熱帯の高原の町!世界遺産と寄り添うボリビアにある隠れた観光地コンセプシオン

熱帯の高原の町!世界遺産と寄り添うボリビアにある隠れた観光地コンセプシオン

ボリビアの熱帯チキタニア地方にはスペイン植民地時代の名残を色濃く残す世界遺産が今でも町の中に残っています。それはイエズス会教会群とも呼ばれ、ユネスコの世界遺産に認定されています。6つある教会群の中で特に美しいとされるコンセプシオンの教会。この町はその教会もそうですが、高原の美しい町でもあり隠れた人気観光地です。


知られざる観光地、コンセプシオン

ボリビア第二の都市サンタクルスからバスで6時間ほどの町

ボリビア第二の都市サンタクルスからバスで6時間ほどの距離にある、高原の熱帯の町コンセプシオン。日本のガイドブックなどでもあまり取り上げられることのない隠れた観光地です。サンタクルスに住むボリビア人はバケーションの季節になるとこの町に旅行にやってきます。

普段は世界遺産に認定された町の目玉である教会以外は何もない田舎町ですが、少し標高の高い場所にあることで熱帯の中でも比較的涼しい町なので、避暑地としてやってくる旅行客も多いようです。もちろん、世界遺産に認定されているイエズス会教会群をすべて見るためにやってくるバックパッカーも多く居ます。

きれいな赤土の道が印象的

レンガ造りの家々が立ち並び、きれいな赤土の道が印象的なコンセプシオン。本当にのどかな町で、町の人々ものんびりしています。都会の喧騒を忘れてゆったりした気分になれるのもこの町の特徴。避暑かつのんびり過ごせるこの時間もこの町の見どころです。

ところどころレンガで舗装された道が

そして、町のある部分にはレンガで舗装された道も登場します。そのレンガ道に赤土が混ざりこみ、独特の景観を見せてくれます。ボリビアの熱帯であるチキタニア地方にはなぜか赤土のよく見られる場所があります。

コンセプシオンもそのうちのひとつで、町の雰囲気と合わさって面白いです。赤土の道の町を歩けるのもこの町ならではの魅力。

圧倒的スケールのバロック様式の建造物

町の中心にある広場

このコンセプシオンの観光の最大の目玉はユネスコ世界遺産に認定されたバロック様式のイエズス教会です。スペイン植民地時代の17世紀に建造されたこの教会。当時の名残を残すバロック様式の建造物は町の中で特に目立ちます。

その教会は町の広場に隣接しています。この教会を見るためにやってくる外国人旅行者も多く居ます。日本ではあまりなじみのない世界遺産ですが、その迫力は一見の価値ありです。

ボリビアの町に突如、バロック様式の巨大建造物

のどかなボリビアの田舎町の中でとりわけ異彩を放つ巨大な建造物。これが、世界遺産に認定されている教会です。17世紀に建造されたこの教会は今も町に残されて、多くの観光客をこの田舎町に呼び込む原動力となっています。

柱はクチと呼ばれる木を彫りこんで作られたものらしいのですが、その精巧さにも間近で見ると驚きます。ヨーロッパ式の建築とチキタニア地方の文化が融合して、独特の景観をなしているようです。
コンセプシオンだけでなく他にも5つほど同じような教会がチキタニア地方にはあり、すべて世界遺産に登録されています。

この世界遺産を訪ねて、アメリカからモーガン・フリーマンがドキュメンタリーの撮影のためにボリビアに来たことが話題になり、新聞やニュースに取り上げられました。有名人はあまりボリビアに旅行に来ないのかな?と少し悲しくもなりました。ウユニ塩湖もあるのになぁ、ボリビア。

のんびりした時間を過ごせます

ボリビアの熱帯地方は風が強く、埃っぽくて少し汚いという印象がありますがこのコンセプシオンは、水はけが良く、土質も良くあまり埃っぽさはありません。ゴミもなくすごくきれいな印象があります。なので、ボリビア第二の都市サンタクルスに住むボリビア人が観光に訪れるのもわかります。

きれいなのどかな町で、ゆったり過ごすことのできる高原の町。それがコンセプシオンです。

コンセプシオンから他の観光地へ!

乳業が盛んな田舎町、サン・ハビエル

バスでサンタクルスからコンセプシオンに向かう時、サン・ハビエルという町を通過します。コンセプシオンから1時間ほどの距離にある街で隣町になるのですが、この町も隠れた観光地として知られます。コンセプシオンと同様、世界遺産の教会があるのはもちろんですが、

実はこの町は乳業が盛んなことで知られていて、ボリビア国内でサン・ハビエルのチーズやバターといった乳製品はひとつのブランドとして知られています。町の奥には牛のモニュメントが建てられていることからもわかります。

サン・ハビエルもボリビア国内での隠れた人気の観光地です。バケーションでこの町を訪れる旅行者も多いです。

町の高台からの綺麗な景色

標高の少し高い場所にある町、サン・ハビエル。町の外れから見える景色はとてもきれいです。サンタクルスの都会の喧騒から離れて、田舎町でのんびり過ごしたいボリビア人にとってここもまさにバケーションで訪れたい場所なのでしょう。

もちろん、日本人の私たちもボリビアの穴場スポットとしてぜひ訪れたいです。そして、ここの乳製品は美味しいですからぜひ、試していただきたいです。

田舎ののんびりした空気を体感

隣町であるサン・ハビエルからコンセプシオンに向かう道中にはこんな小さな湖があります。ふと車を止めて休憩して、のんびり過ごすのもバケーションの醍醐味。コンセプシオンもサン・ハビエルもどちらも教会以外は何もないただの田舎町。

それでも、地元のボリビア人がバケーションの季節にたくさんやってくるのはこの田舎町独特ののんびりしてゆったりした優しい空気に浸りたいのかもしれません。日々、忙しく過ごす都会のボリビア人の憩いの場所、そして私たち日本人にとっての穴場スポットであるこの町で忘れられない思い出を刻んでほしいものです。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連する投稿


高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

高原の美しい町ブエナ・ビスタ!コーヒー好きにはたまらないボリビアの隠れた観光地

ブエナ・ビスタとはスペイン語で良い眺めという意味があります。その言葉を町の名前にあてはめたボリビアの町があります。このブエナ・ビスタは少し高地になっていて隣接する密林地帯の絶景を眺めることができます。まさにブエナ・ビスタという名前にピッタリ。しかもこの町はボリビアの有名なコーヒーの産地です。そんなブエナ・ビスタをご紹介


南米ボリビアに存在するJAPAN!サンファン日本人移住地区ではまるで日本にいるような気分になります

南米ボリビアに存在するJAPAN!サンファン日本人移住地区ではまるで日本にいるような気分になります

日本から見れば地球の裏側に位置する地球上で最も遠い場所南米ボリビア。実はこのボリビアに日本人になじみの深い場所、そして日本の文化が色濃く流れる町があります。その町の名はサンファン日本人移住地。60年以上前に日本からこの地へ移り住んだ日本人がつくった町です。半世紀以上の時を経てそこにあり続けるJAPANの様子をご紹介!


ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

ボリビアを長距離移動するときに心がけておきたいこと!長距離バスをうまく乗りこなす秘訣

南米大陸の真ん中に位置する、日本から見れば地球の裏側に当たる国ボリビア。まだまだ発展途上のボリビアは道の整備がまだまだ進んでおらず、長距離バスで移動する際には大きな苦労が伴います。大きな都市から都市への交通の便も決して良いとは言えず、道も悪く長距離移動は大変。そんなボリビアの長距離バスをうまく乗りこなす秘訣をご紹介!


音楽の都だけじゃない!重厚な歴史と中世の名残を残す一度行くと忘れられない観光都市ウィーン!

音楽の都だけじゃない!重厚な歴史と中世の名残を残す一度行くと忘れられない観光都市ウィーン!

音楽の都という事で多くの世界的な作曲家が活躍したことでも知られるオーストリアのウィーン。モーツァルトやベートーヴェン、バッハなどをイメージされるかも多いと思います。しかし、このウィーンは音楽好きだけが行く街ではなく、深い町の歴史を堪能でき、クラシックに詳しくなくても観光を楽しめる場所でもあります。早速見てみましょう。


壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

ブラジルとパラグアイ、ボリビアと3カ国をまたいでいるパンタナルと呼ばれる大湿原。熱帯の動植物の宝庫とも呼ばれ世界遺産にも認定されています。そして南米大陸にあるこの大湿原は世界最大の湿原としても知られます。そんなパンタナルをボリビアとブラジルの国境沿いのそれぞれの町から眺めることができます。その壮大さに圧倒されます。


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング