【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

【カナダトロント】マクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズ?カナダだからこそ食べられる特別メニューもあります!

マクドナルドのハンバーガーとポテトが無性に食べたくなる時ってありませんか?私は海外旅行中や滞在中に、気軽に軽食を取れる休憩場所としてマクドナルドにお世話になっています。今回は、カナダのマクドナルドのハンバーガーはカナディアンサイズなのか、また日本のマクドナルドと違うのかを紹介します。


カナダのマクドナルド

カナダのマクドナルドのマーク、「M」の文字の真ん中にメープルリーフが書かれています。

カナダのマクドナルドに行くとまず目につくのがこの、「M」の真ん中にあるメープルリーフ。カナダといえば、カナダの国旗からメープルリーフやメープルシロップを連想する方も少なくないと思います。マクドナルドだけではなくカナダの街にはメープルリーフのマークが溢れています。

カナダ国旗を立てて走っている車も少なくないですし、メープルリーフの描かれた帽子を被っていたりTシャツを着ているカナディアンも驚くほど多いです。さらには「I'm Canadian.(私はカナダ人)」と書かれているTシャツを着ている人さえいます。(日本では日本語で「私は日本人です」と書かれているTシャツを着ている人を見かけませんよね。笑)

カナダの人たちのメープルリーフへの愛や、カナダ人であることを誇る気持ちはとても強いです。話は脱線しましたが、マクドナルドのメープルリーフが書かれたこの「M」のマークがみれるのはカナダだけなので見つけた時は少し特別な感じがしました。

マクドナルドでのオーダー方法

実際にマクドナルドに入ってみると、私が知っている日本のマクドナルドと明らかに違う点がありました。

タッチパネルでオーダー

入り口付近に、このようにオーダーが自分でできるタッチパネルが数個設置されています。まずは英語かフランス語かどちらか選んで(カナダの公用語は英語とフランス語の2つなので)オーダーをスタートします。メニューはメインやサイド、ドリンクなど種類ごとに分かれているので自分の欲しいものを探してオーダーをしていきます。

クレジットカードやデビットカードを持っている場合は、タッチパネルの下についているマシンで支払いまで済ませることができます。つまり、店員さんと全く会話をすることなく注文をすることができるということです。カナダに来たばかりで英語を話すのに自信がない人でも、英語を全く使わずに注文をすることができます。(英語を話さないことが良いことかどうかはわかりませんが、、、)

実際には日本のマクドナルドでも数店舗タッチパネルを導入しているようですが、私は日本で見たことがありませんでした。トロントではほとんどすべてののマクドナルドでタッチパネルでオーダーできます。

マクドナルドでカスタマイズし放題

日本では、ファストフードショップで自分の好きなようにカスタマイズする人をあまり見かけたことがありませんが、カナダの人たちはファストフードショップでも当たり前のように自分の好きなようにカスタマイズします。このタッチパネルでもほとんどのメニューを自分なりにカスタマイズすることができます。

オーダーしたいメニューをタッチするとカスタマイズボタンがたくさん出てくるので自分なりにカスタマイズをしていきます。例えばハンバーガーにはケチャップ・マヨネーズ多め、チーズを加える、ピクルス抜き、胡椒を加える、ポテトは塩多め・塩少なめ・塩なしなど細かくカスタマイズできます。

私は個人的に、日本だとファストフードショップであまりあれこれ自分のわがままで注文をつけるのは申し訳ない、と感じますがタッチパネルだと何の気兼ねなく好きなようにカスタマイズできます。カナダではそういった自分の好きなようにカスタマイズすることもたくさんカスタマイズされることも当たり前のようです。

私も実際にカスタマイズしてみよう!ということで、ハンバーガーにピクルス多めというカスタマイズをしたら、下の写真のようにたくさんピクルスを入れてくれました。

ハンバーガーにピクルス多めのカスタマイズ、少し多すぎました。笑

カナダの伝統料理プーティンがマクドナルドで食べれる!!

カナダの伝統料理といえば、プーティン。プーティンとはポテトにチーズとグレイビーソース(肉汁を煮詰めて作られたソース)をかけたもので、ケベック州で生まれたカナダの伝統料理です。

その伝統料理であるプーティンをカナダではマクドナルドでも食べれることができます。マクドナルドのプーティンはレストランで注文するよりも量が少なくて(レストランだと大抵多すぎます)、価格も4ドル50セント(日本円で400円弱)程度とお得です。カナダのマクドナルドならではのメニューなので、プーティンを食べてみたい方にはオススメです。

マクドナルドで食べられるカナダの伝統料理プーティンです。

気になるハンバーガーのサイズは!?

アメリカやカナダのハンバーガーは巨大だとか、ポテトのサイズがすごく大きいというようなイメージがありましたが、実際には日本のサイズとさほど変わりはありませんでした。少しカナディアンサイズに期待していたので残念です。ただ、ドリンクのサイズはSサイズでも日本のMサイズくらい大きかったです。

私が注文したのは、マックダブル、Sサイズのポテト、Sサイズのマックシェイクで7ドル(日本円で600円弱)でした。他のメニューの価格も日本とあまり差はないように感じました。

まとめ

今回はカナダのマクドナルドについて、日本のマクドナルドとの違いやオーダー方法を紹介させていただきました。店舗数も多く気軽に行けて、カナダらしさも十分に感じられます。カナダ以外でもその国や地域のマクドナルドに足を運んで、日本のマクドナルドとの違いを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

トロントで暮らしています。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


【カナダ・トロントの絶品グルメ】行列嫌いのカナダ人も並ばせる!ガッツリなのにヘルシーなサラダランチ

【カナダ・トロントの絶品グルメ】行列嫌いのカナダ人も並ばせる!ガッツリなのにヘルシーなサラダランチ

北米の料理と聞くとオイリーな物を想像しがちがですが、健康志向の人も増えている現在ではヘルシーなメニューも人気を集めています。トロントにもヘルシーなサラダが山盛りでガッツリ食べられる上に安いという人気ランチスポットがあり、カナディアンも連日行列を作るほど。この記事ではそんな人気グルメスポットについてご紹介します。


カナダ在住者がおすすめする実際に贈って喜ばれたお土産7選【ドラッグストア編】

カナダ在住者がおすすめする実際に贈って喜ばれたお土産7選【ドラッグストア編】

カナダのおすすめお土産シリーズ第二弾としてお届けするのは現地ドラッグストアで手に入るお土産です。お土産にしやすいのは食べ物ですが、それ以外にもかさばらず、値段もそこそこ、持ち運びもしやすい上に贈って喜ばれるおすすめカナダお土産が現地ドラッグストアにはたくさんありますよ!


【カナダオンタリオ】ビーチでお酒は違法!?日本とは異なるカナダのお酒事情、紹介します!!

【カナダオンタリオ】ビーチでお酒は違法!?日本とは異なるカナダのお酒事情、紹介します!!

お酒は好きですか??日本にはたくさんの居酒屋やバーがあり、さらに屋外でも(道端や公園)飲酒ができますよね。しかし、カナダに来て、カナダでのお酒の事情が日本とはずいぶん違う事に気づきました。今回はカナダで飲酒する際に知っておいていただきたい事、また日本とは違う点を紹介していきたいと思います。


【カナダトロント】こんな感じもあり!?ゆるっとしているトロントでの私のデイリーライフを紹介します。

【カナダトロント】こんな感じもあり!?ゆるっとしているトロントでの私のデイリーライフを紹介します。

現在は多くの日本人の方が海外で生活をしていると思いますが、それぞれの国でライフスタイルは違うと感じていらっしゃると思います。私自身、海外の観光地よりも、その国で人々がどのような生活をしているのかというデイリーライフの方に興味があります。今回は自分がトロントでどんなデイリーライフを送っているのか紹介したいと思います。


[カナダ・トロント]こんなメニューじゃイキめない!トロントの病院で出産した時の病院食をご紹介

[カナダ・トロント]こんなメニューじゃイキめない!トロントの病院で出産した時の病院食をご紹介

どれだけ海外生活が長くなっても出産、しかも初めての子どもとなると話は違います。私がカナダのトロントで出産の時に感じたカルチャーショックはたくさんありましたが、一番驚愕したのはその食事内容!そこで、なかなか知ることのできない「海外で出産したらどんな食事が出されるのか」をレポートしたいと思います。次は日本で産みたい!


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング