高くないかもしれません。でも、お店の客層を見ると本当にインドの人が多いんです。

平日のランチブッフェでさくっと食事をするサラリーマン風の男性や、週末に家族で誕生日をお祝いしているグループなど、インドの人が美味しそうに食べているのを見ると「あ、やっぱりここは美味しいんだ」とどこか安心するから不思議ですね。

Home | Aroma Fine Indian Cuisine

http://www.aromafineindian.com/

Aroma Fine Indian Cuisine is located in the heart of Toronto’s entertainment and theatre district and offers an authentic and memorable fine dining experience. Our elegant dining room is the ideal a...

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング