マヤ族も大好き、グアテマラ名物「ポジョ・カンぺロ」で一休み。ネットも使えます!

マヤ族も大好き、グアテマラ名物「ポジョ・カンぺロ」で一休み。ネットも使えます!

グアテマラでフライドチキンが食べたくなった、ちょっとネットに接続したい、暑いから冷房の効いた所で一休みしたい、トイレ休憩、そんな時はポジョ カンペロがお勧めです。グアテマラ国内、アメリカの数州でフランチャイズ展開をしている、グアテマラの誇り、ポジョ カンペロ。もちろん、マヤ族の方々からも、絶大な支持を得ています。


マヤ族に愛されるポジョ カンペロ

フライドチキンといえば、すぐに思い浮かぶのはケンタッキーフライドチキンだと思います。ケンタッキーはグアテマラでもチェーン展開していますが、首都に数件あるだけ。地方に住んでいるとなかなか口にできません。しかし地方都市各所に、グアテマラ人・マヤ族が皆大好きなフライドチキン、「ポジョ・カンぺロ(Pollo Campero)」があるのです。

首都に数店だけあるケンタッキー。美味しいのにマヤ族の支持を得られず、全国展開できずにいます。

まずはトルティーヤを買い、店内へ

店の入り口には、必ず横にマヤ族の女の人が座っています。トルティーヤ売りです。トルティーヤとは、トウモロコシの粒を石灰入りのお湯で茹でてすり潰し、薄く延ばして焼いたもので、グアテマラ人の主食です。

ポジョ カンペロ 入り口に座るマヤ族のトルティーヤの売り子さん

ポジョ・カンペロのメニューにはトルティーヤはないので、フライドチキンと一緒にトルティーヤを食べたい人はここで別会計でトルティーヤを買います。1ケツァール(約16円)出すと、三枚か四枚を袋に入れてくれます。私は必ず買います。「ウン ケツァール ポルファボール(1 quetzal por favor)」というと、四枚袋に入れてくれました。

店に入るとスタッフが近づいてきて「コメン アカ オ パラ ジェバール?(¿Comen aca o para llevar? ここで食べるか、持ち帰りか)」と聞いてくるので、「コメモス アカ (Comemos aca. ここで食べます)といえば店内のテーブルに案内してくれます。

お持ち帰りもできます

持ち帰りの場合は、「パラ ジェバール(Para llevar.)」と言えば、お持ち帰り専用窓口に案内してくれます。

お持ち帰り専用カウンター

店内はある程度清潔で、大手なので、食中毒を気にせず食事ができます。クレジットカードも使えます。エアコンもきいていて快適です。速度は遅いですがWi-Fiも使えます。トイレもきれいなので、おすすめです。

グアテマラ情緒溢れる店内の様子

ただ、接客態度はグアテマラ基準です。ガムをクチャクチャ噛みながらの接客や、店員さん同士、私語やジョークで盛り上がっていたり、明らかにやる気がなかったり、食べてるすぐ横でホウキで掃除をしたり、仰天の接客です。しかしこれも、グアテマラ文化の一面と思いあきらめが肝心です。

スペイン語ができなくても、大丈夫!!

メニューは外国人にも使いやすい工夫が満載。お勧めはオリジナル味です。

メニューは、外国人にとってとてもありがたく、全メニュー写真と値段がついていて選びやすいです。あとは、身振り、手ぶりで通じます。

フライドチキンの他に、サンドイッチ、サラダ、デザートも充実しています。

一番人気は、フライドチキンのオリジナル味。大手のフライドチキンより、ハーブのよくきいたグアテマラの味です。そのほかにも、サラダやハンバーガー、手羽先など、様々な鳥料理が味わえます。私は、あっさりとした、このグリルチキンが大好きです。

グリルチキンのレモン味 新鮮なレモンをサラダとチキンにかけていただきます。

米国でもポジョ カンペロを食べられます。

カンぺロはマヤ族の皆さんのご馳走です。貧しい先住民のマヤ族の主な収入源の一つは、米国で(ほとんどは不法滞在で)働く家族です。ほとんどの家族で最低一人、場合によっては男子の半数はアメリカに不法入国して働き、お金を送っています。そして、ポジョ・カンぺロはアメリカでも、フランチャイズ展開をしています。アメリカで、ポジョ・カンぺロを見たらグアテマラのマヤ族を思い出してください。ちなみに、味はグアテマラの方が数倍おいしいそうです。

ポジョ・カンぺロは、グアテマラ国際空港の出国カウンター、二階のフードコートでも買えます。グアテマラ発アメリカ行きの飛行機は、ポジョ・カンぺロの匂いで充満しています。皆アメリカにいる家族へのお土産に買っていくのです。アメリカにずっと住んでいるグアテマラ人も、ポジョ・カンぺロは大好きのようです。

テレピザ

ポジョ・カンぺロでは「テレピザ」という自社ブランドのピザも売っています。大手ピザ屋には味は及びませんが安いです。ただ持ち帰ると、冷めたチーズがプラスチックのように固まりす。もし食べるなら、アツアツを食べることをお勧めします。

店内やスーパーで売っているオリジナル商品。チリソースとケチャップ。お土産の定番です。

どの町にもフライドチキン屋はいっぱいありますが、グアテマラに来たら名物ポジョ・カンぺロを食べないわけにはいきません。

この記事のライター

一度きりの人生を思いっきり生きる、をモットーにマヤ族の村で楽しく生きています。人生変える旅に貢献できる情報発信していきます。

関連するキーワード


グアテマラ

関連する投稿


グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都にあるコリアタウンへ。そこは、まさに、韓国だった!なんでもあります。

グアテマラの首都に韓国人街があります。 32 avenida zona 7 です。韓国人は中国人よりも早くにグアテマラにはいり、この韓国人街を築き上げました。学校から、お店、歯医者さんに、美容院など、一歩はいれば、そこは、韓国です。もちろん、スペイン語も、片言の日本語も通じます。とっても面白い場所です。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

チョコレートの起源はマヤ文明!アンティグアのチョコレート体験ツアーでマヤ族が飲んだチョコレートを飲もう

メキシコ南部から中米(グアテマラ、ベリーズなど)に栄えたオルメカ族やマヤ族は、チョコレートの原料であるカカオを初めて栽培したと言われています。アンティグアのチョコミュージアムで、カカオからチョコレートができるまでの工程を一つひとつ体験でき、マヤ族が飲んでいたチョコレートドリンクも試飲できるツアーに参加してきました。


【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】その1 ベジタリアンのオーナー夫妻が切り盛りするオーガニック食材店 "Satya"

【グアテマラの食シリーズ】では、メキシコとはまた一味違った「グアテマラの食」情報をお届けしていきます。第1回目は、ケツァルテナンゴ(シェラ)にあるオーガニック食材店 “Satya”。「グアテマラならではの食ベ物」というコンセプトからは少しずれますが、個人的にすごくお勧めできるお店なので、第1回にもってきました。


亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

亡くなった愛する人と一年で二日だけ会える日があるとすれば、あなたは何をしますか?

11月1,2日はグアテマラ聖人の日です。聖人というのは亡くなった善良な人という意味。この日は亡くなった善良な人が家族や友人に会いに天から降りてくる特別な日です。そして人々は、亡くなった愛する人、家族に合う為にお墓参りをします。今回はマヤ族の人と、お盆とハロウィンをごちゃまぜにしたお祭りについてです。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング