バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

インドネシアといえばバリ島。バリではマングローブ樹林散策は高額なツアーですが、実はジャカルタにもマングローブ樹林はあります。空港に近い海に面したマングローブ自然保護区。周辺にはレストランもたくさんある、ジャカルタのローカルでも知らない場所です。帰りに空港行く途中に少し早めにでて立ち寄ることもできる便利スポットです。


マングローブ自然保護区のあるエリア

カプック(KAPUK)

埋め立て地が多い、海沿いのエリアで大きな一戸建てが立ち並び中華系インドネシア人が多いエリアです。バリにもある大きなプールのウォーターボムやゴルフ場などにはたまにくることがあっても、車での移動が基本のジャカルタでは目的なく周辺を散策することはないので、新しいスポットを発見することは難しいでしょう。

中華系インドネシア人の学校

幼稚園から高校までが集まった巨大な仏教系の学校があります。ジャカルタのコンベンションセンターよりも大きいのではないかと思われる施設で、この周辺にいかに中華系が多いかわかります。マングローブ自然保護区はこの学校と海の間にあり、道路を通っただけでは見ることができませんし、中華系の学校と中華系が多くすむ一戸建てエリアの奥にありますので、日本人はまず行く用事がない場所です。

1階がレストランやカフェ、2階3階が住居や事務所というルコという集合住宅がならび、意外に韓国系や中華系のレストランや和食のレストランが多く、行けば食べるものには困らないエリアで新しい店が多いのも特徴です。

いよいよマングローブ自然保護区

正式名称はTAMAN wISATA ALAM ANGKE KAPUK JAKARTA MANGROVE RESORT
(観光スポット・ジャカルタ カプック アンク マングローブリゾート)です。この施設、公式ホームページがなく、フェイスブックかインスタグラムだけ、入場するときによくもらう案内や地図などもありません。

広い敷地内。現在地がどこだかはわかりません

入ってすぐに敷地内の案内図がありますが、すでに今自分のいるところがどこだかわからない地図です。ただとにかく広い。

植樹用の苗

企業や学校単位で植樹できます

自然保護区といっても、基本は人工的に作られて管理されている樹林です。企業や学校などの単位で植樹できるらしいです。3年前に植えた木はまだまだ小さいです。海の中に植えられているといっても、岸辺寄りの水は澱んでいて少しにおいます。いつかこのマングローブが水をきれいにしてくれないかなー

カヌーかボートに乗ってマングローブ樹林を見ることができます

このマングローブは海の中に植えられています。バリ島のようにボートかカヌーに乗ってマングローブ樹林を見ることができるのですが、公務員なのか「乗りたい」といっても「休憩中」とおじさんが休憩を優先させるというこのインドネシアらしさ。

ちなみに6人乗り、8人乗りのボートは1艘Rp350,000(3000円くらい)で、カヌーや手漕ぎボートになるとひとりRp100000(850円)です。意外と高いです。

海の上を渡る手作り感満載の橋

施設内の地図を見ても場所が分かりにくいのですが、海の上を渡る長い橋もあります。ただし、木や竹で作った手作り感あふれる橋で、隙間だらけです。足元の水が見えて、別の意味でスリリングです。

水上コテージ?宿泊できます

小さな小屋に宿泊もできます

スリリングな木の橋を歩いていくと、小さな小屋が並んでいます。一応水上コテージですね、宿泊も可能です。学校などの宿泊学習などにぴったりです。

大きなコテージもあります

ぎしぎし音をたてるスリリングな橋を歩くこと10分。大きな水上コテージがあり、ここまでくると、海風も気持ちよく、水のにおいもきになりません。大きく育ったマングローブ林も見ることができます。夕方この景色の中ドレス姿で写真を撮る人がいるくらい、フォトジェニックな場所です。

ここでウエディング撮影がよく行われていて、それでこの場所を見つけました。ウエディング撮影が多いからか、Wedding photoは入場料がRp150000と別に設定されています。

敷地内には売店や、宿泊施設、ミニアスレチックなどいろいろありますが、広いので暑い中全て見るのは大変です。

ジャカルタに来て、大都会と排気ガスに辟易したら、帰りには少し早めに出発して、空港に行く前に立ち寄ってみてはどうでしょうか?観光ガイドブックにも載ってないレアなスポットです。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

インドネシアは欧米でも高い評価を受けている、木彫りやバティックなど民芸品の宝庫です。地域や島ごとに特色のある民芸品やアーティストの芸術作品などが集まった大きなパサールがありますが、実はあまり知られていません。ジャカルタの海沿いにある大きな遊園地の敷地内で、観光とお土産物選びにうってつけの芸術家村を紹介したいと思います。


首都より有名?今も王様がいる、歴史と世界遺産の街。古都ジョグジャカルタ

首都より有名?今も王様がいる、歴史と世界遺産の街。古都ジョグジャカルタ

インドネシアの首都ジャカルタより有名。ジャワ島の東にあるジョグジャカルタは、現在も王様がいて、州知事として政治を行っています。仏教遺跡やヒンズー教遺跡など、古い歴史と文化があり、インドネシアの古い町の風景が残っています。世界遺産で有名なため観光客も多く、見所満載です。ガイドブックにはない観光スポットもたくさんあります


お土産買うのもひと苦労なんです。渋滞がひどいジャカルタで、お土産物を1回で揃える!

お土産買うのもひと苦労なんです。渋滞がひどいジャカルタで、お土産物を1回で揃える!

渋滞がすごすぎるジャカルタでは、観光だけでなく、お土産ものを買う時にも、あちらこちらには買い歩きしにくい。自分用からばら撒き土産まで、1回で済ませることができるお店を紹介します。お土産を買うのに時間をさけない、さけたくない方にもってこいです。インドネシアだから見てほしい民芸品を中心にしたお土産のお店に絞って紹介します。


最新の投稿


中国の「国家AAAAA級景勝地区」の一つ!美しい麓湖公园(ルーフー公園)を散策して、中国の自然を満喫してみよう

中国の「国家AAAAA級景勝地区」の一つ!美しい麓湖公园(ルーフー公園)を散策して、中国の自然を満喫してみよう

中国広東省の広州市は、中国各地や海外からもたくさんの観光客が押し寄せる人気都市です。非常に多くの観光名所がある中で、今回ご紹介するのは広州でも人気の自然観察エリア「麓湖公園(ルーフー公園)」。実はこの麓湖公園、「国家AAAAA級景勝地区」としても認定されている貴重な場所なんですよ。では早速、公園内を散策してみましょう。


ソウルはおしゃれなカフェがいっぱい!HOLLYS COFFEEでゆったりしてきました!

ソウルはおしゃれなカフェがいっぱい!HOLLYS COFFEEでゆったりしてきました!

ソウルにはおしゃれなカフェがたくさんあります。観光をしているとあちこちで素敵なカフェを見かけます。観光や買い物で疲れた時にちょっとカフェに寄ることが可能です。今回はソウルのイテウォンにある、HOLLYS COFFEEに行きました。飛び込みで入ったのですが、とても素敵な空間でゆったりとくつろぐことができました!


Jin Air(ジンエアー)は元気いっぱいギャクいっぱい?韓国ドラマを連想させる?乗った感想をお伝えします!

Jin Air(ジンエアー)は元気いっぱいギャクいっぱい?韓国ドラマを連想させる?乗った感想をお伝えします!

Jin Airは韓国の格安航空会社です。上手に利用すると荷物込みで比較的安い値段で利用することができます。今回、韓国から日本への移動のためにJin Airを利用しました。ポップで元気な乗務員や、ギャグがいっぱいの機内説明書など、今までにない面白いスタイルの航空会社でした。そんなJin Airについてお伝えします。


マウイ島のラハイナ地区で見つけた可愛すぎるビーチ雑貨が買えるお店ヘールゼン

マウイ島のラハイナ地区で見つけた可愛すぎるビーチ雑貨が買えるお店ヘールゼン

今回紹介するのはハワイのマウイ島にあるラハイナ地区で見つけたおしゃれでかわいいビーチ雑貨が買えるお店ヘールゼンです。オアフ島とは違い、ローカルショップの多いマウイ島ならではの、個人経営で他では手に入らないかわいいビーチ雑貨を手に入れることができるお店です。一体どんなものが買えるのか、写真付きで解説していきます。


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング