【スペインの城シリーズ】映画の舞台にもなったバニョス・デ・ラ・エンシーナ

【スペインの城シリーズ】映画の舞台にもなったバニョス・デ・ラ・エンシーナ

スペインの城シリーズ第3回目です。今回はアンダルシアの北部、コルドバの東にあるハエン県、バニョス・デ・ラ・エンシナにある、10世紀に建てられたヨーロッパで2番目に古い城です。小さな町で、住んでいる人が皆幸せに暮らしているような、素敵なところにある城です。


ヨーロッパで2番目に古い城のある町バニョス・デ・ラ・エンシーナ

バニョス・デ・ラ・エンシナ(Baños de la Encina)はコルドバの西、ハエン県にある人口2000人の小さな町です。独特の陶器も作っていて、じっくり歩いていると素敵なものに出会える町です。スペインの村は、人口が2000人くらいでも、寂れた村という雰囲気になることは少ないようです。都会に行くことが好きな場合以外は、一通りなんでも揃うので(もちろん、ピカピカのブランド物は買えませんが)、むしろ住みやすいくらいです。そして、ここにはヨーロッパで2番目に古い城があり、毎日その風景を楽しめます。素敵だとおもいませんか?

バニョス・デ・ラ・エンシナの周りにはエンシナ、つまり、シイの木がたくさん生えています。シイの木の生えている風景が、本来のスペインの風景だと、スペイン人たちは言います。もともと、どこに行ってもシイの木が多かったのですが、最近は松の木が増えてきて少しバランスが崩れているようです。シイの木にはどんぐりができます。そのどんぐりを食べるのが、ハモン・セラーノ(スペインの生ハム)の原料になるブタなのです。ブタは、このようにシイの木のある原っぱに放し飼いにされて、たっぷりどんぐり(ベジョタ)を食べます。

バニョス・デ・ラ・エンシナへのアクセス

コルドバ(Cordoba)からバイレン(Bailen)にアルサ社(Alsa)のバスで行き、バイレンからサマール社(Samar)のバスでバニョス・デ・ラ・エンシナに行きます。バイレンまで8〜9ユーロ、バイレンからバニョス・デ・ラ・エンシナまで約1ユーロです。

または、ハエンからサマール社のバスでバニョス・デ・ラ・エンシナに直接行けます。約1ユーロ。

城壁に囲まれているからできる連帯感

城壁に囲まれたスペインの古い町のお約束の入り口をくぐり抜けて町の中に入っていきます。入り口があって、町が独立しているというのがいいですよね。スペイン語では、どこ出身という地名、町名の形容詞形が豊富です。例えば、「私はマドリード出身です。」と言う代わりに「私はマドリレーニョ(マドリッド子です。」と言うことの方が多いです。「江戸っ子」「浪速っ子」のような言葉が、どのように小さな町にもあります。この形容詞が外国人には結構難しいのです。マドリードがマドリレーニョなら語尾にエーニョをつければいいのかなと思うとそんなにシンプルではないでのす。アルカラ・デ・エナレスで生まれたら、アルカライーノ。バルセロナの場合はさらに複雑で、カステジャーノ(いわゆるスペイン語)でバルセロネス、カタルーニャ語でバルセロニ。では、外国の場合は自分で勝手に作れるのでしょうか?例えば東京だったらトーキョーイーノとか?ところが答えはノーだと言われました。「東京はトーキョータ。」だそうです。なぜ?
スペイン語の深いところですね。

バニョス・デ・ラ・エンシナになぜアラブ人は城を建てたのでしょう

スペインの古くからある町は、起伏があり、小高い丘になっているようなところが多いです。古い街トレドがそうですね。遠くから近づいていくとこんもりと家を盛りつけたような街が見えてきます。

バニョス・デ・ラ・エンシナも、やはり丘のようなところに城ができ、その周りに城下町が広がります。そのため、写真のような階段や坂があちらこちらにあります。スペインのおばあさんが足腰が強いのもこう行った地形のおかげでしょう。

城のある高台から貯水池が見えます。夏の撮影なので、草が黄色くなっていますが、秋から春には全体が緑でもっと綺麗な風景です。また、夏は雨が少ないのですが、秋に雨が降ると水量も増えてきます。

この貯水池は、バニョス・デ・ラ・エンシナのそばを流れるルムブラール川(Rio Rumblar)の水を引いて作られたルムブラール貯水池(Embalse del Rumblar)です。農業用水のほか、舟遊び、水泳、電力発電などに使われています。そして、水回りにはたくさん自然が残っています。皇帝ワシ(Águila imperial )とスペインでは呼ばれているイベリアカタシロワシ、 王室わし(águila real)と呼ばれている,イヌワシ、黒いハゲタカ、黒いコウノトリなどここでしか見られない鳥類を観察できます。

バニョス・デ・ラ・エンシナの城、ブルガリマル城

これがブルガリマル城(カスティーリョ・デ・ブルガリマル、Castillo de Burgalimar)です。イスラムの王様ハカム2世によって968年に建設が開始されました。なぜ、ここに?

当時、コルドバを首都として、イスラム国家ある後後ウマイヤ朝が栄えていました。後ウマイヤ朝の第2代カリフであるハカム2世はかなり知性派だったそうです。図書館を作り、蔵書も40万冊を超えていたそうです。女性たちを雇って本をコピーさせ、多くの人が読めるように、また、読むように推奨していました。そして、天文学などの科学や技術の知識だけではなく、多くの文学、特に詩など幅広い分野の本を集めていました。

そのような知性のあるハカム2世が、ブルガリマル城をバニョス・デ・ラ・エンシナに建造することを決意したのです。バニョス・デ・ラ・エンシナはグアルダキビル川の流れる場所、そしてマドリードの南部、つまりカスティーリョ地方との境です。キリスト教軍がアンダルシアに攻め込んできたら、このバニョス・デ・ラ・エンシナで有利な戦争をするために建造した城だったのです。

全体像をカメラに収めるのはなかなか難しかったのでウィキペディアの写真でご紹介します。このように完璧な形で残っている城は少ないのです。

そして、もっと城の様子がわかるようにビデオを紹介します。これはスペインのかなり古い人気漫画、El Capitán Trueno(雷隊長)の実写映画を撮影している時の様子です。そして、その下にブルガリマル城の大きさがわかるように40秒間のビデオも付け加えました。

バニョス・デ・エンシナの町の散歩

アンダルシアの町はこのように細い道で、家と家の間が狭いです。それはお互いに影を作り合うことで、暑い夏も涼しく過ごせるための知恵です。壁が白いので、光が反射し、家と家がくっついていても暗くならないようになっています。新しい住宅地は、近代的に道を広くしているので、夏にはクーラーが必要になってきました。近代化というのは時としてアンチ・エコロジーですね。

そして、城下町のもう一つの特徴おは、道が曲がっていることです。道にカーブが多いのは、城に攻め込む時にまっすぐに勢いをつけてパワーアップしないためです。

サン・マテオ教会(la Iglesia de San Mateo)が町の中心、コンスティトゥシオン広場にあります。内部にはスペインの宗教画家で、空の色が美しい絵を描き、日本でも人気のあるムリーリョ(Murillo)の作品が見られます。

町を歩いていて見つけた郵便受け、というより郵便物穴?correoというのは郵便のことです。石造りの家の壁は穴を開けるのも大変だと思います。ですから、一部取り壊して、プレートを貼り付けているんですね。スペインの門のない家に住むと、家にあう郵便受けをつけるのが結構大変なのです。これはとても素敵なアイデア。

風見鶏です。風見鶏を設置していうr家が結構あります。この風見鶏、典型的なスタンダードな風見鶏だと最初は思ったのですが、足元にあるのは魚、ですよね。おまけに煙突が白ではなく、風見鶏と同じ黒の鉄で、その上に風見鶏を設置しています。かなり凝ったデザインです。

スペインの城を巡る冒険にようこそ!

ヨーロッパで2番目に古い城を紹介しました。バニョス・デ・ラ・エンシナはちょっと行きにくい場所にありますが、こういう場所だからこそ、スペインの本当の良さが感じられますよ。次回のスペインの城をお楽しみに!

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン アンダルシア

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング