おいしい飲み物を発見!タイの豆乳「ラクトソイ 緑茶味」は「午後の紅茶ミルクティー」の味がする!

おいしい飲み物を発見!タイの豆乳「ラクトソイ 緑茶味」は「午後の紅茶ミルクティー」の味がする!

タイ国民から愛されている豆乳Lacta soy(ラクトソイ)。子供から大人まで年齢問わず人気があります。タイでは水色パッケージのプレーンが人気ですが、個人的にはプレーンよりも緑茶味が好きです。「飲んだことある味!」「ミルクティーの味がする!」最初の衝撃から何度もリピートしています。今回はラクトソイについてご紹介します。


タイの飲み物はなんでも「甘い」というのは有名なことではないでしょうか。タイに訪れたことのある人は「お茶が甘い」「なんでも砂糖を入れすぎ」とそろって言います。確かにその通りで、甘くないものが欲しい場合はノンシュガーなものをわざわざ探さなければなりません。

年中暑い国ですし、甘いものを欲する気持ちはわかりますが、日本で育ってきた者からすれば違和感があります。タイにも色んな種類の豆乳がありますが、豆乳も全体的に甘めなのが特徴です。しっくりくるものが見つかればラッキーくらいの気持ちで色んな豆乳を飲んでみるのですが、面白いものを見つけたのでご紹介したいと思います。

タイ国民に愛されているLacta soy(ラクトソイ)とは

Lacta soyは1950年にViriya Chiraphadhanakul氏によって設立されたもの。当初はシトラス風のソフトドリンクを作っていたそうです。第二次世界大戦中には、日本の軍事基地キャンプやヤオワラト地域(現在はチャイナタウンとして知られています)に製品を配達したりもしていたそう。

その後1981年の後半に、Lacta soy豆乳が生まれました。豆乳製造工程に、超高温処理を使用することに成功したのはLacta soyが初めてだったのだそう。タイの豆乳は常温で販売されていますが、これは無菌包装技術によるもの。国民に愛される飲み物にまで成長したのは、製品の改良を追求してきた結果でしょう。1991年に工場をプラーチーンブリー県に移転したことにより、生産能力がかなり拡張したこともあります。

タイの甘い豆乳ラクトソイ

タイの大型スーパーにはプレーン味がずらりと並んでいます。タイではこの水色パッケージのプレーンが1番人気です。箱買いする人も珍しくありません。かなり甘めでかすかに豆乳の風味がする程度のもの。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、1度は飲んでみてほしいものです。プレーンは温めて飲むほうが個人的に好みです。

写真にある125mlと250mlは6パックで1セットです。500mlと1000mlは1パックで販売されています。125ml×6で28バーツ(90円ほど)、250ml×6で50バーツ(160円ほど)なのでお買い得ですよね。

箱売りも

ラクトソイは色んな味があって飽きない

ラクトソイは色んなフレーバーが出ていますから、お気に入りを2つ見つければ飽きることがありません。私はチョコレート味と緑茶味を交互に飲んでいます。チョコレート味にゴマ味、砂糖控えめバージョンに緑茶味。よく見かけるのはこのあたりですが、まだ他にもあるかもしれません。フレーバーの種類もセンスがいいように思います。

日本ではもっとたくさんのフレーバーがありますから、タイでももっと色んなフレーバーが出てくることを期待しています。抹茶味、ほうじ茶味、バナナ味、バニラ味、このへんを出してほしいなといつも思っています。私的に日本で豆乳と言えばキッコーマンでした。タイにいるとキッコーマンの種類の豊富さが恋しくなります。色んなフレーバーから選ぶ楽しさが懐かしいです。

チョコレート味とゴマ味

砂糖控えめ、緑茶味、ゴマ味

プレーンと同様大型スーパーでは125mlと250mlは6パックの値段です。私はいつもBig cでまとめて購入していますが、コンビニなどではバラ売りされていますよ。

プレーンはずらりと目立つように並べられていますが、他のフレーバーはプレーンの隣にひっそりと少しだけ並べられています。あまり製造されていいないのか人気がないのかわかりませんが、値段はどの味も同じです。プレーンの水色パッケージの印象が強すぎるために他のフレーバーに挑戦する人が少ないようにも思います。

サイズも選べる

値段も魅力的ですが、サイズが選べるのも魅力的ですよね。少し小腹が空いた時や、小さいお子さんなんかには125mlがぴったりです。

午後の紅茶ミルクティーの味がする「緑茶味」がおすすめ!

ラクトソイ緑茶味

私のおすすめは「緑茶味」です。「飲んだことある味!」とは思っていたのですが、「ミルクティーの味がする!」と気づいた時にはなんだか嬉しくなりました。昔日本でよく飲んでいた、午後の紅茶ミルクティーの味がするのです。

最初は「緑茶」という先入観がありましたが、緑茶ということを無視して飲むと、ほんとうにミルクティーの味です。今では緑茶を無視して「タイのミルクティー」としていただいています。リーズナブルで気軽に楽しめるので、ちょっとした楽しみになっています。私の常備品は、緑茶味125mlと250ml、チョコレート味125mlです。小腹が空いた時に飲むと空腹が紛れます。

豆乳というとトロトロとした舌触りを想像するかもしれませんが、ラクトソイの場合はそんなことありません。サラサラとした舌触りで、日本の豆乳とはまた違うものです。豆乳が苦手な人でも飲みやすいのではないでしょうか。チョコレート味は、プレーンや緑茶味に比べて少しドロっとしています。

私の常備品

これを見つけた際は騙されたと思って購入してみてくださいね。「緑茶」ということを忘れて飲むと、小さな驚きがあることでしょう。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング