【カナダお土産】カナダの100均、ダララマで買えるお得でおすすめのお土産を紹介します!

【カナダお土産】カナダの100均、ダララマで買えるお得でおすすめのお土産を紹介します!

私の海外旅行の楽しみの一つは、日本にいる友達に現地のお土産を買って帰ることです。お土産屋さんで買うのもありですが、私はカナダらしいものを”DOLLARAMA(ダララマ)”という1ドルショップで探してお土産にしています。今回はダララマで買えるおすすめのカナダ土産を紹介します。


カナダの1ドルショップ、DOLLARAMA(ダララマ)

カナダの1ドルショップ”ダララマ”をご存知でしょうか?トロント市内を歩いたりドライブしているといたるところにダララマを見つけることができます。ダララマはカナダのモントリオール発祥の1ドルショップで、現在1000以上の店舗がカナダ全土にあります。

ダララマは日本で言えばダイソーなどの100円均一ショップのような立ち位置です。わずか1ドルでお菓子や調味料、筆記用具やメッセージカード、食器や掃除道具などの日用品、服屋やおもちゃなど多種多様なものを販売しています。(なかには日本と同様に1ドルでない2ドル3ドルの商品もあります。)

Dollarama Inc.は、 モントリオールに本拠を置くカナダの ドルストア 小売チェーンです。 2009年以来、カナダ最大の小売業者であり、4ドル以下です。 [7] Dollaramaは1000以上の店舗を持ち、カナダ各州に存在している。 オンタリオ州は最も店舗数が多い。

この黄色と緑の”DOLLARAMA”文字が目印で、街中いたるところで見かけます。

ダララマで驚いたこと

私が初めてダララマに行ったときに、日本の100円均一ショップとカナダのダララマで少し違っていて驚いた点が2つあるので紹介します。

驚いたことその1

1つ目は、日本の100円均一でみかけない意外なものがたくさん売っているということです。脱毛剤や、古本を見たときにはこんなの100円均一ショップで売るの?と驚きましたが、さらに女性のための妊娠検査具も豊富に販売されていたことにはとても驚きました。購入している人を見かけたことはまだありませんが、売っている数を見るとおそらく、かなりの需要があるようです。

驚いたことその2

2つ目に驚いたことは、小さい子供や学生だけでなく、きっちりスーツを着た人たちやお年寄りの方もキャンディーやグミを買いにダララマにふらっと立ち寄っているという事実です。老若男女問わず、みんな甘いものが大好きで、サラリーマンの人でも仕事の合間の休憩などに、仕事場の近くのダララマで甘いものを購入しています。日本ではあまり見かけない光景ですよね?

私の予想ですが、日本はコンビニ文化が発達していてお菓子などもコンビニ等で満足に買うことができますが、カナダだとコンビニでキャンディー等の種類が豊富に売られておらずさらに値段も2倍から3倍することもあります。そういった理由でカナダの人たちはダララマを頻繁に利用するのでしょう。

季節に合わせて商品も入れ替わり、この時期はハロウィン商品がたくさんありました。

おすすめカナダ土産紹介!!

私が個人的に考える、ダララマで買えるカナダのおすすめのお土産を3つ紹介させていただきたいと思います。

バラマキお土産に、大袋の甘〜いチョコレートやキャンディー

おすすめお土産の一つ目は、まとめ買いができる大袋の甘〜いチョコレートやキャンディーです。写真で掲載したのは、チョコレートのなかにピーナツバターが入っている「Reese(リース)」というチョコレートで、これは特にカナダの人たちも大好きで、学校帰りの学生や仕事帰りのサラリーマンが道端で食べているのをよく目にします。

「Reese(リース)」以外にも数種類このようにまとめて売られているチョコレートやキャンディーがあります。10個入りで2ドル50セントなので日本円に換算すると1つ約20円くらいです。お土産にするにはお手頃な価格で場所もとらず、オススメです。私もよく食べますが、とても甘く、でもクセになるチョコレートで日本に買って帰ると喜ばれるお菓子のひとつです。

BROOKSIDEのドライフルーツのチョコレート

2つ目のおすすめのお土産は「BROOKSIDEのドライフルーツのチョコレート」です。このBROOKSIDEというチョコレートのブランドはカナダ発祥で、チョコレートで様々なフルーツをコーティングしたものです。最近、日本での海外輸入商品ショップ等で見かけることもあるくらい有名なチョコレートです。フルーツもチョコレートも上品な甘さで、ぱくぱく口に運びたくなる、美味しいチョコレートです。

日本で買うと2倍から3倍くらいの値段ですが、カナダではスーパーマーケットやダララマで購入することができます。これは1ドルではなく2ドルなのですがそれでも割安なので、ちょっと仲のいい友達などへのお土産にオススメです。ザクロやブルーベリーのものをよく見かけます。私の家族はこのチョコレートが大好きなので私自身、帰国したときにはたくさん購入して持って帰りました。

これは私の一番オススメのブルーベリーがチョコレートでコーティングされたものです。

Brookside Chocolate | About Our Snacks

https://www.brooksidechocolate.com/en_us/about.html

Perfected over 50 years, Brookside dark chocolate is smoother & sweeter than most. It's also layered with unique flavors & textures for the most delicious experience.

見た目が可愛い、チョコレートチャンククッキーの香りのキャンドル

そして3つ目のおすすめのお土産は、ケーキやお菓子の香りのキャンドルです。このキャンドルは1ドルで、メイソンジャーのような容器に入っていて見た目も可愛く、何よりもオススメする理由はその香りです。花やフルーツの香りのキャンドルであれば日本で購入できますが、写真に掲載したように、レッドベルベットケーキの香りやチョコレートチャンククッキーの香りのするキャンドルは日本で見かけない、カナダらしいお土産として喜ばれます。

容器も重くなく、またそれほど大きいものではないのでスーツケースで運ぶにも場所もとらず、賞味期限などもないのでお土産としてすごくオススメです。他にチェリーパイやパンプキンスパイス、カップケーキなどの香りのキャンドルもあります。

レッドベルベットケーキの香りのキャンドルです。

チョコレートクッキーの香りのキャンドルです。

まとめ

あくまで、今回はダララマで買うことのできるカナダお土産の紹介でしたが、もちろんお土産やさんやトロント街中の雑貨屋さんにいけば他にもたくさん喜ばれるお土産はあります。ただ、クラスメートや友達へのバラマキ用お土産やちょっとしたお土産に、値段も安く種類も多様なダララマの商品を探してみるのも楽しいです。みなさんもカナダを訪れた際にはダララマに足を運んでみてくださいね。

この記事のライター

ベトナムで生活し始めました。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング