【スペイン料理】カソルラ名物?ガチャミガをお祭りに行って無料で食べよう♪

【スペイン料理】カソルラ名物?ガチャミガをお祭りに行って無料で食べよう♪

スペイン料理もけっこう有名になりました。アヒージョ味のカップラーメンなどが売られているそうで、驚きです。パエリア、ガスパチョ、ピルピルなど、日本のテレビドラマで食べたり作ったりしている場面を見ることもしょっちゅう。ここで、新しいスペイン料理をもう一つ。アンダルシア東部のガチャミガを紹介します。


ガチャミガって何?

ガチャミガは、スペインのバレンシア地方、ムルシア、アンダルシア東部で食べられます。写真はウィキーペディアから。バレンシア地方のフェリアデ作っているところです。

スペイン語はアイウエオの母音が日本語と同じように5つのみのはっきりした発音なので、似たような言葉がたくさんあります。例えば、ニンニクという意味の「アホ」、牛という意味の「バカ」など。そのためか、日本人がおもしろく感じる名詞や名称があります。もう、日本に浸透してしまった言葉、パエリア、ガスパチョ、アヒージョも、語感がなんとなく楽しくなるものばかりです。

ガチャミガもなんとなくおもしろい名前ですよね。ガチャってガチャガチャ、あの100円玉を入れてガチャガチャするとおもちゃが出てくる機械のようです。決して、上品な料理ではないのは音だけでもわかります。

まず、ガチャスという食べ物から紹介します。ガチャスは小麦粉や小麦以外、オーツなどを粉末にしたものをドロドロにして火を通したものです。アンダルシアには、甘くしたガチャスもあります。そして、ミガスというのは余ったパンを砕いて、オリーブオイルで炒め、ピーマンなどの野菜やソーセージ類と一緒に食べるものです。

ガチャミガはこの二つを合体したもの、という感じです。説明になっていますか?

ガチャミガ、無料配布の日

車椅子を使用する人たちの団体が企画したフリーマーケットの日に無料で振る舞われたガチャミガ。フライパンでホットケーキを焼くときにフライパンを軽く揺らせてひっくり返しますよね? そういう風にこの大きなフライパンを動かしていました。

私が住んでいるカソルラはよくガチャミガを食べます。ガチャミガ用の小麦粉が小売店に必ず置いてあるのです。カソルラの人たちは、ガチャミガはカソルラの伝統料理だと思っているようですが、実はガチャミガはスペイン全土、特に中央から東、南部ではよく食べられていました。

ガチャミガというは、「すいとん」のようなものです。世界中、どこでも貧しいところでは質の悪い小麦粉でもできる料理が発明されます。例えばクレープもそのひとつです。パンを作るほど良質な粉ではない、毎日パンを買いに行けない、そんな貧しい地域で食べられるクレープ。ロシアでもクレープを食べる地域があります。

それと同様に、日本も貧しい時代、第二次世界大戦の頃はよくすいとんを食べていました。すいとんをスープスパゲティーとするとガチャミガは炒めるタイプのスパゲティーと言えます。

なんとなく、ガチャミガをイメージできるようになりましたか?

深めのフライパンでも作られます。パエリア専用鍋がパエジェラと呼ばれるように、ガチャミガ専用鍋はガチェミゲラと呼ばれます。ガチャミガと同じ名前で呼ばれていても、カソルラのガチャミガはバレンシアのものとはずいぶん違うのでしょう。たぶん、各家庭でそれぞれのおばあちゃんの味のような、ガチャミガがあるはずです。

カソルラのガチャミガはとにかく信じられないくらい大量にエクストラバージンオリーブオイルを使います。

ガチャミガ、お祭りの日にも

パンにするにはちょっと質の悪い小麦粉やからす麦などを粉末にしたものを使って作っていたのですが、最近はガチャミガ用の小麦粉の方が普通の小麦粉より高価になっています。小麦粉が昔ほど、高価なものではなくなったのです。改良されて、気候に左右されずに大量に収穫できるようになりました。

ちなみにヨーロッパで最高の小麦を作っている国はルーマニアです。パリのおいしい高級パン屋さんはルーマニアから持ってきた小麦粉を使ってパンを作っています。

ガチャミガ、コンテストでおいしさを競い合う

年に一度、カソルラでは「おばあちゃんの味ガチャミガ・コンテスト」を開催しています。6月の第2土曜日に、サンタ・マリア広場に集まっておいしさを競います。ガスバーナーではなく、薪を使って作るので、慣れてないとちょっと難しいかもしれません。また、来ている人が食べて投票するので、かなり大量に作って配らなくてはならないので、普段、家族の分だけ作っていると味付けに戸惑いそうです。

参加者が意外と男性が多いのです。若い人から頭のツルツルな男性まで、お母さんの味を思い出しながら作るのでしょうか。セニョーラスはなぜ参加しないのでしょう? あるセニョーラが言いました。「私のガチャミガが世界一おいしいんだけど、それは夫と子どもたちが知ってることだから、コンクールは興味ないの。」

ガチャミガ、トッピングはいろいろ!

コンクールに出されたガチャミガです。基本的にニンニクとオリーブオイルがたっぷり、スペアリブやチョリソー、パンセタ(スペインのベーコン)など加工肉類、野菜がはいっています。そのほか出来立てに皮をむいたぶどうや小さく切ったメロンなどを添えたりします。脂っこさが果物で緩和されます。

お祭りのときに食べに行こう!

6月第2土曜日のガチャミガコンテストや9月第3週のフェリアのお祭り、それ以外にも広場に集まって無料で食べられるイベントがあります。家庭的なペンションに宿泊すると、特別に作ってもらえるときも。ぜひ、カソルラに来て、トライしてくださいね。

カソルラへのアクセスは↓の記事を参照。

【スペインの城シリーズ】アンダルシア・カソルラの城に見つめられながら散歩する

http://travelclip.jp/articles/156

スペイン城シリーズ第一回目です。スペイン各地、特にアンダルシアにある城、カスティーリョを紹介します。スペインはヨーロッパの中でも特に中世の城が保存されています。映画の撮影にもよく使われているのです。第一回目は私が住んでいるカソルラから始めます。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン アンダルシア

関連する投稿


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


【サラゴサ】イスラム文化がいっぱいのスペインの街!オススメスポット7選

【サラゴサ】イスラム文化がいっぱいのスペインの街!オススメスポット7選

ローマ時代から続くサラゴサには、イスラム文化の影響もあり、異国情緒がたっぷりの建物がたくさんあります。マドリードとバルセロナの間にあるため、立体的な融合された文化が楽しめるサラゴサは見どころがたっぷりです。画像をたくさん載せて紹介します。


【サラゴサ】スペインの穴場観光の街を歩いてみよう! レトロな雰囲気の歴史の街

【サラゴサ】スペインの穴場観光の街を歩いてみよう! レトロな雰囲気の歴史の街

サラゴサには、世界遺産指定のモニュメントなどもありますが、それだけではありません。2000年以上も都市として人々が生きてきた場所には歩いているだけでも楽しいスポットが潜んでいます。人も優しいサラゴサの街はレトロな雰囲気でタイムスリップした気分が盛り上がります。そんなサラゴサの街の何気ないスポットを紹介します。


【サラゴサ】スペインで一番たいせつな聖母ピラールのいる大聖堂でゴヤの絵を見る

【サラゴサ】スペインで一番たいせつな聖母ピラールのいる大聖堂でゴヤの絵を見る

スペインの観光でなんとなく、行きそびれてしまうサラゴサですが、サラゴサにはスペイン人にとって一番重要な聖母がまつられた大聖堂があります。スペインの3大聖所は、サンティアゴ・デ・コーポステラの大聖堂とサラゴサのヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂、そしてアンダルシア、ロシオの礼拝堂です。


マドリードのセレブ地帯サラマンカ地区散策!市場と美術館とレストランで住民になりすまし

マドリードのセレブ地帯サラマンカ地区散策!市場と美術館とレストランで住民になりすまし

マドリードで一番安全で気持ちをゆっくりできる、そんなところがサラマンカ地区(バリオ・サラマンカ)です。古くから住んでいる人も多く、のどかなマドリードの一面を見られます。住民たちに混じって、市場や美術館に行って見ませんか。マドリードの別の楽しみ方を紹介します。


最新の投稿


スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

韓国学生の必須アイテムになりつつある「スタディプランナー」。一見ごく普通の手帳ですが、スタディプランナーという名の通り受験勉強中の学生には無くてはならない存在なんだとか!今回は効率良い勉強のためのスタディプランナーの使い方を詳しくお伝えするとともに、資格取得を目指す社会人がスタディプランナーを使う方法をお伝えします。





ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

所変われば結婚式の常識も変わるもの。パーティーが大好きな今時オージーの結婚式とは、一体どんなものなのでしょう。オーストラリアで初めて結婚式に招待されたけど、何から準備したらよいのか分からない!そんな方のために、招待状用語から、ドレス・コード、式の流れ、お祝いを渡すタイミングなど、招待客としての心得をまとめました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング