【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

マクドナルドのハンバーガーとポテトが無性に食べたくなる時ってありませんか?私は海外旅行中や滞在中に、気軽に軽食を取れる休憩場所としてマクドナルドにお世話になっています。今回は、カナダのマクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズなのか、また日本のマクドナルドと違うのかを紹介します。


カナダのマクドナルド

カナダのマクドナルドのマーク、「M」の文字の真ん中にメープルリーフが書かれています。

カナダのマクドナルドに行くとまず目につくのがこの、「M」の真ん中にあるメープルリーフ。カナダといえば、カナダの国旗からメープルリーフやメープルシロップを連想する方も少なくないと思います。マクドナルドだけではなくカナダの街にはメープルリーフのマークが溢れています。

カナダ国旗を立てて走っている車も少なくないですし、メープルリーフの描かれた帽子を被っていたりTシャツを着ているカナディアンも驚くほど多いです。さらには「I'm Canadian.(私はカナダ人)」と書かれているTシャツを着ている人さえいます。(日本では日本語で「私は日本人です」と書かれているTシャツを着ている人を見かけませんよね。笑)

カナダの人たちのメープルリーフへの愛や、カナダ人であることを誇る気持ちはとても強いです。話は脱線しましたが、マクドナルドのメープルリーフが書かれたこの「M」のマークがみれるのはカナダだけなので見つけた時は少し特別な感じがしました。

マクドナルドでのオーダー方法

実際にマクドナルドに入ってみると、私が知っている日本のマクドナルドと明らかに違う点がありました。

タッチパネルでオーダー

入り口付近に、このようにオーダーが自分でできるタッチパネルが数個設置されています。まずは英語かフランス語かどちらか選んで(カナダの公用語は英語とフランス語の2つなので)オーダーをスタートします。メニューはメインやサイド、ドリンクなど種類ごとに分かれているので自分の欲しいものを探してオーダーをしていきます。

クレジットカードやデビットカードを持っている場合は、タッチパネルの下についているマシンで支払いまで済ませることができます。つまり、店員さんと全く会話をすることなく注文をすることができるということです。カナダに来たばかりで英語を話すのに自信がない人でも、英語を全く使わずに注文をすることができます。(英語を話さないことが良いことかどうかはわかりませんが、、、)

実際には日本のマクドナルドでも数店舗タッチパネルを導入しているようですが、私は日本で見たことがありませんでした。トロントではほとんどすべてののマクドナルドでタッチパネルでオーダーできます。

マクドナルドでカスタマイズし放題

日本では、ファストフードショップで自分の好きなようにカスタマイズする人をあまり見かけたことがありませんが、カナダの人たちはファストフードショップでも当たり前のように自分の好きなようにカスタマイズします。このタッチパネルでもほとんどのメニューを自分なりにカスタマイズすることができます。

オーダーしたいメニューをタッチするとカスタマイズボタンがたくさん出てくるので自分なりにカスタマイズをしていきます。例えばハンバーガーにはケチャップ・マヨネーズ多め、チーズを加える、ピクルス抜き、胡椒を加える、ポテトは塩多め・塩少なめ・塩なしなど細かくカスタマイズできます。

私は個人的に、日本だとファストフードショップであまりあれこれ自分のわがままで注文をつけるのは申し訳ない、と感じますがタッチパネルだと何の気兼ねなく好きなようにカスタマイズできます。カナダではそういった自分の好きなようにカスタマイズすることもたくさんカスタマイズされることも当たり前のようです。

私も実際にカスタマイズしてみよう!ということで、ハンバーガーにピクルス多めというカスタマイズをしたら、下の写真のようにたくさんピクルスを入れてくれました。

ハンバーガーにピクルス多めのカスタマイズ、少し多すぎました。笑

カナダの伝統料理プーティンがマクドナルドで食べれる!!

カナダの伝統料理といえば、プーティン。プーティンとはポテトにチーズとグレイビーソース(肉汁を煮詰めて作られたソース)をかけたもので、ケベック州で生まれたカナダの伝統料理です。

その伝統料理であるプーティンをカナダではマクドナルドでも食べれることができます。マクドナルドのプーティンはレストランで注文するよりも量が少なくて(レストランだと大抵多すぎます)、価格も4ドル50セント(日本円で400円弱)程度とお得です。カナダのマクドナルドならではのメニューなので、プーティンを食べてみたい方にはオススメです。

マクドナルドで食べられるカナダの伝統料理プーティンです。

気になるハンバーガーのサイズは!?

アメリカやカナダのハンバーガーは巨大だとか、ポテトのサイズがすごく大きいというようなイメージがありましたが、実際には日本のサイズとさほど変わりはありませんでした。少しカナディアンサイズに期待していたので残念です。ただ、ドリンクのサイズはSサイズでも日本のMサイズくらい大きかったです。

私が注文したのは、マックダブル、Sサイズのポテト、Sサイズのマックシェイクで7ドル(日本円で600円弱)でした。他のメニューの価格も日本とあまり差はないように感じました。

まとめ

今回はカナダのマクドナルドについて、日本のマクドナルドとの違いやオーダー方法を紹介させていただきました。店舗数も多く気軽に行けて、カナダらしさも十分に感じられます。カナダ以外でもその国や地域のマクドナルドに足を運んで、日本のマクドナルドとの違いを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

ベトナムで生活し始めました。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング