スワンリバーが一望できるパースの5つ星ホテル フレイザースイーツ(Fraser Suites Perth)

スワンリバーが一望できるパースの5つ星ホテル フレイザースイーツ(Fraser Suites Perth)

パースのスワンリバー沿いに建つ5つ星ホテル「フレイザースイーツ」は、リバービューの部屋をリクエストすると、大きな窓から気持ちのいい風景が味わえます。観光や出張での滞在はもちろん、在住者がちょっとした非日常を味わう目的にもぴったりで、快適で優雅な時間を過ごせます。ホテル内のレストランのおすすめポイントも紹介します。


大きな窓からの眺めが気持ちのいい客室

パースの中心地の東側、アデレードテラスは大型ホテルが立ち並ぶエリアです。その中で最も東の端にある5つ星ホテル「フレイザー スイーツ パース(Fraser Suites Perth)」を紹介します。

床から天井までの大きな窓

ホテルの名前に「スイーツ」とついているように、スイートルームが売りのホテルです。スイートルームというのは、ホテルの部屋のランクを表すものですが、本来はベッドルームとリビングルームがそろっている客室という意味です。

私たちが泊まったのは、スタジオスイーツという、シンプルなベッドルームのみの部屋です。高さのあるベッドがゴージャスな雰囲気です。

窓からはスワンリバーが一望できます

また、床から天井までの大きな窓があるので、明るく開放感があります。この日のお天気はいまひとつでしたが、リバービューの部屋を指定したので、窓からはスワンリバーの美しい眺めが楽しめました。ベッドの傍らで、ぼーっと外を眺めているだけで、贅沢な気分に浸ることができます。

今回の滞在は1泊のみだったので、シンプルな部屋を選びましたが、長期滞在でのんびり過ごしたいなら、分離したリビングルームのある大きな部屋がおすすめです。バルコニーもあるので、パースの典型的な美しい景色がさらに楽しめそうです。

本格的なキッチンが設置されています。

この部屋にはリビングルームはありませんが、本格的なキッチンが付いています。電子レンジや食洗機まで設置されています。

外食に疲れたときには、地元のスーパーやマーケットで食材を購入して、自分で食事を作ってみるのもいいですね。小さい子どもがいる家族連れにも、ありがたい設備です。

シンプルだけど居心地のいい設備

バスタブなしのオーストラリアのスタンダードバスルーム

バスルームには、残念ながらバスタブはありませんが、清潔感があり、ゆったりとした作りになっています。オーストラリアでは、5つ星ホテルでも、シャワーのみのバスルームは一般的ですが、お風呂にゆっくり浸かりたいという日本人には、物足りませんね。

ロクシタンのアメニティがそろっています

アメニティは、オーストラリアでも人気の「ロクシタン」です。小さなボトルのパッケージもおしゃれですね。香りの良い石けんは、かなり大きめなので、家に持ち帰って楽しめそうです。

日本では、アメニティとして、歯ブラシが置いてあるのは当たり前のことですが、オーストラリアでは、高級ホテルでも、歯ブラシと歯磨き粉は、置いてありません。自分の使い慣れたものを持参しましょう。

屋内の温水プールが利用できます

プールは室内の温水プールなので、天候や季節に関係なく利用できます。プール脇には、サウナも併設されています。

24時間いつでも利用できるジムもあります。滞在中にも、体を動かして、気分転換をするのにぴったりですね。

レストランのアーリーバードディナーがお得!

ホテルの1階には、レストラン「Heirloom(ヘアルーム)」と、ロビーバーがあります。ウエルカムドリンクのサービスが付いていたので、夕食の前に、ロビーバーでグラスワインをいただきました。

前菜 シードクラッカーとディップ

私たちが滞在したのは、冬のシーズンオフだったためか、レストランには特別なサービスメニューがありました。「アーリーバードディナー」として、午後6時までの入店で、メニューにあるメイン料理どれでも1品と、グラスワインがついて、一人30ドル(約2550円)というお得なセットです。

メニューにあるメイン料理は、最も安いもので33ドル、高いものは46ドルですから、かなりお得です。もちろん、私たちは最も高い2品を選びました。ラムチョップのローストと、タスマニアビーフのステーキはボリュームもあり、おいしかったです。

前菜に軽いディップと、ワインをさらに1杯ずつ追加しました。真冬の時期だったので、5時半を過ぎると、外はかなり暗くなっています。早めのディナーをゆっくりと楽しむことができました。

メイン ラムチョップのロースト

このホテルのレストランは、オーストラリアの有名セレブリティシェフ、ピート エヴァンズ(Pate Evans)がメニューの作成に関わっています。ピート エヴァンズは、オーストラリアの人気テレビ番組「マイキッチンルールズ(My Kitchen Rules)のホストとして活躍しています。キッチングッズやグルメフードもプロデュースしています。

メイン タスマニアビーフのスコッチフィレステーキ

朝食バッフェのおすすめはハチミツの巣蜜!

朝食は、ビュッフェスタイルで、焼きたてのパンや新鮮なフルーツのほか、ソーセージやベーコン、スクランブルエッグ、スモークサーモン、トマトやマッシュルームのソテーなど、オーストラリアの定番がどっさりと並んでいました。

目を引いたのが、西オーストラリア産のハチミツです。日本語だと巣蜜というのでしょうか、ハニカムという塊のままで提供されています。スプーンで削り取って、ヨーグルトにかけて食べました。天然のやさしい甘みと、独特の歯ごたえを味わうことができました。

気軽に非日常を楽しむホテルスティ

パース在住の私たちにとって、パース市内のホテルスティは、遠出をしなくても非日常を味わうことができる、贅沢な休日の過ごし方です。

昔は、ホテルは旅先で寝るためだけの場所として捉えていましたが、最近は、近場のお気に入りホテルめぐりが楽しくなっています。窓からの眺めや自分好みのインテリアにこだわり、ホテル滞在そのものが、とても贅沢な時間に感じます。

今回も1泊の短い滞在でしたが、優雅な気分に浸り、十分にリフレッシュすることができました。

Serviced apartments Perth CBD | Fraser Suites

http://perth.frasershospitality.com/en

Luxury serviced apartments in Perth’s CBD. Fraser Suites Perth is a stylish apartment hotel that’s great for business or leisure. Book now on +61 8 9261 0000.

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング