歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

ジャカルタは渋滞がいまや世界一とも言われており、ローカルの人でも歩いている人は少ないほど、バイクや車で「ちょっとそこまで」の距離でも移動します。交通量と安全性、歩かないという文化からジャカルタに来る日本人は「歩いてはいけない」といわれています。一番の目抜き通りを自由に歩いても良い日、カーフリーデーについて紹介します


ジャカルタの道路事情

世界で1,2位を争うジャカルタの渋滞。ジャカルタにある車の台数をつなげると、ジャカルタ市内の幹線道路よりも長いとも言われています。2016年から一番の目抜き通りスディルマン通りは毎朝走行できる車のナンバー規制も行われていますが、それでも渋滞。ジャカルタ市内は一方通行の道が多く、Uターンもし放題なので、Uターンの車で渋滞が起こりやすいと思います。

ナンバー規制が解除された後、ひどいときは1km進むのに1時間近くかかるときもあります。日本人はこの渋滞の中高速を使っても片道3時間かかる道を毎日通勤する人もいます。

car free day(カーフリーデイ)を利用する

Info Car Free Day – Official Media for Car Free Day

https://www.infocarfreeday.net/

インドネシア国内で開催されているカーフリーデーの公式サイト

どこからスタートする?

fxモール前

スタート地点は一番の目抜き通りスディルマン通りの入り口、プラザインドネシアの交差点ですが、そこまでは車で行かなければならないので、駐車場や向かう方向の関係で少し回ってfxモール(エフエックス)がオススメです。

カーフリーデーが始まる6:00~11:00は周辺は車が通らないので、どこでも路上駐車しやすいです。fxモール内には男性用のシャワールームやコインロッカーもあり、朝早くからスタバも開店しています。

通りの横は、露天商が並びローカルの人もお祭りのように楽しんでいます。

自転車どこで練習してるんだろう

日曜日にたまにカーフリーデーの帰りらしき人が自転車に乗っているのを見ますが、インドネシア人でも自転車を交通手段として使っている人はほとんどいないので、どこで乗る練習してるんだろうと思いますが、この日は大通りを颯爽と自転車で走るひともいます。

この通りを、まっすぐ歩いていきます

ジャカルタ市内でも一番の目抜き通りで、金融関係や日系企業、ホテルやデパートなどが立ち並び、路線バストランスジャカルタの本線もここを通ります。途中まではローカルの俄か個人商店も出ています

トランスジャカルタは走れます

バスに乗るためにバス停まで車でいかなけれなならない街で、もちろん日本人は通勤などには使わないのですが、この日はバス停にも歩いていきやすいので、せっかくだからバスにのってコタ地区まで行ってしまうというのもアリです。

ローカルの人の足でもあるバスは、基本大きなバス停はこの通り沿いにしかないので、カーフリーデーでもバスだけは真ん中の専用レーンを走っていますが、本数は多くないので専用レーンを横切って向こう側にも歩いてわたれます。通常に日なら考えられません。向こう側のビルに行くためにも渋滞の中大回りしてくるまでいかなければなりません。

メトロ工事中の証券取引所前

証券取引所前は、現在地下鉄工事中です。木陰がなくなりますので相当暑い中歩いていきます。左側に見える塀のようなところは専用バスレーンですが、乗り越えていけます。ジョギングする人、自転車に乗る人、スケボーの欧米人など普段は歩かないちょっと富裕層の人が多いです。

折り返しはここら辺で

スマンギの交差点

南のfxモールから入った場合、この一番の交差店スマンギまででだいたい1.4kmです。普段は渋滞ポイントのスマンギ交差点もこの日はスケボーで坂を下りてくる人がいたり、高架下の日陰でしばしの休憩したりします。この交差点を超えると、ゴールのグランドインドネシア付近まで、お茶を飲んだりトイレに行ったりできなくなります。

基本車で迎えに来てもらうか、途中からタクシーに乗らなければならないので、スタートからゴールまで往復するつもりでなければ、ここで折り返さないと車に乗るためにドライバーさんにかなりの大回りをして迎えにきてもらわなければなりません。もちろんジョギングでがっつり走る人は全行程3キロちょっとなので、往復する人も多いですが、歩きの場合は折り返すほうが良いと思います。

北側はどうなっているのか

反対の北側、グランドインドネシア方面は、大きな噴水のある交差点では、ハーフマラソンやマラソン大会などがカーフリーデーと同時開催されていたりします。

毎週日曜のカーフリーデー以外にも、週ごとに開催場所がかわる道が、この北側につながっていたりしますので、大きなマラソン大会などができるわけです。

普段歩かないので、運動不足になりがちですが毎週日曜日はこの目抜き通りを使ってジョギングしたりウォーキングしたり体も動かせて、普段は見れないようなところも歩きながら見ることができるので、おすすめです

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング