アユタヤでもシーフードが食べられる!アユタヤのエビマーケットで焼きエビを堪能しよう

アユタヤでもシーフードが食べられる!アユタヤのエビマーケットで焼きエビを堪能しよう

「アユタヤ」と聞いて遺跡や象を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は川エビも有名なアユタヤ県。おいしい焼きエビをたらふく食べるために、現地の人にも人気のあるエビマーケットは、アユタヤ駅からトゥクトゥクで10分ほどの場所にあります。私も何度かリピートしいるお気に入りの場所です。そんなエビマーケットについてご紹介します。


バンコクに数年住んでいる私ですが、アユタヤのエビマーケットを知ったのは今年に入ってからのこと。アユタヤにタイ人の友人がいるため、ドライブがてらアユタヤに訪れることが多くなりました。友人に連れてきてもらったのがこのエビマーケット。ローカル感漂う場所ですが、そこがまたいい味を出しています。

私たちが知っているアユタヤといえば「遺跡」かと思いますが、それはアユタヤのほんの一面です。アユタヤはとても広い県で、様々な顔を持っています。最近のアユタヤは、どんどん新しい工場が建設され、スタイリッシュなスターバックスもどんどん増えています。マクドナルドとスターバックスはアユタヤにもたくさんある印象です。

大型スーパーやショッピングセンターもあれば、インスタ映えするカフェもたくさん出てきています。訪れる度に色んな発見があるアユタヤで、開拓するのを楽しんでいるところです。そんなアユタヤですが、今回ご紹介したいのはエビマーケット。コストパフォーマンスもよく、ローカル感漂う場所は、なんだかワクワクしますよ。エビマーケットについて詳しくみていきましょう。

パタヤよりもリーズナブル!海鮮が安くておいしい

エビマーケット

この日エビマーケットに訪れたのは、日曜日の夕方4時頃。買い物しに来た人、レストランに食事しに来た人でたくさんでした。駐車場は小さいため、車を停めるのに苦労することもしばしば。この日は問題なく車を停めることができました。

エビが有名なマーケットですが、その他の海鮮も豊富です。小さなマーケットですから、まずは散歩がてら1周してみるといいでしょう。アユタヤ名物のお菓子なんかも売られたりしています。道沿いには海鮮が並べられ、いくつものシーフードレストランがありますから、様子を見てレストランを選びましょう。

1キロあたりの値段

書かれている数字は1キロあたりの値段のこと。エビは1キロあたり350バーツから1000バーツまで様々です。鮮度が良くサイズが大きいエビほど高くなります。このマーケットでよく食べられているのは、1キロ500バーツのエビです。パタヤではエビ1キロ700バーツほどしましたから、比較するとお得感がありました。このマーケットは観光客が多いわけでもないので、値段も良心的なのでしょう。

レストランで食事をしてみよう!

エビマーケットのレストランへ

マーケット内にはレストランがいくつかあります。私は人がたくさん入っているお店に決めました。順番待ちするほどの人気ぶりで、席が空くまで15分ほど待ちました。お店の人によると、このお店がエビマーケット内のレストランでは1番有名なんだとか。確かに、他のレストランに比べても人の出入りが多く活気があります。

店内ではタイ語の他に、韓国語や中国語が聞こえてきました。団体様も多くいますし、一部の観光客には知られているマーケットなのでしょう。マーケット周辺には日系企業の工場もあるため、このあたりに住んでいる日本人もけっこういるのだそうです。アユタヤ駐在員の人はよく訪れる場所ではないでしょうか。

レストランのメニュー

メニュー表

メニューを選びながら順番を待ちます。100バーツ〜200バーツの料理が多く、どれもおいしそうです。メニューには番号がついていますし、写真付きのメニューもありますから、タイ語がわからなくても注文しやすいでしょう。定番のメニューは、焼きエビ、カニチャーハン。この2つは必ず注文すべきものです。

エビをたらふく食べるために来ている人がほとんどかもしれません。焼きエビは1人500グラムも食べれば十分ではないでしょうか。注文する目安として、焼きエビは2人前で1キロほどです。頼めばテイクアウトすることもできますよ。

注文したものをご紹介

今回私が注文したものは、焼きエビ500グラム、カニチャーハン2人前、生エビ、貝サラダです。2人で食べるには丁度よかったです。この日はエビの量は控えめにしました。というのも、前の週にもこのマーケットに来ていてエビをたらふく食べていたからです。ちなみに前の週は2キロお持ち帰りし、自宅でエビパーティーをしました。家で静かに食べるのもいいものです。

焼きエビ500グラム

焼きたて熱々のエビの殻を手でとります。手は汚れてしまいますが、それも醍醐味と思って気にすることなくいただきます。炭火で焼いた香ばしさがあり、頭に味噌がたっぷりと詰まった焼きエビはとても美味しいですよ。身もプリプリで噛みごたえも十分。「たくさん食べよう!」と意気込んで来ても、毎回早い段階でお腹に溜まってきます。今回は2人で500グラムだったので、少し物足りないくらいで丁度よかったです。

カニチャーハン2人前

焼きエビ同様カニチャーハンも必ず食べて欲しいものです。タイはどこで食べても焼き飯はおいしいですから、シーフード市場で食べるチャーハンは間違いないでしょう。カニの身たっぷりで、卵とナンプラーのシンプルな味付けは何度でも食べたくなる味です。

生エビ

貝サラダ

今回は、いつもの焼きエビとカニチャーハンの他に生エビと貝サラダをいただきました。生エビは醤油で食べたいところですが、タイスタイルでいただきます。ライムの効いたソースが意外にも生エビと相性がいいです。唐辛子が乗っていていかにも辛そうでしたが、思ってたより辛くはありませんでした。

貝はくさみがなく、日本人にもなじみのあるような味です。この赤い貝はタイではよく食べられるもので、私もよくつまみとしていただきます。最初は抵抗ありましたが、気づけばハマってしまっています。

レストランの中にアイスコーナーも

黒豆入りココナッツミルクアイス

アユタヤ駅からトゥクトゥクで10分ほど

バンコクからエビマーケットまでは国鉄を使っても行けます。アユタヤ駅まで行けば、駅前にトゥクトゥクがたくさんいますよ。バンコクのファランポーン駅からアユタヤまではおよそ1時間30分ほど。たまにはのんびり鉄道の旅もいいものです。

トゥクトゥク

アユタヤへ訪れた際は、遺跡ツアーだけではなく「焼きエビ」を堪能してみてはいかがでしょうか。アユタヤのエビマーケットの行く際は、「นิตยา ส.กุ้งเป็น」をコピーして地図で検索してみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ アユタヤ

関連する投稿


タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

タイで手軽に手に入るドラゴンフルーツ(ピタヤ)の魅力とは?食べ方や選び方についても知ろう!

鮮やかなピンク色をした果物「ピタヤ」。果皮が竜のウロコのように見えるためドラゴンフルーツとも呼ばれていて、「ドラゴンフルーツ」と呼ばれるほうが一般的になっていますよね。日本ではあまり見かけませんが、タイでは手軽に入るフルーツなのです。食べやすく美容効果の高いドラゴンフルーツの選び方や食べ方などについてご紹介します。


バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

バンコクから約380Km!カオコーにある「The Bluesky Resort @Khao Kho」に行ってみた!

タイと言えば南国のイメージが強くビーチリゾートを連想しがちですが、実は山の方にも緑豊かなリゾート地は多いものです。タイのあらゆるところで年々開拓が進み、隠れ家的な穴場のスポットもたくさん。先日、ペッチャブーン県の高原地帯(カオコー)にある「The Bluesky Resort」に行ってきたのでレポートしたいと思います。


トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

トマト風味の鯖缶がおいしい!ダイエットにもおすすめ!タイの鯖缶を使った簡単レシピをご紹介

日本と同様にタイでも「鯖缶」は親しみのある食品です。そのまま食べたり、料理に使ったりと重宝されているもの。日本と違うところはトマト風味なところ。タイでは赤いトマトソースのものが一般的。もともと鯖はトマトと相性が良いのでそのままでもおいしいのですが、タイの鯖缶を使った簡単レシピをタイ人から教えてもらったのでご紹介します。


タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

タイでは馴染みのある滋養強壮剤!疲労回復や美肌に効果的な「チキンエキス」おすすめ!

日本ではあまり知られていませんが、タイでは有名な「チキンエキス」。これがかなり優秀で、私はエナジードリンクとして常備しています。だるさを感じるときにこれを飲むと、数時間でシャキッとする気がします。鳥一匹を丸々煮込んだエキスなので、美容にもいいそうです。そんなとっても優秀な「チキンエキス」について詳しくみていきましょう。


プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

プロムナード&ファッションアイランドでショッピングした後は「ジラフ」でおいしいサーモン丼を食べよう

バンコク郊外にあるショッピングモールのプロムナードとファッションアイランドは、子どもから大人まで楽しめる場所です。この2つは連結しているため、趣の違うショッピングモールを同時に楽しめます。日本食レストランも多くあり、日本人もちらほら見かけます。プロムナードにておいしいサーモンを食べられるお店を発見したのでご紹介します。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング