オーストラリアのウエストコースト パースに暮らす人たちと一緒にビーチを楽しもう

オーストラリアのウエストコースト パースに暮らす人たちと一緒にビーチを楽しもう

オーストラリアの西海岸に位置するパースは、美しい海岸線が南北に続いています。パースに暮らす人は、ビーチで泳ぐのはもちろん、サーフィンを楽しんだり、ジョギングや散歩をしたり、だた海を眺めてリラックスしたり、思い思いの方法でビーチのある生活を楽しんでいます。さらに、パースでしか味わえないビーチの特別な風景もご紹介します。


オーストラリアといえば、まず、美しいビーチが思い浮かびます。日本から観光に来られる人たちには、シドニーやゴールドコーストなどの東海岸のビーチの方が有名ですが、西海岸最大の都市であるパースのビーチにも特別な魅力があります。パースのビーチのすてきな楽しみ方を紹介します。

パースの人気ビーチ

パースには、サンセットコーストに19のビーチがあります。その中でも、特に人気のビーチ3つを紹介しましょう。パース中心地からは、車はもちろん、バスや電車を使っても30分以内で行くことができるアクセスも便利なビーチです。

1.コテスロービーチ (Cottesloe Beach)

遠浅で波もおだやかなコテスロービーチ。

パースで最も人気のあるビーチといえば「コテスロービーチ」です。特に観光客には一番人気のビーチで、パースのポストカードにもよく使われています。波も穏やかで、遠浅のビーチなので、海水浴や日光浴に最適です。ビーチ沿いには、おしゃれなカフェやレストランが並び、いつもたくさんの人で賑わっています。

2.スカボロービーチ (Scarborough Beach)

たくさんのサーファーが集まるコテスロービーチ。

「スカボロービーチ」は若者が集まるビーチとして有名です。ほかのビーチに比べて、波が高いので、サーファーに人気のビーチです。季節を問わず、寒い冬でも、たくさんの人がサーフィンやボディボードを楽しんでいます。ビーチ周辺には、若者向けのお店がたくさんあり、常に活気が感じられる雰囲気があります。

3.シティビーチ (City Beach)

パースの地元民に愛されているシティビーチ。

「シティビーチ」は、上記の2つに比べると、派手さはありませんが、静かな雰囲気を味わえるビーチです。観光客よりも、地元の人たちに愛されているビーチなので、プライベートビーチのように過ごせます。犬を放し飼いにできるドッグビーチもあります。

オーストラリア人とビーチ

美しいビーチはパースで暮らす人々の誇り。(コテスロービーチ)

オーストラリア人にとって、ビーチはとても大切な存在です。太陽がギラギラ照りつける暑い日には、まず海に直行して、ザブンと海に飛び込んで泳ぎたくなります。老若男女関係なく、水着になった時のスタイルを気にすることもなく、気持ちよさそうに、海に体を浮かべています。

朝、会社へ行く前や、1日の仕事が終わった後に、最寄りのビーチに行って、ひと泳ぎすることが毎日の習慣になっている人もいます。まるで、海水で身を清めることが癒しの儀式になっているように感じられます。

また、海に入らなくても、ビーチの開放的な雰囲気は、多くの人たちを引きつけます。週末の余暇を過ごすとしたら、ビーチへと車を走らせ、青い海と空を眺めながら、のんびりとコービーを飲んだり、食事をしたりするのが定番です。海のそばにいるだけで、リラックスした気持ちになってしまうのが、不思議です。

また、大きなビーチには、子供が遊べる公園や芝生エリアが併設されていたり、無料で使えるBBQが設置されていたりするので、大勢で集まってピクニックやパーティを楽しむ人たちもいます。ビーチは、オーストラリア人の社交の場でもあるのです。

さらに、気持ちよく感じるのは、どのビーチでも、ゴミを散らかしたり、置き去りにしたりするような人がいないことです。誰もが、この美しいビーチを誇りに思い、大切に守ろうとしていることが感じられます。

インド洋に沈む夕日

オーストラリアの西海岸に位置するパースのビーチでは、オーストラリアの東海岸では見ることのできない光景が見られます。それは、インド洋に沈む美しい夕日です。

私も、夫と結婚する前は、よく、夕暮れのビーチでデートをしました。1日の終わりに、2人で海を見ながら、たわいもないおしゃべりをしていた時間が、今ではかけがえのない思い出です。

夕暮れの空は、毎日眺めていても飽きないくらい、いろいろな表情を見せてくれます。晴天の日には、まん丸の大きな太陽がゆっくりと水平線に沈んでいきます。雲がかかっていても、雲の切れ間から、キラキラした光がこぼれて見えます。雲の形が違えば、夕日もいろいろな姿に変わるのです。

そして、太陽が完全に海に沈んで、見えなくなってからが、一番のクライマックスです。日が沈んだ途端に真っ暗になるわけではありません。空の色が、赤、オレンジ、ピンク、紫とクラデーションとなり刻々と変わっていくのです。思わず、その変化に見とれてしまうこともあります。快晴の日よりも、雲がまだらにかかったような天気の日の方が、より幻想的な空の風景を見ることができます。夕暮れの余韻を感じながら、心も穏やかに癒されていくのを感じるひとときです。

オレンジ色に染まる空。(シティビーチ)

パースに住む人たちは、こんなふうにビーチのある生活を楽しんでいます。パースに遊びに来た観光客のみなさんにも、ぜひこの美しい光景や雰囲気を味わってほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング