【カナダトロント】キャンプのためにデザインされた国?カナダの大自然でキャンプをしてきました!

【カナダトロント】キャンプのためにデザインされた国?カナダの大自然でキャンプをしてきました!

カナダといえば、広大な土地と大自然を思い浮かべる方が多いかと思います。カナダの人たちは本当に自然が大好きで週末の公園はピクニックやキャンプをしている人々をたくさん見かけます。今回はトロント在住の私が実際に体験したキャンプの魅力をご紹介します。


トロント市内にある公園の数はなんと1500!!

カナダの大都市、トロントにはものすごくたくさんの公園があちらこちらにあります。その中の幾つかは観光名所として有名な公園もありますが、そういった有名な公園以外にもきれいでキャンプやピクニックを楽しめる公園がたくさんあります。トロントのオフィシャルサイトによれば、公園の数は1500以上でキャンプ以外にもトレイルといって自然の中を歩いたりできる公園やたくさんの花が植えられたガーデンやスポーツなどアクティビティーができる公園もあるそうです。

A City Within a Park

Toronto has more than 1,500 parks with numerous open spaces and 600 km of trails. The parks system covers 8,000 hectares, or roughly 13% of the city's land area. It includes about 40% of Toronto's natural areas, many of which lie within the ravine system and along the Lake Ontario shoreline. City parks also feature beaches, playgrounds, sports fields, gardens, conservatories, ice rinks, special events and much more for you to enjoy.

天気のいい日には公園で寝っ転がって本を読みます。すごく気持ちがいいです。

夏の天気の良い日などには、芝生の上で寝っ転がって本を読んでいる人や昼寝をしている人、日焼けを楽しむ人、犬と遊ぶ人がたくさん集まり、賑わっています。カナダは冬が長く夏が短いことから、貴重な夏の太陽を思いっきり楽しもうという意気込みがひしひしと伝わってきます。私が個人的に感じていることですが、カナダの人たちは美味しいご飯や飲み物、おしゃれな場所よりも天気の良い夏の時間を何よりも大切にしているように感じます。

《キャンプの魅力1》非日常な生活を楽しめる

キャンプの魅力といえば、何よりも全てが非日常であるということだと私は感じています。私はキャンプをするときは大抵2泊3日を計画するのですが、その3日間を通して手を洗うときはわざわざ手洗い場まで出向かなくてはならないですし、寝る場所もふかふかのベットではなくテントの中の寝袋ですし、料理をするときは毎回自分で火をおこしてから始めなくてはならないですし全てが日常とかけ離れています。日頃、便利で快適な生活に慣れた私はその不自由さ、全て自分の手で作り上げる生活というのが何よりも魅力で楽しいと感じます。もちろん、このキャンプ生活を永遠に続けることは嫌ですが、たまに日常の生活空間を離れ、便利な生活のありがたみを感じたり、大自然と一体となって生活をすることはすごく良い経験だと思います。

キャンプの準備が完成したところです。

《キャンプの魅力2》屋外で食べるご飯がおいしい

同じことをしているのに場所を変えるだけで特別だと感じることはありませんか?バーベキューはその例の一つだと私は思います。特に外でする食事が私は大好きで、普段はあまり料理をしないのですが、キャンプをしている最中は毎食、自分でおこした火でお肉や野菜を焼いて食べたり、他の料理をしたりというのがすごく楽しく感じます。キャンプを魅力的にしているのはこの特別な屋外での食事といっても過言ではないでしょう。

ビーフやチキン、オニオンをバーベキューしています。

きのこと野菜のオムレツを朝ごはんに食べました。

《キャンプの魅力3》夜のキャンプファイヤー

キャンプといえば、キャンプファイヤー。夜ご飯を食べ、その後に火を囲みながら話をしたり、歌ったり、ワインを飲んだりという時間がすごくリッラクスできる時間です。普段の生活ではスマホやパソコンでネットサーフィンをしたりしている時間に屋外で火を見つめながらみんなで時間を過ごすってすごく特別な時間だと思います。大自然の中で、キャンプに来たからこそできること、ということでキャンプファイヤーはキャンプの魅力として大きな割合を占めるように感じます。

友達と火を囲んでワインを飲みながらさまざまなトピックの会話をするのが私の1番の楽しみです。

キャンプをする際に注意すること

基本的なことは日本でキャンプをするのと同じですが、カナダでキャンプをする際に特に注意することが2つあります。

キャンプをするには場所のネットで予約をしましょう

キャンプをする際は、キャンプサイトを事前にウェブサイトで予約する必要があります。公園に行って、キャンプサイトが空いていれば予約をしていなくても飛び込みで可能な場合もありますが、予約をしておいたほうが無難かと思います。キャンプサイトを予約する際はウェブサイトでキャンプサイトの広さや、プライバシーがあるか、また水場やトイレからの距離などを知ることができます。特にハイシーズン(7月〜9月)の週末は予約で埋まってしまうこともあるので、自分の好きな場所やいい場所を予約したい場合は早めに予約しておくことをお勧めします。以下のウェブサイトから予約することができます。

天気に注意しましょう

キャンプサイトの予約をするのも大切なのですが、予約をする前に確認したいのが天気です。キャンプをするにあたって天気は重要な要素です。雨や風がひどいと、キャンプができない場合もあります。私も一回経験があるのですが、すごく雨と風が激しい時にキャンプに行ってしまい、夜中に強風でテントが倒れてしまって寝ぼけながら立て直すということがありました。雨はまだしも、風には特に注意して風の強い日は避けましょう。また、夏であっても夜は冷え込むことがあるので防寒具をもっていくといいと思います。

私が個人的に思うカナダの魅力を紹介させていただきました。みなさんもぜひカナダの大自然でキャンプを楽しんでみませんか?

この記事のライター

ベトナムで生活し始めました。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング