タイのサムイ島 何もしないバカンスを過ごすならタリンガムビーチがおすすめ

タイのサムイ島 何もしないバカンスを過ごすならタリンガムビーチがおすすめ

タイのリゾートアイランドのひとつ「サムイ島」に行ってきました。旅の目的は、ただのんびりとリラックスするため。観光客が少なめの西海岸「タリンガムビーチ」の隠れ家的なリゾートホテルに滞在すれば、毎日、美しい海と空を眺めながら、贅沢な時間が過ごせます。


タリンガムビーチは、サムイ島の南西部に位置するビーチです。サムイ島の東側には、大きなリゾートホテルのほか、ヴィラタイプやバンガロータイプなど、たくさんの宿泊施設がずらりと立ち並び、にぎやかな雰囲気がありますが、こちら側は、ホテルの数も少なく、穴場的なきれいなビーチが楽しめます。

1.居心地の良い小さなリゾートホテル

私たちが滞在したのは、「サンセットビーチリゾート&スパ」という、客室21室だけの、こぢんまりとしたリゾートホテルです。サムイ島では、ひたすらのんびり過ごすことが目的だったので、海が見える静かな雰囲気のホテルを選びました。

4泊の滞在は、とても心地よく過ごすことができました。ホテル内のスタッフは、いつでも笑顔であいさつをしてくれて、とても印象が良かったです。特に、フロントデスクのスタッフは、すぐに私たちの名前を覚えて、常にフレンドリーに接してくれました。

到着した日の夕方には、ロビーで無料のカクテルが提供されたり、マッサージのスタッフが2分間無料マッサージをしてくれたりと、アットホームな雰囲気の中で、いたれりつくせりのサービスが満載でした。これらのサービスは、ディナーやマッサージのプロモーションなのですが、ゲストの気持ちを盛り上げるのがうまく、滞在を楽しんでもらいたいというスタッフの気持ちが素直に伝わってきました。

居心地のいい「サンセットビーチリゾート&スパ」。ジャグジー付きの部屋。

また、滞在中に退屈しないように、日替わりで様々なアクティビティが用意されていました。私は参加するチャンスがなかったのですが、タイ語レッスン、タイマッサージのレッスン、ココナツの葉を使ったクラフトのレッスン、タイボクシングのレッスンなどがありました。

2.心癒されるビーチの風景

朝は鳥の声で目が覚め、窓を開けると、おだやかな海の景色が目に入ります。のんびりと朝食を食べたあとは、ビーチに出て、波打ちぎわをのんびりと散歩しました。

隣には、大型リゾートのインターコンチネンタルホテルがありますが、その反対側はほとんど人がいないプライベートビーチがずっと続いていて、のどかなビーチの風景を独り占めできます。

北の方には港があり、離島をつなぐフェリーが行き来するのが遠くに見えます。地元の漁師さんが、小さい船に乗りながら漁をしているのも見えました。

人影のまばらなビーチで、爽やかな海と空を見ているだけで、心が癒されます。

午後は、のんびり昼寝をしたり、本を読んだり、タイマッサージをしてもらったり、夕方になったら、ビーチで泳いだり、プールで泳いだり、カクテルを楽しんだり、思いつきで好きなことをして過ごしました。

私たちは、スタンダードなジャグジー付きの部屋に滞在しましたが、プール付きの広いヴィラに宿泊している人は、その中でずっと過ごしているのか、大きなプールも、きれいなビーチも、人影はまばらで、ホテル内はいつも静かで落ち着いた雰囲気でした。

タリンガムビーチのサンセット。息を呑むような美しさでした。

タリンガムのビーチでは、夕暮れが近づいてくると、すばらしい夕日の風景が楽しめます。水平線にゆっくりと太陽が沈んでいく様子を眺めていると、心がじんわりと癒されていきます。

太陽が沈んだ後も、空には夕日の余韻が残り、空の色がゆっくりと変わっていきます。昼間の爽やかな海の風景と共に、この美しい夕空も、サムイ島の思い出として脳裏に焼きついています。

3.ホテル内の食事にも大満足

4泊の滞在中には、特別なディナーコースが3回用意されていました。バーベキューディナーやタイ料理のバッフェディナーですが、砂浜にテーブルがセットされ、白いテーブルクロスがかけられ、夕日を見ながらの食事は、とても優雅な気分を味わうことができました。小さなホテルだからこそできる演出という感じがしました。

サンセットディナー。波打ち際で、夕日を見ながら、ロマンティックな食事が楽しめます。

滞在中には、ほとんどホテルの外に出ることなく、レストランでの朝食のほか、プールサイドのバーで食事をしたり、ルームサービスを利用したりもしましたが、どの料理もおいしく、また値段もリーズナブルで、飽きることなく食事を楽しむことができました。

アクティブにいろいろなところを見て回る旅も楽しいですが、最近は、居心地のいいホテルで、ひたすらのんびりと過ごす休日に惹かれるようになりました。特に、海の見える風景は、人の心を穏やかにリラックスさせてくれる力があるようです。何もしない贅沢な休暇を過ごしたい人には、サムイ島のタリンガムビーチはおすすめです。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


タイ サムイ島

関連する投稿


動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

動物園のキリンの群飼育としては世界最大!?キリンに餌付けができるバンコクのサファリワールドがおすすめ

タイに来たら「象乗り」が定番ですが、タイにはいろんな遊びがあります。バンコクにはサファリワールドというところもあるのですが、動物を至近距離で楽しむことができるのでおすすめです。動物園のキリンの群飼育としては世界最大で、キリンに餌付けもできますよ。キリンに餌付けする様子を思い出の1枚としておさめてみてはいかがでしょうか。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング