公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

2016年にリニューアルオープンしたパースの図書館は、誰もが目を引くユニークな外観です。内部も、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々が本に親しみ、勉強に集中できるスペースが充実しています。パースの住民に限らず、誰でも、無料でパソコンやWi-Fiが利用できるので、短期滞在の旅行者も、ぜひ足を運んで欲しいスポットです


建物を見るだけでも価値ありのパース市立図書館

スタイリッシュな円柱形の建物

パース市立図書館は、2016年の3月にリニューアルオープンしました。パースの中心地ヘイストリート沿いのタウンホールの隣にあります。駅からも近く、とても便利な立地です。

外観は、円柱形のモダンな佇まいです。ほどよく光が差し込むガラスは、外側から見ても内側から見てもいい雰囲気を作っています。日差しが差し込みすぎると、本が傷みやすくなると聞いたことがあります。機能面と合わせて、よく考えられたデザインです。

親切でフレンドリーなカウンターのスタッフ

建物の内部に入ると、受付ロビーがあります。パースに住んでいる人なら、留学生でも、ワーキングホリデーの人でも本が借りられますので、ここで図書館のカードを作りましょう。カードがあれば、本やDVDを借りたり、図書館のパソコンでインターネットも無料で使用することができます。

また、短期滞在の旅行者でも、ビジター用のインターネットパソコンが使えます。必要であれば、プリントアウトもしてくれます(有料)。Wi-Fiも全館で無料で使えますので、街歩きの途中でぜひ立ち寄りたいスポットです。

窓に沿った明るいらせん階段 中2階には講義室があります

まずは、6階建ての図書館全体を探索してみましょう。エレベーターもありますが、ぜひ、らせん階段を登ってみましょう。上の階には何があるのかとワクワクしながら、円柱形の建物の面白さが味わえますよ。

屋外のテラスからはスワンリバーも見えます

目的に合わせて機能的にデザインされた各フロアを紹介

各階の案内図

1階はメインライブラリー

落ち着いた雰囲気のメインライブラリー内部

1階(日本でいう2階)はメインライブラリーです。ジャンル別に分けられた蔵書が整然と並んでいます。海外からの移民や留学生の多いオーストラリアらしく、外国語の蔵書もあります。日本語の書籍のコーナーもありますが、どういう基準で選ばれた本なのかがよくわかりませんでした。

本を借りるときには、受付カウンターに行かなくても、各フロアの機械に本をスキャンすれば、自分で手続きができます。本や雑誌、DVDなどは、20冊まで、3週間借りることができます。

日本語の蔵書もあります

部屋の中心には、スタディコーナーがあります。パソコンを広げて、一生懸命勉強している人が目立ちます。Free Wi-Fiも電源もあるので、安心して勉強に集中できますね。イスやソファ、テーブルもたくさんあるので、静かな環境で読書を楽しみたいときにも、ぴったりの場所です。

スタディスペースも充実

2階はヒストリーセンター

2階は、ヒストリーセンターです。地元の歴史について調べたいときに、いろいろな資料を参照することができます。

また、少人数で会議などができるミーティングルームもあります。(有料)

3階ではDVDやオーディオブックが利用できる

3階は「テラス」という表示になっていますが、DVDやBlue-ray、オーディオブックが並んでいました。これらも、もちろん貸し出し可能です。

4階は子どもたちが本に親しむためのエリア

明るい雰囲気のキッズスペース

4階は小さな子どもたちのためのエリアです。子どもたちの目線に合わせて、本が並べてあります。くつろいだ空間で本に親しめるように、床にはクッションやぬいぐるみもたくさん置いてありました。親子で絵本を楽しんでいる人たちも大勢いました。

読み聞かせなどの子ども向けプログラムも定期的に行われています。

大人もくつろげるゆとりのある空間

5階のアティック(屋根裏部屋)はヤングアダルト専用エリア

最上階の「Attic(アティック)」は屋根裏部屋という意味です。ここは、ヤングアダルト専用エリアで、対象年齢は12歳から24歳までとなっています。ティーンエイジャー向けの雰囲気が漂っています。

ヤングアダルト マンガコーナー

ここには、若者向けの雑誌や日本のマンガも置いてあります。また、グループで作業をしたり、勉強したりするスペースもあります。自分が高校生だったら、学校帰りに毎日入り浸ってしまいそうです。

ヤングアダルト 雑誌コーナー

ついつい長居したくなる居心地の良さ

ロビーの横には、大きなテーブルとソファが並び、新聞や雑誌を読むことができる空間があります。明るい日差しが差し込み、とても居心地のいい空間です。隣にはカフェもあるので、コーヒーを飲んだり、軽食も楽しんだりすることもできます。

居心地のいいロビー&カフェ

借りた本を早速開いて読みふけっている人、新聞を広げている老人、WI-fiでスマートフォンを見つめている若者、パソコンを開いて勉強している学生など、思い思いに自分の世界に入り込んでいる静かな雰囲気は、思わず長居をしたくなります。

パースに住んでいる人だけでなく、短期滞在の旅行者の方々も、ぜひパースの市立図書館に立ち寄っみてください。バスや電車の待ち合わせ、街歩きに疲れたときの休息、雨や暑さをしのぐためなどの目的でも、たくさんの本に囲まれていると、不思議と気持ちが落ち着きます。モダンな建物と、内部のこの雰囲気をゆったりと味わってほしいと思います。


この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

シドニーの公立小学校1年目、子ども達は学校併設の幼稚園(キンディー)で学校生活のリズムに慣れていきます。入学式なし、給食なし、黒板なし、机なし!?ゆる〜いライフスタイルがご自慢の豪州、学校生活も例外ではありません。日本の小学校の常識を覆す、びっくり連続のオージー式小学校生活・キンディー編を詳しくご紹介します。


ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベンでは毎年9月の1か月間、”ブリスベンフェスティバル”という芸術の祭典が開催されています!期間中には有名なサーカス団や劇団がブリスベンに集結★でもチケット代は50ドルなど少し高額で手が出せない、、(´・ω・`)無料でも楽しみたい!という方のために2017年の無料イベントをご紹介!来年以降の方にも参考になるはず!


パースに春が来た!ワイルドフラワーが咲き誇るキングスパークフェステバルへ出かけよう!

パースに春が来た!ワイルドフラワーが咲き誇るキングスパークフェステバルへ出かけよう!

南半球のオーストラリアでは、日本とは季節が逆なので、9月が春の始まりです。パースの街の中心地にあるキングスパークでは、この時期「キングスパークフェステバル」が開催され、西オーストラリア固有のワイルドフラワーが満開になります。この時期にしか見られないオーストラリアの大地に力強く咲く花たちの特別な魅力を楽しみましょう。


ブリスベンシティ周辺で観光するならココ!ローマストリートパークランド!

ブリスベンシティ周辺で観光するならココ!ローマストリートパークランド!

ブリスベンで観光するならインスタ映えする美しい景色が楽しめるRoma street Parkland(ローマストリートパークランド)は如何でしょうか? ブリスベンシティの中心駅であるセントラル駅から徒歩圏内でアクセスもバッチリです!きれいに咲く花や珍しい生き物など自然と触れ合える癒しの公園です。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング