バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

インドネシアといえばバリ島。バリではマングローブ樹林散策は高額なツアーですが、実はジャカルタにもマングローブ樹林はあります。空港に近い海に面したマングローブ自然保護区。周辺にはレストランもたくさんある、ジャカルタのローカルでも知らない場所です。帰りに空港行く途中に少し早めにでて立ち寄ることもできる便利スポットです。


マングローブ自然保護区のあるエリア

カプック(KAPUK)

埋め立て地が多い、海沿いのエリアで大きな一戸建てが立ち並び中華系インドネシア人が多いエリアです。バリにもある大きなプールのウォーターボムやゴルフ場などにはたまにくることがあっても、車での移動が基本のジャカルタでは目的なく周辺を散策することはないので、新しいスポットを発見することは難しいでしょう。

中華系インドネシア人の学校

幼稚園から高校までが集まった巨大な仏教系の学校があります。ジャカルタのコンベンションセンターよりも大きいのではないかと思われる施設で、この周辺にいかに中華系が多いかわかります。マングローブ自然保護区はこの学校と海の間にあり、道路を通っただけでは見ることができませんし、中華系の学校と中華系が多くすむ一戸建てエリアの奥にありますので、日本人はまず行く用事がない場所です。

1階がレストランやカフェ、2階3階が住居や事務所というルコという集合住宅がならび、意外に韓国系や中華系のレストランや和食のレストランが多く、行けば食べるものには困らないエリアで新しい店が多いのも特徴です。

いよいよマングローブ自然保護区

正式名称はTAMAN wISATA ALAM ANGKE KAPUK JAKARTA MANGROVE RESORT
(観光スポット・ジャカルタ カプック アンク マングローブリゾート)です。この施設、公式ホームページがなく、フェイスブックかインスタグラムだけ、入場するときによくもらう案内や地図などもありません。

広い敷地内。現在地がどこだかはわかりません

入ってすぐに敷地内の案内図がありますが、すでに今自分のいるところがどこだかわからない地図です。ただとにかく広い。

植樹用の苗

企業や学校単位で植樹できます

自然保護区といっても、基本は人工的に作られて管理されている樹林です。企業や学校などの単位で植樹できるらしいです。3年前に植えた木はまだまだ小さいです。海の中に植えられているといっても、岸辺寄りの水は澱んでいて少しにおいます。いつかこのマングローブが水をきれいにしてくれないかなー

カヌーかボートに乗ってマングローブ樹林を見ることができます

このマングローブは海の中に植えられています。バリ島のようにボートかカヌーに乗ってマングローブ樹林を見ることができるのですが、公務員なのか「乗りたい」といっても「休憩中」とおじさんが休憩を優先させるというこのインドネシアらしさ。

ちなみに6人乗り、8人乗りのボートは1艘Rp350,000(3000円くらい)で、カヌーや手漕ぎボートになるとひとりRp100000(850円)です。意外と高いです。

海の上を渡る手作り感満載の橋

施設内の地図を見ても場所が分かりにくいのですが、海の上を渡る長い橋もあります。ただし、木や竹で作った手作り感あふれる橋で、隙間だらけです。足元の水が見えて、別の意味でスリリングです。

水上コテージ?宿泊できます

小さな小屋に宿泊もできます

スリリングな木の橋を歩いていくと、小さな小屋が並んでいます。一応水上コテージですね、宿泊も可能です。学校などの宿泊学習などにぴったりです。

大きなコテージもあります

ぎしぎし音をたてるスリリングな橋を歩くこと10分。大きな水上コテージがあり、ここまでくると、海風も気持ちよく、水のにおいもきになりません。大きく育ったマングローブ林も見ることができます。夕方この景色の中ドレス姿で写真を撮る人がいるくらい、フォトジェニックな場所です。

ここでウエディング撮影がよく行われていて、それでこの場所を見つけました。ウエディング撮影が多いからか、Wedding photoは入場料がRp150000と別に設定されています。

敷地内には売店や、宿泊施設、ミニアスレチックなどいろいろありますが、広いので暑い中全て見るのは大変です。

ジャカルタに来て、大都会と排気ガスに辟易したら、帰りには少し早めに出発して、空港に行く前に立ち寄ってみてはどうでしょうか?観光ガイドブックにも載ってないレアなスポットです。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

インドネシアは欧米でも高い評価を受けている、木彫りやバティックなど民芸品の宝庫です。地域や島ごとに特色のある民芸品やアーティストの芸術作品などが集まった大きなパサールがありますが、実はあまり知られていません。ジャカルタの海沿いにある大きな遊園地の敷地内で、観光とお土産物選びにうってつけの芸術家村を紹介したいと思います。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング