【カナダトロント】キャンプのためにデザインされた国?カナダの大自然でキャンプをしてきました!

【カナダトロント】キャンプのためにデザインされた国?カナダの大自然でキャンプをしてきました!

カナダといえば、広大な土地と大自然を思い浮かべる方が多いかと思います。カナダの人たちは本当に自然が大好きで週末の公園はピクニックやキャンプをしている人々をたくさん見かけます。今回はトロント在住の私が実際に体験したキャンプの魅力をご紹介します。


トロント市内にある公園の数はなんと1500!!

カナダの大都市、トロントにはものすごくたくさんの公園があちらこちらにあります。その中の幾つかは観光名所として有名な公園もありますが、そういった有名な公園以外にもきれいでキャンプやピクニックを楽しめる公園がたくさんあります。トロントのオフィシャルサイトによれば、公園の数は1500以上でキャンプ以外にもトレイルといって自然の中を歩いたりできる公園やたくさんの花が植えられたガーデンやスポーツなどアクティビティーができる公園もあるそうです。

A City Within a Park

Toronto has more than 1,500 parks with numerous open spaces and 600 km of trails. The parks system covers 8,000 hectares, or roughly 13% of the city's land area. It includes about 40% of Toronto's natural areas, many of which lie within the ravine system and along the Lake Ontario shoreline. City parks also feature beaches, playgrounds, sports fields, gardens, conservatories, ice rinks, special events and much more for you to enjoy.

天気のいい日には公園で寝っ転がって本を読みます。すごく気持ちがいいです。

夏の天気の良い日などには、芝生の上で寝っ転がって本を読んでいる人や昼寝をしている人、日焼けを楽しむ人、犬と遊ぶ人がたくさん集まり、賑わっています。カナダは冬が長く夏が短いことから、貴重な夏の太陽を思いっきり楽しもうという意気込みがひしひしと伝わってきます。私が個人的に感じていることですが、カナダの人たちは美味しいご飯や飲み物、おしゃれな場所よりも天気の良い夏の時間を何よりも大切にしているように感じます。

《キャンプの魅力1》非日常な生活を楽しめる

キャンプの魅力といえば、何よりも全てが非日常であるということだと私は感じています。私はキャンプをするときは大抵2泊3日を計画するのですが、その3日間を通して手を洗うときはわざわざ手洗い場まで出向かなくてはならないですし、寝る場所もふかふかのベットではなくテントの中の寝袋ですし、料理をするときは毎回自分で火をおこしてから始めなくてはならないですし全てが日常とかけ離れています。日頃、便利で快適な生活に慣れた私はその不自由さ、全て自分の手で作り上げる生活というのが何よりも魅力で楽しいと感じます。もちろん、このキャンプ生活を永遠に続けることは嫌ですが、たまに日常の生活空間を離れ、便利な生活のありがたみを感じたり、大自然と一体となって生活をすることはすごく良い経験だと思います。

キャンプの準備が完成したところです。

《キャンプの魅力2》屋外で食べるご飯がおいしい

同じことをしているのに場所を変えるだけで特別だと感じることはありませんか?バーベキューはその例の一つだと私は思います。特に外でする食事が私は大好きで、普段はあまり料理をしないのですが、キャンプをしている最中は毎食、自分でおこした火でお肉や野菜を焼いて食べたり、他の料理をしたりというのがすごく楽しく感じます。キャンプを魅力的にしているのはこの特別な屋外での食事といっても過言ではないでしょう。

ビーフやチキン、オニオンをバーベキューしています。

きのこと野菜のオムレツを朝ごはんに食べました。

《キャンプの魅力3》夜のキャンプファイヤー

キャンプといえば、キャンプファイヤー。夜ご飯を食べ、その後に火を囲みながら話をしたり、歌ったり、ワインを飲んだりという時間がすごくリッラクスできる時間です。普段の生活ではスマホやパソコンでネットサーフィンをしたりしている時間に屋外で火を見つめながらみんなで時間を過ごすってすごく特別な時間だと思います。大自然の中で、キャンプに来たからこそできること、ということでキャンプファイヤーはキャンプの魅力として大きな割合を占めるように感じます。

友達と火を囲んでワインを飲みながらさまざまなトピックの会話をするのが私の1番の楽しみです。

キャンプをする際に注意すること

基本的なことは日本でキャンプをするのと同じですが、カナダでキャンプをする際に特に注意することが2つあります。

キャンプをするには場所のネットで予約をしましょう

キャンプをする際は、キャンプサイトを事前にウェブサイトで予約する必要があります。公園に行って、キャンプサイトが空いていれば予約をしていなくても飛び込みで可能な場合もありますが、予約をしておいたほうが無難かと思います。キャンプサイトを予約する際はウェブサイトでキャンプサイトの広さや、プライバシーがあるか、また水場やトイレからの距離などを知ることができます。特にハイシーズン(7月〜9月)の週末は予約で埋まってしまうこともあるので、自分の好きな場所やいい場所を予約したい場合は早めに予約しておくことをお勧めします。以下のウェブサイトから予約することができます。

天気に注意しましょう

キャンプサイトの予約をするのも大切なのですが、予約をする前に確認したいのが天気です。キャンプをするにあたって天気は重要な要素です。雨や風がひどいと、キャンプができない場合もあります。私も一回経験があるのですが、すごく雨と風が激しい時にキャンプに行ってしまい、夜中に強風でテントが倒れてしまって寝ぼけながら立て直すということがありました。雨はまだしも、風には特に注意して風の強い日は避けましょう。また、夏であっても夜は冷え込むことがあるので防寒具をもっていくといいと思います。

私が個人的に思うカナダの魅力を紹介させていただきました。みなさんもぜひカナダの大自然でキャンプを楽しんでみませんか?

この記事のライター

トロントで暮らしています。楽しいこと、大変なこと、日本と違うこと、などをシェアします。スポーツ、本を読むことが大好きです。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

【カナダ人彼氏】こだわりが強すぎる!?カナダ人の彼氏との食事に関して思うこと!

日本で育った私とイランで育った彼は、異なる食文化を持っていて、食事を一緒にしていると様々な発見があります。今回は、その中でも私が常にすこし不満に思っていること、とおそらく彼が不満に思っている食に対する考え方や嗜好の違いについてシェアさせていただきます!!


美味しいドーナツ1つ90円!?Tim Hortons(ティムホートンズ)で注文するときに気をつけること、注文方法を紹介します

美味しいドーナツ1つ90円!?Tim Hortons(ティムホートンズ)で注文するときに気をつけること、注文方法を紹介します

トロント市内、市外、どこへ行っても目にするTim Hortons(ティム ホートンズ)というコーヒー&ドーナツショップ。私自身も勉強するときや、出かけるときの朝食にとよく利用します。カナダに来たら、一度は試していただきたい、ティム ホートンズについて、またコーヒーの頼み方や美味しいドーナツを紹介します。


【カナダ人彼氏】カナダで彼氏ができる!?個人的なカナダでの恋愛体験を紹介します!!

【カナダ人彼氏】カナダで彼氏ができる!?個人的なカナダでの恋愛体験を紹介します!!

私はカナダに初めて来た2015年に偶然で突然の出会いからカナダの人と付き合い始めました。「日本人の女の子って海外でモテるの?」とか「カナダ人の彼氏作るのって簡単なの?」ということって私もカナダに来るまではすこし気になっていたことだったので、今回は自分が経験して感じたことをシェアできたらと思います!


【カナダ】Airbnb(エアビーアンドビー)でカナディアンの家に泊まってみよう!!

【カナダ】Airbnb(エアビーアンドビー)でカナディアンの家に泊まってみよう!!

海外での滞在費用を抑えたい、ホテルに泊まるよりディープな体験がしたい方へ!Airbnb(エアビーアンドビー)をご存知ですか?Airbnbは民泊サービスの一つで、旅行が好きな方は利用している人も少なくないと思います。トロントでも多くのAirbnbがあり、今回は私が経験したAirbnbの体験を紹介します!


【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

【カナダ・トロントの絶品グルメ】インド人も絶賛!コスパ最高の香り立つインドビュッフェ

食のダイバーシティーとも言えるトロントにはインド料理のお店もたくさん。その中で一番だと自信をもっておすすめできるレストランにはお得なランチビュッフェがあります。レストランの名前はAroma(アロマ)。インド人も絶賛するという、コスパ最高、味も最高、サービスも最高のレストランについてご紹介します。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング