【スペインの城シリーズ】ニエブラで処刑シーンを想像する旅! 怖いけど楽しい博物館

【スペインの城シリーズ】ニエブラで処刑シーンを想像する旅! 怖いけど楽しい博物館

思ったより好評だった【スペインの城シリーズ】第2回はアンダルシア、ウエルバにあるかつて都として栄えたニエブラという街です。ニエブラは古代ローマ人の時代にすでに栄えていた街ですが、その後、西ゴート族、ムスリム、そしてキリスト教国カスティーリャとあらゆる文化が交差した街です。この古い街の城をみてみましょう。


ニエブラに近づいていく!

お城のある街は遠くからでもすぐわかります。山のてっぺんに城がありますね? スペインの町や村は独立してはっきりと境界線を持った一つの集落なので、遠くから近づくと、「たどり着いた!」という感じがして嬉しいものです。そのため、電車よりバスか車の方が絶対いいです。日本人に人気のマドリッド郊外のトレドがその典型です。バスで近づいていくと、「これが私の探していた『スペイン』だ!』と叫ぶ人もいます。

ニエブラはどこにあるの? ニエブラへのアクセス

左にセビージャが見えます。

ニエブラはアンダルシア西部にあるウエルバ県にあります。セビージャからウエルバの県都ウエルバ市に向かう途中です。ついでにエル・ロシオにも行けるシチュエーション。

スペインで最大のお祭りのあるエル・ロシオ!アンダルシアの小さな村へバスで行く

http://travelclip.jp/articles/124

スペイン最大のお祭りロメリア・デ・エル・ロシオが開催されるエル・ロシオはウエルバにある小さな集落です。エル・ロシオはウエルバ県にあり、セビージャからも比較的近い場所です。セビージャに行くついでに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。エル・ロシオとその周辺の観光スポットを紹介します。

セビーリャからニエブレへ、国鉄(RENFE)、バス、どちらでも行けます。どちらの場合も約1時間半くらい。国鉄が7ユーロ、バスが6ユーロ(2017年)くらいです。バス会社はダマス(Damas)、貴婦人という名前のバス会社です。セビージャのバスステーションは、カテドラルの少し北にあるアルマ広場(Plaza de Arma)です。バスの本数は多くはありませんが、セビージャに宿泊して、日帰りで行くことは可能です。

ニエブラの城の周りを歩く

街に入るとすぐに城が見えてきます。積み上げられた石はリフォームされていないので、歴史の重さや中世の面影が一層感じられます。このようにほぼ完全な形で残っている城は少ないのです。車で来た場合、真ん前に駐車できます。観光はあるのですが、観光地というほどではないので、いろいろな意味でとてもコンビニエンスな街です。

ニエブラというのは「霧」という意味ですが、やはり霧が立ちやすい立地条件にあるのでしょうか。この日も雲が多く、あまり青い空をみられませんでした。

塔の部分って大抵丸く作ってますよね。丸く作るのは、壊されにくいからだそうです。物理の時間に習ったことを思い出しながらなるほどと。現在でも、丸く作った家がありますが、四角く切った石やレンガで丸く作るというアイデアが出てくるというのがすごいと思います。

典型的なお城の旗ですよね。トランペットにもこのような旗があって、王様が登場するときにファンファーレを演奏する様子を思い浮かべます。

外灯

周りを歩いているだけでもかなりの満足度。にエブラの城は10世紀くらいにイスラム系の国が作ったものです。コルドバがイスラム系の国であった頃、この地域の首都として、レブラ(Lebla)と呼ばれていました。コルドバとセビージャ、そして、このニエブラとは、グアルダキビル川で繋がっています。ニエブラは鉱山があったので、それも重要なポイントでした。

レコンキスタの時代に、カスティーリャがムスリム様式の城の上から、新たに城を築きなおしました。

こういうよくわからない一角もありました。

多分、ここに閉じ込められたりしたのでしょう。小さな窓というより、無理やり開けてしまった窓があります。そこから、光が入ってくるのですが、同時に寒いときは、寒さも入ってきます。アンダルシアは暖かいイメージがありますが、ちゃんと冬には零度前後になるのです。

ニエブラ城、内部は処刑博物館

内部は処刑博物館ですが、処刑はカスティーリャ、つまりキリスト教国のものです。どのような、処刑が行われていたかを見てみましょう。日本では佐渡にこのような処刑博物館があります。どの国も、いかに苦しく残酷にできるか、と競うように処刑方法を考えていたようですね。

たるに詰められるという刑罰です。

絵だけ見ると新しいキャラクターのようで、残酷性は感じられませんが、かなり重いですし、自由がなくなります。その上、このまま放置されて、場合によっては飢え死にしていたそうで、そういう殺され方はかなり残酷ですよね。苦しみ方は頭を切られるより大きいのではないでしょうか。

処刑絵図

ありとあらゆる処刑の仕方が描かれています。実際のところ、このように処刑が同時進行で行われていたのかどうか。もし、そうだとしたら、地獄そのものですよね。中世時代の絵画は、どことなくかわいさがあるので、残酷な場面も非現実な様相を見せています。このような絵画は庶民に、悪いことをしたら大変なことになる、ということを教えるために描かれていたのです。

縛り首

オーソドックスに縛り首なのかと思ったら、つったまま放置!
どういう罪状でこうなるのでしょう。結局は死刑なのですが、死刑も罪によって種類があるようです。

首切り

首切りというのは、切られる方ももちろんですが、切る方にとってもかなり重労働だったのではないかと思います。専門で仕事をしているとしたら、人生観変わってしまいますよね。こういうのを見ると、なぜ、ギロチンが発明されたのか理解できます。

ニエブラ城のコンサート会場も見える塔の上

スペイン人は外でのアクティビティーが大好きです。飲んだり食べたりするのも、広場に置いたテーブルで(テラッサと呼ばれます。)すし、サッカーの試合があるときも外に設置したテレビがあるバルをですと、外でゆっくり差かーの観戦もできます。夏は、野外映画やコンサートなど、それぞれの自治体で企画した催しがたくさんあります。このニエブラの城のパティオでも夏の間、いろいろな催しが企画されているそうです。

上に登ると素敵な景色

黒猫と白猫の求愛場面

見晴らしが良いので、景色の写真を撮ればよかったのですが、ちょうど黒猫が白猫に言いよっている場面に出くわしてしまい、ずっと、二匹の関係レポートをしておりました。こちらの記事にアップするため、写真を見ていたら、ずっと二匹の姿が続いてます。というわけで、美しい街の風景はありません。

アンダルシアは特に野良猫や放し飼い猫の多い地域です。猫のためのスペースが十分あるのは、住みやすいところだという証拠なのではないでしょうか。

開館時間
月曜日から金曜日 0.00 〜14.00 h. 17.00 〜21.00 h.
週末、祝日、10.00〜14.00 h. 17.00 〜21.00 h)

観光地化されていないところのタイムテーブルは、昔からのスペイン時間で、スペインの昼ごはんとシエスタの時間午後2時から5時まで閉館になります。

お土産やさんも中世のまま

お土産屋さん

ニエブラのおみやげ屋さんは、ニエブラやその周辺で作られたものばかり売っていました。最近は世界中、どこかでまとめて作ったようなおみやげが増えているので、とても好感が持てました。特にカゴ類やカゴの材料で編んだ動物などはおすすめです。せっかくのおみやげはこういうお店で買いたいですよね。

ニエブラの街の様子がよくわかるビデオを張っていますから、どのような感じの街か体感してください。

ニエブラ城を歩く

ニエブラは、観光客もあまり多くない街ですから、バルやレストランも地元民のために静かで、ボリューム満点、リーズナブルでした。人も親切で、特に東洋系観光客は滅多に来ないせいもあり、親切すぎるくらいです。あまり、観光名所ではない、歴史あるスペインらしい街を旅してみましょう!

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン

関連する投稿


スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペインではコーヒーがよく飲まれるし、バルでも1ユーロ、1ユーロ20センチモと安く、気軽にひと休みができます。でも、胃がちょっと悪いときなどはどうするんだろうって思いますよね? スペインでは意外とハーブティーが飲まれているんですよ。スペインではどのようなハーブティーが人気か紹介します。お土産にもどうぞ。


スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペインをバスでまわって見ませんか? バスに乗っていると景色もずっと素敵だし、素顔のスペイン人の生活の一部を垣間見られます。でもチケットを買うのが面倒とかよくわからないと思ってる人も多いでしょう。バス旅行の楽しさとスペインのバスのチケットをネットで買う方法を紹介します。


スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインの文化を語る時、イスラム文化はもちろん、ユダヤ文化も大事な要素です。フラメンコのメロディーの元になった「アンダルシ」と呼ばれる音楽はユダヤ音楽イスラム音楽のテイストがいっぱい。ユダヤ文化を夢想しながらユダヤ人地区を散策してみましょう。最近、地下にシナゴーグも発見されました。


【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

コルドバからわずか30分のところにある城を紹介します。バスの便も比較的よいアルモドバル・デル・リオはアンダルシアでもっとも保存状態のよい城です。19世紀の終わりに城を愛するひとりの男性が全財産をかけて修復しました。そこには愛に包まれた城があります。


【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

スペイン料理の名前って変ですよね。ガスパッチョとかパエリアとか。今日紹介するのはピピラナ。もしスペイン語を知っていたらピピはおしっこだし、ラナはカエルだし、どういう意味なんだろうって思うかもしれません。名前は変だけど、実はごくごく普通の誰もがおいしいって思う、サラダの1種です。ぜひトライしてくださいね。


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング