タイのサムイ島 何もしないバカンスを過ごすならタリンガムビーチがおすすめ

タイのサムイ島 何もしないバカンスを過ごすならタリンガムビーチがおすすめ

タイのリゾートアイランドのひとつ「サムイ島」に行ってきました。旅の目的は、ただのんびりとリラックスするため。観光客が少なめの西海岸「タリンガムビーチ」の隠れ家的なリゾートホテルに滞在すれば、毎日、美しい海と空を眺めながら、贅沢な時間が過ごせます。


タリンガムビーチは、サムイ島の南西部に位置するビーチです。サムイ島の東側には、大きなリゾートホテルのほか、ヴィラタイプやバンガロータイプなど、たくさんの宿泊施設がずらりと立ち並び、にぎやかな雰囲気がありますが、こちら側は、ホテルの数も少なく、穴場的なきれいなビーチが楽しめます。

1.居心地の良い小さなリゾートホテル

私たちが滞在したのは、「サンセットビーチリゾート&スパ」という、客室21室だけの、こぢんまりとしたリゾートホテルです。サムイ島では、ひたすらのんびり過ごすことが目的だったので、海が見える静かな雰囲気のホテルを選びました。

4泊の滞在は、とても心地よく過ごすことができました。ホテル内のスタッフは、いつでも笑顔であいさつをしてくれて、とても印象が良かったです。特に、フロントデスクのスタッフは、すぐに私たちの名前を覚えて、常にフレンドリーに接してくれました。

到着した日の夕方には、ロビーで無料のカクテルが提供されたり、マッサージのスタッフが2分間無料マッサージをしてくれたりと、アットホームな雰囲気の中で、いたれりつくせりのサービスが満載でした。これらのサービスは、ディナーやマッサージのプロモーションなのですが、ゲストの気持ちを盛り上げるのがうまく、滞在を楽しんでもらいたいというスタッフの気持ちが素直に伝わってきました。

居心地のいい「サンセットビーチリゾート&スパ」。ジャグジー付きの部屋。

また、滞在中に退屈しないように、日替わりで様々なアクティビティが用意されていました。私は参加するチャンスがなかったのですが、タイ語レッスン、タイマッサージのレッスン、ココナツの葉を使ったクラフトのレッスン、タイボクシングのレッスンなどがありました。

2.心癒されるビーチの風景

朝は鳥の声で目が覚め、窓を開けると、おだやかな海の景色が目に入ります。のんびりと朝食を食べたあとは、ビーチに出て、波打ちぎわをのんびりと散歩しました。

隣には、大型リゾートのインターコンチネンタルホテルがありますが、その反対側はほとんど人がいないプライベートビーチがずっと続いていて、のどかなビーチの風景を独り占めできます。

北の方には港があり、離島をつなぐフェリーが行き来するのが遠くに見えます。地元の漁師さんが、小さい船に乗りながら漁をしているのも見えました。

人影のまばらなビーチで、爽やかな海と空を見ているだけで、心が癒されます。

午後は、のんびり昼寝をしたり、本を読んだり、タイマッサージをしてもらったり、夕方になったら、ビーチで泳いだり、プールで泳いだり、カクテルを楽しんだり、思いつきで好きなことをして過ごしました。

私たちは、スタンダードなジャグジー付きの部屋に滞在しましたが、プール付きの広いヴィラに宿泊している人は、その中でずっと過ごしているのか、大きなプールも、きれいなビーチも、人影はまばらで、ホテル内はいつも静かで落ち着いた雰囲気でした。

タリンガムビーチのサンセット。息を呑むような美しさでした。

タリンガムのビーチでは、夕暮れが近づいてくると、すばらしい夕日の風景が楽しめます。水平線にゆっくりと太陽が沈んでいく様子を眺めていると、心がじんわりと癒されていきます。

太陽が沈んだ後も、空には夕日の余韻が残り、空の色がゆっくりと変わっていきます。昼間の爽やかな海の風景と共に、この美しい夕空も、サムイ島の思い出として脳裏に焼きついています。

3.ホテル内の食事にも大満足

4泊の滞在中には、特別なディナーコースが3回用意されていました。バーベキューディナーやタイ料理のバッフェディナーですが、砂浜にテーブルがセットされ、白いテーブルクロスがかけられ、夕日を見ながらの食事は、とても優雅な気分を味わうことができました。小さなホテルだからこそできる演出という感じがしました。

サンセットディナー。波打ち際で、夕日を見ながら、ロマンティックな食事が楽しめます。

滞在中には、ほとんどホテルの外に出ることなく、レストランでの朝食のほか、プールサイドのバーで食事をしたり、ルームサービスを利用したりもしましたが、どの料理もおいしく、また値段もリーズナブルで、飽きることなく食事を楽しむことができました。

アクティブにいろいろなところを見て回る旅も楽しいですが、最近は、居心地のいいホテルで、ひたすらのんびりと過ごす休日に惹かれるようになりました。特に、海の見える風景は、人の心を穏やかにリラックスさせてくれる力があるようです。何もしない贅沢な休暇を過ごしたい人には、サムイ島のタリンガムビーチはおすすめです。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


タイ サムイ島

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング