パースのスワンリバー沿いをウォーキング!ゴールにはおいしいビールが待っている!

パースのスワンリバー沿いをウォーキング!ゴールにはおいしいビールが待っている!

パースの街の中心には、パースの象徴ともいえる美しい川「スワンリバー」が流れています。川幅がとても広いので、ゆったりとした風景が、パース市民や観光客を魅了しています。パースに滞在したら、景色を楽しむだけでなく、ぜひ川沿いのウォーキングを楽しんでみましょう。ゴールでは、素敵なレストランで、余韻を味わうお楽しみもありますよ。


パースの象徴 街の中心を優雅に流れるスワンリバー

パースの街の中心には、パースの象徴とも言える、雄大なスワンリバーが流れています。上流のエイボンリバーは普通の川ですが、パースの中心地の下流に来ると、川幅が1キロから2キロ以上になっているところもあり、海か湖かと思うようなスケールで穏やかに流れています。

スワンリバーは、パースの高層ビルが集中するオフィス街セントジョージテラスや、大きなホテルが立ち並ぶアデレードテラスなどの中心エリアから、1ブロックほどの位置にあります。街の喧騒の裏側に出ると、スワンリバーの穏やかな風景が広がり、優雅なスワンリバーを身近に感じることができます。

このエリアには、高層マンションも立ち並んでいます。高層の部屋からスワンリバーの景色を見下ろせる部屋での暮らしは、若い人に人気がある憧れのライフスタイルです。

パースの中心を流れるスワンリバー

また、川のほとりには、ラングリーパークという公園があり、美しい芝生エリアが気持ちよく広がっています。パースの市民、オフィス街で働く人々、ホテルに滞在している観光客などに親しまれ、早朝からジョギングやウォーキング、サイクリングを楽しんでいる姿が見られます。

この公園は、その昔、パースの飛行場として使われていた跡地で、10年ほど前には、世界的にも有名な飛行機レースのレッドブル・エアーショーが開催されたこともあります。

毎年1月のオーストラリアデーの夜には、このエリアで盛大な花火が上がるので、そのときには、パース中の人々が集まってきます。ほかにも、様々な屋外イベントのスペースとしてが使われています。

芝生が美しいラングレーパーク

スワンリバー沿いの遊歩道でウォーキングを楽しもう!

エリザベスキーからスタート!

ウォーキングの出発点は、パースのベイエリアの中心エリザベスキーです。フェリーやクルーズ船の船着場のほか、おしゃれなレストランやカフェも充実している楽しいエリアです。ここから、スワンリバーを右手にして、東に向かってスタートしましょう。

気持ちのいい遊歩道が整備されています

スワンリバーとラングリーパークの間には、きれいな遊歩道が整備されています。ウォーキングをする人はもちろん、ジョギングをする人、自転車でサイクリングを楽しむ人も多いので、気をつけて歩きましょう。

川の穏やかな流れ、道沿いに植えられた大きなパームツリー、対岸サウスパースの風景、青空に浮かぶ雲、海から吹いてくる風を感じながら歩くのはとても気持ちがいいものです。パースらしい風景の中を、一人で早めのスペースで歩いたり、友達とおしゃべりしながらのんびりと歩いたり、いろいろな楽しみ方ができます。

こんな乗り物もレンタルできます

子ども連れやカップルのデートなら、こんな楽しい乗り物をレンタルして散策するのも楽しいかもしれませんね。自分で漕ぐので体力が必要ですよ。

ゴールはラングリーパークの東の端のレストラン「KU DE TA(クーデター)」

「KU DE TA(クーデター)」という大きなレストランが今日のゴールです

30分ほど歩くと、ラングリーパークの東の端に到達します。ここには、今年できたばかりの「KU DE TA(クーデター)」というレストランがあります。ウェブサイトを見てみると、バリ島で人気のあるレストランの2号店として、今年パースにオープンしたようです。

店内は3つのエリアに分かれています。カジュアルなカフェ&バーの「THE DECK (デッキ)」と呼ばれるエリア、地元の肉やシーフードを使った料理が食べられる「West(ウエスト)」というレストラン、そして、フォーマルなディナーを提供する高級レストラン「KU Dining(KUダイニング)」があります。その日の気分に応じて、いろいろな雰囲気が楽しめる複合スタイルのレストランです。

この日は週末だったので、屋外のテラス席では、たくさんの人が、スワンリバーを見ながら昼下がりのひとときを楽しんでいました。

外のテラスからスワンリバーの眺めが楽しめます

開放感のあるバーの内部 窓際の席がおすすめです

カフェ&バーエリアの内部は広く、天井も高くて、開放感のある雰囲気です。生ビールの種類も多く、地元のクラフトビールも揃っています。メニューには、お酒に合いそうなピザやおつまみなどの料理も豊富です。もちろん、コーヒーとデザートのティータイムも楽しめますよ。

メジャーな銘柄からローカルのクラフトビールまで、生ビールの種類も豊富です

川の上でビール片手にくつろぎのひとときを

ウオーキングの後のビールは格別!

カウンターでビールを手にして、窓際の席に座ったとたん、写真を撮ることも忘れて、ビールをグビグビと飲んでしまいました。短いウォーキングですが、運動をした後のビールは格別です。大きな窓からは、冬の柔らかい午後の日の光が差し込み、スワンリバーも身近に感じることができます。とても居心地のいい空間で、すっかりくつろいで長居をしてしまいました。

窓の外をよく見ると、このカフェ&バーのエリアの建物は、川岸でなく、川の上に建てられていることに気づきました。スワンリバーと一体となっていて、川の反対側から見ても、おしゃれな感じが伝わってきます。

スワンリバー沿いを歩くウォーキングコースはたくさんありますが、ここはパースの街中なので、途中で疲れたら、公共の交通機関を利用して帰ることもできます。そう思うと、このように、ゴールでご褒美のビールが楽しめるコースが、すっかり気に入ってしまいました。

夕暮れ時には、川の向こうに夕日が沈む景色も見えるそうです。今度は、その時間を狙って、訪れてみたいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング