ダブルダブルを手に歩けばあなたもカナダ人!?国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズ

ダブルダブルを手に歩けばあなたもカナダ人!?国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズ

颯爽と仕事に向かうカナダ人の手にあるのはカナダ以外では見かけない赤いコーヒーカップ。これは、カナダの国民的ドーナツチェーン、ティムホートンズのコーヒーです。そんなティムホートンズの人気の秘密や歴史、実際のところ味はどうなのかなどなど、ティムホートンズについてご紹介します。


スモールコーヒーとカナディアンメープルドーナツ

カナダの街中を歩いていると、スターバックスのコーヒーを手に歩いている人を見かけることが多いですが、それ以上に見るのが上の写真にある赤いカップ。これはカナダ発祥のドーナツチェーン店であるティムホートンズ(Tim Hortons)のコーヒーなんです。

ティムホートンズの店舗はトロントやバンクーバーの大きな都市であれば、角を曲がれば次の店舗が見えるといっても言い過ぎではないぐらいたくさんあります。フードコードには必ず入っていますし、鉄道の駅や空港、なんと病院にも入っていますよ!

ティムホートンズの人気の秘密

ティムホートンズの店舗外観

カナダ以外での知名度はほどんとゼロといってもいいティムホートンズ。どうしてこんなに人気が高いのでしょうか?その一番の理由は値段の安さです。スターバックスのコーヒーに比べると、およそ半額の値段で買うことができるんです。一番小さなコーヒーなら1.5ドルほど(約130円)で買うことができますよ。

また、ドーナツやマフィンも激安です。ドーナツは99セント(約85円)から、マフィンも1.49ドル(約130円)からあります。

ただ、気を付けたいのはその甘さ。一番初めに紹介した写真のドーナツはカナディアンメープル(Canadian Maple)と言うのですが、中にはたっぷりカスタードクリーム、更に上からメープル味のクリームがどさっとかかっているので激甘です!私があまり甘さに強くないというのもありますが、初めて食べた時はあまりの甘さに頭が痛くなったほど…。

ドーナツ

こんなに甘いドーナツですが、こちらの人は大好きなようで男性も喜々としてほおばっているのをよく見かけます。うちの夫のカナダ人もティムホートンズのドーナツが大好きで、「仕事のストレスが…」なんてあれこれ言い訳をしながらパクパク食べています。

もちろん、全部が激甘というわけではありません。マフィンにはブルーベリーマフィンやポピーシードマフィンのように、朝ごはんに食べられるようなものもありますよ。

ちょっと話がそれてしまったので、ティムホートンズの人気の秘密に戻りましょう。ティムホートンズのコーヒーですが、実は…そんなに美味しくありません。カナダ人ですら自虐的に「あれはコーヒーじゃない、黒い水だ」なんていうぐらいです。では、なんでそんなコーヒーが大人気なのかというと、値段の安さの他に、カナダLOVEの国民性もあるのではないかと思っています。

その昔、私がバックバックを背負ってアジアを旅行していたころ、カナダ人観光客によく出会いました。なぜカナダ人だとすぐ分かったかというと、カナダ人はほぼ100パーセントと言っていいぐらいどこかにカナダ国旗を身に付けているのです。一番多いのはバックパックにカナダ国旗のワッペンを付けている人。

カナダ国内でも、カナダ国旗がデザインされたTシャツを日常的に着ている人も多いです。それぐらいみんなカナダが大好きなのでアメリカ資本のスターバックスに行かず、カナダ発祥のお店贔屓になるのではないでしょうか。

ティムホートンズの歴史

ティムホートンズの店内

そんな全国民に愛されてるティムホートンズ、創業されたのは1964年でオンタリオ州のハミルトンというナイアガラの滝にほど近い町で生まれました。お店の名前にもなっている創業者ティム・ホートン氏は元プロのホッケー選手!

今ではカナダ最大のファーストフードのチェーン店になり、カナダ国内の店舗数はなんと3000店以上にも及びます。現在は海外展開もしており、アメリカには600店以上も出店しています。少し古いデータですが、2006年には、カナダ国内のコーヒーシェアはなんと62パーセントもありました。もちろんこれはダントツの第1位で、第2位のスターバックスの7パーセントを大きく引き離しています。

ティムホートンズの人気メニュー

ティムホートンズには先に紹介したコーヒーやドーナツなどの他にベーグルサンドなどの朝ごはんメニュー、スープなどがあり、カフェとしてもランチスポットとしても利用ができます。いくつか人気のアイテムをご紹介しましょう。

ティムビッツ

まずは、店名を冠したティムビッツ(Timbits)です。この写真の小さな丸いドーナツです。小腹が空いたときにパクッと口にほおりこめるサイズ感と、20個買っても4ドル(約350円)ほどで収まるので個人的には職場への差し入れなどに重宝しています。激甘ドーナツでもこれぐらいのサイズだったら美味しく食べられますしね。

次にご紹介するのはダブルダブルです。コーヒーを注文する時にコーヒーと言わず、「ミディアムサイズのダブルダブルを下さい。」と注文する人が多いのですが、何がダブルかというと、ミルクがダブルに砂糖がダブルということ。つまり、ミルクたっぷり砂糖たっぷりの激甘コーヒーのことです。はっきり言うと、日本人にとってはもはやコーヒーではないレベルの甘さです…。

夏に人気のコールドドリンク

最後に紹介するのは、夏になるとこれを飲みながら歩いている人がたくさんいるアイスカップ(Iced Capp)です。アイスカプチーノが短縮されてアイスカップとなりました。スターバックで言うとフラペチーノにあたるドリンクで、奇跡的に甘すぎることなく美味しく飲むことができますよ。値段も一番大きいサイズで約4ドル(350円ほど)とお手頃なので、私も夏の週末のお出かけ時には必ずと言っていいほど飲んでいます。

2017年の夏に起こった大事件

実は今年の夏、カナダ国民に大衝撃が走ったニュースがありました。それは「ティムホートンズが値上げに踏み切る」というもの。今回の値上げはベーグルサンドなどが食べられるブレックファーストセットとホットドリンクだったのですが、特に国民が嘆いたのはホットドリンクの値上げで、値上げ幅は10セント(約8円)。Lサイズのダブルダブルは元々2ドル10セントでしたが、2ドル20セントになりました。

今回の値上げは2014年以来ということで私からするとしょうがないと思えるのですが、カナダ人にとってはショックは大きいようで、あれから3週間以上経つのに毎朝「はぁ、10セント…」と言いながら夫はティムホートンズでダブルダブルを買ってから仕事に向かっています。

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング