民芸の町ニーハルがイタリア人に人気!フランス人アーティストも住んでるモノづくりの街

民芸の町ニーハルがイタリア人に人気!フランス人アーティストも住んでるモノづくりの街

アンダルシアの南部、地中海に近く、まず、まったく日本人がいない町ニーハルになぜか多いイタリア人。素朴なごく普通のスペインの町ですが、独特の美意識がイタリア人の心を射止めたのでしょうか?そして、ここには素敵なフランス人アーティストも住んでいます。本当に楽しいスペインがここにあります。


民宿タイプのホテルが数件あるだけのニーハル(Nijar)

のんびりとごく普通に伝統的なスペインの町

ニーハルは、特に何かがあるわけでもなく、穏やかな少し「昭和」を思い出すような町です。私が最初にこの町にきたのは、ホテルがとにかく安かったからです。スペイン人は、夏のバカンスになると、ビーチに行って過ごします。そのため、ビーチ近くにあるホテルはどこも値段がグーンと上がります。特に、アルメリア、カボ・デ・ガタは国定自然公園なので、周りに高層の建物が作れませんから、ホテルの部屋数にも限度があり、なおさら、高くなってしまうのです。

リーズナブルな旅の友達であるキャンプ場も1週間以上の滞在が条件になるので、これもや少なくなります。おまけにやはり普段の倍近い値段です。

そうだ、海からちょっと離れたところに行けばいい!

と思って調べたら、ニーハルに1泊から泊まれて、おまけにツィンのお部屋が40ユーロというのを見つけました。そして、初めてニーハルに滞在しました。

地中海ビーチでひとやすみ!アルメリア、カボ・デ・ガタ自然公園でバカンスしよう

http://travelclip.jp/articles/170

アンダルシアの地味目系アルメリア県にある自然公園カボ・デ・ガタの海水浴場を紹介します。地中海の暖かい水と砂漠地帯、火山地帯の特殊な地形と植物で自然派のワイルドな地域です。夏だけではなく、1年中トレッキングができます。ヒッピーの聖地だったモハカのすぐそばです。

教会と公民館のある広場も子供が二人遊んでいるだけ。

ホテルは開業したばかりのホテルでした。ホテルというよりペンション(スペイン語でペンシオンと発音。)です。ミニマムなホテルで何もありません。テレビもありません。どのような安宿でもテレビがあります。安宿で壁が薄いと、隣のテレビがうるさくて嫌なのですが、本当に静かでした。ミニマムですが、ちゃんとベランダもお風呂、バスタブがあります。熱いお湯が出て、ゆっくりお風呂につかれました。スペインをバックパッカーで旅している人だったら知ってると思いますが、この安さでしっかり入浴ができるのは奇跡に近いのです。

そして耳を済ますと、柔らかい話し声が聞こえます。あれ?スペイン語ではありません。イタリア語です。

煙突らしい。不思議な屋根の突起物。

そうやって気をつけているとやたらイタリア人だらけの町です。だいたい、アルメリア県はイタリア人の観光客だけではなく、移住してきた人やスペイン人と結婚して住んでいる人が結構います。イタリアからの直行便が多いのでしょうか。(アルメリアには空港があります。)

しかし、ニーハルは他のアルメリアの町に比べてもイタリア人がやたらに多いのです。

植物がアートしてるのがアルメリアの特徴

アルメリアは砂漠地帯、というと大げさですが、乾燥した地域です。農業が盛んになったのは最近です。グリーンハウスがたくさん並んでいます。グリーンハウスを使うことで、乾燥を防いで農業をするようになったのです。そんなアルメリアの植物は多肉植物が主流です。ベランダやパティオに飾る植木も多肉植物。

熱帯性の植物は(もちろんアルメリアは熱帯ではありませんが)どこか愛嬌があって、かわいく見えます。この、ちょっと造形的な感じが、イタリア人を魅了するのでしょうか? 例えば、ALESSI(アレッシィ)のアイテムを思い出してしまうとか。

スペインの白い村のかわいいパティオのイメージが全くない

こちらは、マラガのサヤロンガ(Sayalonga)という小さな村の写真です。ゼラニウムが咲いている様子とずいぶん違いますよね?

手作り派民芸品がいっぱい

ニーハルには民芸品の店がたくさん並んでいます。お土産やさんというより、作業場を兼ねたお店という感じで、陶器のお店も中がただひたすら広く、どれを買っていいか迷ってしまいます。

写真は手作りのオリーブオイルを使った石鹸です。アルメリアは、乾燥地域なのでオリーブの木がたくさんあるわけではないのですが、ホテルなどで揚げ物に使った油を捨てないで再利用しています。それぞれ、ハーブのナチュラルな香りがプラスしています。カラーも花の抽出液を使っています。ラベンダーとローズを買いました。(月並みですが)

ハラッパ、ビーチ用

アルメリアで特に有名な手工芸品は、ハラッパと呼ばれる敷物です。手織りで作られていることを考えると破格の安さだと思います。ヒッピー風の家にも合うデザインなのは、アルメリアに50年代のヒッピーの聖地「モハカ」があるからかもしれません。

ハラッパを織っている人たちも若干ヒッピー風の人が多いように感じます。ハラッパを作るということが一種のライフスタイルになっていないと、工芸品というのは成り立っていかないのではないかと思います。お金儲けを目的にしたら、民芸の世界は消えて無くなっていくでしょう。

奥に見えるバスマットはなんと2ユーロ50センチモ、日本円で400円くらいです。スペインがいくら物価が低いといっても、スーパーマーケットのカルフールで売られている一番安いバスマットでも3ユーロくらいします。

我が家のバスマットはいつもハラッパのバスマットです。いろいろな色から選べるし、乾きも早く、古くなっても味が出てくる感じで、汚くなりません。それがハンドメイドの素敵なところです。

ハラッパ、お部屋用2メートル20センチ角

ハラッパの良い点は、簡単に洗えることです。ベッドサイドのマット、テーブルの下のマットをはらっぱにしています。ピアノの下にもハラッパを敷くと音が柔らかになります。

ハラッパはjarapaと表記します。外国人のためにharapaと書く場合もあります。スペイン語はJを首を締めた状態で発音するH音になります。ちなみにHはフランス語同様発音しません。

下のビデオでハラッパを織っている様子が見られます。42秒くらいのところから、降り始めです。

陶器はカラフルなものと白地に青い模様のものが主流

陶器も盛んです。カラフルなものの方が、白地に青より高価です。白地に青で魚の絵の描いたお椀になりそうなものを買いました。うどんなどを食べるのにちょうど良い。カラフルなものはきれいなのですが、お料理を置く場合はシンプルな方がお料理が映えます。

4センチくらいの小皿が2ユーロくらいから。

アーティストのお店も

ソフィーのアトリエ(Taller de Sophie)はフランス人アーティスト、ソフィー(Sophie Cuendet)のアトリエ兼ギャラリーです。2013年にアンダルシアの素敵な工芸家に選ばれました。

私の心をそそるものがたくさんあります。いつ行っても、ソフィー自身が接待してくれます。いつ政策をしているんだろうと思ってしまいますが、そんなにしょっちゅう人が来るわけでもないのでしょう。

ニーハルの普通の古い家を改装して作ったアトリエです。ニーハルの古い家はだいたい300万円くらいで購入できるそうです。(改装に最低200万くらい)。物価も安いですし、モノづくりをする人の一つの選択肢になるのではないでしょうか。

L'atelier Níjar

https://www.facebook.com/lateliernijar/

L'atelier Níjar. 383 likes · 72 talking about this · 19 were here. Espacio expositivo ubicado en el casco antiguo de la Villa de Níjar.

ニーハルへのアクセス

赤いマークのところがニーハルです。左側(西側)にマラガMalagaがあります。

マドリッドからアルメリアまで、国鉄(レンフェRENFE)。または、マラガからアルメリアへ、バス(ALSA)。アルメリアからニーハルへバスNex Continental Holdings 。約1時間半くらいです。

アルメリアからニーハルへのバス時刻表

http://www.ctal.es/getPdfHorario/12

ニーハルにイタリア語を聞きに来る?

イタリア語とスペイン語の違いは、ハラッパの説明のところでも話したようにJの音にあると思います。Jがはっひっふっと強く発音するのであまりロマンチックな音にならない。それにひきかえ、イタリア語はじゅじゅじゅと甘く囁きます。これはフランス語と同じです。

そんなイタリア人が多いところなので、イタリアンジェラートもおいしいですよ!

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン アンダルシア

関連する投稿


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインで観光だけではなく、コンサート、特にクラシックミュージックのコンサートに行って見てはいかがでしょうか。オペラなども日本より安く行けますし、スペインらしい、スペインバレエやスペインオペラであるサルスエラなども楽しめます。ここではセビリアの劇場でのチケット購入などを紹介します。


【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

1990年に一人でスペインを3ヵ月の間、歩き回ったときは本当に少しのボキャブラリーでした。ありがとうなどの簡単な会話だけでもなんとかなるものです。そして、ちょっと言い方を覚えておくと、楽しさも倍増します。今回はありがとうとありがとうと言われたときの返し方を中心に紹介します。


スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

現代は仕事のために住む場所を選ぶのではなく、自分のため、自分が幸せと感じられる場所を住む場所にする人が増えて来ました。好きな場所に住んで、自分のしたいことをしている素敵な人たちを紹介する新しいシリーズ「美しい生きるシリーズ」を始めました。第1回目はアンダルシア・ハエン県カソルラに住むアーティスト、アナ・ドミンゲスです。


世界遺産の街バエサはウベダとルネッサンス様式の双子都市! 歩いて歩いてもっと歩いて

世界遺産の街バエサはウベダとルネッサンス様式の双子都市! 歩いて歩いてもっと歩いて

ウベダからわずか10キロメートルの位置にあるバエサは、ウベダと一緒にルネッサンス時代に発展した街です。ウベダは、街の周りに郊外型大型スーパーができていますが、バエサは相変わらず閑静な街並みを維持し続けています。スペインらしい街を歩きたかったら、ぜひ、バエサを訪れましょう。きっと素敵な時間を持てます。


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング