フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

今回は、メルボルンの観光名所のひとつ"メルボルン水族館(SEA LIFE MELBOURNE AQUARIUM)"を現地から潜入レポート致します!メルボルン水族館の魅力や館内のお子様が楽しめるスポットなどをピックアップしてご紹介!家族連れにイチオシの観光スポットです!


メルボルン水族館ってどんなところ?

川沿いからみた水族館。入口は反対側にあります。

①とにかく便利!

メルボルン水族館は、メルボルンの主要駅の一つフリンダース駅から無料トラムで2駅、トラムの停車場の目の前が水族館という立地抜群の場所にあります。毎日9時半から18時まで営業しているのでスケジュールに組み込みやすいのも魅力の1つ。

館内はバリアフリー仕様のためお子様からご高齢の方まで家族みんなが安心して楽しめる観光スポットとして大人気です。

②ユニークな12のゾーン

館内は12のゾーンに分かれており、それぞれのゾーンでテーマに合った展示が楽しめす!

大きなワニは迫力満点!!

世界最大のイリエワニを間近で見れるクロックレアゾーン!

ぺちぺちと歩く姿がとってもかわいい!

ペンギン・プレイグラウンドでは、珍しいペンギンたちが歩いたり泳いだり元気に動き回っています!!時期によってふわふわの赤ちゃんペンギンが見れることも(^^)

他にも、世界で唯一のゾウギンザメが展示されている"エイの入り江"ゾーンやオーストラリア独自の昆虫、肺魚、亀、カエルや世界最大のテッポウオも見られる熱帯雨林アドベンチャーゾーンなどがあります。

お子様にオススメなポイント

①自分で作ったお魚を巨大スクリーンの海に泳がせよう!アート・アクアリウム(Art aquarium)

個性的な魚がたくさん!

魚や鮫、クラゲなどの絵に色を塗って自分だけのお魚を作れる楽しい参加型のスポット"アート・アクアリウム(Art aquarium)"は絶対行くべきオススメポイント!作品は9メートルの大型スクリーンに投影することができます。自分のオリジナルのお魚が泳ぐ姿にお子様たちは大はしゃぎ!お子様ははもちろん、大人の方も自分の名前や日付を書いた魚を泳がせていました。
書いたお魚の絵は持ち帰りOK!水族館名も書かれた用紙は旅の思い出の品になりますね。

②人気映画とのコラボレーション!お馴染みのキャラクターでお子様のテンションも急上昇!

なんとこの水族館、人気映画とのコラボレーションをしていました!

ファインディング・ドリーのエリアでは、1人はぐれてしまったドリーを助けるためのミッションに家族で参加できます。ボタンを押したり、ポンプで空気を送ったり。大人気の映画ということもあってこのエリアは特に子供達で賑わっていました。

そのほかに、アイスエイジの4Dショーも上映されていました。3Dメガネをつけてみていると冷たい風が吹きつけてきたりと迫力満点です。シアターのすぐ外にはボタン付きのスクリーンが置かれており簡単なゲームができます。上映待ちの子供達も退屈せずに待っていられますね(^^)
過去にはスタウォーズのダースベイダーの格好をしたダイバーが水槽の中に現れたことなどもあるそうです!

③子供達だけの特別なトンネルからお魚を観察しよう!

館内の至る所に大人の腰ぐらいの高さのトンネルがありました。水槽を突き抜けて反対側まで通り抜けられるものや、水槽の真ん中の空間まで行き立ち上がって生き物を真近で観察できるものなど種類も様々。これがあれば、背の高い大人の後ろで見えづらい思いをすることもなく、冒険のような気分で水族館を楽しめますね!

④家族チケットが激安!さらに四歳以下は無料!

メルボルン水族館の入場料は大人1人42ドル、子供1人28ドルです。しかし、家族向けに“四人家族向け(FAMILY OF 4)”というチケットが用意されており、大人2名子供2名で通常140ドルのところ、99ドルで購入することができます。さらに嬉しいことに4歳以下は入場料無料!

なんと!さらに!!チケットをオンラインで購入するとさらに10パーセントオフの割引が受けられます。オンラインチケットは日にちによって金額変動するため運が良ければ割引率の高いチケットが購入できることも!

いかがでしたか?ほかにもヒトデなど海の生物に触れる“体験コーナー”や“写真撮影用のパネル”などご紹介しきれなかった素敵なポイントもたくさん。メルボルン水族館はオーストラリアの祝日含め年中無休で営業しています(^^)ご家族でメルボルンへお越しの際は、ぜひメルボルン水族館へ足を運んでみてください!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


メルボルン

関連する投稿


オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

メルボルンはトラムや電車での移動が便利な都市ではありますが、郊外へ行くなら車が便利!レンタカーでの移動を予定している人も多いのでは?「道路は広いし、日本と同じ左側通行だから余裕!!」なんて思っていたら大間違い!メルボルンシティ内にある日本では見慣れない標識や交通ルールをご紹介します。


うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

旅行に来たからには現地のご飯を楽しみたいですが、慣れない食事で胃がもたれてきたり、体調不良で日本食が恋しくなったりすることもありますよね。そんなときは“UDONYASAN(うどん屋さん)”がオススメ!その名の通りうどんを提供しているお店です。安く、美味しいうどんが食べられると現地の日本人から大好評です!


主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

今回は、観光客なら一度は通るメルボルン・セントラル駅の改札から5分以内にある軽食スポットをご紹介いたします。「空港から着いたところで今日くらいはホテルでゆっくりしたい」『1日中歩き回ってもうご飯を食べに行く元気がない』「朝出かける前にちょっとした軽食を買いたい」そんな時に便利なお店です。


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング