お土産にオーガニックのグアテマラ名産品を買って、旅の途中に新鮮な野菜を食べよう!

お土産にオーガニックのグアテマラ名産品を買って、旅の途中に新鮮な野菜を食べよう!

ベジタブル ベルデで、旅の健康管理の為に野菜やフルーツを食べましょう。グアテマラのホテルには共同の台所がついているところも多いです。ぜひ、新鮮なフルーツや野菜を食べて、元気に旅を続けましょう。また、グアテマラ原産のお土産もたくさん売っています。健康志向の日本人の方に喜ばれるお土産満載です。


旅行に行くと、どうしても野菜不足になります。そんな時にお勧めなのが「Vegetables verdes(ベジタブル ベルデ)」というオシャレな八百屋さんです。チェーン展開していて、グアテマラ第二の都市シェラにも二店舗あります。

ベジタブル ベルデの場所

一店舗はシェラのZona (ソナ) 9にある国立病院の向いにあります。バトレスという薬局の真向かいにある、小さく綺麗な八百屋さんです。

ベジタブル ベルデの看板

もう一店舗は、シェラの空港の近くにあるイベント会館「グラン・カルメン」の向かいにあります。レストランなどのテナントの入った店舗の一階です。駐車場も広く、綺麗な店舗です。バスで行く場合もグラン・カルメンで降りればいいので簡単です。

お城の様なグラン カルメン この反対側のテナントにベジタブル ベルデがあります。

駐車場もあり、ガラス張りの快適な店内

ガラス張りの店舗はすごく清潔です。店内にはさまざまな野菜が売られていて、どれも新鮮です。グアテマラの市場やスーパーであまり売られていない西洋野菜もたくさんの種類がおいてあります。値段もお得なお値段です。この新鮮さなら納得です。

量り売りのフルーツ。手前の秤で測って大体の料金を予測できます。

カブの様な味のする野菜

シェラ近郊のアルモロンガ地方は土地が肥沃で、たくさんのお野菜を作りアメリカなどに輸出しています。一級品は輸出用に取り分けられます。地元民の市場には並びません。また、白菜や芽キャベツなども、マヤ族の方々は食べる習慣がないので、市場には並ばず、そのまま輸出されます。ここのお店はそんな輸出向け野菜を取り扱っています。

芽キャベツもここでしか買えません。

もちろん、日本であまり見たことのない変わった野菜もたくさん売っています。イボイボした森の木のようなブロッコリーは西洋人が喜んで買っていくそうです。異国の地で食べなれた野菜を食べれるとホッとするんでしょうね。日本人も、時々来て、白菜やナス、野菜サラダなどを買っていくそうです。

北欧スタイルのブロッコリー。ズッキーニも新鮮です。

お値段もすごく良心的です。例えば白菜の大玉が8.5ケツァール(約130円)。新鮮です。リンゴも3つか4つ(1リブラ=454g)が約170円です。もちろん量り売りなので、リンゴ一個でも売ってくれます。

白菜も新鮮でシャキシャキ。大玉です。

リンゴも量り売りですが、一個でも売ってくれます。

グアテマラのお土産

お土産になりそうな、ドレッシングやジャム、トマト缶。グアテマラ産。

また外国人のお客さんが多いので、グアテマラ産のお土産、オーガニック商品も売っています。ジャムやココナッツオイル、ドッレシングやハチミツなど産地密着型の商品が多く、好感がもてます。

グアテマラ産の蜂蜜。とても薫り高く、美味しいです。

さらに、グアテマラといえば、コーヒーです。ここの八百屋さんでも、売っていました。ウエウエテナンゴ産の少し酸味のあるコーヒーでした。パッケージも綺麗で1リブラ、454gで約610円とお手頃価格でした。

グアテマラ産のコーヒー豆。少し酸味があり、とても美味しいです。

ホテル滞在の方の為に

また、ベジタリアンやビーガンの方々もよくこのお店を使うので、ナッツ類や穀物類もたくさんの種類がそろっています。朝食用のシリアルもここで、たくさんのナッツやドライフルーツの入った健康志向なものが手に入ります。

朝食にも便利なグラノーラ。栄養満点です。

さらにホテル生活者にうれしい、パックサラダもたくさん売っていました。冷蔵庫に入っていてすごく鮮度がいいです。袋を開ければ、簡単に栄養補給ができます。鮮度も、さすがは八百屋さん。スーパーには真似できないですね。値段もはっきり書かれていて、安心してお買い物ができます。

パック野菜サラダやイチゴが洗われて売られています。すぐ食べれるので便利です。

店舗は月曜日から土曜日まで朝9時から夕方6時まで営業しています

レジで野菜の重さを計って、お会計。現金のみです。

残念ながら、2017年現在、クレジットカードは使えず、現金のみです。まぁ町の八百屋さん感覚なので、仕方がないですね。

道から見える看板です。八百屋さんらしいですね。

お土産を買うにしても、旅の途中の野菜補給をするにしても、珍しい野菜をあじわってみるにしても、ぜひ旅の途中でベジタブル ベルデに寄ってみてください。

この記事のライター

一度きりの人生を思いっきり生きる、をモットーにマヤ族の村で楽しく生きています。人生変える旅に貢献できる情報発信していきます。

関連するキーワード


グアテマラ

関連する投稿


グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都に韓国人街があります。 32 avenida zona 7 です。韓国人は中国人よりも早くにグアテマラにはいり、この韓国人街を築き上げました。学校から、お店、歯医者さんに、美容院など、一歩はいれば、そこは、韓国です。もちろん、スペイン語も、片言の日本語も通じます。とっても面白い場所です。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

メキシコ南部から中米(グアテマラ、ベリーズなど)に栄えたオルメカ族やマヤ族は、チョコレートの原料であるカカオを初めて栽培したと言われています。アンティグアのチョコミュージアムで、カカオからチョコレートができるまでの工程を一つひとつ体験でき、マヤ族が飲んでいたチョコレートドリンクも試飲できるツアーに参加してきました。


【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】では、メキシコとはまた一味違った「グアテマラの食」情報をお届けしていきます。第1回目は、ケツァルテナンゴ(シェラ)にあるオーガニック食材店 “Satya”。「グアテマラならではの食ベ物」というコンセプトからは少しずれますが、個人的にすごくお勧めできるお店なので、第1回にもってきました。


亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

11月1,2日はグアテマラ聖人の日です。聖人というのは亡くなった善良な人という意味。この日は亡くなった善良な人が家族や友人に会いに天から降りてくる特別な日です。そして人々は、亡くなった愛する人、家族に合う為にお墓参りをします。今回はマヤ族の人と、お盆とハロウィンをごちゃまぜにしたお祭りについてです。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング