【スペインの城シリーズ】映画の舞台にもなったバニョス・デ・ラ・エンシーナ

【スペインの城シリーズ】映画の舞台にもなったバニョス・デ・ラ・エンシーナ

スペインの城シリーズ第3回目です。今回はアンダルシアの北部、コルドバの東にあるハエン県、バニョス・デ・ラ・エンシナにある、10世紀に建てられたヨーロッパで2番目に古い城です。小さな町で、住んでいる人が皆幸せに暮らしているような、素敵なところにある城です。


ヨーロッパで2番目に古い城のある町バニョス・デ・ラ・エンシーナ

バニョス・デ・ラ・エンシナ(Baños de la Encina)はコルドバの西、ハエン県にある人口2000人の小さな町です。独特の陶器も作っていて、じっくり歩いていると素敵なものに出会える町です。スペインの村は、人口が2000人くらいでも、寂れた村という雰囲気になることは少ないようです。都会に行くことが好きな場合以外は、一通りなんでも揃うので(もちろん、ピカピカのブランド物は買えませんが)、むしろ住みやすいくらいです。そして、ここにはヨーロッパで2番目に古い城があり、毎日その風景を楽しめます。素敵だとおもいませんか?

バニョス・デ・ラ・エンシナの周りにはエンシナ、つまり、シイの木がたくさん生えています。シイの木の生えている風景が、本来のスペインの風景だと、スペイン人たちは言います。もともと、どこに行ってもシイの木が多かったのですが、最近は松の木が増えてきて少しバランスが崩れているようです。シイの木にはどんぐりができます。そのどんぐりを食べるのが、ハモン・セラーノ(スペインの生ハム)の原料になるブタなのです。ブタは、このようにシイの木のある原っぱに放し飼いにされて、たっぷりどんぐり(ベジョタ)を食べます。

バニョス・デ・ラ・エンシナへのアクセス

コルドバ(Cordoba)からバイレン(Bailen)にアルサ社(Alsa)のバスで行き、バイレンからサマール社(Samar)のバスでバニョス・デ・ラ・エンシナに行きます。バイレンまで8〜9ユーロ、バイレンからバニョス・デ・ラ・エンシナまで約1ユーロです。

または、ハエンからサマール社のバスでバニョス・デ・ラ・エンシナに直接行けます。約1ユーロ。

城壁に囲まれているからできる連帯感

城壁に囲まれたスペインの古い町のお約束の入り口をくぐり抜けて町の中に入っていきます。入り口があって、町が独立しているというのがいいですよね。スペイン語では、どこ出身という地名、町名の形容詞形が豊富です。例えば、「私はマドリード出身です。」と言う代わりに「私はマドリレーニョ(マドリッド子です。」と言うことの方が多いです。「江戸っ子」「浪速っ子」のような言葉が、どのように小さな町にもあります。この形容詞が外国人には結構難しいのです。マドリードがマドリレーニョなら語尾にエーニョをつければいいのかなと思うとそんなにシンプルではないでのす。アルカラ・デ・エナレスで生まれたら、アルカライーノ。バルセロナの場合はさらに複雑で、カステジャーノ(いわゆるスペイン語)でバルセロネス、カタルーニャ語でバルセロニ。では、外国の場合は自分で勝手に作れるのでしょうか?例えば東京だったらトーキョーイーノとか?ところが答えはノーだと言われました。「東京はトーキョータ。」だそうです。なぜ?
スペイン語の深いところですね。

バニョス・デ・ラ・エンシナになぜアラブ人は城を建てたのでしょう

スペインの古くからある町は、起伏があり、小高い丘になっているようなところが多いです。古い街トレドがそうですね。遠くから近づいていくとこんもりと家を盛りつけたような街が見えてきます。

バニョス・デ・ラ・エンシナも、やはり丘のようなところに城ができ、その周りに城下町が広がります。そのため、写真のような階段や坂があちらこちらにあります。スペインのおばあさんが足腰が強いのもこう行った地形のおかげでしょう。

城のある高台から貯水池が見えます。夏の撮影なので、草が黄色くなっていますが、秋から春には全体が緑でもっと綺麗な風景です。また、夏は雨が少ないのですが、秋に雨が降ると水量も増えてきます。

この貯水池は、バニョス・デ・ラ・エンシナのそばを流れるルムブラール川(Rio Rumblar)の水を引いて作られたルムブラール貯水池(Embalse del Rumblar)です。農業用水のほか、舟遊び、水泳、電力発電などに使われています。そして、水回りにはたくさん自然が残っています。皇帝ワシ(Águila imperial )とスペインでは呼ばれているイベリアカタシロワシ、 王室わし(águila real)と呼ばれている,イヌワシ、黒いハゲタカ、黒いコウノトリなどここでしか見られない鳥類を観察できます。

バニョス・デ・ラ・エンシナの城、ブルガリマル城

これがブルガリマル城(カスティーリョ・デ・ブルガリマル、Castillo de Burgalimar)です。イスラムの王様ハカム2世によって968年に建設が開始されました。なぜ、ここに?

当時、コルドバを首都として、イスラム国家ある後後ウマイヤ朝が栄えていました。後ウマイヤ朝の第2代カリフであるハカム2世はかなり知性派だったそうです。図書館を作り、蔵書も40万冊を超えていたそうです。女性たちを雇って本をコピーさせ、多くの人が読めるように、また、読むように推奨していました。そして、天文学などの科学や技術の知識だけではなく、多くの文学、特に詩など幅広い分野の本を集めていました。

そのような知性のあるハカム2世が、ブルガリマル城をバニョス・デ・ラ・エンシナに建造することを決意したのです。バニョス・デ・ラ・エンシナはグアルダキビル川の流れる場所、そしてマドリードの南部、つまりカスティーリョ地方との境です。キリスト教軍がアンダルシアに攻め込んできたら、このバニョス・デ・ラ・エンシナで有利な戦争をするために建造した城だったのです。

全体像をカメラに収めるのはなかなか難しかったのでウィキペディアの写真でご紹介します。このように完璧な形で残っている城は少ないのです。

そして、もっと城の様子がわかるようにビデオを紹介します。これはスペインのかなり古い人気漫画、El Capitán Trueno(雷隊長)の実写映画を撮影している時の様子です。そして、その下にブルガリマル城の大きさがわかるように40秒間のビデオも付け加えました。

バニョス・デ・エンシナの町の散歩

アンダルシアの町はこのように細い道で、家と家の間が狭いです。それはお互いに影を作り合うことで、暑い夏も涼しく過ごせるための知恵です。壁が白いので、光が反射し、家と家がくっついていても暗くならないようになっています。新しい住宅地は、近代的に道を広くしているので、夏にはクーラーが必要になってきました。近代化というのは時としてアンチ・エコロジーですね。

そして、城下町のもう一つの特徴おは、道が曲がっていることです。道にカーブが多いのは、城に攻め込む時にまっすぐに勢いをつけてパワーアップしないためです。

サン・マテオ教会(la Iglesia de San Mateo)が町の中心、コンスティトゥシオン広場にあります。内部にはスペインの宗教画家で、空の色が美しい絵を描き、日本でも人気のあるムリーリョ(Murillo)の作品が見られます。

町を歩いていて見つけた郵便受け、というより郵便物穴?correoというのは郵便のことです。石造りの家の壁は穴を開けるのも大変だと思います。ですから、一部取り壊して、プレートを貼り付けているんですね。スペインの門のない家に住むと、家にあう郵便受けをつけるのが結構大変なのです。これはとても素敵なアイデア。

風見鶏です。風見鶏を設置していうr家が結構あります。この風見鶏、典型的なスタンダードな風見鶏だと最初は思ったのですが、足元にあるのは魚、ですよね。おまけに煙突が白ではなく、風見鶏と同じ黒の鉄で、その上に風見鶏を設置しています。かなり凝ったデザインです。

スペインの城を巡る冒険にようこそ!

ヨーロッパで2番目に古い城を紹介しました。バニョス・デ・ラ・エンシナはちょっと行きにくい場所にありますが、こういう場所だからこそ、スペインの本当の良さが感じられますよ。次回のスペインの城をお楽しみに!

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン アンダルシア

関連する投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たらハモンセラーノを食べよう!気軽に食べられるお店がコルドバにオープン

スペインに来たら、是非、本場でハモン・セラーノを食べましょう。気軽にハモンセラーノを食べられるお店ができました。サラマンカのハモン・セラーノの会社ファウスティーノ・プリエト(Faustino Prieto)直営のお店です。今回は、コルドバ店にお邪魔しました。


バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

バレンシア空港を使ってスペインに入国も悪くない! バルセロナやマドリードだけじゃないスペイン国際空港

スペインに行こうと計画を立てる時、たいていの場合はマドリードか、バルセロナからですよね。意外と穴場なのがバレンシアです。格安航空券も見つかります。おまけに、ホテルや物価も安いので、予算も抑えられますし、疲れているときはすりに狙われやすいのですが、バレンシアは比較的治安がいいのでその心配もありません。


【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

【スペインの城シリーズ】公式「スペインの美しい村」に選ばれたセグラ・デ・ラ・シエラにある城

スペインの城シリーズ9回目はハエン県にあるセグラ・デ・ラ・シエラにある城です。セグラ・デ・ラ・シエラは、自然に囲まれ、有機農業をしている美しい町です。観光客も少なく、野生動物がその辺りを歩き回っているので、癒されること間違いなしのお城です。


パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

パティオに咲く花を1年中愛でる街プリエゴ・デ・コルドバがおすすめ!コルドバからも近い歴史のある街

スペインといえば、パティオですが、パティオはコルドバだけではありません。コルドバ県内、グラナダからも行きやすいプリエゴ・デ・コルドバでは、美しいパティオが見られます。パティオは1年中美しく手入れされているので、見たいときにゆっくりとまわれます。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング