ダブルダブルを手に歩けばあなたもカナダ人!?国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズ

ダブルダブルを手に歩けばあなたもカナダ人!?国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズ

颯爽と仕事に向かうカナダ人の手にあるのはカナダ以外では見かけない赤いコーヒーカップ。これは、カナダの国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズのコーヒーです。そんなティムホートンズの人気の秘密や歴史、実際のところ味はどうなのかなどなど、ティムホートンズについてご紹介します。


スモールコーヒーとカナディアンメープルドーナツ

カナダの街中を歩いていると、スターバックスのコーヒーを手に歩いている人を見かけることが多いですが、それ以上に見るのが上の写真にある赤いカップ。これはカナダ発祥のドーナツチェーン店であるティムホートンズ(Tim Hortons)のコーヒーなんです。

ティムホートンズの店舗はトロントやバンクーバーの大きな都市であれば、角を曲がれば次の店舗が見えるといっても言い過ぎではないぐらいたくさんあります。フードコードには必ず入っていますし、鉄道の駅や空港、なんと病院にも入っていますよ!

ティムホートンズの人気の秘密

ティムホートンズの店舗外観

カナダ以外での知名度はほどんとゼロといってもいいティムホートンズ。どうしてこんなに人気が高いのでしょうか?その一番の理由は値段の安さです。スターバックスのコーヒーに比べると、およそ半額の値段で買うことができるんです。一番小さなコーヒーなら1.5ドルほど(約130円)で買うことができますよ。

また、ドーナツやマフィンも激安です。ドーナツは99セント(約85円)から、マフィンも1.49ドル(約130円)からあります。

ただ、気を付けたいのはその甘さ。一番初めに紹介した写真のドーナツはカナディアンメープル(Canadian Maple)と言うのですが、中にはたっぷりカスタードクリーム、更に上からメープル味のクリームがどさっとかかっているので激甘です!私があまり甘さに強くないというのもありますが、初めて食べた時はあまりの甘さに頭が痛くなったほど…。

ドーナツ

こんなに甘いドーナツですが、こちらの人は大好きなようで男性も喜々としてほおばっているのをよく見かけます。うちの夫のカナダ人もティムホートンズのドーナツが大好きで、「仕事のストレスが…」なんてあれこれ言い訳をしながらパクパク食べています。

もちろん、全部が激甘というわけではありません。マフィンにはブルーベリーマフィンやポピーシードマフィンのように、朝ごはんに食べられるようなものもありますよ。

ちょっと話がそれてしまったので、ティムホートンズの人気の秘密に戻りましょう。ティムホートンズのコーヒーですが、実は…そんなに美味しくありません。カナダ人ですら自虐的に「あれはコーヒーじゃない、黒い水だ」なんていうぐらいです。では、なんでそんなコーヒーが大人気なのかというと、値段の安さの他に、カナダLOVEの国民性もあるのではないかと思っています。

その昔、私がバックバックを背負ってアジアを旅行していたころ、カナダ人観光客によく出会いました。なぜカナダ人だとすぐ分かったかというと、カナダ人はほぼ100パーセントと言っていいぐらいどこかにカナダ国旗を身に付けているのです。一番多いのはバックパックにカナダ国旗のワッペンを付けている人。

カナダ国内でも、カナダ国旗がデザインされたTシャツを日常的に着ている人も多いです。それぐらいみんなカナダが大好きなのでアメリカ資本のスターバックスに行かず、カナダ発祥のお店贔屓になるのではないでしょうか。

ティムホートンズの歴史

ティムホートンズの店内

そんな全国民に愛されてるティムホートンズ、創業されたのは1964年でオンタリオ州のハミルトンというナイアガラの滝にほど近い町で生まれました。お店の名前にもなっている創業者ティム・ホートン氏は元プロのホッケー選手!

今ではカナダ最大のファーストフードのチェーン店になり、カナダ国内の店舗数はなんと3000店以上にも及びます。現在は海外展開もしており、アメリカには600店以上も出店しています。少し古いデータですが、2006年には、カナダ国内のコーヒーシェアはなんと62パーセントもありました。もちろんこれはダントツの第1位で、第2位のスターバックスの7パーセントを大きく引き離しています。

ティムホートンズの人気メニュー

ティムホートンズには先に紹介したコーヒーやドーナツなどの他にベーグルサンドなどの朝ごはんメニュー、スープなどがあり、カフェとしてもランチスポットとしても利用ができます。いくつか人気のアイテムをご紹介しましょう。

ティムビッツ

まずは、店名を冠したティムビッツ(Timbits)です。この写真の小さな丸いドーナツです。小腹が空いたときにパクッと口にほおりこめるサイズ感と、20個買っても4ドル(約350円)ほどで収まるので個人的には職場への差し入れなどに重宝しています。激甘ドーナツでもこれぐらいのサイズだったら美味しく食べられますしね。

次にご紹介するのはダブルダブルです。コーヒーを注文する時にコーヒーと言わず、「ミディアムサイズのダブルダブルを下さい。」と注文する人が多いのですが、何がダブルかというと、ミルクがダブルに砂糖がダブルということ。つまり、ミルクたっぷり砂糖たっぷりの激甘コーヒーのことです。はっきり言うと、日本人にとってはもはやコーヒーではないレベルの甘さです…。

夏に人気のコールドドリンク

最後に紹介するのは、夏になるとこれを飲みながら歩いている人がたくさんいるアイスカップ(Iced Capp)です。アイスカプチーノが短縮されてアイスカップとなりました。スターバックで言うとフラペチーノにあたるドリンクで、奇跡的に甘すぎることなく美味しく飲むことができますよ。値段も一番大きいサイズで約4ドル(350円ほど)とお手頃なので、私も夏の週末のお出かけ時には必ずと言っていいほど飲んでいます。

2017年の夏に起こった大事件

実は今年の夏、カナダ国民に大衝撃が走ったニュースがありました。それは「ティムホートンズが値上げに踏み切る」というもの。今回の値上げはベーグルサンドなどが食べられるブレックファーストセットとホットドリンクだったのですが、特に国民が嘆いたのはホットドリンクの値上げで、値上げ幅は10セント(約8円)。Lサイズのダブルダブルは元々2ドル10セントでしたが、2ドル20セントになりました。

今回の値上げは2014年以来ということで私からするとしょうがないと思えるのですが、カナダ人にとってはショックは大きいようで、あれから3週間以上経つのに毎朝「はぁ、10セント…」と言いながら夫はティムホートンズでダブルダブルを買ってから仕事に向かっています。

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で7年間を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ

関連する投稿


[カナダ・ケベック州]カナダでフランス旅行気分!モントリオールのおすすめ観光スポットや美味しいグルメをご紹介

[カナダ・ケベック州]カナダでフランス旅行気分!モントリオールのおすすめ観光スポットや美味しいグルメをご紹介

カナダ国内なのにフランス旅行気分が味わえるケベック州モントリオール。芸術の街としても知られており、美しい街並みは天気のいい日に歩いているだけでも気分が上がります。年に1度は訪れるモントリオールで実際に訪れてみて気に入ったおすすめの観光スポットやグルメスポットをご紹介します。


[カナダ・トロント]春の訪れを決めるのはかわいい動物グラウンドホッグ!2018年の春はいつ来る?

[カナダ・トロント]春の訪れを決めるのはかわいい動物グラウンドホッグ!2018年の春はいつ来る?

長くて厳しい冬が続くと知りたくなるのは春の訪れはいつになるのかということ。カナダとアメリカでは、グラウンドホッグというかわいらしい動物が教えてくれます。2月2日はグランドホッグデーと呼ばれ、正装をした大人がグラウンドホッグの一挙手一投足を固唾をのんで見守るという微笑ましい伝統行事の日。さて、2018年の春の訪れは?


[カナダ・トロント]美術館&博物館特集!靴だけ展示する博物館がある!?安く入場できる方法もご紹介

[カナダ・トロント]美術館&博物館特集!靴だけ展示する博物館がある!?安く入場できる方法もご紹介

トロントには靴専門の博物館や巨大な恐竜の化石で有名な博物館など、興味深い美術館、博物館がたくさんあります。しかも曜日によって半額や無料で入れる日が設けられていることもあるので、賢く回ればかなりお得に見学することができます。この記事では、そんなトロントの美術館や博物館情報を営業時間やお得に入る方法を含めてご紹介します。


ホールフーズマーケットでみたことのないドリンクを発見!試しに買って、飲んでみました。

ホールフーズマーケットでみたことのないドリンクを発見!試しに買って、飲んでみました。

Kombucha(コンブチャ)っていう飲み物をご存知ですか?私はホールフーズマーケットで見つけるまで、まったく見たことも聞いたこともありませんでした。そして、その響きから昆布茶?なのかな?とも思いました。コンブチャの正体はなんなのか、飲むとどんな効果があるのかを知ってから、継続してい飲んでいます。


カナダの朝はここから!!朝からやっているカフェやレストランを紹介します。

カナダの朝はここから!!朝からやっているカフェやレストランを紹介します。

カナダのトロントには、朝早くからやっているカフェやレストランがたくさんあります。日本でも、朝の早いサラリーマンや学生のために、カフェやファミリーレストラン、牛丼屋さんや和食の朝ごはんを提供する場所は増えてきていますよね。日本の朝ごはんとはまたちょっと異なる、カナダの朝を紹介します。


最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング