【スペインでトイレ!】どこに行けばいい? 気持ちよく過ごすために知っておくこと

【スペインでトイレ!】どこに行けばいい? 気持ちよく過ごすために知っておくこと

スペインのトイレ事情について紹介します。観光で街を歩いていて、急にトイレに行きたくなる場合がありますよね? そのようなとき、どうしたら良いか知っておきましょう。そして、できるだけ気持ち良いトイレを使いましょう。


初めての土地で一番気になること

旅行するときに心配なことの一つは、「トイレに行きたくなったときはどうしたらいいか?」ではないでしょうか。公衆トイレがどこにでもあるような土地でも、公衆トイレが危ない場合もあるでしょう。フランスに滞在していた人の古いエッセイを読むとトイレの前におばあさんが座っていてお金を払わなくてはいけないなどと書かれています。(今もそうなのでしょうか?)すると、いくらくらいあげるのだろう、怖いことは起きないのだろうかと、いろいろな考えが頭をぐるぐる回り始めます。

1990年にスペインのバルセロナに行ったときは、一度だけ有料トイレに入ったことがあります。丸い形の小さな建物で100ペセタコイン(60センチモ)を穴に入れると、ドアが開きます。中はなぜかロックミュージックが大音声でかかっていました。当時、有料トイレはそこだけでした。

マドリードの主要駅アトーチャ駅に有料トイレができていました。入り口に地下鉄に乗る時のような機械が置いてあって、1ユーロコインを入れると内部に入るシステムになっています。北ヨーロッパの人や日本人が利用しているようでした。

しかし、スペインではバルやレストラン、ホテルのトイレを使えます。無料でどこでも入れます。バルというのは、「コーヒーが飲めて、軽食を食べられる居酒屋」とでも言えばいいのでしょうか。最近は、日本にもスペインバルがあるので、耳慣れたことばになっているかもしれません。

よく、日本の観光客がスペインのトイレは汚いという話をしていますが、ちゃんと行くべきトイレに行けば、気持ちよく過ごせます。日本でも、例えば1990年代の新宿の地下鉄の公衆トイレは信じられない汚さでした。また、地方に行くと、穴が彫ってあるだけのトイレもありました。(それはそれで楽しい思い出ですが。)

トイレに入るには、なんて言えばいいの?

スペインでは身障者用のトイレを用意しなくては行けません。場所があれば、健常者用トイレとは別に身障者用のトイレを設置していますが、古くからあるレストランやバルは身障者のためのアイテムを設置して兼用にしています。

トイレに入りたくて、バルやレストランに入ったら、まず、挨拶をしましょう。

オーラ!(¡Hola!)

ポドリア パサール アル バニョ、ポル ファボール? (¿Podría pasar al baño, por favor?)

トイレは バニョ、アセオ、セルビッシオなど言い方はいろいろですが、バニョが一番簡単で、普通の家に滞在してトイレに行きたいときも使えます。ポルファボールは英語のプリーズに当たる言葉でなくても意味が通じます。

バルの人がクラロ、または別の言い方で何か言いながら、トイレの方を指差してくれたら、グラシアスと言って、トイレに行きます。

顧客以外お断りと書かれていても

最近は、外国人も増えたこと、経済的な問題で浮浪者が増えたことも関係しているためか、「顧客以外のトイレ使用お断り」と書かれたバルやホテルも増えてきました。しかし、それはあくまで建前で、私たちのようなかわいいオリエンタルの女性は問題なくトイレを使用させてくれます。(もちろん日本人男性も)。私はトイレが近いので、よくあっちこっちのトイレを使っていますが、今まで断られたことがありません。

トイレによっては、生理用品やコロンなどが設置している場合もあります。そういうと高級レストランだと思われるかもしれませんが、ごく普通の軽食の食べられる定食が10ユーロ程度のところです。ごっそり持って行くような人はいないのでしょうね。(ケチンボなスペインセニョーラもそういうことはしないようです。)

マドリード郊外でレストランのトイレの壁で見つけたフレームに入った写真。

妹尾河童さんが、トイレウォッチングの本を出版していましたが、トイレの飾りつけなどを見て回るのも結構面白いです。素敵なホテルやレストランはトイレも凝っています。

スペインのバルはサービスいろいろ

バルはトイレだけではありません。お水も無料で飲ませてもらえます。もちろんこれは、顧客オンリーのサービスになりますが。スペインは海沿いの街以外は水事情が良い場所が多く、水道の水も普通に飲めます。地域によっては、水道の水の方がおいしいという場合もあるくらいです。例えば、私が住んでいるアンダルシアの山麓にある村カソルラがそうです。ちなみに日本で売られているミネラルウォーターのカソルラはカソルラの水ではありません。セグラというところのミネラルウォーターですが、カソルラという名前がヨーロッパでは有名なので、カソルラという商標にしたそうです。

水道の水を欲しいときは、「ウン・バソ・デ・アグア、ポル・ファボール」と言います。薬を飲みたいときなどに便利です。

バルのテラッサ(バルの外にテーブルが置いてある所)に座っていると、猫がやってくることがあります。彼らもスペインのバルはおいしいものがあることをよく知っているようです。

これで安心して旅に行ける!

無料でトイレを使うことに抵抗がある場合は、コーヒーを一杯いかがですか? 全国どこでもだいたい1ユーロ20センチモが一般的です。たまにパラドール(国立ホテル)など、少し高いところもありますが、都会も田舎もコーヒーだけは一律の値段です。

トイレの心配がないと旅はさらに楽しくなります。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング