【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

マクドナルドのハンバーガーとポテトが無性に食べたくなる時ってありませんか?私は海外旅行中や滞在中に、気軽に軽食を取れる休憩場所としてマクドナルドにお世話になっています。今回は、カナダのマクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズなのか、また日本のマクドナルドと違うのかを紹介します。


カナダのマクドナルド

カナダのマクドナルドのマーク、「M」の文字の真ん中にメープルリーフが書かれています。

カナダのマクドナルドに行くとまず目につくのがこの、「M」の真ん中にあるメープルリーフ。カナダといえば、カナダの国旗からメープルリーフやメープルシロップを連想する方も少なくないと思います。マクドナルドだけではなくカナダの街にはメープルリーフのマークが溢れています。

カナダ国旗を立てて走っている車も少なくないですし、メープルリーフの描かれた帽子を被っていたりTシャツを着ているカナディアンも驚くほど多いです。さらには「I'm Canadian.(私はカナダ人)」と書かれているTシャツを着ている人さえいます。(日本では日本語で「私は日本人です」と書かれているTシャツを着ている人を見かけませんよね。笑)

カナダの人たちのメープルリーフへの愛や、カナダ人であることを誇る気持ちはとても強いです。話は脱線しましたが、マクドナルドのメープルリーフが書かれたこの「M」のマークがみれるのはカナダだけなので見つけた時は少し特別な感じがしました。

マクドナルドでのオーダー方法

実際にマクドナルドに入ってみると、私が知っている日本のマクドナルドと明らかに違う点がありました。

タッチパネルでオーダー

入り口付近に、このようにオーダーが自分でできるタッチパネルが数個設置されています。まずは英語かフランス語かどちらか選んで(カナダの公用語は英語とフランス語の2つなので)オーダーをスタートします。メニューはメインやサイド、ドリンクなど種類ごとに分かれているので自分の欲しいものを探してオーダーをしていきます。

クレジットカードやデビットカードを持っている場合は、タッチパネルの下についているマシンで支払いまで済ませることができます。つまり、店員さんと全く会話をすることなく注文をすることができるということです。カナダに来たばかりで英語を話すのに自信がない人でも、英語を全く使わずに注文をすることができます。(英語を話さないことが良いことかどうかはわかりませんが、、、)

実際には日本のマクドナルドでも数店舗タッチパネルを導入しているようですが、私は日本で見たことがありませんでした。トロントではほとんどすべてののマクドナルドでタッチパネルでオーダーできます。

マクドナルドでカスタマイズし放題

日本では、ファストフードショップで自分の好きなようにカスタマイズする人をあまり見かけたことがありませんが、カナダの人たちはファストフードショップでも当たり前のように自分の好きなようにカスタマイズします。このタッチパネルでもほとんどのメニューを自分なりにカスタマイズすることができます。

オーダーしたいメニューをタッチするとカスタマイズボタンがたくさん出てくるので自分なりにカスタマイズをしていきます。例えばハンバーガーにはケチャップ・マヨネーズ多め、チーズを加える、ピクルス抜き、胡椒を加える、ポテトは塩多め・塩少なめ・塩なしなど細かくカスタマイズできます。

私は個人的に、日本だとファストフードショップであまりあれこれ自分のわがままで注文をつけるのは申し訳ない、と感じますがタッチパネルだと何の気兼ねなく好きなようにカスタマイズできます。カナダではそういった自分の好きなようにカスタマイズすることもたくさんカスタマイズされることも当たり前のようです。

私も実際にカスタマイズしてみよう!ということで、ハンバーガーにピクルス多めというカスタマイズをしたら、下の写真のようにたくさんピクルスを入れてくれました。

ハンバーガーにピクルス多めのカスタマイズ、少し多すぎました。笑

カナダの伝統料理プーティンがマクドナルドで食べれる!!

カナダの伝統料理といえば、プーティン。プーティンとはポテトにチーズとグレイビーソース(肉汁を煮詰めて作られたソース)をかけたもので、ケベック州で生まれたカナダの伝統料理です。

その伝統料理であるプーティンをカナダではマクドナルドでも食べれることができます。マクドナルドのプーティンはレストランで注文するよりも量が少なくて(レストランだと大抵多すぎます)、価格も4ドル50セント(日本円で400円弱)程度とお得です。カナダのマクドナルドならではのメニューなので、プーティンを食べてみたい方にはオススメです。

マクドナルドで食べられるカナダの伝統料理プーティンです。

気になるハンバーガーのサイズは!?

アメリカやカナダのハンバーガーは巨大だとか、ポテトのサイズがすごく大きいというようなイメージがありましたが、実際には日本のサイズとさほど変わりはありませんでした。少しカナディアンサイズに期待していたので残念です。ただ、ドリンクのサイズはSサイズでも日本のMサイズくらい大きかったです。

私が注文したのは、マックダブル、Sサイズのポテト、Sサイズのマックシェイクで7ドル(日本円で600円弱)でした。他のメニューの価格も日本とあまり差はないように感じました。

まとめ

今回はカナダのマクドナルドについて、日本のマクドナルドとの違いやオーダー方法を紹介させていただきました。店舗数も多く気軽に行けて、カナダらしさも十分に感じられます。カナダ以外でもその国や地域のマクドナルドに足を運んで、日本のマクドナルドとの違いを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

トロントで暮らしています。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

日本で育った私とイランで育った彼は、異なる食文化を持っていて、食事を一緒にしていると様々な発見があります。今回は、その中でも私が常にすこし不満に思っていること、とおそらく彼が不満に思っている食に対する考え方や嗜好の違いについてシェアさせていただきます!!


美味しいドーナツ1つ90円!?Tim Hortons(ティムホートンズ)で注文するときに気をつけること、注文方法を紹介します

美味しいドーナツ1つ90円!?Tim Hortons(ティムホートンズ)で注文するときに気をつけること、注文方法を紹介します

トロント市内、市外、どこへ行っても目にするTim Hortons(ティム ホートンズ)というコーヒー&ドーナツショップ。私自身も勉強するときや、出かけるときの朝食にとよく利用します。カナダに来たら、一度は試していただきたい、ティム ホートンズについて、またコーヒーの頼み方や美味しいドーナツを紹介します。


【カナダ人彼氏】カナダで彼氏ができる!?個人的なカナダでの恋愛体験を紹介します!!

【カナダ人彼氏】カナダで彼氏ができる!?個人的なカナダでの恋愛体験を紹介します!!

私はカナダに初めて来た2015年に偶然で突然の出会いからカナダの人と付き合い始めました。「日本人の女の子って海外でモテるの?」とか「カナダ人の彼氏作るのって簡単なの?」ということって私もカナダに来るまではすこし気になっていたことだったので、今回は自分が経験して感じたことをシェアできたらと思います!


【カナダ】Airbnb(エアビーアンドビー)でカナディアンの家に泊まってみよう!!

【カナダ】Airbnb(エアビーアンドビー)でカナディアンの家に泊まってみよう!!

海外での滞在費用を抑えたい、ホテルに泊まるよりディープな体験がしたい方へ!Airbnb(エアビーアンドビー)をご存知ですか?Airbnbは民泊サービスの一つで、旅行が好きな方は利用している人も少なくないと思います。トロントでも多くのAirbnbがあり、今回は私が経験したAirbnbの体験を紹介します!


【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

食のダイバーシティーとも言えるトロントにはインド料理のお店もたくさん。その中で一番だと自信をもっておすすめできるレストランにはお得なランチビュッフェがあります。レストランの名前はAroma(アロマ)。インド人も絶賛するという、コスパ最高、味も最高、サービスも最高のレストランについてご紹介します。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング