バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

インドネシアといえばバリ島。バリではマングローブ樹林散策は高額なツアーですが、実はジャカルタにもマングローブ樹林はあります。空港に近い海に面したマングローブ自然保護区。周辺にはレストランもたくさんある、ジャカルタのローカルでも知らない場所です。帰りに空港行く途中に少し早めにでて立ち寄ることもできる便利スポットです。


マングローブ自然保護区のあるエリア

カプック(KAPUK)

埋め立て地が多い、海沿いのエリアで大きな一戸建てが立ち並び中華系インドネシア人が多いエリアです。バリにもある大きなプールのウォーターボムやゴルフ場などにはたまにくることがあっても、車での移動が基本のジャカルタでは目的なく周辺を散策することはないので、新しいスポットを発見することは難しいでしょう。

中華系インドネシア人の学校

幼稚園から高校までが集まった巨大な仏教系の学校があります。ジャカルタのコンベンションセンターよりも大きいのではないかと思われる施設で、この周辺にいかに中華系が多いかわかります。マングローブ自然保護区はこの学校と海の間にあり、道路を通っただけでは見ることができませんし、中華系の学校と中華系が多くすむ一戸建てエリアの奥にありますので、日本人はまず行く用事がない場所です。

1階がレストランやカフェ、2階3階が住居や事務所というルコという集合住宅がならび、意外に韓国系や中華系のレストランや和食のレストランが多く、行けば食べるものには困らないエリアで新しい店が多いのも特徴です。

いよいよマングローブ自然保護区

正式名称はTAMAN wISATA ALAM ANGKE KAPUK JAKARTA MANGROVE RESORT
(観光スポット・ジャカルタ カプック アンク マングローブリゾート)です。この施設、公式ホームページがなく、フェイスブックかインスタグラムだけ、入場するときによくもらう案内や地図などもありません。

広い敷地内。現在地がどこだかはわかりません

入ってすぐに敷地内の案内図がありますが、すでに今自分のいるところがどこだかわからない地図です。ただとにかく広い。

植樹用の苗

企業や学校単位で植樹できます

自然保護区といっても、基本は人工的に作られて管理されている樹林です。企業や学校などの単位で植樹できるらしいです。3年前に植えた木はまだまだ小さいです。海の中に植えられているといっても、岸辺寄りの水は澱んでいて少しにおいます。いつかこのマングローブが水をきれいにしてくれないかなー

カヌーかボートに乗ってマングローブ樹林を見ることができます

このマングローブは海の中に植えられています。バリ島のようにボートかカヌーに乗ってマングローブ樹林を見ることができるのですが、公務員なのか「乗りたい」といっても「休憩中」とおじさんが休憩を優先させるというこのインドネシアらしさ。

ちなみに6人乗り、8人乗りのボートは1艘Rp350,000(3000円くらい)で、カヌーや手漕ぎボートになるとひとりRp100000(850円)です。意外と高いです。

海の上を渡る手作り感満載の橋

施設内の地図を見ても場所が分かりにくいのですが、海の上を渡る長い橋もあります。ただし、木や竹で作った手作り感あふれる橋で、隙間だらけです。足元の水が見えて、別の意味でスリリングです。

水上コテージ?宿泊できます

小さな小屋に宿泊もできます

スリリングな木の橋を歩いていくと、小さな小屋が並んでいます。一応水上コテージですね、宿泊も可能です。学校などの宿泊学習などにぴったりです。

大きなコテージもあります

ぎしぎし音をたてるスリリングな橋を歩くこと10分。大きな水上コテージがあり、ここまでくると、海風も気持ちよく、水のにおいもきになりません。大きく育ったマングローブ林も見ることができます。夕方この景色の中ドレス姿で写真を撮る人がいるくらい、フォトジェニックな場所です。

ここでウエディング撮影がよく行われていて、それでこの場所を見つけました。ウエディング撮影が多いからか、Wedding photoは入場料がRp150000と別に設定されています。

敷地内には売店や、宿泊施設、ミニアスレチックなどいろいろありますが、広いので暑い中全て見るのは大変です。

ジャカルタに来て、大都会と排気ガスに辟易したら、帰りには少し早めに出発して、空港に行く前に立ち寄ってみてはどうでしょうか?観光ガイドブックにも載ってないレアなスポットです。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

ジャカルタは渋滞がいまや世界一とも言われており、ローカルの人でも歩いている人は少ないほど、バイクや車で「ちょっとそこまで」の距離でも移動します。交通量と安全性、歩かないという文化からジャカルタに来る日本人は「歩いてはいけない」といわれています。一番の目抜き通りを自由に歩いても良い日、カーフリーデーについて紹介します


インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの観光はバリ島だけではありません。ジャカルタはインドネシアの首都です。インドネシアのガイドブックにはジャカルタの情報は少なめですが、街を見るだけでもイスラム文化を感じられます。仕事で訪れる場合の短い自由時間でも「ここだけは!」押さえてほしい、観光スポットの中からイチオシを紹介します。


意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

インドネシアでチョコレート?実はインドネシアはカカオの生産量は世界第三位です。主にヨーロッパなどに輸出されているのですが、日本の輸入量は3%と、インドネシアのカカオはあまり日本には入っていないため知られていません。インドネシアのカカオをインドネシアで!駐在妻がお土産に選ぶBean to barのチョコレートを紹介します


ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

「何これ??」「おいしくなさそう」「何かわからない」「使いかたわからない」というお土産をもらったことはありませんか?出張や旅行で訪れたときに、みんなに配るお土産を買って帰りますよね。おやつに食べてもおいしいし、もらったほうも珍しい、インドネシアらしさもある低価格なおすすめのバラマキ土産を紹介します


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング